日産・エキスパート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日産・エキスパート
後期型(2002年8月-2006年12月)
NISSAN EXPERT.jpg
後期型リア
Nissan-Expept-vw11 2002-rear.jpg
乗車定員 2/5名
ボディタイプ 5ドア ライトバン
エンジン QG18DE 直4 1.8L 125ps
YD22DD 直4 2.2L 79ps
変速機 4速AT
5速MT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:ストラット
後:トーションビーム(FF)
後:マルチリンク(4WD)
全長 4650mm
全幅 1695mm
全高 1470mm
ホイールベース 2620mm
最大積載量 500/300kg(FF)
400/250kg(4WD)
先代 アベニールカーゴ
後継 ADエキスパート
-自動車のスペック表-

エキスパートEXPERT )は、かつて日産車体が製造、日産自動車が販売した、ステーションワゴンタイプの4ナンバー(小型貨物自動車登録)ライトバンである。

歴史[編集]

1999年6月
VW11型登場。「アベニールカーゴ」(W10型)のモデルチェンジ版であるとともに、販売量低迷や商用車の排ガス規制強化に伴い生産を終了したセドリックバングロリアバン(VY30型)の後継車としての意味合いも兼ねている。W10型同様、基本設計はアベニールと同一。最大積載量は500kg(4WD車の最大積載量は400kg)。
2001年3月末
日産車体京都工場での生産を終了。生産を日産車体湘南工場に移管。
2002年8月
マイナーチェンジ。車名ロゴをNE-01書体に変更。グリルの意匠やインパネイルミ色等を一部変更。
2004年12月
ディーゼル車廃止。
2005年9月
姉妹車のアベニールが生産終了。ただし、エキスパートは継続生産。
2005年11月
一部改良。ヘッドライトにマニュアルレベライザー機能とフロントフェンダーにターンシグナルランプを設定し、灯火器保安基準に適合させた。
2006年12月20日
ADバンのフルモデルチェンジに伴ってエキスパートは販売終了となり、ADの上級仕様の位置づけとして車種名がADエキスパートとなった。また、最大積載量が450kgとなったため、最大積載量500kgのライトバンは消滅した。なお、今回のフルモデルチェンジにより、日産製のライトバンはブルーバードバンスカイラインバンが統合したアベニールカーゴを前身とするエキスパートとサニーバンパルサーバンを前身とするADバンが統合し、集約したこととなる。

エンジン[編集]

搭載ユニットは直列4気筒DOHC QG18DE型および直列4気筒直噴ディーゼル YD22DD型の2機種。2WD、4WDそれぞれに4速A/Tを組合わせる。5速M/Tはディーゼルの2WDのみ。

車名の由来[編集]

「EXPERT」は、英語で「熟練者」、「達人」を意味する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]