日産・バサラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バサラBASSARA )は、日産自動車で製造・販売されていたミニバン型の乗用車である。

車名の「バサラ」はサンスクリット語の「ヴァジャラ」(魔人降伏させるダイヤモンドの意)から付けられた。「ばさら」は日本語にもなっている。

歴史[編集]

JU30型(1999年-2003年)[編集]

日産・バサラ
Nissan Bassara.jpg
乗車定員 7人-8人(グレードによる)
ボディタイプ 5ドア ミニバン
エンジン VQ30DE型 3.0L V6 220ps
QR25DE型 2.5L 直4 165ps
KA24DE型 2.4L 直4 150ps
YD25DDTi型 2.5L 直4 ディーゼルターボ 150ps
変速機 4速AT (E-ATx)
駆動方式 FF/4WD
サスペンション FF車
前: ストラット式
後: マルチリンクビーム式
4WD車
前: ストラット式
後: マルチリンク式
全長 4,795mm
全幅 1,770mm
全高 1,725mm
ホイールベース 2,800mm
車両重量 1,620kg
後継 日産・プレサージュ(2代目)に統合
-自動車のスペック表-

1999年11月、JU30型バサラ登場。N30型ルネッサプラットフォームを基に開発されたU30型プレサージュ1998年6月発売)と共通したエンジンシャシ、ボディを持ち、縦基調となったフロントマスクテールランプが異なるのみ。実際、この車は、プレサージュのサニー<サティオ>店・プリンス店向けという位置付けであった。

搭載エンジンは、KA24DE型 直列4気筒 DOHC 2,388cc、YD25DDTi型 直列4気筒 DOHC 2,488cc 直噴インタークーラーディーゼルターボ、およびVQ30DE型 V型6気筒 DOHC 2,987cc の3機種。オーテックジャパンの手による特別仕様車、「アクシス」も設定された。

2001年8月マイナーチェンジ。搭載エンジンは、QR25DE型 直列4気筒 DOHC 2,488cc と、VQ30DE型の2機種となる。ディーゼル車はカタログ落ちし、ハイウェイスターが追加された。また、オーテックジャパンによる特別仕様車、「ライダー」が「アクシス」に替わり設定された。

2003年6月、U31型プレサージュの登場に伴い、車種統合される形で生産終了となった。

アクシス(フロント) アクシス(リア)
アクシス(フロント)
アクシス(リア)


仕様・その他[編集]

兄弟車種のU30型プレサージュ1998年6月発売)とはフロントフェイス・リアフェイスのみ異なるデザインで、内装や各ピラー・パネルなどは全く同じ(フェンダー部はライト、バンパー形状が違う為異なる)だがこちらの車種はアメリカ車を彷彿とさせるデザインである。

外部リンク[編集]