日産・プリンス店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日産・プリンス店は、かつて存在した日産自動車販売チャネル(ディーラー)の一つ。

概要[編集]

「日産・プリンス店」は、もともと、1966年8月に日産自動車と合併(事実上の吸収合併)したプリンス自動車工業の販売店(ディーラー)であった名残で、「日産プリンス」や「スカイライン販売会社」と称され、プリンス自動車工業時代から存在していたグロリアスカイラインを中心に、スポーツ色の強い車種のフェアレディZ(Z32型より取扱開始・Z31型迄は日産店の専売車種)や180SXなどを取扱販売していた。

なお、旧・プリンス自動車工業の販売部門を統括する別会社として存在していた「プリンス自動車販売」は、日産自動車との合併後、日産自動車の本体の販売部門とは別組織の全国のプリンス店を統括する販売部門の別会社として「日産プリンス自動車販売」に社名変更され、日産自動車の本体の販売部門とは異なる旧・プリンス自動車工業時代の名残が継承された独自の展開で運営されていたが、1986年10月1日付で日産自動車の本体の販売部門の「日産自動車販売」に統合されている。

そして、1980年代後半から、プリンス店とチェリー店の取扱車種が共通化された事に伴い、全国各地の大半のチェリー店は同地域のプリンス店と合併・統合されたが、現在も、岩手県、東京都、愛知県、大阪府などの一部地域にチェリー店が存在している。

1999年4月には、日産自動車の販売系列が従来の4系列(5系列)から2系列への統合に伴い、プリンス店、サニー店(販売系列の統合を機にサニー店からサティオ店に名称変更)、チェリー店と系列を統合し「レッドステージ」となり、従来のプリンス店では「日産プリンス○○販売」の会社名を継続している。

さらに、2005年5月には、「ブルーステージ」「レッドステージ」「レッド&ブルーステージ」のすべての日産販売会社で日産車全車種の取扱が開始され、各地で日産販売会社同士の合併・統合が進んでおり、地域によっては、日産販売会社の合併・統合の際にプリンス店の販売会社が存続会社となる場合であっても、従来のプリンス店の「レッドステージ」に加えて、合併・統合する以前に存在していた販売会社の名残で「ブルーステージ」や「レッド&ブルーステージ」の店舗も存在している。

なお、各地の日産販売会社では、従来の「ブルーステージ」「レッドステージ」「レッド&ブルーステージ」から、2007年より導入されている新VI(ビジュアルアイデンティ)への更新が順次進められている。

キャッチフレーズ[編集]

  • いい走り。いい生き方。日産プリンス(1997-1999年)
    • プリンス店独自のオリジナルCMに女性歌手の相川七瀬が起用され、「いい走り。いい生き方。日産プリンス」のキャッチフレーズで、「スカイライン」に代表される走行性能重視のスポーツ系車種をメインに取扱っているプリンス店ならではの独自性をアピールしていた。
    • なお、プリンス店独自のオリジナルCM曲として起用されていた相川七瀬の楽曲の第1弾目は「Love merry-go-round」(アルバム「paraDOX」収録)、第2弾目は「Bad Girls」(8thシングル)(アルバム「crimson」「ID」「NANASE AIKAWA BEST ALBUM "ROCK or DIE"」収録)、第3弾目は「○○○○?」(アルバム「crimson」「ID」収録)である。

過去の取扱車種[編集]

乗用車系[編集]

セダン[編集]

スポーツカー[編集]

SUV・1BOX・ミニバン[編集]

ステーションワゴン[編集]

商用車系[編集]

ライトバン[編集]

1BOXバン[編集]

トラック[編集]