リズム&ヒューズ・スタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リズム&ヒューズ・スタジオRhythm and Hues Studios)は、1987年に設立されたアメリカ合衆国VFX制作会社。本社はカリフォルニア州ロサンゼルス郡 (カリフォルニア州)エルセグンド。またアメリカ合衆国国外では、カナダバンクーバー)、インドハイデラバードムンバイ)、マレーシアサイバージャヤ)、台湾高雄)にそれぞれ制作拠点がある[1]

概要[編集]

創業者で社長のジョン・ヒューズ(John Hughes)は、CM制作を中心に活躍していたプロダクションであるロバート・エイブルのロバート・エイブル&アソシエイツ(Robert Abel and Associates)のスタッフであった経験を持つ。

社名は、音楽のリズム・アンド・ブルースの「ブルース」をもじり、社長名と同音で別の単語で色相を意味する「ヒューズ」(Hues)に変更したもの。

1995年、『ベイブ』における業績が認められアカデミー視覚効果賞を受賞した。

2010年5月14日、リズム&ヒューズ・スタジオは過去10年余りを拠点としていたプラヤ・デルレイを離れ、ロサンゼルス国際空港のすぐ南側にあるエルセグンドに新社屋を購入し移転した[2]

2012年、リズム&ヒューズは、台湾高雄市に新たにVFXスタジオを新設する事を正式に発表した。この地に新しいVFXセンター(VFX Center)を設立する予定である。VFXセンターでは、約200人規模の台湾人デジタル・アーティストの雇用が見込まれ、人材育成・研修も予定し、ここでハリウッド映画のVFX制作を行う予定だという。

新スタジオは、台湾最大の電気通信企業である中華電信股份有限公司 (Chunghwa Telecom)と、同じく台湾のパソコンメーカー大手の広達電脳(Quanta Computers)、リズム&ヒューズという3社の提携によって運営される。これら3社は、2012年台北及び高雄にて調印式を開催。

インドの大手VFX制作会社プライム・フォーカス社がリズム&ヒューズの買収交渉を行なっていたものの決裂し、2013年2月リズム&ヒューズは連邦倒産法第11章で倒産[3]。担当した作品「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」がアカデミー賞視覚効果賞を含む11部門で受賞したのは倒産後のことであった。現時点でもリズム&ヒューズは民事再生処理下で運営を継続している。

3月、リズム&ヒューズの売却先が、オークションの末、ロサンゼルスを拠点にするプラナ・スタジオ(Prana Studios)に決定した。 落札価格は、負債額などを含め約1780万ドルとみられている。

参加作品[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ LOCATIONS: Rhythm and Hues Official Website
  2. ^ リズム&ヒューズ 自社ビルの新社屋へお引越し. 鍋 潤太郎☆ハリウッド映像トピックス
  3. ^ [1]

ttp://eiga.com/news/20130404/16/

外部リンク[編集]