ザ・リング2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・リング2
The Ring Two
監督 中田秀夫
脚本 アーレン・クルーガー
原作 鈴木光司
製作 ウォルター・F・パークス
ローリー・マクドナルド
製作総指揮 マイク・マッカリ
ロイ・リー
ニール・A・マクリス
ミシェル・ウェイスラー
出演者 ナオミ・ワッツ
音楽 ヘニング・ローナー
マーティン・ティルマン
撮影 ガブリエル・ベリスタイン
編集 マイケル・N・ヌー
配給 アメリカ合衆国の旗 ドリームワークス
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年3月18日
日本の旗 2005年6月18日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $161,451,538[1]
前作 ザ・リング
テンプレートを表示

ザ・リング2』(The Ring Two)はアメリカ合衆国ホラー映画で、『ザ・リング』の続編作品。監督は中田秀夫。全米公開は2005年3月18日日本での公開は同6月18日

続編『The Ring 3D』も製作中だが、公開日は未定[2]

概要[編集]

前作『ザ・リング』は日本映画版『リング』のリメイク作品だったが、本作はあくまでアメリカ版映画の続編であり、日本のどの『リング』作品(原作小説および映画)とも異なる独自の展開になっている[3]

監督は、前作のゴア・ヴァービンスキーに代わり、オリジナルを監督した中田秀夫が担当。

あらすじ[編集]

「ザ・リング」で描かれた事件から6か月後、サマラの呪いの恐怖を体験したレイチェルは、サマラから逃れるためにシアトルから、片田舎アストリアへとエイダンと共に引っ越した。

だが、ある日ラジオから、10代の男性が死亡しているのが発見されたとの情報が入り、現場へ向かった。そこで遺体を確認し、顔が異様に歪んで死んでいるのを見たレイチェルは、サマラの呪いがまだ存在しているのを確信する。それとほぼ同時に、エイダンに異変が起こる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
レイチェル・ケラー ナオミ・ワッツ 安藤麻吹
マックス・ローク サイモン・ベイカー 木下浩之
エイダン・ケラー デヴィッド・ドーフマン 上村祐翔
サマラ・モーガン ダヴェイ・チェイス かないみか
エヴリン シシー・スペイセク 園田恵子
エミリー エミリー・ヴァンキャンプ
エマ・テンプル エリザベス・パーキンス
マーティン ゲイリー・コール
イーブル・サマラ ケリー・ステイブルス

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Ring Two (2005)”. Box Office Mojo. 2011年8月25日閲覧。
  2. ^ IMDb『The Ring 3D』ページ
  3. ^ 同時期に全米公開された『ダーク・ウォーター』(同じ鈴木光司原作の日本映画『仄暗い水の底から』のアメリカ版リメイク)を意識した、「水」のトリックが使われている。

外部リンク[編集]