仄暗い水の底から

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

仄暗い水の底から』(ほのぐらいみずのそこから)は、鈴木光司ホラー短編集、およびその映画化作品である。水と閉鎖空間をテーマとした7編の物語が収録され、そのうちの1編「浮遊する水」が映画化された。

収録作[編集]

プロローグ・エピローグ[編集]

三浦半島東端「観音崎」を散歩する老婆佳代と孫娘悠子の物語。「海に沈む森」につながるアイテムが登場し東京湾にまつわる物語のまとめ役となる。佳代はそのアイテムをその一家の元へ届けようとする。

浮遊する水[編集]

出版社で働く母淑美と幼い娘郁子は引っ越してきたマンションの屋上で赤い幼児用のバッグを見つけるが、それをきっかけに親子の周りで奇怪な現象が起こり始める。

孤島[編集]

教師の末広謙介は、恩師の佐々木と共に第六台場を目指す。彼は小中学校の同級生、阿相敏弘がそこに捨てた新興宗教に嵌った恋人の中沢ゆかりを追っていた。そこで彼が見たものは……。

漂流船[編集]

遠洋マグロ漁船第七若潮丸の乗組員、白石和男は、海で無人の小型クルーザーを発見する。高木船長の提案でクルーザーに乗り込んだ彼はかつての持ち主善国孝之の航海日誌を発見し彼の家族の娘の洋子が持ち込んだ目のような不気味な貝殻が原因だと悟る。

穴ぐら[編集]

粗暴なアナゴ猟師稲垣裕之は妻の奈々子を探していた。彼はおとなしい息子の克巳と痴呆の父の勝三、失語症の娘、春菜の家族を持つ。やがて、アナゴ漁の生簀で激情の口論の末自分が殺した妻の死体を発見。それを隠蔽しようとして自分も生簀に落ちてしまい閉じ込められる。

夢の島クルーズ[編集]

車のセールスマン榎吉正幸は高校の同窓会で知り合った牛島とその妻美奈子のヨット「MINAKO」号に乗り東京湾を観光していたが、ヨットに異常が起こり航行不能に陥ってしまう。日が沈み暗くなった海に潜り、キールの様子を確かめに行った牛島が見たものとは…。

ウォーター・カラー[編集]

芝浦運河のビルにある劇団『海臨丸』の音効係、神谷隆一の物語。看板女優、菊地紀子とビル5階のメフィストで知り合った彼は、そのことで険悪な関係の劇団主催者兼演出家の清原健三の命令で水滴が落ちるメフィストの女子トイレへと調査に赴く。そこで彼を待つものとは……。

海に沈む森[編集]

1975年初冬、冒険を趣味とし家族を持つ杉山文彦が友人の榊原と後に「白岩洞」と名付けられる鍾乳洞で遭難し閉じ込められる物語。榊原の死体が狭い道を塞ぎ、閉じ込められた彼は水の出口を求めて脱出を試みる。20年後の長男武彦に父親の遺志が伝わる構造となる。

映画『仄暗い水の底から』(2002)[編集]

仄暗い水の底から
監督 中田秀夫
脚本 中村義洋
鈴木謙一
原作 鈴木光司
『浮遊する水』
製作 一瀬隆重
出演者 黒木瞳
小日向文世
菅野莉央
水川あさみ
音楽 川井憲次
主題歌 スガシカオ青空
撮影 林淳一郎
編集 高橋信之
配給 東宝
公開 日本の旗 2002年1月19日
上映時間 101分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2002年に中田秀夫監督で映画化され、2003年のジェラルメ国際ファンタスティカ映画祭でグランプリを受賞した。原作は、短編集の1編「浮遊する水」。2005年にはハリウッド版のリメイクダーク・ウォーター』も制作された。

あらすじ[編集]

離婚調停中であり、娘の郁子の親権を夫邦夫と争っている淑美は生活を立て直そうと、郁子と一緒に新しいマンションに引っ越す。しかし、そこは雨漏りが酷い、水道水が不味い、上階の子供の足音がよく響くなど不具合が多く、また彼女は何か不穏なものを感じていた。

ある日、淑美は屋上で、赤い子供用バッグ(mimikoバッグ)を見つけ、それがきっかけで郁子と同じ幼稚園に通っていた少女・河合美津子が2年前から行方不明になっているのを知る。美津子は父と共に、淑美たちの真上の部屋に住んでいて、行方不明になったときには似たバッグをかけていた。

バッグは落とし物としてマンション管理人に届け、捨てられたことを確認するが、後日また屋上で同じものが見つかった。娘の郁子はバッグが気になるようで、また、見えない女の子と会話する奇行が見られるようになった。淑美は、美津子の霊が郁子を連れ去ろうとしているのではないかと恐慌に陥り、一度はマンションを出る決意する。

しかし、淑美が離婚調停を依頼していた弁護士の活躍により、事件はひとまずの決着を見た。実は、美津子と父が住んでいた上の部屋の鍵が閉まっておらず、さらに水道が出しっぱなしだった。水漏れは直り、その他の怪現象のいくつかにも説明が付いた。

しかしついに、美津子が姿を現した。淑美は自分が連れ去られることで、郁子が連れ去られることを阻止した。10年後、廃墟となったマンションを郁子が訪れ、そこに淑美の霊を見るのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

キャッチコピー[編集]

  • ずっとずっといっしょだよママ
  • 原作:鈴木光司×監督:中田秀夫 リングのコンビが贈る魂を揺さぶるグランド・ホラー

映画版の変更点[編集]

原作が短編のため、結末を含め大幅に変更された。

  • 原作では幻覚でしか現れなかった河合美津子の亡霊が登場する。また、美津子の行方不明のビラが出ている。
  • 美津子のバッグがハローキティからmimikoバッグに変更。
  • 原作では登場しない夫や弁護士、不動産屋が登場。
  • 10年後の世界が描写され、親権が父親になって成長した郁子が登場。
  • マンションの河合家が水浸しの部屋として登場。また主人公親子の住む部屋が4階から1階に変更された。

その他の映像化[編集]

TVドラマ「夢の島クルーズ」(1997)[編集]

1997年、人気作家の短編を映像化したテレビドラマシリーズ『幻想ミッドナイト』の第1話として、テレビ朝日系で放送された。

映画『ドリーム・クルーズ』(2007)[編集]

短編集の1編「夢の島クルーズ」を原作とした『ドリーム・クルーズ』が、2007年に鶴田法男監督で制作された。

「孤島」の映画化予定[編集]

短編集の1編「孤島」がジョージ・A・ロメロ監督により映画化される予定である[いつ?]

関連書籍[編集]

  • 漫画 仄暗い水の底から(漫画:MEIMU) 映画原作の「浮遊する水」の他、「漂流船」「夢の島クルーズ」「海に沈む森」を収録。
  • 都市伝説研究読本 仄暗い水の底から 角川書店刊行。

外部リンク[編集]