女優霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
女優霊
監督 中田秀夫
脚本 高橋洋
製作 仙頭武則
小林広司
柘植靖司
大澤茂樹
出演者 柳ユーレイ
白島靖代
石橋けい
大杉漣
菊池孝典
音楽 河村章文
撮影 浜田毅
編集 掛須秀一
配給 ビターズ・エンド配給
公開 日本の旗 1996年3月2日
上映時間 76分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

女優霊』(じょゆうれい)は、1996年公開の日本ホラー映画

概要[編集]

映画撮影所を舞台に、過去のフィルムに写っていた女優の幽霊にまつわる怪異を描いたホラー映画作品。後にジャパニーズホラーブームの先駆者として評価されることになる監督の中田秀夫と脚本の高橋洋が、初めて手を取り合って制作した映画作品であり[1]、中田にとっては映画監督としてのデビュー作である[2][3]

監督の中田は、ホラー映画という商業性の中に本作に自分が育った撮影所への思い入れを盛り込んだといい[2]、実際の映画の内容も、映画撮影所を舞台に、新人の映画監督が処女作の撮影中に怪異に巻き込まれるという内容になっている。

脚本を担当した高橋は、子供の頃にテレビで題名の分からないホラー映画の予告編を見た経験をモチーフとして本作に反映させている。この題名不詳の映画はかつてアメリカ合衆国で制作されたものの封印作品となり公開されず、後に日本で一度だけテレビ放送されたという映画作品『シェラ・デ・コブレの幽霊』であると言われている[3][4][5]

本作は中田監督作品の初期の傑作であるとも[6]、後のジャパニーズホラーの礎であるとも評されることになるが[1]、本作の公開当時には「怖くない」という否定的な評価も寄せられた[7]。中田と高橋は後に、鈴木光司の小説を原作とした1998年の映画化作品『リング』で世界的な反響を得るが、同作に際しては『女優霊』には好意的ではない反応を示した観客を今度こそ怖がらせてやろうという意気込みが込められることになる[7]。『女優霊』でも用いられたモチーフやその反省点は、『リング』における原作にはない映画独自のアレンジとして盛り込まれており、例えば『リング』で怪異の元凶として登場する山村貞子の映画版における描写には、『女優霊』では幽霊の顔を見せすぎたという反省などが反映されている[7]。『女優霊』に登場する髪の長い女優の幽霊は、映画版『リング』における貞子の原形であるとも言われる[1]

後の2010年にはアメリカ合衆国でリメイク版が制作されている。

ストーリー[編集]

新人映画監督の村井俊男は自身のデビュー作を製作中、その作品のカメラテスト中に別の映像が紛れていることに気づく。

村井はその不気味な映像に何故か見覚えがあるのであった。それ以降、撮影現場では奇妙な現象が起こり始める。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督、原案:中田秀夫
  • プロデューサー:仙頭武則、小林広司、柘植靖司、大澤茂樹
  • 脚本:高橋洋
  • 撮影:浜田毅
  • 音楽:河村章文
  • 音楽プロデューサー:高木健次
  • 美術:斉藤岩男
  • 編集:掛須秀一
  • 録音:武進
  • 助監督:日垣一博

ハリウッドリメイク版[編集]

THE JOYUREI 〜女優霊〜
DON'T LOOK UP
監督 フルーツ・チャン
脚本 ブライアン・コックス
製作会社 Distant Horizon Ltd & Action5.Inc
配給 日本の旗 インターフィルム
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年7月27日(DVD発売)
フランスの旗 2010年11月23日(DVD発売)
日本の旗 2011年1月8日
上映時間 86分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ハリウッドリメイク版。「フィルムに写った謎の女性」といったキーワードは共通しつつも、原作である日本映画版とは異なったストーリーとなっている。日本公開に合わせ日本オリジナルも同時上映された。

キャッチコピーは「それは けっして みてはならないもの…」。

キャスト[編集]

  • Lila Kis - Rachael Murphy
  • Marcus Reed - リシャッド・ストゥリック
  • Josh Petri - ヘンリー・トーマス
  • Romy Bardoc - カルメン・チャップリン
  • Davis - ケビン・コリガン
  • Tami - ダニエラ・シー
  • Matya - ゼルダ・ウィリアムズ
  • Béla Olt - イーライ・ロス
  • Grigore - ロザリエ・ブルートウ
  • Olt's Cameraman - Ben DiGregorio
  • Claire - Alyssa Sutherland
  • Beng - Robert Towers
  • Romanian Grip - Jack Dimich
  • Anca - Elena Satine
  • Peter - Brian Henderson

スタッフ[編集]

  • 監督 - フルーツ・チャン
  • 脚本 - ブライアン・コックス
  • 撮影 - プーン・ハンサン
  • 音楽 - トニー・ハメック
  • 編集 - クリストファー・T・ライト
  • 美術 - マーク・グレビル
  • 特殊効果 - スコット・オオシタ
  • 配給 - インターフィルム

関連商品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 貞子の原型が登場!?「リング」コンビによる伝説のJホラー「女優霊」待望の初DVD化!”. ハリウッドチャンネル. ハリウッドチャンネル株式会社 (2010年6月14日). 2011年7月13日閲覧。
  2. ^ a b 中田秀夫 (2009年3月19日). HIDEO NAKATA. インタビュアー:原田優輝. 須永貴子. PUBLIC-IMAGE.ORG.. http://public-image.org/interview/2009/03/19/hideo-nakata.html 2011年7月13日閲覧。 
  3. ^ a b “監督:中田秀夫 脚本:高橋 洋 伝説のJホラー映画「女優霊」初DVD化決定!!”. シネマトピックスオンライン. (2010年6月14日). http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=10081 2011年7月13日閲覧。 
  4. ^ 小梶勝男. “批評 シェラデコブレの幽霊”. 映画ジャッジ!. 2011年7月13日閲覧。
  5. ^ 高橋洋 (2010年12月20日). 『リング』、『女優霊』の脚本でJホラー像を確立した高橋洋監督の『恐怖』(2/2). インタビュアー:国領雄二郎. マイコミジャーナル.. http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/12/20/takakyoufu/001.html 2011年7月13日閲覧。 
  6. ^ 松岡美樹 (2006年11月22日). “リングの中田監督によるホラー映画「女優霊」”. RBB TODAY (イード). http://www.rbbtoday.com/article/2006/11/22/36140.html 2011年7月13日閲覧。 
  7. ^ a b c 『冒険者ガイド ループ界』 リング研究会編、角川書店、1998年9月5日、76-80頁。ISBN 4-04-883544-0

外部リンク[編集]