小日向文世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こひなた ふみよ
小日向 文世
本名 小日向 文世
生年月日 1954年1月23日(60歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道三笠市
国籍 日本
身長 164 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
配偶者 既婚(1993年に結婚)
主な作品
HERO

あしたの、喜多善男 - 世界一不運な男の、奇跡の11日間 -

小日向 文世(こひなた ふみよ、1954年1月23日 – )は、日本俳優

北海道三笠市出身。ファザーズコーポレーション所属。北海道三笠高等学校、東京写真専門学校(現専門学校東京ビジュアルアーツ)卒業[1]。既婚。

来歴・人物[編集]

住職で三笠市職員である父の次男として生まれる(兄と姉がいる)[2]。専門学校卒業後、中村雅俊の付き人を務める[1]。演劇の道を目指し、1977年串田和美が主宰する「オンシアター自由劇場」に入団する[1]1996年の解散まで19年間の在籍[1]で、劇団の看板女優吉田日出子の相手役を務めた[3]

劇団解散後は映画・テレビドラマなど映像分野での活躍を切望するも、端役が多かった。そんな中、2001年1月期に放映された木村拓哉主演のフジテレビ月9ドラマHERO』に、メインキャストの1人としてレギュラー出演を果たす。このドラマは全話視聴率30%超えを記録する大ヒットとなった。39歳で結婚し[4]、41歳で長男[4]、44歳で次男をもうける[2]

フジテレビ系列の単発オムニバスドラマ『世にも奇妙な物語2001年春の特別編』の一話「厭な子供」にて主演を果たす。映画では2004年の映画『銀のエンゼル』で主演を、連続ドラマでは2008年1月期の関西テレビ制作・フジテレビ系『あしたの、喜多善男 - 世界一不運な男の、奇跡の11日間 - 』で主演を務めた。

写真学校時代はカメラケースを片手に当時流行りだったロンドンブーツを履いた格好で学校帰りにディスコに通っていたことを本人が写真を持参しそれを見せながら話しており、進行役の安住紳一郎アナウンサーに「草食系じゃないじゃないですか」と言われていた[5]

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

PV[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 歴史スペシャル 「揺るぎなき先人〜茶聖 千利休〜」(2010年12月31日テレビ東京) - ナレーション

受賞歴[編集]

2012年度

2013年度

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 武田篤典 (2008年2月7日). “ロングインタビュー〜つきぬけた瞬間「毎日でも演じたい」 小日向文世(2)”. Web R25. 2013年12月18日閲覧。
  2. ^ a b 2009年10月27日放送『徹子の部屋』より
  3. ^ 田中亜紀子 (2009年8月25日). “ひとインタビュー この世に生まれたからには自分の存在をアピールしたい 第百十八回 小日向文世さん”. DO楽. 2013年12月18日閲覧。
  4. ^ a b 武田篤典 (2008年2月7日). “ロングインタビュー〜つきぬけた瞬間「毎日でも演じたい」 小日向文世(3)”. Web R25. 2013年12月18日閲覧。
  5. ^ 2011年10月21日放送『ぴったんこカン・カン』より
  6. ^ 小日向文世演じる“嫌われ監察官”が未解決事件に風穴を!『水曜ミステリー9』”. テレビドガッチ (2013年12月18日). 2013年12月18日閲覧。
  7. ^ インタビューvol.4 『中田幸夫役/小日向文世さん』”. TBSテレビ. 2014年2月13日閲覧。
  8. ^ “水野美紀 大先輩にあいさつなし…小日向文世「やっぱりか」”. Sponichi Annex. (2012年6月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/06/15/kiji/K20120615003474180.html 2013年8月29日閲覧。 
  9. ^ “小日向文世に直撃!「キャラを創らず台本に忠実に」 ドラマ「DOCTORS2」”. zakzak. (2013年8月29日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130829/enn1308291212009-n1.htm 2013年12月18日閲覧。 
  10. ^ TBS×WOWOW共作ドラマ「MOZU」・有村架純ら追加キャスト発表”. webザテレビジョン (2014年2月12日). 2014年2月13日閲覧。
  11. ^ 映画「サイドウェイズ」小日向文世インタビュー”. e-days. 2013年8月29日閲覧。
  12. ^ “小日向文世、三谷幸喜の話題作で「次こそ主役の重圧に勝つ」”. 朝日新聞DEGITAL. (2013年12月4日). http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/AUT201312040106.html 2013年12月18日閲覧。 
  13. ^ 山崎まさよし新曲PVに小日向文世が出演”. ORICON STYLE (2008年2月19日). 2013年12月18日閲覧。
  14. ^ “〜もうひとつのワンダ。大人ワンダ始まる。〜『ワンダ 大人ワンダ ザ・スタンダード』 新TVCMの放映のお知らせ 渡部篤郎さん、小日向文世さん出演「大人の二択」編 1月8日(火)から全国でオンエア” (プレスリリース), アサヒ飲料, (2013年1月8日), http://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2013/pick_0108.html 2013年8月30日閲覧。 
  15. ^ 水野陽子 (2014年2月2日). “SPECIAL INTERVIEW 小日向文世 × 段田安則 × 風間杜夫”. TOKYO HEADLINE. 2014年2月13日閲覧。
  16. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン』小日向文世、俳優生活初の映画賞受賞に会場どよめく”. ORICON STYLE (2013年2月10日). 2013年8月29日閲覧。

外部リンク[編集]