レッド・ドーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッド・ドーン
Red Dawn
監督 ダン・ブラッドリー英語版
脚本 カール・エルスワース英語版
ジェレミー・パスモア
原案 ケヴィン・レイノルズ
原作 オリジナル脚本
ケヴィン・レイノルズ
ジョン・ミリアス
製作 ボー・フリン
トリップ・ヴィンソン
製作総指揮 ヴィンセント・ニューマン
ケヴィン・ハロラン
出演者 クリス・ヘムズワース
ジョシュ・ペック
ジョシュ・ハッチャーソン
エイドリアンヌ・パリッキ英語版
イザベル・ルーカス
コナー・クルーズ
ジェフリー・ディーン・モーガン
音楽 ラミン・ジャヴァディ
撮影 ミッチェル・アムンドセン
編集 リチャード・ピアソン
製作会社 フィルム・ディストリクト
コントラフィルム
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
ヴィンセント・ニューマン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 フィルム・ディストリクト
日本の旗 クロックワークス
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年9月27日(ファンタスティック・フェスト)
アメリカ合衆国の旗 2012年11月27日
日本の旗 2013年10月5日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $65,000,000[1]
興行収入 $48,169,726[2]
テンプレートを表示

レッド・ドーン』(Red Dawn)は、ダン・ブラッドリー英語版監督による2012年アメリカ合衆国戦争映画である。1984年の映画『若き勇者たち』のリメイクであり、カール・エルスワース英語版とジェレミー・パスモアが脚本を執筆した。出演はクリス・ヘムズワースジョシュ・ペックジョシュ・ハッチャーソンエイドリアンヌ・パリッキ英語版イザベル・ルーカス、コナー・クルーズ、ジェフリー・ディーン・モーガンらである。北朝鮮による侵略から祖国を守ろうとする若者たちが描かれる。

あらすじ[編集]

アメリカ・ワシントン州スポケーン。高校のアメフトチームのスター選手マットが試合に負け、彼の兄で海兵隊員のジェドがイラクから休暇で戻って来たその日、突然停電が起こる。翌朝、空一面に戦闘機と空挺部隊が現われ、そして北朝鮮軍がアメリカ全土を、そしてスポケーンの街を占領した。山小屋へ逃げたジェドたちは眼前で父を殺され、戦うことを決意するのだが…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジェド・エッカート クリス・ヘムズワース 土田大
マット・エッカート ジョシュ・ペック 阪口周平
ロバート・キットナー ジョシュ・ハッチャーソン 下山吉光
トニ・ウォルシュ エイドリアンヌ・パリッキ英語版 斎賀みつき
エリカ・マーティン イザベル・ルーカス 花村さやか
ダリル・ジェンキンス コナー・クルーズ 水村拓未
ターナー ジェフリー・ディーン・モーガン 田中正彦
ダニー エドウィン・ホッジ
トム・エッカート ブレット・カレン英語版
ジュリー アリッサ・ディアス
グレッグ ジュリアン・アルカラス
ジェンキンス市長 マイケル・ビーチ
チョウ指揮官 ウィル・ユン・リー
ホッジス マット・ジェラルド英語版
スミス ケネス・チョイ
ピート スティーヴ・レンツ

製作[編集]

2008年5月、カンヌ国際映画祭メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)のハリー・ソロモンとメアリー・ペアレントは、『若き勇者たち』のリメイクが既にプリプロダクションの初期段階にあり、『ボーン・アルティメイタム』や『スパイダーマン3』の第二班監督やスタントコーディネーターを務めていたダン・ブラッドリー英語版が監督する予定であることが発表された。MGMは後に、9・11テロ後の世界を念頭に置いたリメイクとなることを発表した[3][4]。同月末、MGMはブラッドリーが監督に決定し、さらにカール・エルスワース英語版が脚本を更新することを発表した[3][5]。エルスワースはジェレミー・パスモアによる脚本に手を加えた。またヴィンセント・ニューマンがプロデューサーを務めることが発表された[6]。主役にはオーストラリア人俳優のクリス・ヘムズワース[7]、その他の主なキャストにはジョシュ・ペックエイドリアンヌ・パリッキ英語版ジョシュ・ハッチャーソンイザベル・ルーカスエドウィン・ホッジ、コナー・クルーズが選ばれた[8]。。

主要撮影は2009年9月にミシガン州マウント・クレメンス英語版で始まった[9]。撮影時のセットの写真によると、映画では中国人民解放軍のシンボルを特色としたパンフレット、ポスター、バナーが使われていた[10][11]

2010年6月、MGMの財政問題のために本作の公開が遅れることが発表された。またウェブサイト『The Awl』に脚本がリークされ、中国を悪役として描いたその内容は議論を巻き起こした[12][13]

2011年3月、MGMは100万ドル未満の予算を投じて『レッド・ドーン』の悪役を中国から北朝鮮へ変更、修正することを『ロサンゼルス・タイムズ』が報じた[14]

公開[編集]

テキサス州オースティンで行われたワールド・プレミアでのダン・ブラッドリー英語版エイドリアンヌ・パリッキ英語版ジョシュ・ペック、トリップ・ヴィンソン、ファンタスティック・フェスト英語版創始者のティム・リーグ。

2011年9月、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーが独立系スタジオのフィルム・ディストリクトと共にアメリカ合衆国で配給する契約を交わしたことが報じられた[15]。2011年12月、フィルム・ディストリクトは『レッド・ドーン』を含む2012年の映画をオープン・ロード・フィルムズを通して配給する契約を交わした[16]

2012年9月、同月27日にファンタスティック・フェスト英語版のクロージング作品として、テキサス州オースティンアラモ・ドラフトハウス・シネマ英語版でワールド・プレミアが行われることが発表された[17]

日本では、2013年10月5日に新宿バルト9ほか全国で公開される予定。

興行収入[編集]

北米では公開初日2日間で740万ドル、初週末3日間で1460万ドルを売り上げて初登場7位となった[18][19]。累計で4816万9726ドルを売り上げた[1][2]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは128件のレビューで支持率は13%となった[20]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Red Dawn (2012)”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2013年4月3日閲覧。
  2. ^ a b Red Dawn (2012) (PG-13)”. Boxoffice.com. 2013年4月3日閲覧。
  3. ^ a b Fernandez, Jay A.; Borys Kit (2008年7月9日). “'Red Dawn' redo lands director, scribe; MGM will remake the 1984 action drama”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/film/news/e3i28e0d4f7991010721fa8d721c07ce0eb?imw=Y 
  4. ^ Zeitchik, Steven (2008年5月17日). “MGM: Two up for a remake treatment — MGM may remake the '80s action films”. The Hollywood Reporter. オリジナル2008年6月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20080605142725/www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/news/e3idda2f1661c03a55f6d1b4663fa9ec2ae 
  5. ^ Bartyzel, Monika (2008年7月9日). “'Red Dawn' Remake Finds Writer and Director”. Cinematical. 2012年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月17日閲覧。
  6. ^ Ellsworth Penning Red Dawn Remake”. ComingSoon.net. 2009年6月17日閲覧。
  7. ^ Nikki Finke’s Deadline Hollywood Daily » EXCLUSIVE: Chris Hemsworth Is 'Thor'”. Deadlinehollywooddaily.com. 2009年6月17日閲覧。
  8. ^ Fernandez, Jay A.. “Two cast in 'Red Dawn' remake”. Hollywoodreporter.com. オリジナル2009年6月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20090620095635/www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/news/e3ic709b2a7b82e176c839b6dd393db75df 2009年6月17日閲覧。  [リンク切れ]
  9. ^ Pics From The Set Of The RED DAWN Remake!!”. Ain't It Cool News (2009年9月15日). 2009年9月15日閲覧。
  10. ^ Hollywood blockbuster remake of the Cold War, "Chinese soldiers" (好莱坞翻拍冷战时大片 "中国军人"穿07迷彩"入侵美国")” (Chinese). Tiexue (Original report from XINHUA). 2009年10月4日閲覧。
  11. ^ Xiao, Dazhong (2009年9月30日). “Hollywood remake of Cold War epic film, with strong drama depicting a Chinese "invasion of the United States"” (Chinese). Phoenix TV News. http://news.ifeng.com/mil/3/200909/0930_341_1371284.shtml 2009年10月10日閲覧。 
  12. ^ Russ Fischer (2010年6月10日). “More MGM Fallout: Red Dawn Delayed, Perhaps Indefinitely?”. /Film. 2010年6月15日閲覧。
  13. ^ Jonathan Landreth (2010年6月1日). “Chinese press rails against 'Red Dawn'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/news/e3i9a9ec43069ab4f97784bd1acb15d858d 2010年6月15日閲覧。 
  14. ^ Brodesser-Akner, Claude (2011年1月11日). “The Long-Delayed Red Dawn Remake Could Have Been Scarily Topical”. Vulture. http://www.vulture.com/2011/12/red-dawn-china-invades-america-because-of-debt.html 2013年1月5日閲覧。 
  15. ^ Fritz, Ben and Horn, John (2011年9月26日). “'Red Dawn' remake to come out next year from FilmDistrict”. Los Angeles Times. http://latimesblogs.latimes.com/movies/2011/09/red-dawn-remake-to-come-out-next-year-from-filmdistrict.html 2011年9月27日閲覧。 
  16. ^ Frankel, Daniel (2011年12月6日). “FilmDistrict has reached deals to distribute its 2012 titles through Open Road Flims”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2011/12/06/idUS99826269220111206 2011年12月14日閲覧。 
  17. ^ Clark, Noelene (2012年9月2日). “‘Red Dawn’: Controversial remake to debut at Fantastic Fest in Austin”. Los Angeles Times. http://herocomplex.latimes.com/2012/09/05/red-dawn-controversial-remake-to-debut-at-fantastic-fest-in-austin/ 2012年9月5日閲覧。 
  18. ^ Subers, Ray (2012年11月23日). “'Twilight,' 'Skyfall' Devour Newcomers on Turkey Day”. Box Office Mojo. IMDB. 2012年11月26日閲覧。
  19. ^ Subers, Ray (2012年11月25日). “Weekend Report: 'Twilight,' Bond Dominate Fruitful Thanksgiving”. Box Office Mojo. IMDB. 2012年11月26日閲覧。
  20. ^ Red Dawn (2012)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2013年7月2日閲覧。

外部リンク[編集]