ノイズ (1999年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノイズ
The Astronaut's Wife
監督 ランド・ラヴィッチ
脚本 ランド・ラヴィッチ
製作 アンドリュー・ラザー
音楽 ジョージ・S・クリントン
撮影 アレン・ダヴィオー
編集 ティム・アルヴァーソン
スティーブ・ミルコビッチ
製作会社 ニュー・ライン・シネマ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ=ヒューマックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年8月27日
日本の旗 2000年2月26日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $75,000,000[1]
興行収入 $19,598,588[1]
テンプレートを表示

ノイズ』(The Astronaut's Wife)は、1999年のSFスリラー映画。ランド・ラヴィッチが監督をつとめ、ジョニー・デップシャーリーズ・セロンが出演した。音楽はジョージ・S・クリントンが作曲を手がけた。

1999年、シッチェス・カタロニア国際映画祭の最優秀映画賞にノミネートされた。

ストーリー[編集]

NASAの宇宙飛行士であるスペンサー・アーマコス(ジョニー・デップ)は同僚のアレック・ストレックとともに宇宙で作業を行っていた際、何らかの爆発に巻き込まれ、2分間通信が途絶えたが、彼らは無事に帰還した。しかし、事故のことについては妻の前でも一切語らなかった。

事故から少したった後、ストレックが脳卒中のため死亡。彼の喪があけないうちに、彼の妻がAC電源のラジオにシャワーを浴びせている風呂場で座って自殺を図った。

スペンサーはNASAをやめ、ニューヨーク市の重要な役職に着いた。彼の妻ジリアン(シャーリーズ・セロン)は双子を身ごもったことがわかるが、人が変わったスペンサーに不信感を持つようになり、2分間通信できなくなったときに何かあったのではないかとスペンサーに尋ねたが、ごまかされた。

あるとき、宇宙飛行士生還後にNASAを辞めさせられたシャーマン・リーズという人物がジリアンに会った。彼はスペンサーがもう昔の彼ではないことを話した。ジリアンは当初信じられなかったが、彼の話と夫の言動に類似点があることに気づく。リーズはジリアンにもう一度会う約束をするが、約束を果たす前にスペンサーに殺され、持っていた小型かばんを奪われる。しかしリーズはジリアンにあらかじめビデオテープを渡していた。 ビデオはあいまいな予言しかしていなかったが、スペンサーは、リーズのかばんを持っていったところを見た、ジリアンの妹ナンを殺害した。

夫の行動を疑ったジリアンは感電自殺を図って夫の野望を打ち砕こうとした。そこへやってきたスペンサーは感電し、彼をのっとっていた存在―触手の生えたエネルギー生命体がジリアンに憑依した。

何年かして、ジリアンは戦闘機乗りと再婚し、双子の息子を学校へ送っていた。息子たちはスクールバスに乗った後、バスの中で、ノイズしか聞こえないヘッドホンを耳にしながら難しそうな本を読んでいた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
DVD版 テレビ朝日版
スペンサー ジョニー・デップ 平田広明 関俊彦
ジリアン シャーリーズ・セロン 勝生真沙子 井上喜久子
シャーマン ジョー・モートン 水野龍司 江原正士
ナン クレア・デュヴァル 本田貴子 朴璐美
ナタリー ドナ・マーフィー 佐藤しのぶ 弘中くみ子
アレックス ニック・カサヴェテス 辻親八 廣田行生
ドクター・パドラバ サマンサ・エッガー 定岡小百合
NASAのディレクター ゲイリー・グラッブス
シェリー ブレア・ブラウン 宮寺智子
ジャクソン トム・ヌーナン
アレン トム・オブライエン
シェリー・ケイター ルーシー・リン
パット マイケル・クライダー
ジリアンの双子の息子 ディラン&コール・スプラウス
パイロット エドワード・カー

評価[編集]

興行成績はよろしくなく、予算が7500万ドルだったのに対し、北アメリカでの公開週末の売り上げは4,027,003ドルだった。全体の収入である19,598,588ドルのうち、8,926,022ドルが北アメリカ外からの収入だった[1]。それでも、『ノイズ』は、1999年のシッチェス・カタロニア国際映画祭の最優秀作品賞にノミネートされた。

備考[編集]

  • この映画のストーリーは、宇宙人に寄生された状態の宇宙飛行士が地球に帰ってくるという点において、『The Quatermass Experiment』(1953年)および1995年に公開された長編映画版である『原子人間』が元になっている[2][3]
  • 地球人の女たちを妊娠させるために異星人が彼女たちの夫に成りすますという点においては、1958年に公開されカルト的人気を誇る映画『宇宙船の襲来』(原題:I Married a Monster from Outer Space)と似ている。女性が妊娠した後から、超自然的な力によって自身の夫や周りの人物の言動に不信感を覚えるという点においては『ローズマリーの赤ちゃん』に通ずる。
  • 劇中でのシャーリーズ・セロンの衣装やヘアスタイルはミア・ファローを真似ており、出演者の1人、ニック・カサヴェテスの父親は『ローズマリーの赤ちゃん』に出演したジョン・カサヴェテス

脚注[編集]

  1. ^ a b c The Astronaut's Wife”. Box Office Mojo. 2010年3月18日閲覧。
  2. ^ Trivia”. bbc.co.uk. 2007年1月27日閲覧。
  3. ^ French, Philip (1999年11月28日). “Arts: OTHER FILMS: We've waited 40 years for this. Was it worth it?”. Observer. p. 10 

外部リンク[編集]