李嘉誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李 嘉誠
2010年、米スタンフォード大学医科大学院にて
生誕 1928年6月13日(86歳)
中華民国広東省潮州
職業 実業家長江実業の会長
純資産 310億米ドル(2013年時点)
配偶者 荘月明

李嘉誠(り かしん、Sir Li Ka-shing GBM KBE Commander, 広東語:Li Ka Shing, 1928年6月13日 - )は、香港最大の企業集団・長江実業グループ創設者兼会長である。2013年度世界長者番付によれば、その資産は310億米ドルとされ、世界8位の富豪である[1]。香港及び東アジア全域で最も富裕な人物であり、華人としては世界最大の資産家である。

経歴[編集]

1928年中華民国広東省潮州に生まれ、日中戦争の戦火から逃れ1940年家族とともにイギリスの植民地の香港に逃れた。しかし、太平洋戦争の勃発により、香港も日本軍の占領下に入り、父も間もなく亡くなったため、学業を断念してセールスマンとなった。最終学歴は中卒(高校中退)。

1949年香港にプラスティックの工場を作り、造花を売り出したところ、「ホンコンフラワー」として大当たりとなった。1958年不動産業に転身し、長江実業有限公司を設立して香港最大の不動産ディベロッパーとなった。1979年に和記黄埔(ハチソン・ワンポア)、1985年に香港島の電力供給を独占する香港電灯を買収し規模を拡大した。

1989年天安門事件が発生して外国企業が中華人民共和国から避難したとき、逆に中華人民共和国への投資を拡大して香港最大の企業集団として台頭した。主に中華人民共和国の発電所建設に当る長江基建などを所有し、中華人民共和国の指導者とも深いつながりがある。左派資本家の霍英東や、マカオのカジノ王(香港でもグループ企業を持つ)スタンレー・ホーとも親しい。ただし、北米などへも投資していることから、全国政治協商副主席への就任を断ったとも言われている[1]

フィランソロピー[編集]

アメリカフォーブス誌2008年3月に李嘉誠を世界富豪番付11位にランクしているが、李の日常生活は質素で、李嘉誠基金会を通じて多額の献金を行っている。1981年には20億香港ドルを投じて故郷の潮州の近くに汕頭大学を創設し、2004年スマトラ沖地震では300万米ドルを寄付した。

家族[編集]

長男のヴィクター・リー(李沢鉅)は長江実業の副会長兼社長として後継者の地位にある。1996年誘拐され、身代金10億香港ドルを払ったとされる。犯人は後に中国で逮捕・処刑された。

次男のリチャード・リー(李沢楷)は香港最大の通信会社であるPCCW(パシフィック・センチュリー・サイバー・ワークス)を率い、東京丸の内パシフィックセンチュリープレイス丸の内を建設したことで日本でも知られる。

妻の荘月明は既に亡くなっているが、自殺ではないかとも噂されている。

伝記・関連書籍[編集]

  • 西原哲也「秘録・華人財閥=日本を踏み台にした巨龍たち」(NNA、2008年7月) 

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]