韓流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
韓流
各種表記
ハングル 한류
漢字 韓流
発音 ハルリュ
ローマ字転写 Hallyu
テンプレートを表示

韓流(ハンりゅう、かんりゅう、: Korean wave)とは、2000年代以降に韓国政府の主導で行われている韓国大衆文化コンテンツの拡販政策。[1]

1997年のアジア通貨危機によって韓国経済が破綻すると、韓国は官民を挙げて韓国ドラマや映画などコンテンツの輸出を推進し、韓国政府も積極的にコンテンツ産業振興策を支援した[2]。日本のテレビドラマの価格上昇や香港映画の衰退などの追い風も受けて、韓国の俳優や音楽など大衆文化に対する人気が高まってブームが形成された[3][4][5][6]。この現象が台湾で「韓流熱風」と言い表され、その後中国や日本でも使われるようになった。「ハンりゅう」という読みはこの「韓流(ハンリュー)」から生まれた。この言葉は韓国に逆輸入された。本項では、特に断りが無い限り日本における韓流について述べる。 韓国では、韓流に対応する日本の大衆文化の流行を指す言葉として日流(イルリュ、일류)がある(華語文化圏では哈日という)。また日本で中華文化圏の大衆文化の流行を指す言葉は華流(ファーリュー)[7]と呼ばれる。

目次

日本における韓流の経緯[編集]

日本では、1970年代後半の韓国演歌ブームや、1988年ソウルオリンピック開催の年、2002年のサッカーワールドカップ共同開催の年に韓国に注目が集まっていたが、それらの時にはまだ韓流という言葉は存在していなかった。日本では民放TV全国四波化方針により1990年代に地方で放送局が増加し、また、BSCSの放送局も増加してテレビ番組不足が発生していた。

『冬のソナタ』ブーム(2004年頃)[編集]

日本における韓流は、2003年4月 - 9月にNHKBS2の海外ドラマ枠で『冬のソナタ』(通称「冬ソナ」)が放送され人気を博したことにより始まったとされ[8][9][3]、既に台湾や香港で広まっていた「韓流」という言葉が日本でも用いられるようになった。同ドラマの主演俳優ペ・ヨンジュンの愛称から「ヨン様ブーム」としても知られる。特に初期においては純愛ドラマが多かったこともあり、中高年の女性がブームの牽引役となった。韓国で放送されたドラマが日本でもそのまま放送され、韓国人俳優に注目が集まるようになったことも特徴である。

『冬のソナタ』は2004年に再放送が何度も行われ、「韓流」という言葉も普及していった。また当時の内閣総理大臣・小泉純一郎が、韓国大統領・盧武鉉との会談の際に『冬のソナタ』に言及するということもあった。日本経済新聞社の日経MJ「2004年ヒット商品番付」では「韓流」が横綱に選ばれ、「『冬のソナタ』が火付け役。シリーズ作品も人気で、ペ・ヨンジュンほか韓流四天王チェ・ジウに熱い支持。旅行や語学などへも広がる」と説明された[10]三井住友銀行グループが発表する2004年のヒット商品番付でも横綱に「『冬のソナタ』と韓流関連商品」が選ばれ、「今年1年、日本中をフィーバーの渦に巻き込み大きな社会現象になったのが『冬のソナタ』と韓流関連商品だった。主役のぺ・ヨンジュンやチェ・ジウだけでなく、他の韓国人俳優にも人気が集まり、来日の際には空港に多数のファンが集まるフィーバーぶりをみせた。」と説明された[11]

2004年からの日本における韓流は、冬のソナタの成功に影響を受けた各種メディアが、韓流がビジネスとして積極的に展開してブームを加熱させた。ペ・ヨンジュンに続く韓国男性俳優ブームを目論見て韓流四天王などを作り出した[12]が、四天王のチャン・ドンゴンウォンビンが主演の韓国映画ブラザーフットは宣伝費7億円を費やし、300館規模で公開されたが、興行収入が15億円と全く振るわなかった。また、2004年から放送が開始された「土曜ワイド・韓流アワー」「ドラマチック韓流」は、2005年に相次いで終了した。

2005年頃 ~ 2010年頃[編集]

2006年の「韓国映画やドラマを見る機会」についての世論調査によると、前年(2005年)より「見る機会が増えた」が12ポイント減の20パーセント、「見る機会が減った」が6ポイント増の9パーセント、「以前も過去一年間もほとんど見てない」が61パーセントという結果となっており、韓流ブームの衰えを示した[13]。東京大学の浜野保樹教授は、韓流は一過性の現象で終わる可能性もあると予想し、ファンの主婦など特定階層への集中や、作品に多様性がなく俳優が千編一律なことを挙げ、韓流が進む方向としてスターシステムからの脱皮、多様な素材開発、作品の蓄積などを提示した[14]。2009年、韓国の映画振興委員会は映画輸出が興行不振で激減し、韓国映画のバブルが弾けた原因について、制作費上昇による市場の飽和や、初期進出の成功が呼び込んだ投資・市場拡大のいい循環がそのまま続かなかったこと、量的拡大と質的向上との間の乖離などを挙げた[15]

しかし、2005年からNHK総合で放送された韓国の時代劇ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』は人気を博し[3]、これまで女性メインだった視聴者層が男性(特に50代)にも広がった。2009年6月、TBSは「チャングムの誓い」を再放送し、韓国料理店やパチンコメーカーのサミーとタイアップ(『ぱちんこCR宮廷女官チャングムの誓い』)したイベント『熱韓(あつかん)』を9月下旬まで開催した。

韓国の芸能会社は国内の音楽市場では投資金が回収できないため、海外での活動を推進しており[16][17]、韓国の音楽興業会社SMエンターテインメントは、日本のエイベックス・エンタテインメントと提携して、韓国の歌手をJ-POPの歌手として日本市場で売り出すビジネスモデルで、2000年代前半にはBOA、後半には東方神起を成功させたが[16][18]、このビジネスモデルの成功を契機に韓国芸能人の日本での活動も増えた。2009年には、多くの韓国の芸能人が来日し、韓国メディアは、「列島を掌握」[19][20]、「列島を占領」[21]、「日本列島を占領し焦土化させる」[22][23]などと報じた。韓流俳優に夢中になっていることを公言する田嶋陽子うつみ宮土理などの著名人の存在が伝えられ、鳩山首相夫人がお気に入りの韓流スターを私的に首相官邸へ招くことを繰り返すことが国会で苦言を呈される[24][要文献特定詳細情報]など、社会的な影響も大きくなった。

2009年9月、韓国政府は韓流復活のためペ・ヨンジュンを日本に派遣し、東京ドームで2日間の韓流イベントを開催した。このイベントは9万人の観客が集まり、政府与党(民主党)の議員や鳩山首相夫人も公務を中止して駆けつけた。これを契機に韓流の復活(「新・韓流」)が開まった[25][26][27]

第2次韓流ブーム・新韓流(2010年頃~2011年頃)[編集]

韓国の中央日報では、韓国ドラマによる韓流を『韓流1.0』、K-POPによる韓流を『韓流2.0』と呼び、韓国文化全般に対する韓流を『韓流3.0』としている[28]。また、韓国観光公社は、韓流ブームが観光・ファッション・ショッピングなど関連分野での成果拡大につなげる動きを「新韓流」と定義し、韓流ブームの広がりを促進することでシナジー効果の創出、ひいては韓国経済への貢献を期待している[29]日経トレンディは、2011年頃の過熱ぶりを第2次ブームと位置付け、第1次との違いを、韓国製ボーカロイドや韓国の大手芸能事務所と提携したスマートフォン用アプリの人気によるものと解説している[30]女性セブンでは、第2次韓流ブームについて、韓流ドラマの地上波やBSでの放送の拡がりや視聴者層の年齢の拡大を挙げた[31]ジェイ・キャストでは、第2次韓流ブームについて、ウォン安・円高を背景に韓国コンテンツの輸入や韓国旅行が増大したこと、雑誌などで韓国関連の話題が取り上げられる機会が増えたことに対して言及している[32]

2009年2月4日、韓国の文化体育観光部は「音楽産業振興中期計画発表会」を開催し、音楽産業振興のために5年間で1275億ウォンを投じることを表明し[33]、翌2010年から、韓国音楽(K-POP)を日本の「ヒット商品番付」などに入賞させることに成功した[34][35]。しかし、2010年紅白歌合戦は「K-POP歌手は招請されるほどの水準ではない」と選考から外された[36]。2011年、韓国政府はK-POPを中心とした韓流関連の支援強化を推進[37][38]し、2011年度の紅白歌合戦に東方神起少女時代KARAを出場させることに成功した。また、TBSポニーキャニオンと共同で、韓国ドラマの投資ファンドを日本に設立する[39]などの事業を展開した。韓流に関連した韓国製の商品も積極的に展開され、「新・韓流」も日本の「ヒット商品番付」に入賞するようになった[40]。韓国の経済紙「毎日経済新聞」によれば、2003年の「冬のソナタ」ブーム時の8600万ドルだった韓国コンテンツの輸出額は、2010年に3億1300万ドルに成長させることに成功したが、売上の80%を日本に依存していることや、収益の8割が日本側の流通業者に渡っているなどの課題点が残った[41]。また、知的財産権の収支は約30億ドルの赤字となり、韓国の文化産業の赤字が続いている[42]

2012年頃 ~[編集]

2012年、韓国政府は韓流拡張と韓流効果を活用した観光産業の育成するために韓流支援予算を53億ウォン(前年比の約3倍)に増やしたが[43][44]、日本では新韓流を牽引したK-POPが問題点(韓国のアイドル育成方法は数年間の練習生期間を経て、完成した歌手としてデビューさせる「完成型」であるため、韓国の歌手は事務所と長期契約を結ばされていると感じるようになり、消費者側は完成した歌手が出続けるので、既存の歌手にすぐに飽きてしまう[45]など)を克服できないまま退潮期を迎える。2012年に韓国のアイドルブームがアイドルの供給過多で破綻し[46]、2012年11月14日から16日にかけて、ソウル株式市場でエンターテインメント関連銘柄が暴落し、大手の芸能事務所SMエンターテインメントは、アイドルグループのスーパージュニアの日本進出のため、東京ドーム興業で11万人の動員を行った[47]が、失敗に終わり、株価が35%の下落となり[48][49]、2013年には営業利益が前年比70%減となった[50]。日本でも、韓流スターを集めたライブイベントが集客不足により開催中止、主催会社が破産する[51]など、新韓流の破綻が顕在化し、2012年の紅白歌合戦は日本で出場に値する活躍を行ったK-POPグループはないとして、K-POPグループを選考から外した[52]

韓国ドラマも『冬のソナタ』や『宮廷女官チャングムの誓い』以降のヒット作を生み出すことができず[53][54][55]、K-POPも視聴率を取れない状況が続き[56]、韓流への依存を高めていたフジテレビは視聴率が低迷し[57][58]、2012年の各局視聴率で順位が1位から3位に下落した[59]

人気下落に歯止めがかからなかった新韓流は、2012年8月の韓国の李明博大統領による天皇謝罪要求などで、日本国内に嫌韓感情が広まった[60]ことが決定打となり終焉を迎えた。新韓流の効果による成長が期待されていた韓国の観光業界は、日本人観光客の激減による深刻な打撃を受けた[61]

2014年2月になると、大韓民国の芸能情報専門の週刊タブロイド新聞であるサンスポ韓Funが休刊。TBSの韓国ドラマ枠韓流セレクトも放送が終了した[62]

日本における分野別の韓流[編集]

テレビドラマ[編集]

韓流の発端となり、韓流による変化が最も大きいのがテレビドラマである。

2002年[編集]

チャン・ドンゴン主演の『イヴのすべて』が、連続ドラマとして初めて地上波キー局のテレビ朝日系で放送された。話題性を欠いていたためか、これは低調のうちに放送終了した。

それまでの韓国ドラマは日本語吹き替えでなく、字幕での放送であったことが、その後の『冬のソナタ』などと異なる。BS日テレ独立U局、またインターネットなどにおいて韓国ドラマの放映がはじまると、徐々に一部で人気のあるドラマも出てくるようになった。

2003年[編集]

ペ・ヨンジュンチェ・ジウ主演のKBS制作ドラマ『冬のソナタ』が、4月からNHK-BS2で放送開始される。衛星放送ながらも人気を集め、翌年の本格的なブームにつながる。

2004年[編集]

2004年4月から『冬のソナタ』がNHK総合で再放送された。これが週間視聴率のドラマ部門でベスト10にランクインし、「冬ソナ」や「ヨン様」が流行語となるなど社会現象になった。その後同枠で韓国ドラマが放送されているが、現在でも平均視聴率はこれまでの韓国ドラマ中トップである。また冬のソナタ関連の書籍が、2004年のベストセラー入り(13位)したり、ドラマのサウンドトラックや出演俳優のCDがランキング上位になるなど、マルチメディア的に波及した。

冬のソナタのヒットを機に、民法の地上波キー局でも日本テレビでは「ドラマチック韓流」(関東ローカル)、フジテレビでは「土曜ワイド・韓流アワー」などの韓国ドラマの放送枠が設けられるようになった。

韓流ブームによって、パク・ヨンハイ・ジョンヒョンなどの韓国人俳優・歌手の来日が増えるようになり、ワイドショーやバラエティー番組などで取り上げられるようになった。

2000年代後半[編集]

2003年の『冬のソナタ』以降、NHK-BS2の木曜23時は韓国ドラマ枠「韓国ドラマシリーズ」として続いてきたが、2007年春に一旦中国ドラマが編成された。このことは映画などの不振とあわせて一部ウェブサイト上で韓流ブームが終わったと報じられたが[63]、その後同時間帯は再び韓国ドラマに戻り、更に時間帯を木曜23時から日曜21時に移動して放送されている。

2005年初頭には地上波で64あった韓国ドラマが2006年には36に減った[64]。それ以後は韓国ドラマの放送は地方ローカル枠、BS/CS放送を中心に続けられている。前述の専用枠は打ち切られたが、民放地上波では深夜や再放送枠などで放送された。

2005年にNHK-BS2で放送された長編時代劇『宮廷女官チャングムの誓い』は、韓国の大河ドラマとも呼ばれ人気を博し、2008年にかけて何度か再放送された(地上波でも放送された)。日本共産党志位和夫委員長も『チャングムの誓い』にはまり、主演女優イ・ヨンエの大ファンになったと公言している[65]。『チャングム』の後は、日本では韓国ドラマの低迷が続いていたが、ソ・ジソブイム・スジョンの主演ドラマ『ごめん、愛してる』は、「廃人」を生み出すほど日本で人気となったと韓国で報じられた[66][67]

2010年代[編集]

2010年頃になると、景気低迷などで広告費が減少し、製作費の削減を迫られた日本のテレビ局は、円高ウォン安傾向により安価(2009年時点で1本当たり2,600ドル(約20万円)[68])となった韓国ドラマを大量に輸入し、ノンプライムタイムに放映するようになった[69]。特にフジテレビは韓国人男優チャン・グンソク主演の韓国ドラマ『美男(イケメン)ですね』をノンプライムタイムで3回再放送した[70]り、韓国人女優キム・テヒを主役に起用した「僕とスターの99日」を地上波プライムタイムで放送するなど、韓流俳優の人気に期待をかけたが、不振に終わった[71]。2011年7月、TBSとポニーキャニオンらは韓国ベンチャー投資公社と共同で約23億円を出資して、韓流ドラマ制作支援に特化した投資ファンド「イルシン・ニューコリアン・ウエーブ投資組合」を設立した[72]

特徴[編集]

  • 日本で『冬のソナタ』がヒットした要因として、近来の日本ドラマのようにカット割りが多くなく、話数が多くストーリー展開が遅めであることが挙げられる。その結果、主として懐かしさを覚えた中高年の女性を中心にしたヒット作となった。この点において、アジア各国における韓流と日本での展開の異なりが見られる。
  • 日本で韓国ドラマが受け入れられた原因としては、日本が香港映画などのアジア映画を受け入れていた下地と、韓国ドラマが1998年に行われた韓国の日本文化開放政策により、日本文化の強い影響を受けたことが原因として挙げられている[73]
  • インターネットにおいては、数多くの韓国ドラマがストリーミングなどで配信されている。これには韓国の著作権法が一役買っている。ハリウッドや日本の映像ソフトには、いずれも権利の問題から再利用において厳しい制限があり、配信できるタイトル数、内容ともに貧弱と言わざるを得ない状況であった。一方、韓国では著作権法が日本やアメリカとは異なり、ドラマや映画においては出演者や製作者には権利が一切存在せずに、放映する会社で一括して放映権の管理が行われている。そのために放映許諾を取ることが比較的容易なため、数多くのドラマが商用ウェブサイトで配信されている。
  • 衛星放送ではデジタル放送の開始に伴うチャンネル数の増加によってコンテンツ不足が叫ばれる中、韓国ドラマは全話で数千万円(日本ドラマ1話分の制作費に相当)という良好なコストパフォーマンスであったために積極的に編成された。一局で数本の韓国ドラマを放映することも珍しくなかったほどである。現在は韓流ブームが加熱したことによりネット配信、衛星放送ともに放映数の増加し、放映権の買い付け価格が高騰したため、ブーム時よりは放送数が減っているが、CS、BSの各チャンネルでは現在も多くの韓国ドラマが放送されている。その一方で、自主制作による独自コンテンツをないがしろにしていると言う批判も強い。

レンタルDVDにおける傾向[編集]

韓国ドラマのレンタル需要は2004年から毎年増加を続け、2011年12月、TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブは、視聴者の拡大によって2011年度の韓国テレビドラマ部門のレンタル回数が過去最高の伸びになったと発表した。『美男(イケメン)ですね』や『トキメキ☆成均館スキャンダル』『イタズラなKiss~PlayfulKiss』『メリは外泊中』などの若年層向け作品の人気が高まり、特に『美男(イケメン)ですね』は10〜20代の視聴者層の大幅な増加によりレンタル回数が伸長し、年間ランキングとしては異例の2年連続の1位になったと報告している[74]

映画[編集]

韓国映画のブランド化は失敗に終わっている[75]。その理由として韓国映画は主に、純愛物や朝鮮半島での戦争を題材としたものなど、内容がやや国内向けの作品が多く、SFもあまり発達していないため、日本を含め他国でも普遍的にヒットできるような作品は少ないことから、一部の注目作を除いて、韓流は日本の映画界全体に拡大しているとは言えない状況である。

その一方で韓国映画の買い付け費用は2005年・2006年を頂点に高騰した。例えば韓流四天王と呼ばれるイ・ビョンホン主演の『甘い人生』は3億円以上、『誰にでも秘密がある』に至っては5億円以上(一説には5億7000万円)で、興行収入はどちらも6億5000万円である。現在のところ、買い付け額の最高金額はペ・ヨンジュン主演の『四月の雪』で8億7000万円とされている。日本における韓国映画は最大で興行収入10億円程度が多数派であり、拡大公開よりミニシアター系での上映が主であることは、1999年頃から続く傾向のまま大きな変わりはない。また、韓国映画の興行権が高騰したために、以前からあった小規模の作品の買い付けが困難になっている。


2004年[編集]

この年、冬のソナタの影響から、例年になく多くの韓国映画が公開され、興行収入の全作品合計は約40億円となった。

6月、2000年に公開されてヒットした『シュリ』のカン・ジェギュ監督による朝鮮戦争を題材とした作品『ブラザーフッド』(ウォンビンチャン・ドンゴン主演)が公開された。この作品は300館という洋画でも大規模にあたる数の映画館で上演されたが、興行収入は15億円と不振に終わり、韓流スターの人気や現地での韓国ドラマの成功は韓国映画の成功には結びつかなかった[76]。2005年に韓流の不振についてカン・ジェギュ監督は、若者や女性を中心に起きている韓流に対して危機感を持った政府が、竹島問題などを争点化して、韓流を消そうとしていると分析している[77]

12月に封切りされた『僕の彼女を紹介します』も302館で公開され、韓国映画としては初めて日本で興行収入20億円を突破し、それまで最高だった『シュリ』を上回った。この作品は韓国映画としては珍しい『猟奇的な彼女』からのシリーズ物であり、これも他の韓国映画と一線を画した要因である。興行収入では大きく上を行く邦画、ハリウッド映画等には及ばないが、韓国映画における対外向けプロデュースの進歩を見せた。

2005年[編集]

9月、企画段階から日本をターゲットに準備された韓国映画『四月の雪』(ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン主演)が全国400館以上の映画館で公開され、公開初週末の興行収入ランキングで2位に入った[78]。10月、日本のドラマ『Pure Soul〜君が僕を忘れても〜』をリメイクした『私の頭の中の消しゴム』(チョン・ウソンソン・イェジン主演)も、初週から2週連続で興行収入ランキング1位と健闘し、最終的に30億円を突破した。

2006年[編集]

韓国映画は前年比で公開本数が半減し、ヒットの目安とされる10億円を超える興行収入を得た映画はなかった。韓国では歴代観客動員記録の上位に入った「グエムル-漢江の怪物-」や「王の男」(ペ・ヨンジュン主演)も日本では低調だった。また、大々的なプロモーションを行ったデイジーも不振に終わり[79]、これまで韓国映画を数多く配給してきた東芝エンタテインメントの社長は「韓国映画は高騰しすぎている」として、現状のままでは買い付けをしていないことを言及し、「韓流ブームも終焉を迎えた」と述べた[80]。数多くの韓国映画を配給してきたアミューズは、2006年度の業績を下方修正せざるをえなかった[81]。その最も大きな原因として韓国映画の興行成績、およびDVDビデオの販売低迷が挙げられている。ただし、東芝エンタテインメントとは異なり、アミューズはこれ以降も数は減ったものの韓国映画を配給している。

2007年[編集]

2007年に公開された韓国映画はさらに減少し、興行収入10億円を達成した映画はなく、上映作は9割が赤字で、週末興行成績でトップ10に入る作品も出なかった[82][83]。翌年1月には韓国映画を数多く配給してきたシネカノンが倒産した。週間興行成績の最高位は日本の漫画を原作とした『カンナさん大成功です!』の12位だった[82]。また韓国では歴代興行記録上位に入るなど大ヒットを遂げた『D-WARS ディー・ウォーズ』も当初は2007年の正月映画として500スクリーン規模での日本公開を制作者側は希望していたが[84]、公開時期は延び延びとなり2008年11月に100スクリーン規模での公開予定となった。 また、「初雪の恋 ヴァージン・スノー」(イ・ジュンギ/宮崎あおい)や「あなたを忘れない」などの日韓合作映画も作成された。

2010年[編集]

ゴースト/ニューヨークの幻』が、ソン・スンホン/松嶋菜々子主演で『ゴースト もういちど抱きしめたい』としてリメイクされたが、興行収入は10億円以下に終わった。

2011年[編集]

カン・ジェギュ監督、チャン・ドンゴン主演のマイウェイ 12,000キロの真実が大規模な宣伝活動を伴って日本の300スクリーンで公開されたが、興行収益は約3億円に終わった[85]。 2011年の報知映画賞で外国映画部門に韓国映画4本がノミネートされ、スポーツ報知が映画界にも韓流旋風と報じた[86]

音楽[編集]

韓流という言葉が生まれる以前の日本でも、『黄色いシャツ』や『釜山港へ帰れ』などの韓国演歌(トロット)や、1988年のソウルオリンピックに続く1990年代半ばの李博士などのポンチャックブーム、あるいは「ダウンタウンのごっつええ感じ」における『オジャパメン』のパロディなどの韓国歌謡曲の流行が散発的にあったが、それは個々の作品のヒットであり、韓国音楽全般の流行ではなかった。1998年S.E.Sが日本進出したが、韓国国内ほどのセールス的成功を挙げることはできなかった。しかし2000年代に入ると、2001年にはBoAが日本でも本格的に成功し、東方神起BIGBANGらの男性グループに続き、2010年にはKARA少女時代などの女性グループも日本や東南アジアに進出し人気となり、これらの現代的な韓国ポピュラー音楽を指してK-POPと呼称されるようになった[3]。(K-POPも参照)

2004年ごろから『冬のソナタ』・ヨン様ブームに続き、日本に進出する韓国人歌手も増加を続けており、S.E.SやBoA、東方神起らの場合は、日本国内では日本人の作詞・作曲家が作った曲を歌い、あくまでもJ-POP歌手としての売り出し方だったが、2010年ごろから少女時代やKARAのように、既に韓国でヒットした曲の日本語詞バージョンを歌う事例が増えている。これは日本では、韓国語は馴染みがないためである。2011年現在、韓国語の音盤および韓国のCDの日本盤などが、日本国内で大ヒットした例はない。BoAの韓国語楽曲のセレクト盤『K-POPセレクション』は全曲韓国語の楽曲の日本盤でチャートにランクインした珍しい例である。初登場週にオリコンウィークリーチャート13位 / 3万4537枚を売り上げた。他にはのアルバム『IT'S RAINING』の日本盤がウィークリー15位、シングルではRyuの冬ソナのテーマソングがウィークリーの23位であった。韓国の歌手が出す日本盤CDの中に、日本語に混じって韓国語の楽曲が入っている場合もある。

上述のように韓国人歌手にとってはハードルが高いにもかかわらず、彼らが日本へ進出することの背景には、韓国における音楽の市場規模が縮小を続けているという事情が存在する。ネットを使ったコンテンツ配信事業は拡大を続けているものの、音楽CDの市場規模は2004年には1,000億ウォン(当時の日本円でおよそ100億円)と最盛期の実に1/4以下と近年急激に低迷している。ネット配信と音楽CDの両者を併せた音楽市場全体を見ても最盛期に比べ20%以上の規模縮小となっている。その原因として、P2Pなどでの違法音楽交換が日本以上にネット上で横行していること、その影響でアルバム単位ではなく楽曲単位で音楽を聴くスタイルの若者が増えていること(もともと韓国にはシングルという概念自体がほとんどなく、気に入った曲を聴くためにアルバムを買う必要があった)、などが挙げられる。単価の高いCDから単価の安いネット配信用の楽曲に市場ニーズが移っていったことが、韓国音楽市場全体の縮小につながったのである。またネット配信用の音源においては市場の成長を促すためという名目の下、著作権者に支払われる印税率が低く抑えられておりアーティスト側への還元率が低い。そのため韓国の音楽事務所の中には、国内ですでに人気のある歌手を日本や台湾その他アジア各国で活動させ、新たな市場の開拓に努めている。特に日本の音楽市場の規模は韓国の20倍以上[87]になるため、積極的に進出を行っている。

ゲーム[編集]

2006年12月に発売されたカプコンXbox 360用ゲームソフト『ロスト プラネット エクストリーム コンディション』では、韓国俳優イ・ビョンホンが主人公を演じており[88][89]、イ・ビョンホンが参加して行われた発表会やトークイベントには多数の韓流ファンも集まった[90][91]

パチンコ[編集]

2006年に京楽産業から発売されたデジパチタイプのパチンコ(CR機)「CRぱちんこ冬のソナタ」が発売され[92]、2008年には続編CRぱちんこ冬のソナタ2が登場するほど好評を博した。また、春のワルツ、宮廷女官チャングムの誓い、天国の階段などの韓国ドラマもパチンコ・パチスロ化された。

韓国料理[編集]

「宮廷女官チャングムの誓い」を契機に韓国料理への関心が世界中で高まったことを受け、2008年に韓国政府は「2017年までに韓国料理が世界5大料理に加わるようにする(韓食の世界化)」を宣言し、韓国料理でも「韓流」を実現するため、海外に向けての広報活動が開始された[93][94]。韓食世界化推進団名誉理事長を務める金潤玉・李明博大統領夫人は、外交行事で韓国料理(ビビンパプルコギ、キムチ、スープ)の「優秀性」を積極的にアピールし[95][96][97][98]、韓食財団はキムチ塩辛コチュジャン韓国味噌韓国醤油を韓国の5大発酵食品として、広報活動を展開している[99][100]。韓食の世界化は日本も深く関わっており、服部栄養専門学校服部幸應理事長やモランボンの全平烈社長らが、韓国政府から、韓食の世界化に貢献したとして、功労牌が授与されている[101]

米国では韓国レストランは「韓国系と少数のアジア系が利用する中・高価格食堂」と認識されており、味とメニューの現地化不足、食堂の衛生に対する不信、独特の雰囲気、価格の高さなどにより人気が低い。衛生検査で多数の韓国レストランが摘発されているが、米国が求める衛生設備を用意する資金がないため、改善の兆しは見えない[102][103]

中国では、「低価格で同じメニューを提供する食堂」として外国料理の中で最も人気がある[104][105] 。しかし、中国では2005年にキムチ、コチュジャン、韓国醤油などに寄生虫が混入されていた事件から、韓国食材の輸入が禁止されており[106][107]、現在も韓国産キムチマッコリは中国の求める衛生基準(100グラムあたり大腸菌群30個以下)を満たしていないため、流通が禁じられている[108]

日本における韓国料理の人気は、韓国農林水産食品部の調査(2010年)によれば、中華料理とほぼ同水準であると報告しており[109]毎日新聞の澤田克己記者も「韓国料理はブームの段階を通り過ぎ、定着の段階にある。大衆性から見ると、中国料理店とほぼ同じ水準になったと思う」と述べている[110]

ミュージカル[編集]

韓国政府はミュージカルを「5大キラーコンテンツ」の一つと位置付け、積極的な支援を行っている。2013年4月に東京・六本木に韓国ミュージカルを上演する「アミューズ・ミュージカルシアター」がオープンした[111]が、11か月後に撤収した[112]。不振の原因は、日本では無名に近い韓国の俳優を出演させたことや、オーケストラなどの生演奏に慣れている日本の観客に録音された音楽を流す点などが指摘されている[113]。2015年、日韓国交正常化50周年を記念して、韓国ミュージカルアワーズ大賞を受賞した「英雄」の日本公演を予定している。このミュージカルは安重根明治維新元勲伊藤博文暗殺する内容で、韓国は日韓友好の契機になることを期待している[114]

日本における韓流の影響[編集]

韓国に対する国民感情[編集]

韓流の波及効果は韓国に対する日本の国民感情にも影響し、永年両国に横たわっていた感情的なしこりや偏見を取り除き、友好親善に寄与したともされている。2001年と2004年の日本の世論調査を比較すると、韓国に「親しみを感じる」が増加、「親しみを感じない」が減少しており、2002年の日韓ワールドカップ共催や韓流(冬のソナタ、ヨン様ブーム)の影響が出た[115][116]。しかし、2006年になると読売新聞韓国日報が共同で行った世論調査では、韓国に対して「悪い印象」を持つ日本人は51%、また日韓関係は悪くなったと見る日本人も59%と、1995年の調査開始以来、過去最高となり、その原因として日韓の政治的な問題とともに韓国のドラマを中心に起こった韓流ブームが徐々に冷めているためと伝えられた[117]。しかし、第2次韓流ブームが起こった2010年の内閣府世論調査では韓国に「親しみを感じる」が61.8%で「親しみを感じない」が36.0%と上昇した[118]。しかし、国民感情が政治問題の影響を免れることはできなかったことも事実である。李明博の竹島上陸を契機とする嫌韓感情の広まりにより、2012年と2013年の内閣府の「外交に関する世論調査」では「親しみを感じる」がそれぞれ39.2%、40.7%となり1997年以降最低、「親しみを感じない」が59.0%、58.0%と1996年以降で最高の数値となった[119]

韓国製品に対する購買意識[編集]

2012年3月に大垣共立銀行シンクタンクである共立総合研究所が行った「韓流消費に関するアンケート(対象:既婚女性791名)」によれば、「韓流好きと思う」は、わずか11.0%で、15.2%のみが「韓流の影響により韓国製の製品購入意識に影響した」と回答している[120]

韓国語学習[編集]

語学学習では、例えばNHKハングル講座テキストの売り上げ数は、1984年に放送を開始した時点では9万部であったが、2004年には20万部にまで増え、語学テキストでは英語に次いで2位となった[121]。2006年以降は韓国語の学習ブームは下降を続け、[122]。2014年3月には韓国語学習の季刊誌「韓国語ジャーナル」(2002年創刊)が休刊となった。[123]

観光[編集]

韓国の観光資源は世界経済フォーラムの「観光産業競争力指数(TTCI)」(2012年)において「接客親切度125位」、「観光開放度106位」、「自然資源103位」と低い水準であり、観光産業が国内総生産に占める割合は2000年の6.6%から2011年に5.2%へと減少する縮小傾向である[124]。しかし、韓流により韓国への関心が高くなるにつれて、中国人女性を中心に観光客は増加を続けている[125]

韓国への観光客数は2001年以降は減少傾向にあり、2003年のSARS騒動でさらに激減したが、韓流が注目された2004年には韓国を訪れた日本人が前年比35.5%増の2,443,070人と過去最高の2000年に迫る数字に1年で回復した[126]

しかし、2005年以降は再び一貫して減少に転じ、2008年度には200万人を割った(#韓流関連データも参照)[127]。その原因として為替などの影響とともに韓流ブームの弱まりが指摘され[128]、『冬のソナタ』ロケ地を回る観光ツアーは2004年中盤には月1500人ほどの観光客を集めたが、2006年初頭には50人にも満たない状況となり中止された。また『宮廷女官チャングムの誓い』の観光ツアーも月に100人未満、南怡島を訪れる日本人観光客も2005年1月の約1万5000人から同年12月には約4600人に急減した。このように「韓流観光特需」が減ったことで営業を諦める旅行会社も続出する状況となり、韓国の旅行会社は「韓流観光ツアーの競争力はもう失われた」と語るなど、日本の韓流ブームの衰えによる旅行会社への影響が出た[64][128]が、2009年ごろから、美容整形手術を目的に韓国を訪問する女性が増加を続けている[129][130][131]

2009年から2011年にかけては、円高・ウォン安により、日本人の来韓数が初めて300万人を突破した[132][133]。日本や中国からの観光客増加を受け、ソウルではホテルの客室が不足しており、韓流ブームで繰り返し訪れるリピーターが増えていることもあって、ゲストハウスの建設ラッシュが起きている[134]が、日本人女性観光客への性的暴行事件の続発が外交問題に発展することが懸念されている[135]。日本人の訪問者たちからは韓国海苔や伝統工芸品が人気である[136][32]

2012年8月に韓国の李明博大統領の竹島上陸や天皇謝罪要求を契機に日本国内で韓国を忌避する傾向が高まり、韓国への旅行者数は急速な減少傾向となっている。(特に女性観光客が減少が顕著である[137][138][139]。)2013年になると、日本人の来韓数は271万5千人(前年比)に減少し、中国人の来韓数(来韓数392万3千人)に抜かれるようになった。[140]

韓流の聖地・新大久保[編集]

2010年の初めごろから、韓流ショップが並ぶ東京の新大久保コリア・タウンを「韓流の聖地」としてファンが多く訪れるようになり、特に職安通りドン・キホーテ新宿店横から大久保通りを結ぶ細い小道は新たな流行の発信地となりつつあるとも報じられたが、現地は「新大久保は韓国からの直輸入品を扱ってるだけで、新大久保から独自の文化を発信するには至っていない」と見ている[141][142]。2011年には、韓国の芸能人関連グッズ店や韓国料理店・カフェなどが相次いで出店し、約300メートルの路地に60以上の店が並び、新大久保のコリアンタウンは地価が2倍以上になり、休日には3万人超の通行者が数えられるなど空前の盛り上がりを見せたが[143]、騒音や道路における迷惑行為によって近隣の住民から警察に苦情が入るなどの問題も発生しているほか、公式ライセンスの販売許可を得ている店が存在しないこと[143]や運営会社の脱税[144]などの問題がある。また、韓国の青少年を短期滞在資格で来日させ、韓流アイドルとして活動させていたライブハウスの役員が入管難民法違反で書類送検される事件も起きている[145][146][147]。また、韓国の世界基督教統一神霊協会が設立したユニバーサル・バレエ団[148]の男性バレエダンサーたちが人気を博していることが報じられた[149]。2012年になると『イケメン』『K-POP』『韓国料理』の粗製乱造により飽きられはじめ、急速に人気が落ち込んだ[150]が、従軍慰安婦問題韓国起源説を広報する「高麗博物館」から、西早稲田の「女たちの戦争と平和資料館」までを「日本の戦争加害と共生を考えるフィールド」として宣言を始めている[151]

韓流による町おこし[編集]

  • 2005年12月、高知県が映画『Sweet Dreams』のロケ地として誘致を行った。スタッフ滞在費約3000万円が未払いとなり問題視されたが、日韓友好のため、未払い分の5割を支払うことで合意された。[152]
  • 2010年12月、広島県庄原市尾道市がテレビドラマ『サイン』のロケ地として誘致を行い、俳優やスタッフの滞在費用を負担した[153]
  • 2011年12月、秋田県仙北市の田沢湖駅に秋田県が舞台として登場するテレビドラマ「IRIS-アイリス-」の記念館「秋田アイリスミュージアム」が開館。
  • 2012年7月、青森県弘前市がテレビドラマ『優しい男』のロケ地として誘致した[154]
  • 2012年7月、栃木県日光市はテレビドラマ『(仮題)都市征伐』のロケ地として誘致した[155]。なお、このドラマは「コンテンツの競争力不足と過度な暴力性」を理由に制作が中止されている[156]


宗教[編集]

2007年から大韓イエス教長老会が大型韓流コンサート「ラブソナタ」を日本で開催し、日本人信者を獲得すべく宣教活動を行っている[157]

韓流の問題点[編集]

契約問題[編集]

イギリスのBBC放送は韓国芸能事務所との契約を「奴隷契約」と表現し、東方神起やKARAの分裂騒動は韓国芸能界の誤った慣行によるものと報じている[17][158]。また、韓国の女性アイドルグループT-ARAのメンバーは年間を通して1日も休暇が得られない労働環境を告白している[159]。韓国で最も売れているバックダンサーでさえ月給は7万円以下で、利益のほとんどを流通会社が得ている仕組みになっている[160]

性上納[編集]

韓国の国家人権委員会の「女性芸能人人権状況の実態調査(対象者:351人)」は、女性タレントの6割が「肉体的接待」求められた経験があると報告している。同委員会は芸能プロダクションの資格を厳格化し、人権教育を行うことを提言している[161]。また、韓国で開催されたミスコンテストに参加した英国人少女が韓国人主催者から性上納を求められたことを告発し、国際問題となった[162]

韓流に関連した事件[編集]

2012年11月6日、韓流ドラマのイベント会社「サムファエンターテインメント」から、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)と詐欺ほう助の疑いで、指定暴力団住吉会系の組長が逮捕された。2006年4月以降、 約460人から約10億円をだまし取り、そのうち、約1億円が暴力団の資金源になったと推測されている[163][164]

韓流ブームに対する疑問や批判[編集]

フジテレビ抗議デモで掲げられた韓流放送を批判するプラカード(2011年お台場)

日本における韓流ブームに対する疑問や批判[編集]

  • 「韓流ブームは、実際のファンの数は知れているが、コンサートチケットやグッズを買いあさる熱狂的なファンが一定数いるために、ビジネスとして成立している。手堅いソフト売り上げが見込めるために、PRの意味も込めて韓流を取りあげているのだろう。」と、韓流ブーム自体が、テレビ局の関連会社がK-POPの版権を持つ例(フジテレビと同グループのフジパシフィック音楽出版)と共に、テレビメディアによって実際より誇張されたものであるとの主張もある[165]
  • 2011年(平成23年)7月23日に俳優高岡蒼甫が、Twitter上で、「正直、お世話になったことも多々あるけど8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。うちら日本人は日本の伝統番組を求めていますけど。取り合えず韓国ネタ出てきたら消してます。ぐっばい」とフジテレビ(以下「フジ」)をはじめとしたテレビ局に対する批判を展開した。このことは、日韓両国のインターネットメディアにも取り上げられるなどネット上で極めて大きな騒動となり、数日後、高岡は自身が所属していたスターダストプロモーションとのマネジメント契約を解除される騒動に至った[166]
    • これに関連してふかわりょうは、自身の番組「ROCKETMAN SHOW!!」(J-WAVE)にて、「仮に日本のテレビ局が韓国から金銭を授受して韓流を頻繁に取り上げたり、K-POPの版権を保有して儲けるために韓流を流し続けているとしたら、影響力が強い公共の電波を使って一企業の私腹を肥やすことになりよくないことである」と、テレビ局の姿勢を批判。テレビについて「テレビは時代を映すものではなくなった。テレビは完全に終わった」と語った[167]
    • コラムニストの小寺信良は、フジがK-POPなどの韓国関連コンテンツの版権を持ち、流行を煽って経済的利益を得ようとする姿勢に対して、「局アナ」のタレント化やお台場テーマパーク化などの前例を挙げて、フジは昔から「自社リソース」を意図的に流行化させて経済的利益を上げようとしてきたと分析した。また、これほど「ゴリ押し」をするのは、うまくいかなかったから焦って過剰なまでに露出をエスカレートさせることになったからではないかと主張した[168]。小寺は一方で、声高に指弾される“ごり押し”について「本当か?」と疑義を呈した[169]
    • 深水黎一郎は、今回の騒動は反韓流からではなく、フジテレビ自体に問題があることが起点であり、「韓流が嫌なら見なければいい、という論理は通用しない」と主張した。国から放送免許を受けたテレビ局が、フジや子会社のコンテンツを宣伝するため、公共の電波を利用しているようにも見える。これが事実だとすれば「違法であることは子供でも分かる」と主張している。これまで他のテレビ局でも「偏向放送」はあったが、「多くの視聴者が、それが洗脳レベルに達していると感じたから騒ぎになっている」と分析し、韓流を差別しているという意見に対しては、むしろ差別されているのは日本人であり、「フジは人種差別をやめろ」とデモで訴えたいくらいだ、と主張した[170]
  • 上記2011年(平成23年)7月の高岡発言をきっかけとして、東京お台場のフジ本社(FCGビル)周辺で、フジの韓流ゴリ押し・偏向報道反対を主張する「フジテレビ抗議デモ」が発生した。同年8月7日に、主催者発表で2,500人、週刊新潮によると600人[171]がデモ行進(この日は21日に向けたミーティングと称して行われた)し、8月21日には、13時過ぎから主催者発表で約6,000人から8,000人[172][173]、警察発表で3,500人[174]がデモ行進した。続いて同日15時過ぎからは市民団体の頑張れ日本!全国行動委員会が主催して同主張のデモと街宣活動を行い、主催者発表で約5,000人がデモ行進した[175]。この2回のデモの合計人数は、警察集計で延べ5,300人[176]。これらのデモには少なくともNHK韓国KBS韓国SBS韓国MBC[177]講談社、ジェイキャスト、ニコニコニュースガジェット通信、ナックルズ・ザ・タブーが取材に訪れていたことが確認されている[173]
  • 2011年11月に片山さつき参議院総務委員会で、フジテレビが過去に「独島キャンペーン」を行ったキム・テヒをドラマ『僕とスターの99日』の主演に起用したことを批判した[178]
  • 2012年2月に日本の一部のインターネットユーザーが、自社商品のCMに「独島キャンペーン」を行ったキム・テヒを起用したロート製薬への大規模な抗議活動を予告すると、キムが来日して行われる予定だったCM発表記者会見が取り消された[179]
  • 諸外国では韓国人女性の売春業などによる韓流の負の面も広がることで、反韓・反韓流を招くことともなっている[180][181]
  • 2011年(平成23年)10月22日に紙面で公開された、朝日新聞のbeモニター(朝日新聞アスパラクラブ会員のうち1万7千人が登録)へのアンケート結果では、「韓流ドラマ見てますか」という問いに対し、「見ていない」が66%、「あまり見ていない」が10%、「時々」が13%、「よく見ている」が11%という結果が出た。また「Kポップは好きか」との問いに対しては、「聞いたことがない」が32%、「嫌い」が13%、「あまり好きではない」が32%、「まあまあ好き」が22%、「すごく好き」が1%となった。さらに「最近の韓国映画は好きか」との問いには、「見たことがない」が59%、「嫌い」が9%、「あまり好きではない」が17%、「まあまあ好き」が14%、「好き」が1%という結果となっている。
  • ポニーキャニオンフジメディアホールディングス完全子会社)の公式twitterで、2012年(平成24年)7月26日にフジテレビ韓流αの視聴率に翳りが見え、不定期放送となっていると呟いた[182]。2010年(平成22年)は平均視聴率3.9%で元々低いものであったが、さらに低くなったと報告した。

アンチ韓流の潮流と韓流の急速な冷却化[編集]

2012年8月10日李明博大統領が現職大韓民国大統領として初めて独島竹島の韓国名)に上陸(李明博竹島上陸)し、同日に日韓対決となったロンドン五輪サッカー競技の3位決定戦後の試合会場で朴鍾佑選手が手渡されて掲げたプラカードに「独島(竹島の韓国名)はわれわれの領土」と書かれていた事件が発生し[183]た。続いて同月14日には李明博が天皇陛下に対し謝罪を要求し、竹島問題に関して国際司法裁判所に付託を求める日本から韓国への親書の受け取り拒否が明らかになると、日本国民の間に急速に反韓感情が高まることになった[184]

この一連の騒動を受けて[185]8月23日衆議院予算委員会浅尾慶一郎が「独島水泳横断キャンペーン」を行ったソン・イルグクビザ却下を提案すると、山口壮外務副大臣はこれに同意する意見を表明し[186]BS日テレBSジャパンはソンが主演するドラマの放送無期限延期を決定した[187]9月7日にはBS日テレの赤座弘一社長が「韓流ドラマが多すぎる」との批判が寄せられていることに触れ、韓国ドラマの放送を削減することを発表した[188]。また一連の騒動を受けて、日本テレビテレビ朝日TBSは2012年の年末年始の番組編成から韓流関連を削減する方針であり、フジテレビも韓流コンテンツの露出を減らし始めており、韓流関連コンテンツへのBSとCSでの接触率も激減しているという[189]

さらにスポーツ新聞やテレビのワイドショーで韓流コンテンツを取り上げる機会も激減し[190]、韓流ドラマの写真展やグッズ販売展、韓流芸能人を起用した広告キャンペーン、K-POP歌手のコンサートのテレビ放送、韓流俳優のテレビ出演、日本で開催される予定だったK-POP歌謡祭等が軒並み中止となった[191]。韓国への個人パック旅行にも影響が及び、関西発着の9月~10月予約分は前年同月比4割減[192]となり、阪急交通社は韓国方面ツアー旅行の新聞広告を取りやめた[193]

2012年の年末に放送された第63回NHK紅白歌合戦等の各種音楽番組でも韓国人歌手の出場はなく、NHKは韓国人歌手が出場しない理由について「色んな調査を行っているが、(韓国人歌手の)それぞれの数値が昨年より下がった」と指摘し、韓流人気の衰えについて言及した。しかし、李明博の竹島上陸と韓国人歌手の不出場の関係性については「領土問題は影響しなかった」としている[194]。一方、韓国のメディアは「日本年末3大歌謡祭、K−POP歌手全滅『韓流ボイコット』始まる」などと、韓国人歌手の不出場の理由は日本側の政治的背景によるボイコットであると報じた[195]

アジアにおける韓流[編集]

1990年代末期から、韓国のテレビドラマや映画がアジア各国へ輸出されているが、韓流商品の2012年の売上高はアジアが99%(うち日本が80%)でアジア(特に日本)に集中している[196] 。また、韓国の芸能人は高い収益を目的に、韓国の国威掲揚や海外ファンとの交流なども兼ねてアジアに進出している[197]。2011年11月、韓国の海外文化広報院は日本、中国、ベトナムなどアジアの8地域に84の韓流ファンクラブがあり、会員231万人が所属していると公表した[198]。新韓流の主役であるK-POPは、アジア諸国や北米・欧州でもファンが増え、第25回韓国ゴールデンディスク大賞では70万人のアジアのファンが投票に参加したと発表している[199]

朝鮮日報は「韓国の男性アイドルはアジア地域の男性アイドルと比較すると、身長やルックスはのもちろん、ダンスの実力も韓国のアイドルの方がはるかにリードしている。その上、男性らしさという魅力まで兼ね備えているため、アジアの女のハートをがっちりキャッチできる」と分析している[200]

2011年に韓国文化産業交流財団が開催したシンポジウムでは、アジア各国の有識者たちから韓流について「東アジアの純粋なファンを相手に金もうけすることばかりを考えている」「韓流スターは生意気で横柄すぎる」などの苦言を呈された[201]

中国[編集]

宮廷女官チャングムの誓い』(原題『大長今』)が2004年に台湾で、2005年に香港で放送され、広東省でも大人気となり、韓流ブームが再発した。香港や広州では韓国宮廷料理ツアーなども盛況であるという。2005年5月に香港を訪問した主演女優イ・ヨンエ(李英愛)をひと目見ようと2万人の香港市民が押しかけた。2005年9月には、中国での全国放送が始まり、各メディアで盛んに宣伝されたために、大きな話題となった。一方で、中国のテレビドラマ制作関係者の間からは、安価な韓国ドラマに依存する各テレビ局の姿勢への批判が噴出し、宮廷女官チャングムの誓いについても、過大評価されているとの声が上がった。[要出典]

中国では、2006年に入って自国ドラマ保護の観点から、韓国ドラマを規制する動きが表面化している。2006年10月27日付の朝鮮日報によると、KBSの放送映像物の輸出は前年比67%減となった[117]。しかし、学歴や所得水準が低い中国人に韓流ドラマの人気は高く、その理由をソウル大学メディア情報学科のカン・ミョング教授は「韓国ドラマはロジックに乏しく、視聴時に脳を動かす必要がないことが低収入・低学歴の層に受け入れられている」と分析している[202]。また、韓国の化粧品ブランド「ラネージュ」は韓流女優を前面に出した広告宣伝を積極的に行い、低価格コスメのシェアを急速に広げている[203]

東南アジア[編集]

東南アジアでは、韓国の東南アジアへの経済的な進出を背景に、タイフィリピンベトナムで、韓国ドラマがしばしば放送され、日本よりも人気を得ている[204]。しかし、2011年のタイ洪水の被害者に対して、「タイの皆さんに金銭的な援助をお手伝いできるのなら、7000ウォン(約700円)ほど寄付したい」と発言し、メンバー全員で爆笑する様子を、インターネットに公開したことを契機に、タイ国に嫌韓も広がっている[205][206]

アメリカにおける韓流[編集]

2000年代の中期、アメリカにも多数の韓国テレビドラマが進出したが、アメリカ芸能雑誌「ハリウッド・レポート」と「ビルボード」の記者であるマーク・ラッセルは、韓流などというものは存在せず、「死んだと表現さえできない、最初から生きていた時もない虚像だ」と述べ、“韓流”をゾンビ・ウェーブ[207]と名付けた。しかしながら、ジェイン・ケーガンUCLA社会教育院大衆文化・芸術研究所長は韓国・中央日報のインタビューで「韓流が世界の文化の中心になってきている」と述べている[208]。2009年に韓国の韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントが米国に現地法人を作るが、赤字が続いたため、2012年に撤退に至った[209]。 韓国ではK-POPの米国進出をブリティッシュ・インヴェイジョンの再来としてK-POPインベージョンと報じている[210]

Youtube[編集]

2009年7月、ワンダーガールズの動画がYoutubeのミュージシャンチャンネル部門でアクセス数1位 [211]を記録したことを契機に、Youtubeのアクセス数の記録が韓流の動画によって次々と更新されていった。

ヨーロッパにおける韓流[編集]

フランス[編集]

フランスのアンケート調査機関(IPSOS)がフランス人向けに行った調査によれば、41%のフランス人が「韓国」という国自体をよく知らないと回答しているが[212]、中央日報の論説では「フランスでも韓流に対する関心が高いという話だ」(安哲秀研究所代表理事 キム・ホンソン)と紹介している[213]。また、朝鮮日報によれば、2011年にフランスの公共放送フランス2が「韓国、秘められた底力」というドキュメンタリー番組を放送し、K-POPアイドルたちの活動など韓流ブームを紹介したという[214]。東亜日報は韓国観光公社がフランスに居住する韓流ファン3775人に行った調査から、フランスの韓流ファンは10万人以上と推測している[215]。2011年6月10日にSMエンターテインメントがパリ初公演を行ったことから、6月10日を全世界に向けて「K-POPインベージョン(侵略)」の幕開けを宣言した歴史的な日として記念している[216]

フランスの韓流は「日本の漫画をドラマ化し、K-POPに進化した」(仏ボルドー大言論情報学科のホン・ソクキョン教授)[217]とあるように、フランスにおける日本文化の流行に便乗した形で展開している。日本文化をヨーロッパに紹介するジャパンエキスポでは、2004年ごろから韓国が韓流コンテンツの宣伝を開始しており、日本の経済産業省が警戒を強めている[218](日本政府の立場はフランスの民間で行われているイベントなので介入は行わないという姿勢[219])が、韓国コンテンツ振興院は「タイトルがジャパンエキスポになっているが、この行事は漫画、アニメーションコンテンツを主に紹介する展示会」と主張しており、ジャパンエキスポから韓流コンテンツを追い出そうとする意見には不快感を示している[220]。また、韓国では韓流によって、フランスでの日本ブームが下落したと報じられている[221]

フランスの韓流はパリを拠点とする「KOREA CONNECTION」によって推進されている。この団体はパリを拠点に剣道や忍術などを韓国文化として紹介するイベントを開催したり[222]、2011年6月に開催されたSMエンターテインメントのパリ公演では、シャルル・ドゴール空港の入国ロビーに700人の団員を出迎えのために動員したり[223]、K-POPコンサートの追加公演を求めてパリ市内でデモ活動などをしている[224][225]。(2012年は「韓国の漫画」をフランスに普及させることをテーマに活動している。[226]

フランスで2012年2月8日に開催されたK-POPフェスティバル「ミュージックバンク in パリ」は、1万人[227]の韓流ファンが集まったと報道されたが、現地の報道は「まばらな観客にもかかわらず、少年少女たちが歌とダンスを熱心に披露した」と紹介している[228]

韓国の新聞は、歌唱力・メロディ・ダンス・歌手の容姿などにおいて、K-POPはフランスのポピュラー音楽とは次元が違う高さにあるとフランスで絶賛されていると解説し[229][230]、KーPOPの振り付けを意味する「chore de coree」という造語が生まれていると報じられた[231]が、フランスのギ・ソルマン教授は、韓流は韓国独特の要素がなく、世界的によく似た大衆音楽を韓国のアイドルグループが歌っているため多くの国に受け入れられている。そのため、突然、中国などの波に入れ替わる可能性がある」と指摘している[232]。また、韓国観光公社のイ・チャム社長は「K-POPのリズムとイメージがグローバルトレンドに合ったため西洋人が好むのであり、韓国的ということで好んでいるわけではない。」[233]と分析している。

イギリス[編集]

朝鮮日報によれば、ロンドンで2011年2月25日に「ロンドンK-POPの夜」という公演が開かれ、約700人が集まった。会場入り口には200メートルの行列もできたという。同紙によればイギリスBBCは4月26日、「韓流はアジアを超え、欧米にも現れ始めている。韓国という国家ブランドは「財閥企業」から「K-POP」を主軸とする韓流に移ろうとしている」と報じたという[214]。2011年6月、アビーロード・スタジオで行われたSHINeeライブ公演には韓国の国旗を持った現地のファンが800人集まった[234]。2011年12月7日、ロンドンで 4MinuteBEASTG.Naがコンサートを開催した。中央日報によれば、ヒースロー空港に400人のファンが詰めかけ、コンサートでは3,500人のファンが熱狂したという[235][236]

スペイン[編集]

スペインのバルセロナで2011年10月29日に開催された日本文化の祭典「Salón del Manga de Barcelona」で行われたジャスティン・ビーバーのコンサートで前座にJYJが参加し[237]、「JYJが韓国アーティストでは初めてとなるスペイン単独コンサートをプエブロ・エスパニョール広場で開催して3000人の会場を魅了した。観客は公演開始前からJYJコールを連呼。会場には現地の韓国人はほとんどおらず、欧州におけるK-POPブームを再確認した。」と報じられた[238]

中東・中南米その他における韓流[編集]

中東アラブ圏では、2007年ごろから韓国ドラマの放送が増えた。『悲しき恋歌』は数か国で放送され、イラクでは1月に放送されたものが5月に再放送されたり、視聴率が70%を超えたり、その人気が赤ちゃんの命名にも影響するなど大きな反響を呼んだという。イランでは2007年に『宮廷女官チャングムの誓い』が放送され86%の高視聴率を記録した。中南米では、2008年に韓国ドラマの参入が始まり、メキシコでは『私の名前はキム・サムスン』が視聴率ランキング2位になった[3]。コロンビアで2012年に放送された『K-POPリアリティー』は視聴率が3-5%を記録し、爆発な人気であると韓国で報道された[239]が、スペイン語・ポルトガル語の吹き替え予算がなかったため、字幕を入れるより母国語吹き替えのドラマを好む南米の視聴者のニーズに応えられずに不振が続いている[240]

韓国政府の国策としての韓流[編集]

1990年代後半のアジア通貨危機以来、自国市場規模の小さい韓国は輸出産業に活路を求め、国を挙げて力を入れてきた。2009年には、大韓民国大統領直属の大韓民国国家ブランド委員会が設置され、韓国の官民(政府系民間組織含む)挙げて国家ブランド価値向上のための対外文化広報を行っている。主に、伝統文化やハイカルチャー分野を韓国文化院が担い、大衆文化や民間企業のコンテンツ産業については韓国コンテンツ振興院(KOCCA)が担っている。また、韓国政府が後援する民間団体のVANKなども、積極的な宣伝活動を行っている。

2009年に設立された韓国コンテンツ振興院は、国家戦略として映画・放送映像(韓流テレビドラマ)・K-POPゲームアニメマンファキャラクターなどのコンテンツ産業の振興を図り、コンテンツ制作と輸出と宣伝に多額の国費を投入して、強力に後援している。2010年10月29日には、東京国際フォーラムホールAで新しい韓国アーティストを紹介するK-POPショーケースが全席無料招待で開催され[241]、2011年には、「欧州など海外で『新韓流ブーム』を巻き起こしている」とされているK-POPの今後のインフラ拡充や、韓流スター育成に向けたK-POPアカデミー(仮称)支援事業、2015年までの4年間で1兆ウォンの予算を投資するグローバルファンドを通じて韓流コンテンツ制作などを推進する予定であることなどが発表された[242]。韓流コンテンツを制作する人材を育成する機関は「K-Artsアカデミー」と命名され2012年4月から運営が開始される。

またフランスで開催されたJapan Expoスペインで開催されたSalón del Manga de Barcelona[243]などの国際イベントでも、韓国コンテンツ振興院がブースを出展してK-POPや韓国漫画(マンファ)などの韓国文化の紹介を積極的に行っており、評論家の山田五郎は「民間のイベントに(韓国は)国ぐるみで参加している。あれだけ日本嫌いでプライドの高い韓国政府がジャパンに乗っかっている。なりふり構わない文化輸出政策が行われている」と語っている[244]

コンテンツ制作企業に制作費の10%の輸出実績があれば、韓国政府が金融機関に貸し出し保証書を発行し、これにより韓国のコンテンツ制作企業は金融機関から積極的に融資を受けることができるようになっている。コンテンツ制作企業から輸出先企業に補助金が支払われることもあり、韓国ドラマの放映権を購入した台湾のある企業は、買い付け金額以上の補助金がもらえたときもあったという[245]。韓国の積極的なコンテンツ輸出政策と(近年は高騰傾向にあるものの)買い付け費用が安くすむことで、東アジア東南アジアでドラマ・映画・音楽などの韓流コンテンツが広く受け入れられるようになっている。

このように国を挙げたグローバルな拡販政策を展開してきたことで、韓流コンテンツの輸出額は2007年に1億8900万ドルだったものが2010年には3億1300万ドルと成長した。しかしその一方で韓国は世界各国で韓国芸能の拡販をおこなってはいるが、実際はアジアでの売り上げが全体の99%を占め、その内訳も日本が約81%と突出しており、日本での利益配分も「KARA」を例に試算すると、「KARA」の日本での収益のうち、84%は日本側流通業者、8%が日本側プロモーター、そしてKARA所属芸能事務所の手元に残るのは収益の8%に過ぎない。このような日本へ一極集中し、かつ日本がほとんどの利益を得ていることについて、日本への「一極依存体質」と「収益不均衡」のジレンマについて、韓国政府もコンテンツビジネス上の問題点として認識している[246]

日本のコンテンツビジネスへの影響[編集]

韓流への対抗として、日本の財界もコンテンツビジネスの海外展開をはかっているが、結果ははかばかしくない[247]。 音楽業界を例にとると、海外展開そのものが低調であり、内容自体も工夫がない[248]。 文化庁の調査結果から、業界全体が世界第2位の国内セル市場に安穏として、厳しい国際市場に乗り込む意思がないことがわかる。 [249]また国際展示会などのアピールにおいても、低調ぶりが伝えられている[250]

読売新聞は2012年12月4日夕刊のコラムにおいて、韓流は東南アジアで安く買い叩かれても、文化的アピールを拡大する国策として支援しているので、コンテンツの供給ができるが、 同様に買い叩かれる日本のコンテンツでは、国の支援が薄くとても勝負できないとして、日本政府は「腹をくくるべき」だと論じた。また、日本民間放送連盟も、2012年11月6日の定例会見において「日本の製品や文化、暮らしぶりといったものに対して、海外の方々に憧れを抱いていただけるよう日本の放送コンテンツを海外に発信することは、最終的に日本のためになる」と文化的アピールとしての観点から、日本政府の支援を求めている[251]

韓流に関する韓国の地方自治体の動き[編集]

韓流テーマパーク[編集]

2004年に韓流の影響を受けて旅行者が増えていることに着目した孫鶴圭京畿道知事が、2008年までに韓流テーマパークをソウル近郊の高陽市に建設すると表明した。米国のハリウッドにあやかって「ハルリュ(韓流)ウッド」と命名し、総額2兆ウォン(約2,000億円)を投じて映画撮影場や映画館、公演ホール、博物館、ショッピング施設、ホテルを建設するとされていた。2009年に「韓流ワールド」に名称が変更され2012年に完成予定とされたが、2012年10月時点で事業は中断中である。また2012年には仁川国際空港のそばに韓流博物館の建設が計画されている[252]

韓流関連データ[編集]

日本→アジア地域への渡航者数(2000年-2010年)[127]※赤背景は前年減
地域 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年
韓国 2,472,054 2,377,321 2,320,820 1,802,163 2,443,070 2,439,809 2,338,921 2,235,963 2,378,102 3,053,311 3,023,009
中国 2,201,528 2,384,500 2,925,500 2,251,266 3,334,251 3,389,976 3,748,882 3,977,479 3,446,117 3,317,400 3,731,100
台湾 916,301 971,190 996,834 657,053 887,311 1,124,394 1,161,489 1,166,193 1,086,691 1,000,661 1,080,153
香港 1,382,417 1,336,538 1,395,020 867,160 1,126,250 1,210,848 1,311,111 1,324,336 1,324,797 1,204,490 1,316,618
タイ 1,202,164 1,177,599 1,239,421 1,042,349 1,212,213 1,196,654 1,311,987 1,277,638 1,153,868 1,004,438 993,674
マレーシア 455,981 397,639 354,563 213,527 301,429 340,027 354,213 367,567 433,462 395,746 415,881
シンガポール 929,670 755,766 723,420 434,064 598,821 588,535 594,404 594,511 571,020 489,940 528,817
バリ島 362,270 1,356,774 301,380 185,751 326,397 310,139 255,767 351,604 354,817 319,473 246,350

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フジサンケイビジネスアイ 2012.5.12 05:00 [1]
  2. ^ 日経エンタテインメント 「韓流」はなぜ世界に広がったのか 2012/11/19 [2]
  3. ^ a b c d e 日本貿易振興機構(ジェトロ) 韓国のコンテンツ振興策と海外市場における直接効果・間接効果の分析 2011年3月 [3]
  4. ^ 日本経済新聞 2012年4月13日 クール・ジャパン なぜ韓流に出遅れたのか? 編集委員 小林明
  5. ^ クール・ジャパンを脅かす韓流、官民一体モデルが鍵―中国メディア Record China 4月27日(金)7時25分配信
  6. ^ 日経ビジネス 「KARAを踊るインドネシアの子供たちと中途半端な日本の戦略 (大上二三雄)
  7. ^ 台湾の大衆文化の流行は台流と称され、中華文化圏においても華流とは別の物として定義されているが、日本ではこの言葉は使われず、「華流」の呼称に統一されている。
  8. ^ [4] 毎日新聞 2011年11月2日 "日本では03年に韓国ドラマ「冬のソナタ」が放映され、韓流ブームに火が付いた。"
  9. ^ 韓国文化交流財団 "日本内の韓国大衆文化のパワーと人気を象徴している韓流の出発点は、何といっても2003年と2004年にNHKで放送された冬のソナタと言える。"[5]
  10. ^ プレイバック ヒット商品番付 日本経済新聞ガイド版Web 2004年のヒット商品番付
  11. ^ ヒット商品番付:Business Watch三井住友銀行グループ SMBCコンサルティング 2004年のヒット商品番付
  12. ^ 「日本の韓流ブームまだまだ続く」、朝鮮日報、韓国の新聞「ヘラルド経済」2005年6月2日、2008年9月3日閲覧
  13. ^ 日韓関係について国際比較世論調査(PDF) 日本リサーチセンター2007
  14. ^ 海外専門家「韓流はブームで終わることも」中央日報日本語版 2006年03月28日18時46分
  15. ^ バブルはじけた映画韓流、なぜ? 2009/01/21 [6]
  16. ^ a b 小川博司 (2010年12月). “東アジアにおける音楽産業の展開 - インターネット時代の音楽文化 - (PDF)”. 関西大学経済・政治研究所. p. 27. 2012年10月24日閲覧。
  17. ^ a b 中央日報 2011年06月16日14時40分 BBC、「K-POP成功の裏には奴隷契約」指摘
  18. ^ 朝日新聞 2007年08月15日、人気グループ「東方神起」 韓流めぐり二転三転 [7]
  19. ^ 財経日報 JKSTARS.com 김범수 日 열도 장악~ ‘보고싶다’ 무반주 버전 화제! (キム・ボム数日列島掌握~ ‘見たい’無伴奏バージョン話題!) [8]
  20. ^ 【漢江タイムズ】 윤상현, 솔직한 미소 국내 이어 일본 열도 장악 (ユン・サンヒョン、率直な微笑国内引き続き日本列島掌握)[9]
  21. ^ 財経日報 JKSTARS.com‘한류스타’ 소지섭, 日 열도 점령 초읽기 (韓流スター’ソ・ジソプ、日列島占領秒読み)
  22. ^ アジア経済 2010.08.26 13:07 韓아이돌 '日열도점령', 일본 초토화시키다 (韓アイドル'日本列島占領',日本焦土化させる)[10]
  23. ^ スポーツソウル 한류스타들, 새해에도 '열도 공습' 뜨겁다(韓流スターら、新年にも'列島空襲'熱い) [11]
  24. ^ 2010年 参議院予算委員会
  25. ^ 中央日報 『ペ・ヨンジュン訪日の2つの意味…韓流復活-韓国観光伝令使』 2009年10月01日14時40分
  26. ^ 中央日報 『ペ・ヨンジュン、鳩山首相夫人に会う』2009年10月01日08時50分
  27. ^ ペ・ヨンジュン、東京ドームに2日間で9万人の“家族”を動員 ニュース-ORICON STYLE- 2009年10月01日06時00分
  28. ^ [12]
  29. ^ JETOR報告書 6p [13]
  30. ^ 日経トレンディ 2011年11月号 「『なんでも韓国化』のなぜ」
  31. ^ 視聴率“ミヤネ屋”超え! 第二次韓流ブームの秘密 NEWSポストセブン 2010.09.29 02:07
  32. ^ a b 「第2次韓流ブーム」到来か 訪韓日本人急増、雑誌の特集も続く [14]
  33. ^ 2009年 2月 4日 ユ・インチョン長官、「韓国音楽産業を世界10位圏に育成」[15]
  34. ^ 日経MJの「2010年ヒット商品番付」で「K-POP」が「前頭」に格付けられている。日本経済新聞 2010/12/8 4:00 [16]
  35. ^ 三井住友銀行グループの「2011年ヒット商品番付」では「K-POP」が「前頭5枚目」に格付けられている [17]
  36. ^ [18] 少女時代・KARA・2PM…韓流を恐れる日本歌謡界
  37. ^ 聯合ニュース 2011/06/22 16:42[芸能]K-POPの競争力強化支援へ、韓国政府[19]
  38. ^ 聯合ニュース 2011/12/29 20:03 韓流関連の支援強化へ 観光客倍増目指し=韓国政府 [20]
  39. ^ 共同通信 2011年7月29日“新韓流”を担う韓国ドラマ専門ファンドがスタート! [21]
  40. ^ 日経MJの「2011年ヒット商品番付」では「新・韓流」が「前頭」に格付けされている 2011年12月7日付日本経済新聞日本経済新聞ガイド版Web
  41. ^ フジサンケイビジネスアイ 2012.5.12 05:00 [22]
  42. ^ 東亜日報 '韓流熱風'文化産業国外の輸入が大幅に増加 2012-02-06 08:52:51 [23]
  43. ^ 中央日報日本語版 2011年12月30日14時34分「来年、韓流予算が大幅アップ…崇礼門も復旧完了予定」 [24]
  44. ^ 聯合ニュース 2011/12/29 20:03 KST 「韓流関連の支援強化へ 観光客倍増目指し=韓国政府」[25]
  45. ^ 聯合ニュース 契約紛争がK-POPブームに冷や水、NHK石原氏 2011/02/24 20:34 [26]
  46. ^ 韓国アイドルグループ危機論?…「国内市場が飽和状態なら海外に」(1)2012年11月16日14時43分 [27]
  47. ^ 韓フルタイム 2012年05月15日07時00分 K-POPスーパージュニアの日本公演に11万人が熱狂、レディー・ガガの動員数を抜く[28]
  48. ^ Chosun.biz 2012.11.18 07:13 분노한 그들, SM에 '딴따라' 비아냥 마저… 怒った彼らは、SMに“タンタラ”皮肉さえ...[29]
  49. ^ 朝鮮日報 「業界最大手SMエンタ株価暴落の背景」 2012/11/20 10:56[30]
  50. ^ K-POPブーム完全終了か……SMエンタの営業利益70%ダウン「日本への依存度が強すぎる」日刊サイゾー 2013年06月25日13時00分 [31]
  51. ^ チケット売れず韓流ライブ中止、主催会社破産で購入者へ返金なし。2012年06月22日04時30分 [32]
  52. ^ 中央日報日本語版 2012年11月27日10時08分 [33]
  53. ^ 朝鮮日報 2010.09.26 頭打ちのドラマコンテンツ輸出、打開への試み
  54. ^ 朝鮮日報 2010.1.10 【コラム】「韓流スターは生意気すぎ」
  55. ^ KRnews 2012/03/22 [34]
  56. ^ NEWSポストセブン K-POPよりきゃりーぱみゅぱみゅが視聴率取れるとTV関係者 2013.06.20 07:00[35]
  57. ^ SAPIO2012年12月号 [36]
  58. ^ J-CASTニュース 2012/12/13 19:27 [37]
  59. ^ 週刊ポスト2012年11月30日号 [38]
  60. ^ 内閣府 外交に関する世論調査を参照 [39]
  61. ^ 東亜日報 2012年12月6日 「明洞通りが閑古鳥、日本人観光客激減で旅行・商店街に危機感」[40]
  62. ^ 韓流セレクト 放送終了のお知らせ[41]
  63. ^ 「韓流」ブーム終わった 映画観客、旅行者がた落ち ジェイ・キャスト2007年2月15日
  64. ^ a b バブルはじけた韓流観光 中央日報2006年3月23日
  65. ^ 国会トークフロントライン [42]
  66. ^ 韓国情報発信基地! innolife.net ソ・ジソブ イ・スジョン Sojisub 関連ニュース [43]
  67. ^ 韓国情報発信基地! innolife.net 日本でも「ごめん、愛してるファン」が! 2006/05/31(Wed) 23:07 [44]
  68. ^ JETOR報告書 7p [45]
  69. ^ 朝日新聞 韓流番組、なぜ増えた? TV局「自前より安い」・韓国「輸出」に力[46]
  70. ^ 「美男ですね」が再々放送!3回放送は初 MSN産経ニュース 2011.4.25 13:21(リンク切れ)
  71. ^ K-style 韓流スターの“日本ドラマ成績表” 2012年03月08日17時44分 [47]
  72. ^ 日本経済新聞 2011/7/28 20:10 日韓メディア関連企業、ドラマ制作支援の投資ファンド創設へ [48]
  73. ^ 崔 寶允 (2011年). 「ポスト・トレンディドラマ」としての韓流ドラマ. 宇都宮大学外国文学研究会. pp. 12. 
  74. ^ 2011年韓国テレビドラマレンタル回数は過去最高の伸びに 〜年間ランキング発表、『美男<イケメン>ですね』が異例の2年連続で1位に〜 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 2011年12月1日
  75. ^ 中央日報 2012年02月23日16時21分 【コラム】K-POPブームを眺める韓国映画の渋い表情(1)[49]
  76. ^ 日本公開の韓国映画 興行成績で徹底分析 朝鮮日報 [2004/08/26 12:37:34]
  77. ^ 姜帝圭監督「中・日の歴史歪曲、韓流ブーム消すため」朝鮮日報 [2005/05/02 12:37:34]
  78. ^ 「『四月の雪』の日本ヒット 韓国映画制作のパラダイム変えるか」 朝鮮日報 2005/09/18 20:37:53
  79. ^ 朝鮮日報 2006年06月06日「大々的なプロモを行ったのに…チョン・ウソン主演『デイジー』、日本で予想外の不振」
  80. ^ 東芝エンタテインメント、07〜08年ラインナップを発表 2007年2月1日 文化通信.com[リンク切れ]
  81. ^ アミューズが業績を下方修正 韓流ブームに陰り?-(asahi.comをWeb魚拓で保存)
  82. ^ a b 2007/12/20朝鮮日報
  83. ^ 韓流“終焉”!?韓国映画界、上映作の9割が赤字 輸出もヨン様頼りと嘆き… 夕刊フジ2008年7月29日
  84. ^ 2007/07/24朝鮮日報
  85. ^ Box Office MOJO [50]
  86. ^ 「芸能班本音トーク檄」映画界にも韓流旋風 スポーツ報知2011年9月13日
  87. ^ 日本レコード協会THE RECORD 2011年6月号(PDF)[51]
  88. ^ カプコンがXbox 360新作タイトル『ロスト プラネット』を発表! 主人公にイ・ビョンホンを起用! ファミ通.com 2005/12/10
  89. ^ カプコン、イ・ビョンホン氏を起用した新作「ロスト プラネット」をXbox 360向けに発売決定!カプコンプレスリリース 2005年12月10日
  90. ^ あの韓流スターに女性ファン殺到!『ロスト プラネット』トークイベント電撃オンライン 2006年9月24日
  91. ^ 次世代ゲームも“韓流”? Xbox360向けカプコンの新作「ロスト プラネット」発表会で“ビョン様スマイル”をゲット!日経トレンディネット 2005年12月12日
  92. ^ [52]
  93. ^ 国際ニュース「韓国料理はキムチだけじゃない」、韓国料理のグローバル化プロジェクト発足 2008年10月20日 15:12 [53]
  94. ^ "韓国料理を「世界5大料理」に 政府がグローバル化事業を推進", 東亜日報, OCTOBER 10, 2008.
  95. ^ 中央日報 (2009.10.15 07:44:36) 金潤玉さん、米CNNテレビで「韓食のグローバル化」を紹介
  96. ^ 聯合ニュース 2010/10/22 13:13 KST 「伝統の味伝える」 金潤玉大統領夫人、G20サミットで世界の人々を魅了する全州ビビンバ提供
  97. ^ 中央日報 2009.02.25 08:27:49「韓食はウエルビーイング」 李大統領夫人、韓国の優秀性をアピール…韓食を外国人の口に合わせて世界的なブランドに
  98. ^ 中央日報 2010/02/11 大統領夫人「韓食が好きになった外国人はまた韓国に来る」[54]
  99. ^ 民団新聞 2010-03-31 「キムチと塩辛、コチュジャン、味噌、醤油の5大発酵食品は韓国の宝」 韓食財団が発足
  100. ^ 毎日新聞 2010年10月11日 東京朝刊 韓流ドラマに続け 韓食財団理事長・鄭雲天さんに聞く(毎日新聞)
  101. ^ 民団新聞 2012.3.28 [55]
  102. ^ コリアタイムズ(韓国語) 韓国人食堂衛生検査摘発多い 2012-01-05 [56]
  103. ^ [57]
  104. ^ 統一日報 2010/04/14 韓食(韓国料理)の世界化「日本に進出するならこのメニュー」 韓国農林水産部が発表
  105. ^ 朝鮮日報 2010/05/23 韓国料理:米国では単純メニュー、日本ではお手ごろ料理?…国際コンサルティング会社調査
  106. ^ "中国"が"韓国産キムチ"を輸入禁止措置 朝鮮日報 2005/11/1
  107. ^ 大紀元 05/11/03 中韓キムチ摩擦が上昇、中国も韓国に輸入禁止措置 [58]
  108. ^ 東亜日報 徐圭竜・農食品部長官、中国にキムチ市場の開放を要請 [59]
  109. ^ 統一日報 2010/04/14 韓食(韓国料理)の世界化「日本に進出するならこのメニュー」
  110. ^ 朝鮮日報 2010/02/28 11:11:09 韓国料理に魅せられた日本(中)【特集】韓国の中の日本、日本の中の韓国
  111. ^ 統合ニュース 2013/08/13 17:32 <芸能>韓国創作ミュージカル 日本で苦戦=大作は大ヒット[60]
  112. ^ ORICON STYLE 2014年2月24日 09:00 (ORICON STYLE) AMT韓国ミュージカル継続公演が終了 11ヶ月で幕 [61]
  113. ^ <インタビュー>統合ニュース 2014/03/12 18:35 韓国発ミュージカルがヒット 東宝芸能の市村、栗間氏 [62]
  114. ^ 中央日報 2012年08月29日11時00分[63]
  115. ^ 靖国参拝続けは、韓日両国の友好増進はない - 朝鮮日報、2005年10月25日(要ログイン)
  116. ^ 〈「改革劇場」の外で〉きしむ日中韓友好 - 朝日新聞名古屋本社版、2005年9月8日
  117. ^ 韓日衝突で日本の韓流ブームが低迷 中央日報 2006年8月7日
  118. ^ 内閣府世論調査 外交に関する世論調査
  119. ^ 外交に関する世論調査 世論調査報告書 平成25年10月調査 図14
  120. ^ 日本で韓流好き主婦わずか11%、韓国製品購入へも韓流寄与せず2012/06/22 16:29 [64]
  121. ^ Korean heart-throb helps detente - ガーディアン
  122. ^ 朝鮮日報 2006/06/13 11:58 日本の韓国語学習ブームにかげり
  123. ^ [65]
  124. ^ 朝鮮日報 「韓国の観光競争力、世界標準レベルに届かず」2012/11/19 11:00 [66]
  125. ^ KBS World News 2012-11-21 14:54:34 "外国人観光客1000人超 主人公は中国人女性" [67]
  126. ^ 韓流 2004年 西日本新聞
  127. ^ a b ツーリズム・マーケティング研究所 日本人出国者数の統計データをダウンロード可能
  128. ^ a b 韓流ブームの終わり?…韓日訪問者数が逆転 中央日報 2007年1月26日
  129. ^ 中央日報(英語版) Coming to Korea to see the doctors [68]
  130. ^ AFPBB News 美容整形にも「韓流」の波、 韓国で整形する外国人が急増 2012年04月23日 12:22 発信地:ソウル/韓国
  131. ^ Gow! Magazine(ガウ!マガジン)2012年04月28日12時00分 ゴールデンウィーク整形! 韓流ブームで「ふくらはぎ整形」が人気[69]
  132. ^ 聯合ニュース 2010/11/08 10:03 訪韓外国人800万人突破目前、日中観光客急増で [70]
  133. ^ 旅行通信 2012年1月25日号 [71]
  134. ^ 「ソウル、ホテル建設ラッシュ=韓流ブームで観光客増」時事通信 2011年5月31日
  135. ^ 宿泊施設で日本人女性に性的暴行 「韓国旅行ブーム」に水を差す。2012/5/21 19:11 [72]
  136. ^ 聯合ニュース ソウル人気観光地 日本人は明洞・中国人は東大門 2012/04/26 15:17
  137. ^ 『日刊旅行通信』 10月のアジア太平洋実績、中韓が20%台の減少 韓国は女性の減少大きく、台湾は双方向で好調 [73]
  138. ^ 東亜日報 2012年12月6日 明洞通りが閑古鳥、日本人観光客激減で旅行・商店街に危機感 [74]
  139. ^ 韓流うんざり…旅行キャンセル相次ぐ 竹島問題、ブーム下火で意識変化(1/3) Sankei Biz 2012年9月17日
  140. ^ 韓国文化体育観光部 (2014-01-21) 韓国を訪れる外国人観光客、最多は中国人[75]
  141. ^ 韓流の聖地に異変 「竹下通り」化する東京・新大久保 “イケメン通り”に10~20代女性急増 日本経済新聞2011年9月14日
  142. ^ 『韓流の聖地・新大久保 WAKUWAKU!ガイド』(ベストムックシリーズ・10)ベストセラーズ出版
  143. ^ a b 産経新聞 韓流の聖地、光と影 脱税など不正 観光客マナー悪化 2012.1.22 21:42 [76]
  144. ^ K―POPで脱税、1億5000万円隠すショップ運営会社告発―東京国税局 時事通信 1月11日(水)11時42分配信
  145. ^ 産経新聞 「無資格の韓流アイドルにライブ活動させる 会社役員書類送検「東方神起のように報酬が入ると思った」」2012.2.15 14:20[77]
  146. ^ JANJAN 新宿・大久保の人気韓流ライブハウス「聖地」摘発 2012年2月17日 [78]
  147. ^ 2011年12月20日 読売新聞、2011年12月19日日刊スポーツ『無資格で活動容疑 韓国「GREAT」』
  148. ^ 文鮮明師の紹介[79] 1984年4月、ユニバーサルバレエ団設立。文師の2男(興進氏)の妻は韓国で著名なバレリーナ・文薫淑(ムン・フンスク)女史である。
  149. ^ 朝鮮日報日本語版 2012/02/28 バレエも韓流、韓国人ダンサーが日本で人気
  150. ^ ZAKZAK 新大久保に竹島ショック!“韓流の聖地”に意外な現実 2012.08.29 [80]
  151. ^ ZAKZAK 2013.08.16【暗躍列島を追う】新大久保~西早稲田で展開される“韓国の反日ワールド”(大高未貴)[81]
  152. ^ 高知新聞ニュース 2006年4月28日 韓国映画滞在費 債権者と合意ロケ再開
  153. ^ 2010年10月23日 読売新聞)韓流ブームで地元の活性化を期待 庄原、尾道両市でハン・ジミンさんら出演の韓国ドラマのロケ開始へ
  154. ^ 弘前ロケーションガイドマップ 世界のどこにもいない「優しい男」 弘前観光コンベンション協会 2014.4.6 00:44 (UTC) 閲覧
  155. ^ 下野新聞 (7月12日 朝刊) 日光で韓国ドラマ撮影スタート 韓国人誘客に期待 [82]
  156. ^ 俳優キム・ヒョンジュン、主演ドラマ『都市征伐』から降板 中央日報日本語版 2013.2.7付記事
  157. ^ 韓国からの日本へ贈る、ラブソナタ 2007リバイバル・ジャパン 来月開幕![83]
  158. ^ http://www.menscyzo.com/2012/02/post_3521.html
  159. ^ 中央日報 2012年01月31日10時42分 『T-ARAが不満爆発 「1年間に一度も休みない」』
  160. ^ K-style "K-POPブームの裏に隠された“88万ウォン世代”のバックダンサーたち" 2012年07月06日17時28分 [84]
  161. ^ 東亜日報 2010年4月28日 『女性タレントの6割が「肉体的接待」求められた経験』
  162. ^ 中央日報【社説】国に恥をかかせたセクハラ美人コンテスト 2011年10月22日10時47分 [85]
  163. ^ 「韓流」詐欺ほう助容疑 暴力団組長を逮捕、警視庁 2012/11/06 23:57 【共同通信】 [86]
  164. ^ 「「冬ソナ」イベント企画会社の未公開株詐欺事件で住吉会系組長を逮捕 警視庁」 産経新聞 11月7日(水)
  165. ^ 「韓流ブーム」はニセモノ? 大人気のはずが視聴率は散々 サイゾー 2011年7月18日
  166. ^ マイコミジャーナル (2011年7月28日). “高岡蒼甫、所属事務所を解雇か 「自分からは切り出していません」”. 2011年7月28日閲覧。
  167. ^ ふかわりょう高岡蒼甫に共感? 韓流偏重「テレビ終わったな」 - ジェイ・キャスト2011年7月31日、2011年8月1日閲覧
  168. ^ フジテレビの韓流騒動について コデラノブログ 2011年8月15日
  169. ^ フジテレビの韓流ゴリ押しは事実か コデラノブログ 2011年8月22日
  170. ^ 「韓流が嫌なら見るな」は間違っている 作家・深水黎一郎がフジ騒動を分析 ジェイ・キャスト2011年8月17日
  171. ^ 新潮社『週刊新潮』2011年9月8日号
  172. ^ 反韓流示威 日民眾街頭抗議 自由時報 2011年8月21日
  173. ^ a b 8・21フジテレビ韓流ゴリ押し・偏向報道抗議8000人デモのまとめガジェット通信2011年8月21日
  174. ^ 2011年(平成23年)8月22日(月)ニコニコニュース
  175. ^ 【お台場デモ】8.21フジテレビ包囲、TV放送の正常化を求める運動 桜H23/8/22
  176. ^ 朝日新聞 2011.9.1朝刊 37面
  177. ^ 도쿄 '반한류 시위' 1천명 운집‥"심상찮다"、MBC.2011.8.21
  178. ^ 参議院会議録情報 第179回国会 総務委員会 第3号 平成23年11月17日
  179. ^ キム・テヒ“竹島発言”でCM会見中止!批判の嵐、ZAKZAK 2012年2月21日
  180. ^ Uzbek sex clubs: dark side of ‘Korean wave’Korean-style brothels mushroom in Tashkent ハンギョレ 2006-09-23
  181. ^ 韓国人女性8000人、米国で‘遠征売春’ 中央日報 2006-06-21
  182. ^ 【関東地区韓国ドラマFANの皆様へ】
  183. ^ fifa.com [87] "it appears not to have been premeditated or intentional"
  184. ^ 竹島問題で日本経済が被る影響は本当に小さいか?盛り上がる「韓国制裁論」の是非を冷静に考える、DIAMOND online 2012年9月7日
  185. ^ (36)竹島問題で韓流スターが消える?、読売新聞 2012年9月14日
  186. ^ 韓流スター“入国禁止案”の真相…民主豹変でさらなる拡大も、ZAKZAK 2012年8月25日
  187. ^ (36)竹島問題で韓流スターが消える?、読売新聞 2012年9月14日
  188. ^ 韓流うんざり…旅行キャンセル相次ぐ 竹島問題、ブーム下火で意識変化(3/3)、Sankei Biz 2012年9月17日
  189. ^ 竹島問題で韓ドラとK-POPが消える!? 現代ネット 2012年9月5日
  190. ^ 日言論、韓流の報道を避ける傾向できた JPNEWS 2012年9月7日
  191. ^ 日 韓流取り消し中、韓国日報 2012年9月6日
  192. ^ 韓流うんざり…旅行キャンセル相次ぐ 竹島問題、ブーム下火で意識変化(1/3) Sankei Biz 2012年9月17日
  193. ^ 韓流うんざり…旅行キャンセル相次ぐ 竹島問題、ブーム下火で意識変化(2/3) Sankei Biz 2012年9月17日
  194. ^ NHK「領土問題は影響しなかった」紅白「韓国ゼロ」の理由明かす J-CASTニュース 2012年11月26日
  195. ^ まさかの「韓流全滅」、紅白歌合戦で4組出場の予想外れる=韓国 サーチナ 2012年11月26日
  196. ^ 本国薄利“韓流ブーム”に疑問 日本市場「一極依存体質」浮き彫り 産経新聞 2012.5.12 10:27[88]
  197. ^ 朝鮮日報 2011/05/30 「少女時代に2PM、アイドルたちが海外進出するワケ…」
  198. ^ 聯合ニュース (2011/11/01 14:39 KST) 海外の韓流ファンクラブ 182団体に330万人 [89]
  199. ^ JETOR報告書 8p [90] 引用先の中央日報の記事[91]の内容 『司会のタク・ジェフンは、「70万人のアジアのファンがゴールデンディスク人気投票に参加した」と伝えた。』
  200. ^ 朝鮮日報 2011/05/30 「少女時代に2PM、アイドルたちが海外進出するワケ…」
  201. ^ 朝鮮日報 2010.1.10 【コラム】「韓流スターは生意気すぎ」
  202. ^ 朝鮮日報 2014/03/20 10:26「韓国ドラマ好きは低学歴」論文に中国ファン抗議広告[92]
  203. ^ ロイター通信 2013年 08月 10日 13:23 JSTアングル:化粧品でも「韓流」人気、急成長の中国市場で躍進する秘密 2013年 08月 10日 13:23 JST
  204. ^ 博報堂 Global HABIT 調査 アジア10都市における日・韓・欧米コンテンツ受容性比較 [93]
  205. ^ 韓国男性アイドルのタイ洪水嘲笑発言でタイの嫌韓化一挙加速 2014.01.23 16:00[94]
  206. ^ 【朝鮮日報社説】2012/02/24 10:51 韓流スターは外見を飾るだけでなく品格も身につけよ…特定の国を侮辱する発言は人気と体面を潰しかねない
  207. ^ 世界日報(韓国語)“韓流は最初からなかった
  208. ^ 「韓流、世界の文化の中心に」 2006年06月29日11時31分 中央日報/中央日報日本語版 [95]
  209. ^ 統合ニュース JYPエンターテインメント、米法人撤退へ 2013/03/23[96]
  210. ^ K-POP:「韓国のレディー・ガガ」が必要 朝鮮日報 2012/06/17 09:55
  211. ^ ワンダーガールズの動画、海外有名歌手抑えてユーチューブ1位 2009年07月17日09時03分 [97]
  212. ^ 中央日報 <取材日記>フランス人の41%「韓国がどのような国か分からない」2009年01月12日09時57分 [98]
  213. ^ 中央日報 2011年05月23日10時59分 少女時代にKARAにチャングム…「ありがとう、韓流」[99]
  214. ^ a b 朝鮮日報 2011/05/03 「K-POP:欧州でもブームの兆し「公演延長」求めるデモも」
  215. ^ 仏韓流ファンの93%「韓国へ行ってみたい」 東亜日報 2012/04/04 [100]
  216. ^ 2012/6/17 朝鮮日報 K-POP:歴史を塗り替えた「2011年6月10日」
  217. ^ 中央日報 2011年05月23日10時59分 少女時代にKARAにチャングム…「ありがとう、韓流」 [101]
  218. ^ 「ジャパンエキスポ」にも韓流…日本人から不満の声も [102]
  219. ^ 日本のアニメ、マンガ文化が危ない 「ジャパン・エキスポ」で韓国ゴリ押し販促 [103]
  220. ^ 東亜日報 2011-07-11 14:45:43[104] "야마다가 방송에서 주장한 내용에 대해 한국콘텐츠진흥원 관계자는 "재팬엑스포에 마련한 전시관에선 한국 만화 관련 컨텐츠 정보만 전시했다"며 "한류 드라마, K-POP을 소개했다는 주장은 사실무근"이라고 반박했다. 이 관계자는 "타이틀이 재팬엑스포로 돼 있지만 이 행사는 만화, 애니메이션 컨텐츠를 주로 소개하는 전시회"라며 "일본 측에서 사실을 왜곡하고 과장한 것"이라고 덧붙였다."
  221. ^ 中央日報「フランス、日本マニア減って韓流が浮上」 2011年06月14日11時55分 [105]
  222. ^ 朝鮮日報 2011/05/09「フランス・パリ17区のエスパス・シャンペレ見本市会場で韓国文化イベント」パリ=金洪秀(キム・ホンス)特派員
  223. ^ 中央日報 2011年06月10日08時40分 K-POPアイドルがパリ入城…ドゴール空港に響く韓国の歌[106]
  224. ^ 朝鮮日報 2011/05/03 「K-POP:欧州でもブームの兆し「公演延長」求めるデモも」
  225. ^ 中央日報 2011年05月02日 パリ都心でK-POPファン300人が公演追加を要求 [107]
  226. ^ K-POP부터 만화까지!…식지 않는 프랑스 한류 (K-POPからアニメまで!...冷めていないフランスの韓流)[108]
  227. ^ 少女時代 スヨン、1万人のファンから「ハッピーバースデー!」 財経新聞 2012-02-10
  228. ^ [109]
  229. ^ 朝鮮日報 2011/05/03 「K-POP:欧州でもブームの兆し「公演延長」求めるデモも」
  230. ^ 朝鮮日報 2011/04/21 「フランスでも韓流ブーム、K-POP同好会200人以上のメンバーのうち約50人が来韓」
  231. ^ 中央日報 "勢い止まぬ韓流ブーム、仏で「コレドゥコレ」なる新造語も登場" 2011年06月20日11時56分 [110]
  232. ^ 中央日報 2012年04月23日14時35分 K-POP、韓国特有の文化でない…大衆文化の国際化
  233. ^ 中央日報「韓流はITを通じて文化が広まった最初の例」2012年04月23日17時55分
  234. ^ 中央日報日本語版 "SHINee、ビートルズの聖地を‘K-POP’の合唱で染める" 2011年06月20日11時11分 [111]
  235. ^ 中央日報 「4minute・BEASTらロンドンを熱狂させる」 2011年12月07日11時22分
  236. ^ 中央日報 「BEAST・4minute・G. NA、ロンドンで人気沸騰」2011年12月05日15時03分
  237. ^ Pop coreano y dobles de Justin Bieber en la primera jornada del Salón del Manga [112]
  238. ^ JYJがスペイン公演 欧州ファン3千人を魅了[113]
  239. ^ 朝鮮日報日本語版 2012/05/14 11:02 [114]
  240. ^ 朝鮮日報 2012/6/3 「中南米進出に頭抱える韓流ドラマ」
  241. ^ K-POP Night in Japan 2010(韓国文化院)
  242. ^ [芸能]K-POPの競争力強化支援へ、韓国政府 統一日報 2011年6月22日
  243. ^ Pop coreano y dobles de Justin Bieber en la primera jornada del Salón del Manga(サロンデルマンガの初日に韓国ポップとジャスティンビーバーダブル)[115]
  244. ^ 2011年7月7日TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」 2011年7月10日 Jcastニュース「ジャパンエキスポに韓国が介入? 山田五郎のラジオ解説が波紋
  245. ^ 日本経済新聞 2010年11月29日
  246. ^ “本国薄利“韓流ブーム”に疑問 日本市場「一極依存体質」浮き彫り”. フジサンケイ ビジネスアイ (産経新聞社). (2012年5月12日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/120512/kor12051210280005-n1.htm 2012年6月2日閲覧。 
  247. ^ 放送コンテンツ流通の促進に向けて (PDF) p.8
  248. ^ 日本のコンテンツの海外展開促進に関する基礎調査報告書 (PDF) p.10
  249. ^ 日本のコンテンツの海外展開促進に関する基礎調査報告書 (PDF) p.64
  250. ^ http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/watch/20121029-OYT8T00355.htm
  251. ^ コンテンツの海外展開に関する取り組みについて
  252. ^ 中央日報 2012年04月13日16時08分 仁川国際空港のある永宗島、韓流博物館建設を推進 [116]

関連人物[編集]

  • 古家正亨 - K-POP普及に貢献したことを評価され「韓国政府褒章文化体育観光部長官褒章」を受章した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]