エレクトロ・ハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Electro house
様式的起源 エレクトロエレクトロクラッシュハウス, ポップスシンセポップテックハウス
文化的起源 1990年代後半
世界中で
使用楽器 ドラムマシンキーボードパソコンサンプラーシーケンサーシンセサイザー
流行時期 2000年代半ばから人気が高まる
派生ジャンル コンプレクストロダッチ・ハウスフィジェット・ハウスムーンバートン
テンプレートを表示

エレクトロ・ハウス(Electro house)は、ハウスの中でもハードな一分野である[1]。1980年代のエレクトロ[2]エレクトロクラッシュ[3]ポップス[4]シンセポップ[3][4]テックハウス[3][4]に起因している様々な影響があるので、エレクトロ・ハウスの起源は明確ではない。エレクトロ・ハウスは2005年頃に人気が高まり、この呼称はdeadmau5ポーター・ロビンソン英語版ヴォルフガング・ガートナー英語版といったトップ100のDJを記述する際に使用された[5]

特徴[編集]

This short loop demonstrates the style of a modern electro house track, including a house beat and "dirty" bass.

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

エレクトロ・ハウスは突出したベースライン英語版(短くて鋭いリフ)、短くて高いリフ、そして最小限の中間パーカッションといったテックハウスの特徴を時々含む[2]。しかし、テックハウスとは異なり、それは粗い、エレクトロから影響を受けたシンセサイザーとヴォーカル或いはインストのサンプリングを含む場合が在る[2]。テンポは、通常およそ128~130のBPMである。最近の作品は、コンプレッサーディストーションによるのこぎり波から作られる「汚い」低音音を特徴とする傾向がある[6]

歴史[編集]

このジャンルは、エレクトロ本来の形式、或いはシンセポップテクノ、1990年代後半に再浮上したエレクトロクラッシュの融合[3][1]、或いはハウスとエレクトロを混ぜたフュージョンだと書かれた[7]。それは同様にハウスを言い表す為に(「未来的」とか「ハード」という意味で)形容詞として「エレクトロ」という言い方を使う事から作られた呼称として見られた[1]

エレクトロ・ハウスとして登録された初期の楽曲にはArriversの1996年の"Dark Invader"や"The Arrival"、ベースメント・ジャックスの1997年の"Raw S*it"がある[8]Mr. Oizo英語版の1999年のヒット曲"Flat Beat英語版"も同様にこのジャンルの初期の具体例だと考えられている[9]

ベニー・ベナッシ英語版が2002年にリリースしたサティスファクション[10]、主流派へと持って行ったエレクトロ・ハウスの先駆者だと見られている[3][4]。2000年代前半には、このジャンルに於いてデヴィッド・ゲッタ中田ヤスタカといった新しいプロデューサーが登場して来た[11]。2005年には、エレクトロ・ハウスはその人気が高くなった[12]。2006年11月には、フェッド・ル・グラン英語版の"Put Your Hands Up 4 Detroit"やボディロックス英語版の"Yeah Yeah (Bodyrox song)"というエレクトロ・ハウスの楽曲、そしてルチアナ・カポラーソ英語版がイギリスの上位四十位シングル・チャートで一位と二位を独占した[13]。それ以来、ポーター・ロビンソン英語版ジョン・グーチ英語版ザ・エム・マシーン英語版ナイフ・パーティー英語版スクリレックスといったエレクトロ・ハウスのプロデューサーが台頭し人気を博した[14]

サブジャンル[編集]

コンプレクストロ[編集]

コンプレクストロはグリッチ英語版や入り組んだベースライン、そして多くの楽器で素早い連続によって作られるシンセサイザーの先導によって分類される[15][16]。"complex"と"electro"とを混ぜた混合語であるこの呼称は[15][16][17]ポーター・ロビンソン英語版によって2010年に作成していた音楽を説明する為に作られた[18][17]。彼は音楽のスタイルに於いて1980年代のアナログシンセサイザーの音楽から受けた影響としてコンピュータゲームのサウンドチップチューンを引用して来た[19]。このジャンルの他のプロデューサーにはデジタリズムキル・ザ・ノイズ英語版ナイフ・パーティー英語版Madeonサヴァントスクリレックス[15]ザ・エム・マシーン英語版アッパーモースト英語版ヴォルフガング・ガートナー英語版、そしてZeddがいる。

ダッチ・ハウス[編集]

しばしばダーティ・ダッチというあだ名を付けられるダッチ・ハウスは2009年までにオランダで高い人気を博したエレクトロ・ハウスの一ジャンルである[20]。ラテン音楽の影響を受けたドラムの一式から作られる複雑なリズム、弱いベースライン、キーキーという音、ハイピッチのリードシンセによって概ね定義される。このサブジャンルに対してマッドチェスターヒップホップデトロイト・テクノ、その他のアーバン系の音楽からの影響がある[21]。ダッチ・ハウスに関連するアーティストにはアフロジャックチャッキーフレッド・ル・グラン英語版ハードウェルR3hab英語版シドニー・サムソン英語版スウィッチ (DJ)英語版、そしてティエストがいる。

フィジェット・ハウス[編集]

フィジェット・ハウス、若しくはフィジェットは「掴み取られたヴォーカルの断片、pitch-bentでダーティなベースライン、そして四分の四拍子以上の破綻のあるレイブ式のシンセサイザーの突き刺さる音によって定義される」[22]シカゴ・ハウスボルティモア・クラブ英語版クドゥーロベースライン英語版バウンチー・テクノ英語版レイブUKガラージュヒップホップそしてワールドミュージックからの影響がある[22]。このジャンルの作り手にはザ・ブラッディ・ビートルーツ英語版クルーカーズ英語版デンジャー英語版エルヴェ (DJ)英語版ザ・カウント・アンド・シンデン英語版、そしてスウィッチ (DJ)英語版がいる。フィジェット・ハウスという呼称は、DJやプロデューサーのジェシー・ローズやスウィッチによって「今日では遥か彼方に行ってしまった単なるジョークとして」作られた。フィジェットはダブステップのエレクトロ・ハウスの後を背景に流行し、後には穏健でミッドキックな、或いはサブキックな楽曲に影響を与えた[22][23]

ムーンバートン[編集]

ムーンバートンはダッチ・ハウスとレゲトンを混ぜた音楽である[24]。その特定可能な特徴は「厚くて大きく広がったベースライン、一部の劇的な構造、そしてツーステップ・パルス(速いドラムで一杯になる」が[25]、それは「108bpmの範囲を越えた本当の規則」を持たない[26]。「ムーンバー」と「レゲトン」の混合語、テンポを落としたアフロジャックによるシルヴィオ・エコモ・アンド・チャッキーの楽曲"Moombah"のリミックスがパーティー参加者を喜ばせる為に演奏された時、ムーンバートンはDJ デイヴ・ナダによって作られた[25]。このジャンルの他の製作者は、ディプロディロン・フランシス英語版ムンチ英語版ポーター・ロビンソン英語版がいる[26]

「ムーンバコア」は、ダブステップ、又はドラムステップからの影響によるムーンバートンと[27]、ダッチ・ハウス以外のエレクトロ・ハウスのスタイルである[27]。このジャンルの特徴は、激変するヴォーカル、ダブステップの影響を受けた低音音と広範囲な構造を含む[27]。ムーンバコアを作ったアーティストにはノイシア英語版ジョン・グーチ英語版ナイフ・パーティー英語版、そしてスクリレックスがいる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Lopez, Korina. “Electronic dance music glossary”. USA Today. 2012年5月17日閲覧。 “Electro: 'It's meant so many things in the last 30 years. Originally, it meant futuristic electronic music and was used to describe Kraftwerk and Afrika Bambaataa. Now, it means hard electronic dance music.' Electro can be used as an adjective, such as electro-house and electro-pop.”
  2. ^ a b c Music Definitions - House music : styles”. DJ Cyclopedia. 3345. 2005年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月12日閲覧。 “Electro house : Sometimes resembles tech house, but often influenced by the 'electro' sound of the early 1980's, aka breakdancing music, via samples or just synthesizer usage.”
  3. ^ a b c d e Electro House”. Tumblr. 2012年6月12日閲覧。 “It was in the early 2000s when a big movement of electroclash being mixed with synthpop. Meanwhile, tech house was also becoming more known and gaining some serious buzz. When the two were combined that is when Electro House came to be the way it is now. ... 'Satisfaction' was one of those songs that people would have stuck in their head for days. This song still continues to receive a lot of attention even now. It won world wide rewards as well as make Benny Benassi the father of Electro House.”
  4. ^ a b c d music2electro. “Electro House of Style Music”. HubPages. "Many people want to to find out exactly where did this style of music emerge from. There isn't any factual evidence to prove anything. As with most music history, it isn't certain. ... It is noted that about ten years ago there was a large revolutionary time in electro music being mixed with pop. At the same time tech house was gaining popularity. When the two were mixed that is when Electro House came to be the way it is now." 
  5. ^ Top 100 DJs 2011”. DJMag.com. 2012年6月5日閲覧。
  6. ^ Suhonen, Petri (2011-10-11). “How To Create Electro House Style Bass”. How to Make Electronic Music. http://howtomakeelectronicmusic.com/how-to-create-electro-house-style-bass-with-3xosc 2012年8月17日閲覧。. 
  7. ^ Electro House” (Russian). oXidant. 2012年6月5日閲覧。 “Electro House - это смесь двух стилей Electro и House.”[要高次出典]
  8. ^ Electro House”. Beatport. 2012年12月15日閲覧。
  9. ^ Flat Beat”. Beatport. 2012年6月10日閲覧。
  10. ^ Satisfaction”. Beatport. 2012年6月10日閲覧。
  11. ^ Perfume Interview” (Japanese). bounce.com (2008年2月7日). 2008年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月2日閲覧。 (English translation)
  12. ^ angry. “Eric Prydz - Eric Prydz presents Pryda”. inthemix. 2012年6月5日閲覧。 “But even more defining was the ‘80s aesthetic, one of the key inspirations behind the explosion of electro house in 2005.”
  13. ^ UK Top 40 Hit Database”. everyHit.com. 2012年8月25日閲覧。
  14. ^ Lester, Paul (2011年9月1日). “Skrillex (No 1,096)”. New band of the day. The Guardian. 2012年8月25日閲覧。 “... Skrillex, a 23-year-old electro-house/dubstep producer ...”
  15. ^ a b c Barboza, Trenton. “What is Complextro? An Emerging Genre Explained”. Voices. Yahoo!. 2012年6月25日閲覧。 “The genre's name is a combination of the words 'Complex' and 'Electro' creating 'Complextro.' Producing this form of music is incredibly intricate and often requires a large amount of instruments that are layered close to each other within a piece of music sequencing software. This often results in a glitch, giving the genre its unique feel. ... Complextro is slowly gaining worldwide popularity due to high profile electronic producers such as Skrillex, Porter Robinson, and Crookers.”
  16. ^ a b Nutting, P.J. (2011年4月21日). “Electronic Music... through 18-year-old eyes”. Boulder Weekly. 2012年6月25日閲覧。 “Like conducting for a punchy electro orchestra, each 'instrument' gets a moment of focus before leaping to another, uniting them all in a compelling way. YouTube generation musicologists have dubbed this sound 'complextro' (a mash-up of 'complex' and 'electro') ...”
  17. ^ a b Tweet by Porter Robinson”. 2013年12月12日閲覧。 “when i made [the word 'complextro'], i wanted a portmanteu to describe my sound. complex+electro=complextro. it has since became the name of the style:)”[リンク切れ]
  18. ^ Porter Robinson: Skrillex's Best Advice - Lollapalooza 2012 - YouTube”. YouTube (2012年8月6日). 2012年12月5日閲覧。
  19. ^ Hurt, Edd (2012年6月28日). “Electro wunderkind and self-described 'complextro' Porter Robinson recognizes no technological constraints”. Nashville Scene. 2012年7月28日閲覧。
  20. ^ Dutch House Music”. 2012年8月19日閲覧。
  21. ^ Dirty Dutch (2012年7月17日). “Dirty Dutch moves from RAI to Ziggo Dome”. 2012年8月3日閲覧。 “Known for their fusion of musical genres such as house, hip-hop, electro, urban and techno showcasing both Dutch and internationally acclaimed artists alike, the Dirty Dutch events have escalated to accommodate the huge demand, consistently selling out to tens of thousands of partygoers.”
  22. ^ a b c McDonnell, John (2008年9月8日). “Welcome to the fidget house”. Music Blog. The Guardian. 2012年6月26日閲覧。 “... fidget house - a joke term made up a few years ago by Switch and Jesse Rose. ... Fidget producers like to think of themselves as global music connoisseurs, hand-picking bits from genres such as Chicago house, rave, UK garage, US hip-hop, Baltimore club, Kuduro and other 'authentic' world music genres.”
  23. ^ Jesse Rose Interview”. DJMag.com. 2012年6月26日閲覧。 “We came up with 'fidget house' as a joke, which has now gone a little too far.”
  24. ^ Yenigun, Sami (2011年3月18日). “Moombahton: Born In D.C., Bred Worldwide”. The Record. NPR Music. 2012年8月25日閲覧。 “... Moombahton is a cross between Dutch house music and reggaeton.”
  25. ^ a b Fischer, Jonathan L. (2010年12月24日). “Our Year in Moombahton: How a local DJ created a genre, and why D.C.'s ascendant dance scene couldn’t contain it”. Washington City Paper. 2011年11月17日閲覧。 “The sound has a few basic identifying characteristics: A thick, spread-out bass line; some dramatic builds; and a two-step pulse, with quick drum fills.”
  26. ^ a b Patel, Puja. “Hot New Sound: Moombahton Goes Boom!”. Spin. 2012年2月16日閲覧。 “Nada says Moombahton has 'no real rules beyond working within a 108 bpm range.' ... Munchi, a 21-year-old Dutchman who released heavily club-influenced Moombahton tracks ...”
  27. ^ a b c Moombahcore”. Freaky Loops. Loopmasters. 2012年8月25日閲覧。 “The sound proved irresistible on the dance floor – slow and sexy like reggaeton, but hard-edged like electro house even dubstep at the same time. ... Characteristics of the Moombahcore; chopped vocals, monster dubstep basses, extended and enhanced build-ups and the introduction of fat kicks and percussion elements.”