2NE1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2NE1
}
基本情報
出身地 韓国の旗 韓国ソウル市
ジャンル K-POPエレクトロ・ポップダンス・ポップ
活動期間 2009年5月17日 -
レーベル YGエンターテインメントYGEXエイベックス・グループ
事務所 YGエンターテインメント
共同作業者 BIGBANGウィル・アイ・アム
メンバー
CL
ダラ
ボム
ミンジ
2NE1
各種表記
ハングル 투애니원
発音: トゥエニウォン
日本語読み: とぅえにぃわん[1][2]
文化観光部2000年式
MR式
tu-aeniwon
T'u-aeniwŏn
テンプレートを表示

2NE1(トゥエニィワン、発音:to anyone[3]またはtwenty-one[注釈 1])は韓国ポップ女性グループ。2009年YGエンターテインメントによって結成された。グループ名は21英語発音を利用した変容体で、NEは「New Evolution」の略字[4]、「21世紀の新しい進化」を意味する[5]

2009年にBIGBANGとのデジタルシングル「Lollipop」で韓国の音楽シーンに登場した。同年5月6日、シングル「Fire」で公式にデビューした。現在までに、「Fire」「I Don't Care」「Follow Me」「Go Away」「Can't Nobody」「Clap Your Hands」「I Am The Best」「I LOVE YOU」「MISSING YOU」「COME BACK HOME」の10曲が韓国のチャートで1位を獲得している。

メンバー[編集]

  • 芸名の欄のソートボタンは仮名の50音順。
芸名

仮名

ハングル

  ローマ字
本名

ハングル

ローマ字
誕生日 / 年齢 身長 体重 血液型 宗教 特技 趣味 好きな色
ボム ボム/Bom 박 봄 Park Bom 1984年03月24日
(30歳)
165cm 45kg AB型 キリスト教 英語
日本語
ピアノ
フルート
チェロ
音楽鑑賞
ピンク
ダラ 다라 ダラ/Dara 박 산다라 Park Sandara 1984年11月12日
(30歳)
162cm 40kg A型 無宗教 演技
フィリピン語
英語
中国語
音楽鑑賞
インターネット
ピンク
オレンジ
黄色
CL 씨엘 CL/CL 이 채린 Lee Chae rin 1991年2月26日
(23歳)
162cm 45kg A型 天主教 フランス語
英語
日本語
作詞
ミンジ 민지 ミンジ/Minzy 공 민지 Gong Min ji 1994年1月18日
(20歳)
161cm 44kg O型 キリスト教 中国語
日本語
音楽鑑賞
作詞
作曲の勉強
ピンク
水色

歴史[編集]

グループの結成は2008年後半にYGのプレスによって言及された。同社代表のヤン・ヒョンソクは同年4月30日に、「早ければ7月頃に女性3人組グループを正式にデビューさせる」「新しいグループは、パク・ポムをはじめ韓国舞踊家コン・オクジンの孫娘であるコン・ミンジと大衆歌謡マニアの間ではすでに話題のCLの3人で構成される予定」と述べた。また、既存の女性グループとは異なったイメージを押し出すとして、「女性版BIG BANG」を誕生させると宣言した[6]。後に同社はグループはパク・サンダラを加えた4人組で2009年5月頃にデビューすると発表した[7]。また、メンバーがデビューの為に4年間のレッスンをした事や、デビューアルバムはテディ・パクがプロデュースを担当することも同時に発表された[7][8][9]。グループ名は当初「21」と発表されていたが、同名の歌手がいることが発覚すると、すぐに「2NE1」に改められた[10]。レッスン生時代にダンスの先生候補にダンサーでソロ歌手でもあるキム・ソリの名前があったがスケジュールが詰まっていて断っている事を青春不敗で告白している。このことにキム・ソリは今でも後悔している。

2009年:デビュー[編集]

2009年3月27日、同じレーベルに所属するBIG BANGとのデジタルシングル「Lollipop」が発売された[7]。同シングルはLG電子の携帯電話のコマーシャルソングとして起用された。CMとミュージックビデオは同年3月28日に公開された[11]。シングルはプロモーションシングル(広告に起用された楽曲の為、ネットワークチャートへの適合に関する問題が浮上した[12])ではなかったが、様々なオンラインチャートで1位を獲得し[12]、音楽専門チャンネルのMネットオンラインチャートでは4週連続1位を記録した[13]

YGのCEOヤン・ヒョンソクはグループのデビューシングルはレゲエ/ヒップホップ調で、それが2009年5月9日にデジタルシングルとして発売されると発表した[14]。そのデビューシングル「Fire」はテディ・パクが作詞作曲し、プロデュースも手がけている[15]。同年5月1日に公式サイトでシングルのミュージックビデオが20秒だけ公開された。ミュージックビデオは"スペース編"と"ストリート編"の2つのヴァージョンがあり、どちらも5月6日に初公開された[16] 。ビデオは1日で100万回以上の再生を記録した[17]。公開数日で国内の複数のオンラインチャートで1位を獲得し、最短期間1位独占記録を塗り替えた[18]。同年5月17日にSBSの番組『人気歌謡』でシングルを初披露した[19]。そして、グループは活動を本格的に開始した。

デビューシングル「Fire」はMネットのオンラインチャートだけでなく、インターネット検索でも首位を獲得。シングルとグループはオンラインを中心に人気を獲得するようになった[20]。Cyworld Digital Music Awardsで「Lollipop」「Fire」がSong of the Monthを獲得、グループは新人賞を受賞した[21]

同年6月14日放送回のSBSの番組『人気歌謡』に出演し、Mutizen賞を受賞。21日放送回で2度目のMutizen賞を受賞[22]。その2日後に、スポーツ衣料ブランドFILAとの契約を結ぶ。デビュー数ヶ月の新人が大手ブランドと契約を結ぶのは異例のことである[23]

同年7月1日に2枚目のシングル「I Don't Care」を発売[24]。YGのCEOヤン・ヒョンソクは、歌がより優しく女性らしいイメージだと明かした[25]。同シングルのレゲエ版はSBSの番組『人気歌謡』で披露した。グループは年末の様々な音楽賞で、新人賞と楽曲賞を受賞した[24]

2010年:グループ活動への復帰と『To Anyone』[編集]

2010年2月9日に、デジタル配信限定で「Follow Me」を発売。サムスンコービーフォルダのテーマ曲として起用された[26]。同年夏にカリフォルニア州ロサンゼルスで、アメリカデビューの為のレコーディングをした。ブラック・アイド・ピースウィル・アイ・アムと全10曲をレコーディングした[27]。YGのCEOヤン・ヒョンソクはブラック・アイド・ピースの世界ツアーが終わった後と2NE1の韓国と日本での活動の後の2011年あたりにアメリカデビュー予定であると発表した[28]

同年9月9日、グループ初のスタジオアルバム『To Anyone』を発売し、商業的に大成功を収めた[29]。アルバムには3曲のシングルとその他12曲が収録されている。アルバムの宣伝の為、グループは音楽番組に計11回出演した。

同年10月21日、「It Hurts (Slow)」を発売[30][31]。SBSの番組『Inkigayo』で初めて披露された。シングルのミュージックビデオは過去にBIG BANGのG-DRAGONの「バタフライ」も手がけたキム・ヘジョンが監督を務めた。ビデオは11月1日に公開され、ハロウィンをテーマにしていることが明かされた[32]

同年10月28日、日本での所属レーベルがエイベックス・グループに決定したことや12月8日に『To Anyone』が日本で発売されることが発表された。しかし、発売は延期された[33]。そこで、タイで10月28日に発売された[34]。グループは"タイのファンへの特別なプレゼント"として「Don't Stop the Music」をタイで発売した[35]

2011年:国際的な活動と韓国音楽界復帰[編集]

当初、グループの日本デビューは2010年12月に予定されていたが、2011年春に延期された。また、ブラック・アイド・ピーズ(以下BEP)のウィル・アイ・アムのプロデュースによってアメリカ進出する予定だが、BEPのアルバム『ザ・ビギニング』が発売される為、アメリカ進出の予定は若干変更される[36]

1月19日に「Can't Nobody(英語版)」の着うた着信メロディ配信[37]2月2日iTunesでの発売が開始された。 そして、2月22日にエイベックスが2NE1の日本デビューの詳細を発表し、デビュー・シングルとして「Go Away」が発売される事を明かした。3月16日にグループ初のEP『2NE1』が発売され[38]オリコンチャートで初登場及び最高24位を記録した[39]。グループの日本公式デビュー・ライブとして3月11日に『ミュージックステーション』への出演が予定されていたが、当日に東日本大震災が発生し、放送が中止になった[40] 。グループは韓国に帰国後、他の韓国の有名人と同様に震災支援活動“Pray for Japanキャンペーン”に参加した[41]

4月18日、韓国音楽界復帰作となるミニ・アルバム『2nd Mini Album』による活動を発表[38]6月24日にパク・テディによってプロデュースされたシングル「I AM THE BEST(私が一番イケてる)」を発表した。7月21日に、「HATE YOU」(当初の題名は「Fack You」だった)のアニメーションからなるミュージック・ビデオが公開された。ポップアーティストのマリ・キムとキム・グァンウンが監督を務めた。日本バージョンは一部を修正して8月に公開された。 このバージョンを見た日本の嫌韓派ネットユーザが、映像に登場する爆破場面が福島第一原子力発電所事故、怪物が日本を比喩し、侮辱したものだとして批判したが、その後、キム監督は自身のホームページに「グローバル時代に偏見を持って感情に偏って無分別的に批判している」となかば呆れ気味のコメントを掲載した。[42]

7月28日に、シングル「UGLY」とそのビデオを公開。アルバムから発表されたこの3曲は全て韓国の主要チャートで首位を獲得した。

9月19日から、初の日本ツアー「2NE1 1st Japan Tour "NOLZA in Japan"」に乗り出した。神奈川・横浜アリーナを皮切りに兵庫、千葉と3箇所を回り、6公演を行う[43]。全公演で7万人を動員し、これは韓国人アーティストのデビュー・ツアーとしては最多となる[44]

9月21日に日本で発売したミニアルバム「NOLZA」は10月3日付けのオリコンアルバムチャートで1位を獲得。

10月19日から10月25日の5日間、オークション会社「(株)クラウンジュエル」にて、2NE1自身の韓国ツアーグッズTシャツ4枚それぞれに、メンバー直筆のサインを入れチャリティーオークションを開催した。 多数の参加者より447件の入札、最高額255500円にて落札された。また、売上金すべてが「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 東北関東大震災 被災者支援」に全額寄付された。東日本大震災の当日、日本で同じく地震の状況を経験したメンバーの"日本の皆さんの力になれれば"という想いから実現した。

2012年:ワールドツアー『NEW EVOLUTION』[編集]

7月28日から、ソウル公演を皮切りに日本やアメリカをまわるグローバル・ツアー『NEW EVOLUTION』を開催。約20万人の観客を動員した。8月17日と24日にそれぞれアメリカ・ニュージャージーとLAで計1万4000人の観客を動員し、8月31日から9月30日に渡って開催された日本ツアーでは12万人の観客を動員した。2NE1は8月に行われたアメリカ公演を通じて、韓国ガールズグループとしては初めてビルボードの公演実績集計チャートであるカレントボックススコアで29位にランクインした。このほか、台湾・台北、インドネシア・ジャカルタ、シンガポール、マレーシア・クアラルンプールなど、7ヶ国11都市で全11回の公演を開催した。 今回の2NE1のグローバルツアーには、故マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」のコンサート振付師だったトラヴィス・ペインが演出家として参加し、ビヨンセのツアーバンドのリーダーだったディビニティ・ロックスが携わっている。また、アメリカの有名ステージデザイナーマイケル・コットンが2NE1のステージのデザインを担当した。

2013年~:CLのソロデビューとアルバム発売&2度目のワールドツアー[編集]

5月28日に、CLが「悪い子(THE BADDEST FEMALE)」でソロデビュー。MVにはBIGBANGのG-DRAGONやSOLが出演し話題を集めた。 このあと2NE1として、7月から4ヶ月連続でカムバックするとされていたが、スケジュールの変更によって、2013年に3回、2014年にもう1回ということになった。第1弾として、7月8日に、「Falling in Love」をリリースした。この曲は、レゲエジャンルの曲で2NE1にはいままでなかった新しいかたちの曲である。つづく8月5日には第2弾楽曲である「DO YOU LOVE ME」のミュージックビデオを公開。このミュージックビデオは済州島で撮影されたメンバー制作のホームビデオのような作品である。8月7日には、音源と振り付け映像を公開し、音源は韓国主要チャートを独占した。また、8月9日には、2010年10月の「CLAP YOUR HANDS」「CAN'T NOBODY」「GO AWAY」の活動以来、約3年ぶりとなるミュージックバンクへの出演を果たした。11月21日、第3弾となるバラード楽曲「MISSING YOU」を公開。公開と同時に瞬く間に9つの主要音楽配信サイトの1位を席巻し、週間チャート1位にまでなった。「Mcountdown」「音楽中心」「人気歌謡」で1位を獲得した。年が明けて、2014年1月15日、所属事務所の公式ブログにて2度目のワールドツアーとニューアルバムのタイトルが発表された。[45]

2014年2月26日、アルバム『Crush』がリリース。同アルバムはアメリカで発売初週に5,000枚を売り上げ、Billboard 200チャートで61位にランクインした。K-POPのアルバムとしては過去最高の記録である。[46]

2014年7月1日、メンバーのパク・ボムが覚せい剤の一種であるアンフェタミンを密輸入しようとし、仁川空港税関に摘発された[47]

音楽性とイメージ[編集]

音楽性[編集]

デビューEP『2NE1』の収録曲はそれぞれ音楽性が異なっている。例えば、「Lollipop」はストロングポップで「Fire」はヒップホップに分類される。「I Don't Care」はレゲエの要素を含む[48]。1枚目のスタジオアルバム『To Anyone』は電子音楽へのシフトを感じさせると批評された。最も成功したアルバムからのプロモーションシングル「Go Away」はダンスミュージックに分類される[49]。しかし、「It Hurts (Slow)」はEP『2NE1』に収録されたのと同じようなR&Bである[50]

2NE1の音楽主題は"独立"と"女性の利権拡大"である。「Go Away」「I Don't Care」は、その2つのテーマがよく反映されている[51]

イメージ[編集]

YGエンターテインメントの代表ヤン・ヒョンソクは2NE1のデビュー前、「女性版BIG BANG」というイメージを提示した[6]。これは、デビュー後もグループのイメージを表現するものとして、各メディアが使用している。2NE1は「独特で、刺々しいスタイル」で知られている[52]。デビューシングルが話題になっている間は典型的な"ヒップホップ・ウォリアー"で有名だったが、「I Don't Care」でそのイメージを"強い、女性らしい女性"[24]に変えた。「It Hurts (Slow)」のミュージックビデオでは、全員が黒い服装[53]に変わった鬘を被って[54]、ゴシックなイメージを押し出した。

メンバーはそれぞれ独特の女性らしさと可愛らしいイメージを持っている[55]。彼女らは、韓流の一部と考えられており、国際的なスターだと見なされている[56]。グループの公式イメージカラーはホットピンク。グループの公式ファンクラブ名は「ブラックジャック」である。

影響[編集]

メンバーがそれぞれ違う人物から影響を受けたと公言している。リードボーカルを務めるパク・ボムはアメリカ合衆国の歌手ビヨンセマライア・キャリーのボーカルと強力なパフォーマンスに大きな影響を受けたと述べた。彼女はヒップホップとR&Bを大好きな音楽ジャンルとして挙げている[57]。最年少のコン・ミンジはマイケル・ジャクソン[58]、リーダーのCLは音楽プロデューサーテディ・パクマドンナローリン・ヒルを手本としていると明かしている[59]。サンダラ・パクは歌手で女優のオム・ジョンファが自身のインスピレーションになっており、フィリピンの歌手リジン・ベラスケスを尊敬していると発言している[58]

ディスコグラフィー[編集]

  • 2NE1(EP)(2009年)
  • To Anyone(2010年)
  • Nolza(2011年)
  • Crush(2014年)

メディア出演[編集]

CM・広告[編集]

  • Fila
  • LG Lollipop
  • Baskin Robbins
  • Samsung Corby F
  • Adidas
  • Nikon
  • 11st
  • Etude House
  • CJ Corporation
  • Samsung Nori
  • Yamaha Fiore
  • Me2Day
  • Beanpole Jeans
  • Mabinogi
  • Cass
  • Sudden Attack
  • Nintendo Wii
  • Intel Ultrabook
  • Chrome Hearts
  • Clio
  • Maybelline NY

テレビ番組[編集]

  • 2NE1 TV(2009年 - 2011年)

受賞歴[編集]

デビューシングル「Fire」とそのパフォーマンスは型破りで印象的だった。同曲は音楽番組『ミュージックバンク』で毎週何らかの賞を受賞した。「Fire」は月間賞と2010年5月度新人賞を受賞した。2枚目のシングル「I Don't Care」はMnet Asian Music Awardsの年間楽曲賞、Cyworld Digital Music Awardsのトップセールス・アーティスト賞、優秀新人グループ賞、Bonsang賞、優秀楽曲賞を受賞した。グループは2009年ゴールデンディスク賞の人気賞、新人賞、デジタル音源本賞にノミネートされた。メロン・ミュージック・アワードでは韓国の最高新人賞し、ベストアーティスト10に入った唯一の新人グループだった。GQ賞では、今年のステージ、今年のアルバム、今年の楽曲賞を獲得。2009年のリズマー賞で「I Don't Care」が年間新人賞、年間R&Bアーティスト賞、年間R&Bシングル賞、1枚目のミニアルバムが年間R&Bアルバム賞を受賞した。2010年のMnet Asian Music Awardsで今年の歌手賞、女性グループ賞、『To Anyone』が今年のアルバム賞、「Can't Nobody」がミュージックビデオ作品賞を受賞した。彼女らはMAMAの歴史で初めてそれらの賞を受賞した女性歌手グループになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ to anyone」と「twenty-one」はアメリカ英語では発音は同じで、綴り字ハングルと異なるだけである。

出典[編集]

  1. ^ “2NE1”. WOW!Korea. http://www.wowkorea.jp/profile/400230.html 
  2. ^ “PROFILE” (日本語). 2NE1 avex official website (エイベックス・グループ). http://www.avexnet.or.jp/2ne1/profile.html 2010年12月20日閲覧。 
  3. ^ 여자 빅뱅, '21(To Anyone)'으로 공식명칭 확정” (朝鮮語). Keywui.com. 朝鮮日報 (2009年3月27日). 2009年5月22日閲覧。
  4. ^ “2NE1” (日本語). MTV WORLD STAGE VMAJ 2010 (MTV). (2010年). http://www.mtvjapan.com/vmaj/2ne1?keepThis=true&TB_iframe=true&height=400&width=650 2010年12月20日閲覧。 
  5. ^ 2NE1 Comes Out on Top at Music Bank”. コリア・タイムズ (2009年7月18日). 2010年12月14日閲覧。
  6. ^ a b (日本語)ヤン・ヒョンソク“7月に女性版<BIG BANG>誕生する”WoW!Korea、2008年5月2日
  7. ^ a b c (朝鮮語) Park, Kyeong-eun. ‘여자빅뱅’ 5월 초 데뷔, 新 여자아이돌 대 격돌 ("Female Big Bang" Debut in May, Female Idol Groups Crash (Together)). Good Day Sports. March 25, 2009. Retrieved 2009年5月6日
  8. ^ (朝鮮語) Hong, Jae-hyeon. 여자 아이들그룹 ‘3차 대전’ ‘애프터스쿨’·YG 3인조… ‘불꽃경쟁’ (Female Idol Groups, Three of Them in War: "After School" - "YG's Trio"...Flower War). DongA.com. January 6, 2009. Retrieved May 6, 2009.
  9. ^ (朝鮮語) Kim, Hyeong-woo. 여자빅뱅 5인조 결정 ‘산다라박 합류’ (Female Big Bang Now 4-Member Group, "Sandara Park Included"). Newsen. January 21, 2009. Retrieved May 6, 2009.
  10. ^ (朝鮮語) Lee, Hyae-rin. YG "원조 21에게 미안, '여자빅뱅' 이름 2NE1로 교체" (YG "We apologize to original '21' and Have Changed the Name to 2NE1!! Please forgive us!"). Asia Economy. March 30, 2009. Retrieved May 6, 2009.
  11. ^ (朝鮮語) Lee, Duna. '여자빅뱅' CF통해 모습 공개한다 ("Female Big Bang" First Shown Through Commercial). uKopia. March 26, 2009. Retrieved May 6, 2009.
  12. ^ a b (朝鮮語) Im, I-rang. 빅뱅-2NE1 '롤리팝', CM송 최초 가요프로 1위 될까? (Big Bang-2NE1 "Lollipop", First Commercial Song to Hit #1 on Network Music Shows?). MyDaily. April 17, 2009. Retrieved May 7, 2009.
  13. ^ (朝鮮語) Kim, Hyeong-woo. 빅뱅-2NE1 ‘롤리팝’ 엠넷차트 4주연속 1위 기염 (Big Bang-2NE1 "Lollipop" M-Net 4-Week #1). Joins.com/Newsen. April 28, 2009. Retrieved May 6, 2009.
  14. ^ (朝鮮語) 양현석 "2NE1 데뷔곡은 레게풍 힙합곡" (Yang Hyeon-seok "2NE1's Debut Song is Reggae/Hip-Hop Song"). SBS News. April 30, 2009. Retrieved May 6, 2009.
  15. ^ (朝鮮語) 신예 여성그룹 2NE1, 첫 타이틀곡 `파이어` 발표 (New Female Group 2NE1, First Single "Fire" Released). Korea Economic Daily. May 7, 2009. Retrieved May 7, 2009.
  16. ^ (朝鮮語) 2NE1, 두 가지 버전의 `파이어` 뮤비 공개 (2NE1, 2 Version of "Fire" Video Released). Hankyung. May 7, 2009. Retrieved May 6, 2009.
  17. ^ (朝鮮語) Park, Sae-yeon. 2NE1, 2009 최고신인 되나? ‘파이어’ M/V 1백만 클릭 ‘대박’ (2NE1, 2009 Best New Group? "Fire" Music Video Receives 1 Million Clicks, "Huge Success"). JoongAng Ilbo/Newsen. May 7, 2009. Retrieved May 6, 2009.
  18. ^ “【韓流】2NE1、新曲公開2日目でオンラインチャート独占”. excite. (2009年5月9日). http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20090509/Searchina_20090509053.html 
  19. ^ (朝鮮語) Park, Yeong-woong. 2NE1, 뮤비 공개 하루만에 2백만 조회…17일 첫 무대 (2NE1, Music Video Debut Has 2 Million Views...17th is First Performance). MyDaily. May 7, 2009. Retrieved May 6, 2009.
  20. ^ (朝鮮語) Kim, Heejung. 2NE1, 가요계에 돌풍 일으키나? (2NE1, a K-Pop Blast?). Korea Economic Daily. June 1, 2009. Retrieved June 3, 2009.
  21. ^ (朝鮮語) Lee, Hyae-rin. 2NE1, 디지털 뮤직어워드 3관왕 기염① (2NE1, 3-Time Digital Music Award Winners). Asia Economy. June 10, 2009. Retrieved June 10, 2009.
  22. ^ (朝鮮語) Lee, Na-Young. 2NE1, 이번에는 광고계 접수한다! '억대모델 발탁' (2NE1, This time they're taking over the advertising industry). Today Korea. June 16, 2009. Retrieved June 16, 2009.
  23. ^ “<2NE1> FILAとモデル契約”. WOO!Korea. (2009年6月17日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2009/0617/10058668.html 
  24. ^ a b c (朝鮮語) Kim, Hyeong-wu. 2NE1 아이돈케어 ‘힙합전사에서 귀여운 여인 깜짝 변신’ (2NE1's "I Don't Care" "Swift Change from Hip-Hop Warriors to Sweet Girls"). IS Plus/Newsen. July 1, 2009. Retrieved September 4, 2009.
  25. ^ (英語) 2NE1 Comes Out on Top at Music Bank. The Korea Times. July 18, 2009. Retrieved September 4, 2009.
  26. ^ (朝鮮語) Park, Se-yeon. 2NE1 오늘(9일) 게릴라 신곡 깜짝공개 ‘날 따라 해봐요’ (2NE1 Releases "Guerilla" Surprise Single "Please Follow Me" Today (the 9th)). JoongAng Ilbo/Newsen. February 9, 2010. Retrieved February 8, 2010.
  27. ^ Oriental whirl: American debut for 2NE1”. New Straits Times (2010年9月19日). 2010年10月11日閲覧。
  28. ^ 2NE1 Eyeing Out the US Market”. KBS Global. Korea Broadcasting System (2010年8月17日). 2010年11月13日閲覧。
  29. ^ 2NE1 9월9일 ‘트리플타이틀’로 출격” (Korean). Newsen (2010年8月17日). 2010年8月20日閲覧。
  30. ^ (朝鮮語) Park, Mi Yae (2010年10月23日). “양현석 "2NE1 후속곡..할로윈 공개" 호기심” (Korean). SPN. eDaily. 2010年10月23日閲覧。
  31. ^ 2NE1 후속곡 아파” (Korean). YG Life. YG Entertainment (2010年10月30日). 2010年10月29日閲覧。 [リンク切れ]
  32. ^ 2NE1 - 아파 뮤직 비디오” (Korean). YG Life Blog. YG Entertainment (2010年11月1日). 2010年10月31日閲覧。
  33. ^ 【リリース情報】『TO ANYONE』2010.12.8 in stores” (Japanese). Avex Network. Avex Group (2010年10月28日). 2010年10月28日閲覧。
  34. ^ 2NE1 Vol. 1 - To Anyone (Thailand Version)”. YesAsia.com. YesAsia.com LTD. 2010年10月30日閲覧。
  35. ^ สี่สาวเปรี้ยวซ่า 2NE1 เตรียมส่งซิงเกิลพิเศษ “Don't Stop The Music” เพื่อแฟนไทยโดยเฉพาะพร้อมฟังก่อนใครในโลก!! 26 พฤศจิกายนนี้ ทุกคลื่นวิทยุทั่วประเทศ. กระแสตอบรับดี โอกาสเจอ 2NE1 ยิ่งมาก!!” (Thai). Pingbook Entertainment. Pingbook Network (2010年11月25日). 2010年11月25日閲覧。
  36. ^ Yang Hyun Suk (2010年12月30日). “From YG”. YG Life. YG Entertainment. 2010年12月29日閲覧。
  37. ^ CAN'T NOBODY (English Version) レコチョクにて独占先行配信開始!” (Japanese). 2NE1 Avex Official Website. Avex Group (2011年1月19日). 2011年1月21日閲覧。
  38. ^ a b Gil, Hye-seong (2011年3月16日). “양현석 "2NE1, 日안정되면 언제든 활동OK..韓활동먼저"” (Korean). Nate News. SK Communications. 2011年4月2日閲覧。
  39. ^ アルバム 週間ランキング” (Japanese). Oricon Style. Oricon Inc. 2011年3月22日閲覧。
  40. ^ テレビ朝日「MUSIC STATION」オンエア中止のお知らせ” (Japanese). Avex Official Website - 2NE1. Avex Group (2011年3月11日). 2011年3月11日閲覧。
  41. ^ 스타들의 "Pray for Japan" 릴레이가 시작되었습니다!” (Korean). Naver. NHN Corp. 2011年4月2日閲覧。
  42. ^ 2NE1 일본비하 논란…“무분별 디스 어이없어 Hate You!”[1]
  43. ^ “2NE1、初のジャパンツアー追加公演決定” (日本語). オリコン. 東京都. (2011年7月26日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2000166/full/ 2011年9月23日閲覧。 
  44. ^ “2NE1、初の日本ツアーで7万人動員” (日本語). オリコン. 東京都. (2011年9月20日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2001953/full/ 2011年9月23日閲覧。 
  45. ^ 2NE1が帰ってくる!ワールドツアー&ニューアルバムのタイトル公開
  46. ^ 2NE1 Sets New U.S. Record for Highest-Charting, Best-Selling K-Pop Album With 'Crush'”. ビルボード (2014年3月5日). 2014年3月6日閲覧。
  47. ^ 仁川聯合ニュース 2014/07/01 17:13 「2NE1のBOM 4年前に覚せい剤密輸容疑=立件猶予」[2]
  48. ^ Moon, Wan-sik (2009年7月1日). “2NE1 첫 미니 타이틀 'I don’t care’ 1일 전격 공개” (Korean). Star News. MoneyToday. 2010年11月13日閲覧。
  49. ^ Park, Yeong-ung (2010年9月10日). “'컴백' 2NE1, 댄스 타이틀곡 '고 어웨이' 뮤비 공개” (Korean). Star News. MoneyToday. 2010年11月13日閲覧。
  50. ^ Mun, Wan-sik (2010年10月31日). “'인기가요' 2NE1, 후속곡 '아파' 첫선 '4人4色'” (Korean). Star News. MoneyToday. 2010年11月13日閲覧。
  51. ^ Park, Yeong-ung (2010年11月4日). “가을 가요계는 女풍..쿨한 이별노래로 맞대결” (Korean). Star News. MoneyToday. 2010年11月13日閲覧。
  52. ^ Rating the Latest Idol Group Comebacks”. KBS Global. KBS (2010年11月15日). 2010年11月16日閲覧。
  53. ^ Park, Yeong-ung (2010年11月1日). “산다라박의 눈물..2NE1 '아파' 뮤비 공개” (Korean). Star News. MoneyToday. 2010年11月13日閲覧。
  54. ^ Song, Yeong-won (2010年11月13日). “★처럼 이미지 변신하고 싶다면? '패션가발'을 활용해라!” (Korean). Nate News. SK Communications. 2010年11月13日閲覧。
  55. ^ Kil, Hye-seong (2010年10月9日). “산다라박·민지, '음중' 스페셜MC 깜찍 매력 발산” (Korean). Star News. MoneyToday. 2010年11月13日閲覧。
  56. ^ Jeon, Yeong-seon (2010年11月12日). “아이돌 그룹의 변천사, ‘20년 역사가 있기에 미래는 밝다!'” (Korean). Nate News. SK Communications. 2010年11月13日閲覧。
  57. ^ Park, Mi-ae (2009年5月22日). “박봄, "가수 꿈 위해 유학도 포기했어요~"” (Korean). eDaily SPN. eDaily. 2010年11月6日閲覧。
  58. ^ a b Park Yeong-ung (2010年10月13日). “"박봄은 비욘세?"..2NE1이 밝힌 롤모델은?” (Korean). Star News. MoneyToday. 2010年11月13日閲覧。
  59. ^ Park, Mi-ae (2009年5月22日). “CL, "데모 테이프 들고 무작정 YG 문 노크"” (Korean). eDaily SPN. eDaily. 2010年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]