オム・ジョンファ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オム・ジョンファ
オム・ジョンファ
各種表記
ハングル 엄정화
漢字 嚴正化
発音: オム・ジョンファ
ローマ字 UHMJUNGHWA
テンプレートを表示

オム・ジョンファ1971年8月17日 - )は、大韓民国忠清北道堤川市出身の歌手女優である。身長164cm、体重48kg、血液型A。未婚。俳優のオム・テウンは実弟。渾名は韓国のマドンナ韓国歌謡界の女王など。

来歴[編集]

原州北原女子高卒業後、ソウルへ上京し、1989年11月にMBC合唱団へ入団。1993年、映画『風の吹く日はアックジョンへ行かなくちゃ』でデビュー。同年、第1集アルバムをリリースし、本格的に芸能活動を開始。1996年リリースの2集では『天だけが許した愛』がヒット。1998年の4集ではジョンファ頭と呼ばれるおかっぱ風のヘアスタイルが女性の間で広まるなど、音楽だけでなくファッションリーダーとしても注目を浴びるようになった。近年は音楽活動よりも女優業に意欲的で、2002年以降は毎年映画やドラマに出演している。2005年は出演した2本の映画がほぼ同時期に公開された。2007年8月にはランジェリー・ブランド「ZUHM in New York」を立ち上げるなど、現在は事業家としても活動している。

なお、日本で活動はしていないものの、本人公認のファンクラブ『Temptation Japan』がある。

人物[編集]

  • コンサートや歌謡番組出演の際、激しいダンスを伴う曲では殆どがリップシンクであるが、これは本人も認めている。また、視聴者や観客も、そういった曲の場合は歌よりダンスが目的であることから、特に批判は起こっていない。8集「SELF CONTROL」以降は他の歌手と同様、実際にスタジオで歌唱を披露している。
  • 韓国では化粧をしていないと誰だか分からない芸能人1位に選ばれたこともあるが、美容整形の経験を包み隠さず公言するなど、基本的に開けっ広げな性格である。
  • 芸能活動が10数年に及び、活動範囲も多岐に渡ることから、年代によって彼女に対する見方に差異があると言われている。それを示す表現として、「10代のファンはオム・テウンの姉さんとして、20~30代のファンは女優オムジョンファとして、40代のファンは歌手オムジョンファとして彼女を認識している」という言葉がある。
  • ファンを大事にするという彼女の姿勢を受け、日韓のファンクラブでは入会費・年会費の類を徴収していない。また、ファンクラブが主催するファンミーティングを兼ねたバースデーパーティについても、一人一人とより身近に接したいとする本人の考えから、参加者を100名程度(抽選)に限定。加えて、参加費も日本円で約1000円程度にするなど、半ばボランティア的な形で行われている。
  • 韓国のファンクラブが管理運営する公式サイト『ilovejunghwa.com』(下記外部リンク参照)は、Profile以外のコンテンツは全てIDとパスワードによるログインをしないと閲覧出来ない仕組みになっているが、そのIDを取得するためには住民登録番号が必要となるため、原則として韓国人以外は閲覧不可である。
  • ファンクラブ『Temptation』のことを「テンプテーション」ではなく、なぜか「テムテイション」と発音しており、CDなどにもハングルで「テムテイション」と記載している。
  • かつて、短期間ながら米国に住んでいたことから、英語が堪能である。

作品[編集]

オリジナルアルバム[編集]

ベストアルバム[編集]

DVD[編集]

  • Live Concert (2002年)
  • Uhmjunghwa '93-04' BEST Music Video (2005年)

VCD[編集]

  • 千年の誘惑 LIVE CONCERT MUSICVIDEO CD (1999年)
  • Cyber Eroticus Live Concert 1 (2000年)
  • Cyber Eroticus Live Concert 2 (2000年)

著書[編集]

  • オム・ジョンファのニューヨーク日記-ISBN(13):9788915057340 (2007年)

出演[編集]

ドラマ[編集]

  • 姉妹 (MBC 1993年)
  • グッドモーニング、ヨンドン (SBS 1993年)
  • ポリス 〜愛と追憶の果てに〜 (KBS 1994年)
  • 片目を閉じて (KBS)
  • オムジョンファの残酷な涙 (KBS 1994年)
  • 鯖とクレヨン (SBS 1995年)
  • 仮面の中の天使 (SBS 1995年)
  • 愛を忘れないでください (MBC 1995年)
  • 父子有親 (SBS 1996年)
  • 美しい罪 (SBS 1997年)
  • スター誕生 (KBS 1997年)
  • 美しき日々 (SBS 2001年) 本人役で出演。
  • メディカルセンター (SBS 2001年)
  • 女子高時代 (SBS 2001年)
  • (KBS 2003年)
  • 12月の熱帯夜 (MBC 2004年)
  • 彼女がラブハンター (SBS 2007年)
  • 結婚できない男 (KBS 2009年)

映画[編集]

  • 結婚物語 (原題“결혼 이야기” 1992年)
  • 風の吹く日は狎鴎亭洞へ行かなくちゃ (原題“바람부는 날이면 압구정동에 가야 한다” 1993年)
  • 嫁さん殺し (原題“마누라 죽이기” 1994年)
  • ブルーシーガル 原題“블루 시걸” (1994年) アニメーション作品、声の出演
  • 情愛 (原題“결혼은, 미친 짓이다” 2002年)
  • シングルス (原題“싱글즈” 2003年)
  • どこかで誰かに何かあれば間違いなく現れるMr.ホン (原題“어디선가 누군가에 무슨 일이 생기면 틀림없이 나타난다 홍반장” 2004年)
  • オーロラ姫 (原題“오로라 공주” 2005年)
  • 私の人生で一番美しい一週間 (原題“내 생애 가장 아름다운 일주일” 2005年)
  • 私のちいさなピアニスト (原題“호로비츠를 위하여” 2006年)
  • ミスター・ロビンの口説き方 (原題“Mr.로빈 꼬시기” 2006年)
  • 今、愛する人と住んでいますか? (原題“지금 사랑하는 사람과 살고 있습니까?” 2007年)
  • 仁寺洞スキャンダル -神の手を持つ男- (原題“인사동 스캔들” 2009年)
  • TSUNAMI -ツナミ- (原題“해운대” 2009年)
  • オガムド〜五感度〜 (原題“오감도” 2009年)
  • ベストセラー (原題“베스트셀러” 2010年)
  • ママ (原題“마마” 2011年)
  • ダンシング・クイーン (原題“댄싱퀸” 2012年)
  • モンタージュ (原題“몽타주” 2013年)
  • In My End is My Beginning (原題“끝과 시작” 2013年)

オムニバス映画「オガムド〜五感度〜」の出演エピソード部分「LA FIN et LE DEBUT」を87分に拡大した作品。

  • 官能の法則 (原題“관능의 법칙” 2013年)


公式来日歴[編集]

エピソード[編集]

外部リンク[編集]