パク・サンダラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パク・サンダラ
}
基本情報
出生 1984年11月12日(29歳)
韓国の旗 韓国釜山
血液型 A
ジャンル ポップR&Bヒップホップ
職業 歌手ラッパーダンサー女優司会者モデル
活動期間 2004年 - 現在
レーベル YGエンターテインメント
共同作業者 2NE1
パク・サンダラ
各種表記
ハングル 박산다라
漢字 朴산다라
発音: パクサンダラ
文化観光部2000年式
MR式
Bak Sandara
Pak Sandara
テンプレートを表示

パク・サンダラ박산다라1984年11月12日 - )はダラ다라)の芸名で知られる韓国女性歌手ダンサーラッパーである。現在、韓国の女性グループ「2NE1」の一員として活動している。

人生と経歴[編集]

パク・サンダラは、韓国人の両親の下、釜山で生まれた。彼女の家族は、商業企業を始める為に1995年フィリピンに移り住んだ[1]2004年ABS-CBNのタレント発掘番組『スター・サークル・キャスト』に出演した。彼女は投票では180万という記録的な票を獲得したが、決勝戦ではヒーロー・アンジェレスに破れ、2位に終わった。番組出演が終了してテレビドラマ映画に出演した後、パクはシングルコレクションを発売した。それはトリプルプラチナの売上を記録した。

パクは新しい経歴を始める前に、母と兄弟と共に2007年8月1日[2]に韓国に戻った。その翌8月2日YGエンターテインメント契約した[3]MBCのテレビドラマ『帰ってきた一枝梅』、コミの「I'm Sorry」のミュージックビデオに出演。

彼女の弟パク・サンヒョン(芸名:チョンドゥン)は、韓国の男性グループMBLAQの一員として2010年にデビューした[4]

2009年 - 現在:2NE1のデビュー[編集]

2009年に、レーベル仲間のBIGBANGとの曲「Lollipop」でデビュー。同年、2NE1としての最初のシングル「Fire」を発売[5]

人物[編集]

身長162cm。血液型A型。2NE1メンバー唯一の無宗教[6]。特技は演技フィリピン語英語中国語[7]

ディスコグラフィ[編集]

EP[編集]

題名 情報 認定
[要出典]
サンダラ
  • PH: 2× プラチナ
サンダラ:ワラン・サビット
サンダラ:アン・ガンダ・コ

シングル[編集]

題名 最高順位 アルバム
KOR
[8]
PHI
In Or Out 2004年 1 サンダラ
Walang Sabit 2005年 1 サンダラ:ワラン・サビット
Ang Ganda Ko 2006年 1 サンダラ:アン・ガンダ・コ
Kiss
(feat. CL)
2009年 1 TO ANYONE

出演[編集]

映画
題名 役名 備考
2004年 Volta 本人 カメオ
Bcuz of U エイプリル PMPCスター賞新人映画女優賞受賞
2005年 Can This Be Love デイジー
2006年 D' Lucky Ones ラッキーガール
2007年 Super Noypi ミッチー
2009年 Girlfriends 本人 カメオ
テレビ番組
題名 役名 備考
2004年 Star Circle Quest 本人 リアリティ番組
Sandara's Romance 司会
ASAP Fanatic 司会補佐
SCQ Reload: OK Ako! リアリティ番組
Krystala キム
My Name is Sandara Park 本人 特別番組
2005年 Maalaala Mo Kaya 本人 カメオ
Farewell Lovers: A Lover in Paris Special 司会
Ang Pambansang Krung-Krung ng Pilipinas 特別番組
2006年 Komiks マラ 「Machete」出演
Your Song 本人 「Everything You Do」出演
Star Circle Presents バービー 「Bongga」出演
Abt Ur Luv ベティナ
Crazy for You アラ
Gudtaym 本人 バラエティ番組
O-Ha!
Nuts Entertainment スケッチ・コメディー番組
2007年 Dalawag Tisoy キム・チー
2009年 帰ってきた一枝梅 リエ
Style 本人 カメオ
2NE1 TV 2009–2010年放送
リアリティ番組
Strong Heart バラエティ番組
2010年 Win Win バラエティ番組

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Sandara Park - Biography”. CelebrityRing. 2010年4月24日閲覧。
  2. ^ (英語) Bonifacio, Julie. Sandara Park quits showbiz, goes back to Korea. Philippine Entertainment Portal. August 1, 2007. Retrieved October 13, 2008.
  3. ^ (英語) Kbs Global KBS Global. October 13, 2008. Retrieved April 24, 2010
  4. ^ (英語) Kim, Jessica. 2NE1 Sandara poses with brother Cheon Dung. Asiae. February 11, 2009. Retrieved April 24, 2010.
  5. ^ (朝鮮語) Park, Kyeong-eun. ‘여자빅뱅’ 5월 초 데뷔, 新 여자아이돌 대 격돌 ("Female Big Bang" Debut in May, Female Idol Groups Crash (Together)). Good Day Sports. March 25, 2009. Retrieved May 6, 2009.
  6. ^ 2ne1(トゥエニワン)のプロフィール Innolife 2011年7月8日閲覧。
  7. ^ “2NE1”. WOW!Korea. http://www.wowkorea.jp/profile/400230.html 
  8. ^ 다라(ダラ) Gaon Chart Search (朝鮮語)

外部リンク[編集]