キム・ゴンモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キム・ゴンモ(金健模、韓国語:김건모1968年1月13日 - )は1992年デビュー韓国歌手釜山出身。ソウル芸術大学卒業。韓国で最も人気のある芸能人の一人であるキムは、韓国で最もアルバムを売った記録を所持している。彼はアルバムを100万枚売る数少ない歌手であり(彼の3番目のアルバムは2000年に280万枚以上売れ、海賊版を含めると500万枚以上と言われる[1])、彼のアルバムは韓国の音楽チャートで一貫して上位にランクされる(8番目のアルバムは2001年に最もよく売れたアルバムとなった)。代表曲は『핑계』(日本語訳「言い訳」)、『잘못된 만남』(日本語訳「間違った出会い」)、『짱가』など。 又、1999年8月には、札幌(札幌ファクトリーホール)、東京(オンエアーイースト)、大阪(ヒートビート)の3都市で日本公演が実施された。

略歴[編集]

ソウル芸大では国楽科を専攻し、海軍では軍楽隊の鍵盤奏者を務めた。海軍を除隊後、「平均律」というバンドのキーボードを務めた後、プロデューサーキム・ジャンファンに見出されて、1992年、ソロデビューした。1995年、キム・ジャンファンのもとから独立、事務所を移籍した[1]

ディスコグラフィー[編集]

CD[編集]

  • 1集/Kim Gunmo (1992年)
  • 2集/Kim Gunmo2 (1993年、Yedang Records)
  • 3集 (1995年、Retro)
  • In My Pop & Live (1995年)
  • 4集/exchange kg.m4 (1996年)
  • 5集/Myself (1997年)
  • About Freedom (1998年)
  • 6集/Growing (1999年、Yui Music Label)
  • 7集/Another days... (2001年、Meta Company)
  • Kim GunMo LIVE (2002年)
  • 8集/Hestory (2003年、Doremi/skc)
  • 9集/kimgunmo.9 (2004年、Yedang Records)
  • 10集/Be Like... (2005年、Yedang Records)

A

DVD[編集]

VIDEO[編集]

  • Kim GunMo Music Video (2000年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『Popasia vol.8』、ブルースインターアクションズ、1995年10月、P19。
[ヘルプ]

外部リンク[編集]