テ・ジナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テ・ジナ
基本情報
出生名 チョ バンホン(조방헌
別名 トロット界の帝王
出生 1953年4月5日(61歳)
出身地 韓国の旗 韓国忠清北道報恩郡
学歴 嶺南大学校経学部卒
ジャンル トロット
職業 歌手作曲家
活動期間 1972年 - 現在
レーベル テイチクエンタテインメント
事務所 YMCエンタテインメント(韓国)
オフィスDAIWA(日本)[1]
太進児
各種表記
ハングル 태진아
漢字 太進兒
発音: テ・ジナ
(テ・ジン-ア)
ローマ字転写:
英語表記:
Tae Jin A
Tae Jin Ah
各種表記(本名)
ハングル 조방헌
漢字 曺芳憲
発音: チョ バンホン
ローマ字転写:
英語表記:
Jo Bang Heon
Jo Bang Hun
テンプレートを表示

テ・ジナ태진아、太進児、Tae Jin Ah、1953年4月5日 - )は、大韓民国歌手、大韓歌手協会会長。息子は歌手・シンガーソングライターイル이루Eru)。

来歴[編集]

1973年に「思い出の青い丘 (추억의 푸른 언덕)」でデビュー。1989年に発表した「オキョン (옥경이)」が7週連続1位の大ヒットを記録。この年のゴールドディスクにも選ばれ大衆に広く知られるようになる。翌年に発表した「鏡も見ない女 (거울도 안보는 여자)」もヒットした。90年代後半からはソン・デグァンとライバル関係を構築し合同コンサートも開催している。

2000年には「愛は誰もできるものじゃない (사랑은 아무나 하나)」で再び大ヒットを記録。2004年の「同伴者 (동반자)」などのヒットで人気を不動のものにしている。

2005年には、息子のイルEru)が歌手デビュー。彼のアルバム「Level II」にて親子デュエットを果たす。

2009年8月19日には日本デビューシングル「すまない」をテイチクエンタテインメントから発売。本格的に日本での活動をスタートさせる。

2010年には大韓歌手協会の会長に就任。2011年には、会長として、KARAの騒動を収束させた。

デビューから40年近くたった現在でも、韓国男性トロット四天王の一人として圧倒的な人気を誇っている。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム(韓国)[編集]

  • 「私の心急行列車 (내 마음 급행열차)」(1972年)
  • 「思い出の青い丘 (추억의 푸른 언덕)」(1974年)
  • 「忘れないだろう (잊지는 못할 거야)」(1977年)
  • 「ギョンアの愛 (경아의 사랑)」(1982年)
  • 1集「もう一度泣いたな (다시 한번 울었네)」(1988年)
  • 2集「オキョン (옥경이)」(1989年)
  • 3集「鏡も見ない女 (거울도 안보는 여자)」(1990年)
  • 4集「ソンヒの鞄 (선희의 가방)」(1991年)
  • 5集「黄色いハンカチ (노란 손수건)」(1992年)
  • 6集「思慕曲 (사모곡)」(1993年)
  • 7集「行ってしまった愛 (가버린 사랑)」(1995年)
  • 8集「恋人 (애인)」(1997年)
  • 9集「あなたの涙 (당신의 눈물)」(1998年)
  • 10集「愛は誰もできるものじゃない (사랑은 아무나 하나)」(2000年)
  • 11集「愛はいたずらではない (사랑은 장난이 아니야)」(2002年)
  • 12集「馬鹿 (바보)」(2003年)
  • 13集「同伴者 (동반자)」(2004年)
  • 14集「良く暮らすだろう (잘 살꺼야)」(2005年)
  • 15集「おばさん (착한여자)」(2006年)
  • 16集「まあまあに (그저 그렇게)(2007年)
  • 17集「あなた (자기)」(2008年)
  • 18集「愛はお金よりいい (사랑은 돈보다 좋다)」(2010年)
  • 19集「イルナゲトネ (일나겠네」(2011年)
  • 20集「愛は涙と言うの (사랑은 눈물이라 말하지)」(2012年)

シングル(日本)[編集]

各種活動[編集]

ラジオ[編集]

  • 1995年 - SBSラジオ「テ・ジナ 歌謡リサーチ」DJ
  • 1996年 - SBSラジオ「テ・ジナのトロット・ハイウェイ」DJ
  • 2003年 - KBSラジオ「テ・ジナ トロットショー」DJ
  • 2004年 - KBSラジオ「テ・ジナ ショー・ショー・ショー」DJ

官公庁関連[編集]

  • 2006年 - 大韓民国関税庁広報大使
  • 2007年 - 大韓民国法務部広報大使

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]