ソン・デグァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソン・デグァン
基本情報
出生名 ソン・デグァン(송대관
出生 1946年6月2日(68歳)
出身地 韓国の旗 韓国全羅北道井邑市
学歴 全州ヨンセン高等学校卒
ジャンル トロット
職業 歌手作曲家
活動期間 1967年 - 現在
事務所 ソンエンターティーメント
宋大寛
各種表記
ハングル 송대관
漢字 宋大琯
発音: ソン・デグァン
ローマ字転写:
英語表記:
Song Dae-Gwan
Song Dae-Kwan
各種表記(本名)
ハングル 송대관
漢字 宋大琯
発音: ソン・デグァン
ローマ字転写:
英語表記:
Song Dae-Gwan
Song Dae-Kwan
テンプレートを表示

ソン・デグァン송대관、宋大寛、Song Dae Kwan、1946年6月2日 - )は、大韓民国歌手、大韓歌手協会理事長。

来歴[編集]

1967年にデビュー。1975年に自身が作詞した「陽が昇る日(해뜰날)」が大ヒットしMBC10大歌手歌謡祭で大賞を受賞する。 しかし、その後経済的困難を迎え1980年にアメリカへ移住1988年に帰国した。[1]

1989年に「情ゆえに(정 때문에)」がラジオチャートで3ヶ月間1位を守り続け20万枚のヒットを記録する。このヒットを皮切りにトップ歌手へ駆け上がり90年代にはヒットを連発。中でも1998年発表の「四拍子(네박자)」は世代を問わず大ヒットした。この頃からヒョンチョルテ・ジナソル・ウンドとトロット四天王を構築。その中でもアメリカ生活時代に苦楽を共にしたテ・ジナとは強力なライバル関係を構築し合同コンサートを毎年開催している。

2003年には妻が作詞した「流行歌(유행가)」がヒット。2008年から2010年までは、ナム・ジンに代わり大韓歌手協会会長に就任した。近年でもコヨーテのシンジとデュエット曲を発表するなど精力的に活動している。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • 1集「人情の多いおじさん(인정많은 아저씨)」(1967年
  • 2集「歳月が薬でしょう(세월이 약이겠지요)」(1973年
  • 3集「陽が昇る日(해뜰날)」(1975年
  • 4集「姿が(모습이)」(1976年
  • 5集「お願い(부탁)」(1976年
  • 6集「孝行(효심)」(1977年
  • 7集「私()」(1977年
  • 8集「明洞旅人(명동 나그네)」(1978年
  • 9集「あなたが行くなら(당신이 가신다면)」(1978年
  • 10集「君はどこに(너는 어디에)」(1979年
  • 11集「妻のように(아내와 같이)」(1980年
  • 12集「情ゆえに(정 때문에)」(1989年
    • 「私たちのスンイ(우리 순이)」
  • 13集「君が何だ(네가 뭔데)」
  • 14集「切符一枚(차표 한장)」(1992年
  • 15集「大声ぱんぱんと(큰소리 뻥뻥)」(1993年

各種活動[編集]

芸能関係[編集]

  • 2008年 - 大韓歌手協会理事長

官公庁関係[編集]

  • 2001年 - 法務部 犯罪予防委員会 芸能人委員
  • 2006年 - 仁川空港出入国広報大使
  • 2007年 - 国家報勲処 愛国広報大使

脚注[編集]

  1. ^ ソン・デグァン、急にアメリカ移民、そのワケは?!