CRAYON POP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CRAYON POP
}
基本情報
出身地 韓国の旗 韓国
ジャンル K-POPダンス
活動期間 2012年 - 現在
レーベル CJ E&Mミュージック
Sony Music (2013年 - )
事務所 Chrome Entertainment
KF Entertainment (日本)
メンバー
グンミ、エリン、ウェイ、チョア、ソユル

CRAYON POP(クレヨン・ポップ、朝鮮語:크레용팝)は、韓国の女性5人組アイドルグループ。2012年7月18日にデビュー。Chrome Entertainment所属。CRAYON POPというグループ名には「音楽という画用紙にメンバーたちの持つ様々な色を塗る」という意味が込められている[1]

来歴[編集]

2012年:デビュー[編集]

2012年1月に『HURRICANE POP』というグループ名で中国で活動を開始。後に、脱退したメンバー(セラン、세랑)の代わりに、チョアの双子の妹ウェイが加入し、現在の『CRAYON POP』となる[2]

2012年7月18日に韓国でミニアルバム『CRAYON POP The 1st MINI Album』を発売し公式デビュー。タイトル曲「Saturday Night」、「Bing Bing」で活動を行った。 デビュー前から日本でのイベント活動に力を入れており、デビュー直後の8月には東京でファンミーティングを開催した[2]。10月にはミニアルバム『Dancing Queen』をリリース[3]。「Dancing Queen」は衣装としてジャージを取り入れ、プロモーションのためソウルの繁華街で路上パフォーマンスを行った。後続曲「Bing Bing」(リミックス版)の舞台では不良学生に扮して新しいダンスを披露した。

2013年:「パパパ」ブーム[編集]

2013年6月20日、シングル「빠빠빠(パパパ)」を発売。発売当初の反応は良くなかったものの、ヘルメット姿に「直列5気筒ダンス」と呼ばれるユニークな振り付けで徐々に人気が高まり、発売から1か月以上経ってから各種音楽配信チャートで1位を獲得、音楽番組でも1位候補になるなど、かつてない好反応を得た[4]。この人気を受けて、世界的レコード会社ソニーミュージックとアルバムのライセンス及び戦略的提携契約を締結した[5]

論争[編集]

ももいろクローバーZを模倣しているのではないかとの論争がある[6]

メンバー[編集]

グンミ(금미、Gum-Mi)
本名ペク・ボラム。1988年6月18日生まれ(26歳)。最年長。ボーカル、ダンス担当[7]
歌手を目指し21歳の時にオーディションを受けようとしたが、父親が脳出血で倒れて入院。家計を支えるために病院で働き、父親の看病と祖母の介護をしながら夢のためダンススクールに通い続けた。やがて父親は意識を取り戻し、晴れてオーディションを受けてデビューすることが出来たという[2]
エリン(엘린、ELLIN)
本名キム・ミニョン(金旼榮)。1990年4月2日生まれ(24歳)。ボーカル、ダンス担当[7]。出演:BUMKEY「Attraction」MV(2013年)
チョア(초아、Cho-A)
本名ホ・ミンジン。1990年7月12日生まれ(24歳)。双子の姉。メインボーカル担当[7]
ウェイ(웨이、WAY)
本名ホ・ミンソン。1990年7月12日生まれ(24歳)。双子の妹。リードボーカル担当[7]
ソユル(소율、So-Yul)
本名パク・ヘギョン。1991年5月15日生まれ(23歳)。最年少。メインボーカル担当[7]
デビュー前に韓国のポータルサイトDaum」の2008年度ネット5大オルチャン(ネットアイドル)に選ばれた経歴がある[8]

作品[編集]

ミニアルバム[編集]

タイトル 発売日 タイトル曲 チャート順位
CRAYON POP The 1st MINI Album 2012年7月18日 Saturday Night / Bing Bing
Dancing Queen 2012年10月24日 Dancing Queen / Bing Bing (Remix)
THE STREETS GO DISCO 2013年9月26日 빠빠빠 2.0 / Dancing Queen 2.0

シングル[編集]

タイトル 発売日 チャート順位
빠빠빠(パパパ) 2013年6月20日 1位

ミュージックビデオ[編集]

タイトル/リンク 公開日 詳細
Saturday Night CG ver. M/V 2012年7月21日
Bing Bing M/V 2012年7月23日 神戸メリケンパーク神戸モザイク)、大阪新世界道頓堀)にてロケ撮影[7]
Saturday Night Japanese ver. M/V 2012年7月24日
Saturday Night New ver. M/V 2012年7月24日
パパパ (Bar Bar Bar) Story ver. M/V 2013年6月13日
パパパ (Bar Bar Bar) Dance ver. M/V 2013年6月23日
梨泰院フリーダム M/V 2013年8月30日 UVパク・ジニョンによる曲「梨泰院フリーダム」に合わせて街角で踊る内容。
パパパ (Global Version) M/V 2013年9月8日 緑莎坪駅新沙洞街路樹通りトゥクソム遊園地ソウル子供大公園にてロケ撮影。
前年に大ヒットしたPSYの「江南スタイル」へのオマージュが見られる[9]
Dancing Queen 2.0 M/V 2013年9月27日
オイ (Uh-ee) M/V 2014年4月1日

出演[編集]

  • CRAYON POPの色とりどりの成長日記(MBC MUSIC、2012年8月29日)[10]

日本語歌詞の報道規制[編集]

2014年K-POPガールズグループCRAYON POPの新曲の歌詞に日本語的な表現があるとして、テレビ局であるKBSから放送不適合と判定された。新曲「オイ」の中で「ピカポンチョク」という表現の中に日本語の「ピカピカ」の「ピカ」が入ったことが理由であると当該局は説明している[11]

出典[編集]

  1. ^ Crayon Pop「Mcountdown」で爽やか&はつらつ&キュートなダンスを披露 Kstyle 2012年7月21日
  2. ^ a b c Crayon Pop:目指すは女版PSY? 色とりどりの成長型アイドル 〜motiちゃんのヨジャドル図鑑 Hwaiting! 2012年10月20日
  3. ^ クレヨンポップ、ユニークな「サイドキックダンス」今日テレビ初披露 Hwaiting! 10月26日
  4. ^ CRAYON POP「パパパ」の尋常ではない人気、なぜ? kstyle 2013年8月3日
  5. ^ “大ブレイク中”CRAYON POP、ソニーミュージックと提携締結…海外活動に拍車 kstyle 2013年8月13日
  6. ^ “Crayon Pop、衣装盗作反論「ノイズマーケティングする理由ない」”. 中央日報. (2013年11月25日). http://japanese.joins.com/article/684/178684.html?servcode=700&sectcode=720&cloc=jp 2013年1月4日閲覧。 
    “크레용팝 공식 입장 ”이제 겨우 사랑 받게 됐는데…” - 중앙일보 연예” (韓国語). 中央日報. (2013年11月25日). http://article.joins.com/news/article/article.asp?total_id=13221658 2013年1月4日閲覧。 
    “Crayon Pop、盗作解明「鳥肌が立った偶然の一致」”. 中央日報. (2013年12月6日). http://japanese.joins.com/article/124/179124.html 2014年1月4日閲覧。 
    “パクリ疑惑!? 韓国アイドルグループが『ももいろクローバーZ』に激似だと指摘されネットで拡散中”. ロケットニュース24. (2013年8月21日). http://rocketnews24.com/2013/08/21/360898/ 2013年1月4日閲覧。 
    “またパクリ疑惑! 韓国アイドルのクリスマス衣装が『ももいろクローバーZ』と激似だと話題 - 韓国でも激しい非難”. ロケットニュース24. (2013年11月25日). http://rocketnews24.com/2013/11/25/390735/ 2013年1月4日閲覧。 
    “「ももクロ」衣装パクり騒動の韓国アイドル、コンセプト自体をパクった疑惑も”. 楽天woman. (2013年11月27日). http://woman.infoseek.co.jp/news/neta/aolcelebrity_20131126_282f4a37c040338e349e 2014年1月4日閲覧。 
    “크레용팝 ‘강력부인’ 공식 입장 발표, 얼마나 똑같으면 표절논란…?” (韓国語). 毎日放送. (2013年11月24日). http://mbn.mk.co.kr/pages/news/newsView.php?category=mbn00012&news_seq_no=1555448 2014年1月4日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f CRAYON POP 日本公式サイト 2012年10月24日閲覧
  8. ^ Crayon Pop ソユル、どこかで見たと思ったら“ネット5大オルチャン出身” Kstyle 2012年7月24日
  9. ^ CRAYON POP、PSYへのオマージュが詰まった「パパパ」グローバルバージョンの見どころは? kstyle 2013年9月10日]
  10. ^ 新人ガールズグループCrayon Pop、騒動を起こすもそれも魅力? Kstyle 2012年8月29日
  11. ^ <芸能>韓国アイドルの新曲 日本語使用で「放送不適合」 聯合ニュース 2014年4月3日

リンク[編集]