ロッド・レーバー・アリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロッド・レーバー・アリーナ
Rod laver arena by night.jpg
施設情報
所在地 メルボルン・パーク、メルボルン
開場 1988年
所有者 ビクトリア州政府
運用者 メルボルン&オリンピック・パーク
グラウンド プレクシクッション
建設費 9400万豪ドル
設計者 Peddle Thorp Learmonth
旧称
National Tennis Centre
Centre Court
使用チーム、大会
全豪オープン
収容能力
14,820[1]

ロッド・レーバー・アリーナ(Rod Laver Arena)はオーストラリアビクトリア州メルボルンメルボルン・パークにある屋内競技場。2000年1月にオーストラリアの伝説的プレーヤー、ロッド・レーバーを称えて、現在の名称になった。収容人数は最大14,820人。全豪オープンのセンターコートでもある。

同アリーナはほかにハイセンス・アリーナマーガレット・コート・アリーナをはじめ、メルボルンパークテニスセンターの他、コンサートやモータースポーツのスーパークロスなど対応できる。また、2007年3月には世界水泳のために、仮設プールを設けた。

1995年にはMusikantenstadlのオーストラリア公演、2000年にはWCWを開催し、2006年コモンウェルスゲームズ会場のひとつでもあった。

脚注[編集]

外部サイト[編集]