全豪オープン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
全豪オープンテニス
公式サイト
開催国 オーストラリアの旗 オーストラリア
メルボルン
開催会場 メルボルン・パーク
サーフェス プレクシクッション
男子ドロー 128S / 128Q / 64D
女子ドロー 128S / 96Q / 64D
賞金総額 A$26,000,000 (2012)[1]
グランドスラム
メルボルン・パークの1番コート。「マーガレット・コート・アリーナ」の名前がある

全豪オープンテニス(英語:Australian Open)とは、毎年1月後半にオーストラリアメルボルンで開催される4大国際大会の一つである。主催および運営はテニス・オーストラリアが行う。

概要[編集]

会場のメルボルン・パークには開閉式の屋根付き競技場であるロッド・レーバー・アリーナを中心に、マーガレット・コート・アリーナを含む26面ものコートが整備されている。2000年にはサブアリーナとしてボーダフォン・アリーナ(現在のハイセンス・アリーナ)が建設され、2つの開閉式の屋根付きスタジアムを設けることになった。会場に開閉式の屋根を設置した大会は全豪オープンが最初である。

本大会は熱中症対策として「エクストリーム・ヒート・ポリシー」(英語:EHP, Extreme Heat Policy)と呼ばれる独自ルールが導入されており、外気温が35度を上回るか、湿球黒球温度が28度を上回った際に、主審が試合開始時間を遅らす事が出来る。条件を満たした場合、ハイセンス・アリーナとロッド・レーバー・アリーナに関しては屋根を閉めて試合が行われる。

男子シングルス部門の優勝者にはノーマン・ブルックス・チャレンジ・カップが、女子シングルス部門の優勝者にはダフネ・アクハースト・メモリアル・カップが、其々の表彰式の際にオーストラリア名物であるコアラのぬいぐるみと共に贈られる。2007年まではカンガルーのぬいぐるみが贈られており、これらは本大会ならではの光景となっている。

全豪オープンは、開催時期の変更も多い大会である。クーヨン・テニスクラブで開かれた時代、1976年までは現在のような1月開催であったが、1977年には、1月と12月、2回開催された。その後、1978年から1985年までは、12月の年末に開催されていた。そして、1987年から、1976年までのような1月開催に戻り、1988年には会場がメルボルン・パークに移転して、現在に至っている。会場移転の決定による開催時期の変更により(1985年12月 → 1987年1月)、「1986年全豪オープン」は開催されなかった。

「シーズン開幕直後・真冬の北半球とは逆の真夏の大会・北半球の欧米諸国からの長時間&長距離の移動と時差」などの要因で、毎年の大会は上位選手の欠場や序盤での敗退が多い。このように、全豪オープンは他の3大会に比べて番狂わせの起こりやすい大会である。

オーストラリア国内ではチャンネル7で放映され、男女シングルス決勝は現地時間で夜間に開催される。

日本でのテレビ放映権はWOWOWが保有している(テレビ東京による民放中継は、2001年まで男女シングルス決勝戦のみ放送があったが、2002年以後は取りやめになった。さらにそれ以前は讀賣テレビ放送を制作局としてNNS系列向けに放映した時代がある)。

歴史[編集]

  • 1905年 - オーストラリアとニュージーランドの共同大会である「オーストラレージアン・テニス選手権」(Australasian Tennis Championship)として創設。最初は男子シングルス・男子ダブルスの2部門のみで始まった。第1回の男子シングルスはロドニー・ヒース1884年 - 1936年)が優勝した。
  • 1916年-1918年 - 第一次世界大戦のため、3年間大会開催中止となる。
  • 1922年 - 女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルスの3部門を創設。第1回の女子シングルスはマーガレット・モールズワース1894年 - 1985年)が優勝した。
  • 1927年 - 大会名を「オーストラリア選手権」と改称する。
  • 1940年 - この年は1月に大会が行われたが、第二次世界大戦のため1941年-1945年まで開催中止となる。
  • 1969年 - オープン化され、「全豪オープン」となる。開催都市は持ち回りで行われた。
  • 1972年 - メルボルンで固定開催することになり、クーヨン・テニスクラブがその会場となった。
  • 1988年 - 会場をメルボルン・パーク(旧称フリンダース・パーク)に建設したナショナル・テニスセンターに移す。サーフェスも、グラスコートが廃止され、「リバウンド・エース」と呼ばれるハードコートになった。
  • 2002年 - 車いすテニス部門を創設。詳細は全豪オープン (車いすテニス)を参照。
  • 2008年 - コート面がプレキシクッション(en:Plexicushion)に変更された。

過去10年のシングルス優勝者[編集]

男子 女子 備考
2005年 ロシアの旗 マラト・サフィン アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ
2006年 スイスの旗 ロジャー・フェデラー フランスの旗 アメリ・モレスモ
2007年 スイスの旗 ロジャー・フェデラー アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ
2008年 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ ロシアの旗 マリア・シャラポワ ジョコビッチは、セルビア出身者として初の4大大会優勝。
2009年 スペインの旗 ラファエル・ナダル アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ
2010年 スイスの旗 ロジャー・フェデラー アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ フェデラーは、オープン化以後では最多タイ記録の優勝4回(歴代2位タイ)。
2011年 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ ベルギーの旗 キム・クライシュテルス
2012年 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ ベラルーシの旗 ビクトリア・アザレンカ アザレンカは、ベラルーシ出身者として初の4大大会優勝。
2013年 セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ ベラルーシの旗 ビクトリア・アザレンカ ジョコビッチは、オープン化以後では最多記録の大会3連覇。最多タイ記録の優勝4回(歴代2位タイ)。
2014年 スイスの旗 スタニスラス・ワウリンカ 中華人民共和国の旗 李娜

優勝賞金(男女シングルス)[編集]

大会 金額(男子) 金額(女子)
1989年大会 14万0000AUD 13万5000AUD
1990年大会 20万0000AUD 19万0000AUD
1991年大会 24万0000AUD
1992年大会 27万0000AUD
1993年大会 41万0000AUD
1994年大会 46万0000AUD
1995年大会 36万0000AUD
1996年大会 41万5900AUD 38万0000AUD
1997年大会 58万5000AUD 54万2000AUD
1998年大会 61万5000AUD 57万2000AUD
1999年大会 72万2000AUD 67万9000AUD
2000年大会 75万5000AUD 71万7000AUD
2001年大会 83万0500AUD
2002年大会 100万0000AUD
2003年大会 112万7850AUD
2004年大会 120万0000AUD
2005年大会 120万6620AUD
2006年大会 122万0000AUD
2007年大会 128万1000AUD
2008年大会 137万0000AUD
2009年大会 200万0000AUD
2010年大会 210万0000AUD
2011年大会 220万0000AUD
2012年大会 230万0000AUD
2013年大会 243万0000AUD
2014年大会 265万0000AUD

脚注[編集]

  1. ^ Prize Money”. australianopen.com. 2012年1月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]