1974年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1974年 | 1974年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 中日ドラゴンズ 70 49 11 .588 -
2位 読売ジャイアンツ 71 50 9 .587 0.0
3位 ヤクルトスワローズ 60 63 7 .488 12.0
4位 阪神タイガース 57 64 9 .471 14.0
5位 大洋ホエールズ 55 69 6 .444 17.5
6位 広島東洋カープ 54 72 4 .429 19.5
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 前・後
優勝 ロッテオリオンズ 69 50 11 .580 2・1
2位 阪急ブレーブス 69 51 10 .575 1・3
3位 南海ホークス 59 55 16 .518 4・2
4位 太平洋クラブライオンズ 59 64 7 .480 3・4
5位 近鉄バファローズ 56 66 8 .459 5・4
6位 日本ハムファイターズ 49 75 6 .395 6・6
  • 後期における太平洋クラブライオンズと近鉄バファローズは同率の4位であり、総合順位では太平洋クラブライオンズが4位・近鉄バファローズが5位となる。

パシフィック・リーグプレーオフ[編集]

  • ロッテオリオンズ(3戦全勝)阪急ブレーブス

日本シリーズ[編集]

  • ロッテオリオンズ(4勝2敗)中日ドラゴンズ

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 王貞治 巨人   金田留広 ロッテ  
最優秀新人 藤波行雄 中日   三井雅春 ロッテ  
首位打者 王貞治 巨人 .332 張本勲 日本ハム .340
本塁打王 王貞治 巨人 49本 C.ジョーンズ 近鉄 38本
打点王 王貞治 巨人 107点 長池徳二 阪急 96点
最多安打 松原誠 大洋 157本 福本豊 阪急 156本
盗塁王 中塚政幸 大洋 28個 福本豊 阪急 94個
最多出塁数(セ)
最高出塁率(パ)
王貞治 巨人 294個 張本勲 日本ハム .452
最優秀防御率 関本四十四 巨人 2.28 佐藤道郎 南海 1.91
最多勝利 松本幸行
金城基泰
中日
広島
20勝 金田留広 ロッテ 16勝
最多奪三振 金城基泰 広島 207個 鈴木啓示 近鉄 141個
最高勝率 松本幸行 中日 .690 佐竹一義 阪急 .750
最多セーブ投手 星野仙一 中日 10S 佐藤道郎 南海 13S

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 堀内恒夫 巨人 金田留広 ロッテ
捕手 田淵幸一 阪神 村上公康 ロッテ
一塁手 王貞治 巨人 C.ジョーンズ 近鉄
二塁手 高木守道 中日 山崎裕之 ロッテ
三塁手 長嶋茂雄 巨人 有藤通世 ロッテ
遊撃手 藤田平 阪神 大橋穣 阪急
外野手 G.マーチン 中日 D.ビュフォード 太平洋
末次利光 巨人 張本勲 日本ハム
若松勉 ヤクルト 福本豊 阪急

オールスターゲーム[編集]

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月16日 - ロッテは対南海戦(大阪)でNPB史上タイ記録、パリーグ初の1試合6犠打。試合は4対1でロッテが勝利[15]
  • 9月26日 - 南海の佐野嘉幸が対日本ハム戦(後楽園)でNPB通算1000試合出場達成[6]
  • 9月28日 - 南海の佐藤道郎が対日本ハム戦(後楽園)でNPB新記録のシーズン58交代完了[16]
  • 9月29日 - 日本ハムの高橋博士が対南海ダブルヘッダー第2試合(後楽園)でNPB史上初の1試合全ポジションに付く[17]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 大修館書店「近代体育スポーツ年表1800-1997三訂版」240ページ
  2. ^ a b c d e f ベースボール・マガジン社刊「ライオンズ60年史―獅子の記憶ー「西鉄」から「埼玉西武」まで」116ページ
  3. ^ a b c d 南海ホークス刊「南海ホークス40年史」76ページ
  4. ^ a b c セ・リーグHistoryセ・リーグ公式サイト
  5. ^ a b c 中日新聞社刊「中日ドラゴンズ70年史」78ページ
  6. ^ a b c 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』361ページ
  7. ^ a b ベースボール・マガジン社刊「ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡」49ページ
  8. ^ パシフィック・リーグ略史(1949年~2000年)パ・リーグ公式サイト
  9. ^ a b 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」464-465ページ
  10. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」414ページ
  11. ^ 【7月9日】1974年(昭49) 川上哲治が激怒した日 プロ37年、初の退場スポーツニッポン2011年7月3日配信
  12. ^ 【7月21日】1974年(昭49) ブーちゃんひと振りでMVP ヒマがもたらした“世界記録”スポーツニッポン2008年7月18日
  13. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」340ページ
  14. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」452ページ
  15. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」738ページ
  16. ^ 日本プロ野球史 ■ 9月21日〜30日日本プロ野球OBクラブ公式サイト
  17. ^ 【9月29日】1974年(昭49) 日ハム・高橋博士、日本初!1試合で全ポジション守るスポーツニッポン2011年月日配信
  18. ^ 個人打撃連続記録(1)パ・リーグ公式サイト
  19. ^ 【10月9日】1974年(昭49) カネやん号泣!渡り鳥・ロッテ、3タテでみちのく初のVスポーツニッポン2011年10月9日配信
  20. ^ 【10月14日】1974年(昭49) 長嶋茂雄、引退 その日のミスターと周囲の人々スポーツニッポン2007年10月8日配信
  21. ^ a b 阪神タイガースヒストリー1970-1974阪神球団公式サイト
  22. ^ 1974年度日本シリーズ 試合結果NPB公式サイト
  23. ^ チームヒストリーロッテ球団公式サイト
  24. ^ ベースボール・マガジン社刊「プロ野球ドラフト全史 2012最新版」43ページ
  25. ^ 日本プロ野球史 ■ 11月11日〜20日日本プロ野球OBクラブ公式サイト
  26. ^ 日本プロ野球史 ■ 11月21日〜30日日本プロ野球OBクラブ公式サイト
  27. ^ 【12月2日】1974年(昭49) 巨人V9の頭脳、森昌彦退団 長嶋新監督から声かからず スポーツニッポン 2007年11月28日
  28. ^ 週刊ベースボール 2011年12月26日号46ページ