1944年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1944年 | 1944年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

この年は6球団制となり、1リーグ時代に於ける6球団制はこの年が最初で最後のシーズンとなった。徴兵による出兵などで選手数も激減し、4月の時点で6球団合わせてわずか74名という陣容となった[1]

順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 阪神軍 27 6 2 .818 -
2位 東京巨人軍 19 14 2 .576 8.0
3位 阪急軍 19 15 1 .559 8.5
4位 産業軍 13 21 1 .382 14.5
5位 朝日軍 12 22 1 .353 15.5
6位 近畿日本軍[2] 11 23 1 .324 16.5

個人タイトル[編集]

タイトル 選手 球団 成績
最優秀選手 若林忠志 阪神  
首位打者 岡村俊昭 近畿日本 .369
本塁打王 金山次郎 産業 3本
打点王 藤村富美男 阪神 25点
最多安打 岡村俊昭 近畿日本 48本
盗塁王 呉昌征
呉新亨
阪神
巨人
19個
最優秀防御率 若林忠志 阪神 1.56
最多勝利 若林忠志 阪神 22勝
最多奪三振 藤本英雄 巨人 113個
最高勝率 若林忠志 阪神 .846

ベストナイン[編集]

この年は選出なし

中等野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]


できごと[編集]

1月[編集]

  • 1月12日 - 日本野球連盟、日本野球報国会と改称。球団間の選手の引き抜きを一切しないと取りきめられ、球団間の移籍は報国会会長が統制する事になった[3]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 講談社刊『昭和 二万日の全記録』第6巻364ページ
  2. ^ 南海軍は、シーズン途中に近畿日本軍に球団名を変更している。
  3. ^ a b c d e 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』106ページ
  4. ^ 中日新聞社刊「中日ドラゴンズ70年史」46ページ
  5. ^ 戦後結成された近鉄パールス(バファローズ)とは球団の系譜としては無関係
  6. ^ a b c d e f 週刊ベースボール別刊桔梗号「大リーグ厳選の名場面100」87ページ
  7. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」765ページ
  8. ^ a b c d 筑摩書房刊「球団消滅、幻の優勝チーム、ロビンスと田村駒治郎」17ページ