1944年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

アイスホッケー[編集]

アメリカンフットボール[編集]

大相撲[編集]

できごと

  • 戦局激化のため、夏場所から後楽園球場で晴天10日間興行とする(十両以上)。なお、幕下以下は非公開5日間でおこなうようになる。
  • この年から、満洲巡業は実施不可能になった。
  • 屋外興行のため、1月開催は不可能として、11月に本場所を繰り上げて実施した。

幕内最高優勝

  • 春(1月9日初日、両国国技館):西小結 佐賀ノ花勝巳(13勝2敗)
  • 夏(5月7日初日、後楽園球場、幕下以下は5月3日から5日間、両国国技館):東横綱 羽黒山政司(10戦全勝)
  • 秋(11月10日初日、後楽園球場、幕下以下は11月3日から晴天5日間、明治神宮外苑相撲場):西大関 前田山英五郎(9勝1敗)

優勝旗手

十両優勝

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

1943年にすべてのメジャー大会が開催中止となったが、1944年1945年は全米プロゴルフ選手権のみ行われた。

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

野球[編集]

日本[編集]

プロ野球[編集]

アメリカ大リーグ[編集]

誕生[編集]

死去[編集]