2005年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 2005年

目次

できごと[編集]

1-3月[編集]

4-6月[編集]

7-9月[編集]

10-12月[編集]

総合競技大会[編集]

アイスホッケー[編集]

アメリカンフットボール[編集]

NFL[編集]

日本の大会[編集]

大相撲[編集]

史上初の7連覇・年間6場所完全制覇、年間最多勝利記録を更新する84勝など、この年も横綱朝青龍の強さが際だつ1年となった。その一方で琴欧州を筆頭に、白鵬稀勢の里普天王など若手力士の台頭も見られた。

オートレース[編集]

オリエンテーリング[編集]

カーリング[編集]

競艇[編集]

2005年のSGレースは笠原亮、菊地孝平の「静岡ヤングコンビ」が活躍した。笠原はSG初出場の「総理大臣杯」で優勝した。フィナーレの「賞金王決定戦」で辻栄蔵が優勝し、自身初の賞金第1位を確実にした。

SG優勝者[編集]

全国発売GI優勝者[編集]

競馬[編集]

日本[編集]

2005年の日本競馬を参照。

アイルランド[編集]

アメリカ合衆国[編集]

アラブ首長国連邦[編集]

イギリス[編集]

オーストラリア[編集]

シンガポール[編集]

フランス[編集]

香港[編集]

広域・その他[編集]

ワールド・サラブレッド・レースホース・ランキング[編集]

レート 距離区分 競走馬名
124 芝・超長距離 マカイビーディーヴァ(牝馬)
130 芝・長距離 ハリケーンラン
123 芝・中距離 アザムール / デビッドジュニア / オラトリオ
125 芝・短距離 シャマルダル
123 芝・超短距離 サイレントウィットネス
124 ダ・長距離 アフリートアレックス
125 ダ・中距離 セイントリアム
128 ダ・短距離 ゴーストザッパー
119 ダ・超短距離 ロストインザフォグ

芝・超長距離のマカイビーディーヴァは南半球で最高レートを記録したため本来は2005/06シーズンに区分される。また、同馬のセックスアローワンスによる加算は考慮していない。

競輪[編集]

GPGIGII優勝者[編集]

剣道[編集]

ゴルフ[編集]

男子プロ

男子アマ

女子プロ

10代の新鋭選手たちの活躍が目立った1年。全米女子プロゴルフでは15歳のミシェル・ウィーが2位、18歳のポーラ・クリーマーが3位に入賞し、全米女子オープンでは17歳のモーガン・プレッセルが2位に入賞。ウィーは全英女子オープンでも3位に入った。日本勢は全英女子オープンで好成績を出し、宮里藍がメジャー大会で自己最高の11位を記録した。

  • LPGAツアー賞金女王:アニカ・ソレンスタム $2,588,240

PGA・男子国際大会[編集]

世界ゴルフ選手権シリーズ

LPGA・女子国際大会[編集]

日本[編集]

男女とも、2004年のマネーランキング1位選手がその座を守った。不動の6年連続賞金女王は樋口久子の9年連続に次ぐ記録。一方、男子では尾崎将司健夫兄弟が賞金によるシード権を失った。

PGA・日本男子メジャー大会[編集]

JLPGA・日本女子メジャー大会[編集]

サッカー[編集]

自転車競技[編集]

ロードレース[編集]

トラックレース[編集]

柔道[編集]

水泳[編集]

スキー・スノーボード[編集]

スケート[編集]

スピードスケート[編集]

ショートトラック[編集]

フィギュアスケート[編集]

卓球[編集]

体操[編集]

体操競技[編集]

新体操[編集]

トランポリン[編集]

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

デビスカップ・フェドカップ[編集]

日本[編集]

バイアスロン[編集]

バスケットボール[編集]

バドミントン[編集]

バレーボール[編集]

ハンドボール[編集]

プロレス[編集]

ボクシング[編集]

プロボクシング[編集]

日本のジム所属選手の世界戦[編集]

詳細はタイトルマッチを参照

年間表彰選手[編集]

詳細は年間表彰選手を参照

モータースポーツ[編集]

四輪カテゴリー[編集]

二輪カテゴリー[編集]

野球[編集]

ラグビー[編集]

国際大会[編集]

全日本選手権[編集]

ジャパンラグビートップリーグ[編集]

日本の学生ラグビー[編集]

陸上競技[編集]

駅伝[編集]

マラソン[編集]

レスリング[編集]

スポーツの賞[編集]

その他のスポーツ[編集]

誕生[編集]

死去[編集]