1983年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

アイスホッケー[編集]

大相撲[編集]

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

ワトソンが全英オープンで、2年連続5度目の優勝。この大会で数々の記念碑を樹立してきたワトソンの最後のメジャー優勝になる。

世界4大大会(女子)[編集]

第25回ライダーカップ[編集]

日本[編集]

サッカー[編集]

自転車競技[編集]

トラックレース[編集]

ロードレース[編集]

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

女子のナブラチロワが全盛期に入る。コナーズは全米オープンで2年連続5度目の優勝。全仏オープンの男子シングルスで、ノアが地元の男子選手として37年ぶりの優勝を飾ったが、これを最後にフランス人のテニス選手は4大大会の男子シングルス優勝がない。

バレーボール[編集]

プロレス[編集]

決勝戦でのアントニオ猪木の“舌出し失神事件”は、一般マスコミも取り上げるほど問題となった。

モータースポーツ[編集]

野球[編集]

  • 巨人戦の年間平均視聴率が史上最高の27.1%を記録する。

ラグビー[編集]

陸上競技[編集]

誕生[編集]

死去[編集]