1980年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

第13回レークプラシッドオリンピック
順位 国・地域名
1 ソビエト連邦 10 6 6 22
2 東ドイツ 9 7 7 23
3 アメリカ 6 4 2 12
4 オーストリア 3 2 2 7
5 スウェーデン 3 0 1 4
6 リヒテンシュタイン 2 2 0 4
7 フィンランド 1 5 3 9
8 ノルウェー 1 3 6 10
9 オランダ 1 2 1 4
10 スイス 1 1 3 5
詳細はレークプラシッドオリンピックを参照
第22回モスクワオリンピック
順位 国・地域名
1 ソビエト連邦 80 69 46 195
2 東ドイツ 47 37 42 126
3 ブルガリア 8 16 17 41
4 キューバ 8 7 5 20
5 イタリア 8 3 4 15
6 ハンガリー 7 10 15 32
7 ルーマニア 6 6 13 25
8 フランス 6 5 3 14
9 イギリス 5 7 9 21
10 ポーランド 3 14 15 32
詳細はモスクワオリンピックを参照

アイスホッケー[編集]

アメリカンフットボール[編集]

大相撲[編集]

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

全米オープンで、青木功が日本人選手のメジャー最高位となる2位入賞。ニクラスとの一騎打ちで評価を高めた。

日本[編集]

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

ボルグがウィンブルドン選手権で前人未踏の大会「5連覇」を達成。マッケンローとの「3時間55分」に及ぶ決勝戦は、テニス史上最高の名勝負として語り継がれている。

サッカー[編集]

自転車競技[編集]

トラックレース[編集]

ロードレース[編集]

バスケットボール[編集]

バレーボール[編集]

野球[編集]

ラグビー[編集]

誕生[編集]

死去[編集]