松村勝美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松村 勝美
Katsumi Matsumura
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1944年3月8日(70歳)
出身地 大阪府八尾市
ラテン文字 Katsumi Matsumura
身長 173cm
体重 73kg
選手情報
ポジション セッター
 
獲得メダル
オリンピック
1964 女子バレーボール
1972 女子バレーボール
世界選手権
1962 女子バレーボール
1967 女子バレーボール
1970 女子バレーボール
テンプレートを表示

松村 勝美(まつむら かつみ、現姓:千葉、1944年3月8日 - )は日本の元バレーボール選手。

来歴[編集]

大阪府八尾市出身。校内バレーボール大会で優勝したのが、先生の目にとまり、中学2年からバレーボールを始める。3年次には激戦区大阪の府内大会で3位を経験する。この時に会場にきていた四天王寺高校監督の小島孝治(当時)に誘われて四天王寺高校に入学する。

四天王寺高校在学中は、国体インターハイで全国優勝4回に貢献した。1962年日紡貝塚に入社。1964年東京オリンピックでは金メダル、1972年ミュンヘンオリンピックでは主将として銀メダルを獲得した。1972年国体を最後に現役を引退した。

1973年に警視庁警察官剣道家千葉仁と結婚[1]。現在はジュニア向けバレーボール教室の講師を務めることもある[1]

東京とミュンヘンの2回のオリンピックに出場した、唯一の日本女子バレーボール選手である。東京オリンピックの選手村で散歩中に円谷幸吉陸上競技選手)と知り合い、円谷が急逝するまで文通をするなど親交があった[1]

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
市立龍華中四天王寺高校ニチボー貝塚/ユニチカ貝塚(1962-1972年)
  • 全日本代表としての主な国際大会出場歴
  • 受賞歴
    • 1968年 - 第2回日本リーグ 敢闘賞、レシーブ賞
    • 1969年 - 第3回日本リーグ 最高殊勲選手賞、ベスト6
    • 1970年 - 第4回日本リーグ レシーブ賞、ベスト6
    • 1971年 - 第5回日本リーグ 最高殊勲選手賞、レシーブ賞、サーブ賞、ベスト6

脚註[編集]