1995年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1995年

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

アイスホッケー[編集]

アメリカンフットボール[編集]

大相撲[編集]

九州場所の優勝決定戦で“若貴対決”が実現し、兄の若乃花が優勝を飾った。

競馬[編集]

日本のGI競走[編集]

中央競馬

JRA賞[編集]

  • 年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬 マヤノトップガン
  • 最優秀3歳牡馬 バブルガムフェロー
  • 最優秀3歳牝馬 ビワハイジ
  • 最優秀4歳牝馬 ダンスパートナー
  • 最優秀5歳牡馬 サクラチトセオー
  • 最優秀5歳以上牝馬 ヒシアマゾン
  • 最優秀短距離馬 ヒシアケボノ
  • 最優秀父内国産馬 フジヤマケンザン
  • 最優秀ダートホース ライブリマウント
  • 最優秀障害馬 リターンエース
  • 最優秀アラブ ムーンリットガール
  • 特別賞 ライスシャワー
  • 最多勝利騎手・最多賞金獲得騎手 武豊
  • 最高勝率騎手 岡部幸雄

リーディングサイアー[編集]

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

マスターズで尾崎将司が自己ベストスコア(-1, 287ストローク)を出した(順位は29位タイ)。この時第3ラウンドを、当時19歳のアマチュア選手だったタイガー・ウッズと一緒に回っている。全英オープンは名門セント・アンドルーズにて開催。

世界4大大会(女子)[編集]

日本[編集]

サッカー[編集]

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

バスケットボール[編集]

バレーボール[編集]

プロレス[編集]

野球[編集]

ラグビー[編集]

神戸製鋼7連覇達成

誕生[編集]

死去[編集]