1963年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1963年 | 1963年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 読売ジャイアンツ 83 55 2 .601 -
2位 中日ドラゴンズ 80 57 3 .584 2.5
3位 阪神タイガース 69 70 1 .496 14.5
4位 国鉄スワローズ 65 73 2 .471 18.0
5位 大洋ホエールズ 59 79 2 .428 24.0
6位 広島カープ 58 80 2 .420 25.0
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 西鉄ライオンズ 86 60 4 .589 -
2位 南海ホークス 85 61 4 .582 1.0
3位 東映フライヤーズ 76 71 3 .517 10.5
4位 近鉄バファローズ 74 73 3 .503 12.5
5位 毎日大映オリオンズ 64 85 1 .430 23.5
6位 阪急ブレーブス 57 92 1 .383 30.5

日本シリーズ[編集]

  • 読売ジャイアンツ (4勝3敗) 西鉄ライオンズ

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 長嶋茂雄 巨人   野村克也 南海  
最優秀新人 該当者なし
首位打者 長嶋茂雄 巨人 .341 J.ブルーム 近鉄 .335
本塁打王 王貞治 巨人 40本 野村克也 南海 52本
打点王 長嶋茂雄 巨人 112点 野村克也 南海 135点
最多安打 長嶋茂雄 巨人 163本 広瀬叔功 南海 187本
盗塁王 高木守道 中日 50個 広瀬叔功 南海 45個
最優秀防御率 柿本実 中日 1.70 久保征弘 近鉄 2.36
最多勝利 金田正一 国鉄 30勝 稲尾和久 西鉄 28勝
最多奪三振 金田正一 国鉄 287個 稲尾和久 西鉄 226個
最高勝率 山中巽 中日 .714 田中勉
森中千香良
西鉄
南海
.680

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 金田正一 国鉄 稲尾和久 西鉄
捕手 森昌彦 巨人 野村克也 南海
一塁手 王貞治 巨人 榎本喜八 大毎
二塁手 高木守道 中日 J.ブルーム 近鉄
三塁手 長嶋茂雄 巨人 小玉明利 近鉄
遊撃手 古葉毅 広島 小池兼司 南海
外野手 江藤愼一 中日 張本勲 東映
近藤和彦 大洋 広瀬叔功 南海
藤井栄治 阪神 山内一弘 大毎

オールスターゲーム[編集]

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

  • 6月15日 - 【MLB】サンフランシスコ・ジャイアンツのホワン・マリシャルが対ヒューストン・コルト45s戦においてノーヒットノーランを達成、スコアは1対0

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

  • 11月4日 - 日本シリーズの第7戦が平和台において行われ、巨人が西鉄を18対4で勝利し、2年ぶり10度目の日本一達成。

12月[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1位の関西大が「西川事件」により優勝取り消しとなったため。
  2. ^ この年は、6月12日東映フライヤーズ対南海、9月26日の読売ジャイアンツ広島東洋カープ戦においても濃霧による試合中止が発生