マイク・グリーンウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・グリーンウェル
Mike Greenwell
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ケンタッキー州ルイビル
生年月日 1963年7月18日(51歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 左翼手
プロ入り 1982年 MLBドラフト3巡目
初出場 MLB / 1985年9月5日
NPB / 1997年5月3日
最終出場 MLB / 1996年9月28日
NPB / 1997年5月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイク・グリーンウェルMichael Lewis "Mike" Greenwell , 1963年7月18日 - )は、アメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビル出身の元プロ野球選手外野手)・カーレーサー。愛称は「ザ・ゲーター」。

来歴・人物[編集]

レッドソックス時代[編集]

1982年MLBドラフト3巡目でボストン・レッドソックスに指名され契約。1985年9月5日にメジャーデビュー。1996年までの12年間、レッドソックス伝統の左翼手としてプレーした。

メジャー2年目の1986年にはまだレギュラーではなかったが、ニューヨーク・メッツとのワールドシリーズにも出場。1988年には打率打点で3位、勝利打点(当時は表彰タイトル)はメジャー新記録の23を挙げて1位、出塁率2位、長打率5位、敬遠四球1位という成績を挙げ、シルバースラッガー賞を受賞。MVP投票でも2位に食い込んでいる(受賞者はホセ・カンセコ)。その後も1989年に打率9位、1993年には打率5位を記録するなど、メジャー通算打率.303という記録を残した好打者で、MLBオールスターゲームにも2度出場している。

特筆すべきは三振(364)よりも四球(460)の方が多い事。12.70打数に1三振で、現在のメジャーで三振が少ない事で知られるイチローでも、2013年までに9.82打数で1三振(8,605打数876三振)である。また、イチローの四球は544である。

阪神時代[編集]

1997年に球団史上最高額の年俸3億円超という条件で阪神タイガースに入団し、来日。超大物助っ人として阪神ファンの期待も高かった。当時の阪神甲子園球場電光掲示板には7文字も入らなかったため、グリーンウェル入団にあたり電光掲示板を変えた。ところがシーズン前の春季キャンプ途中で背中の痛みを訴え一時帰国してしまい、再度来日したのは4月下旬のことだった。その頃チームは4番候補が不在でどうにもならない状態だった。5月3日の対広島戦にようやく公式戦初出場し、満足なトレーニングも積まない状態でのデビューながら、決勝打を含む2安打2打点と活躍する。

しかし、それからわずか8日しかたっていない5月11日の対巨人戦で自打球を右足甲に当て骨折すると、「野球を辞めろという神のお告げ」と突然引退を宣言し、5月16日には帰国してしまう。これを受けて当時の吉田義男監督は「嵐のように来て嵐のように去っていった、つむじ風のような男だった」とコメント。試合に出た時期が時期だっただけに「GreenWellじゃなくてGoldenWeekだ」等と揶揄された。チームメイトの久慈照嘉は「外野からの返球がチェンジアップだった」と言っていた。

阪神球団はグリーンウェルを迎えるにあたり、家賃は月150万とも200万とも言われる超高級マンションを用意した。しかし、球団が用意したこのマンションに対し、彼は「狭い」とクレームをつけた。そのため球団は隣の部屋をもう1部屋借り、壁を取り払って2倍の広さにすることで対応した。結局、球団は居住期間1ヶ月にも満たない選手のために、拡張と原状回復の2度のマンション工事の費用を支払うハメになった。

上記の理由から阪神ファンだけではなく他球団のファンからも「(歴代の12球団に来た外国人選手の中で)史上最悪の詐欺師」と揶揄されていた。

引退後しばらくしてから、契約不履行を理由に損害賠償請求を阪神から求められる。この損害賠償問題は古巣のレッドソックスをも巻き込みメジャーリーグでも騒動として扱われ、マスコミに大きく報じられた。

ランディ・バースはこの件で「最初からプレーする気はない人で、日本の練習のきつさにはなれないだろう」と、予想していた。

なお、星野仙一が阪神監督時代の2002年に、サンケイスポーツなどのスポーツ紙記者との雑談(俗に「星野語録」などとして記事化)で、グリーンウェルに関して次のような回想をしている。「グリーンウェルは、当初は中日と契約するはずだった。しかし自分と親しい大リーグ事情に詳しい人物に『彼(グリーンウェル)を獲るのか? やめておけ。彼は日本でゴルフがしたいだけだ』と止められたので結局獲らなかった、そうしたらしばらくして阪神が契約した」。

引退後[編集]

引退宣言の後で「引退して農場を経営する」「これからは家族のために頑張る」等と話していた。現在はフロリダに甲子園球場の20倍もの広大な“マイク・グリーンウェルズ・ファミリー・ファン・パーク”という遊園地を建設し、そのオーナーとなっている。

また2005年には、ステロイド剤の使用を告白したカンセコに対して「彼のせいで1988年に自分がMVPになれなかった」と非難し、「ステロイド使用の選手はMVPから除外すべきだ」等と主張した記事で久々に日本のメディアに登場した。カンセコとグリーンウェルは1995年から1996年までレッドソックスで一緒にプレーしている。

2006年NASCARのレーサーとなり、クラフツマントラックシリーズにグリーンライツレーシングの一員として2戦に参戦した。

2008年2月25日、ボストン・レッドソックスのチーム殿堂入りが発表された。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 BOS 17 34 31 7 10 1 0 4 23 8 1 0 0 0 3 1 0 4 0 .323 .382 .742 1.124
1986 31 40 35 4 11 2 0 0 13 4 0 0 0 0 5 0 0 7 1 .314 .400 .371 .771
1987 125 456 412 71 135 31 6 19 235 89 5 4 0 3 35 1 6 40 7 .328 .386 .570 .956
1988 158 693 590 86 192 39 8 22 313 119 16 8 0 7 87 18 9 38 11 .325 .416 .531 .946
1989 145 641 578 87 178 36 0 14 256 95 13 5 0 4 56 15 3 44 21 .308 .370 .443 .813
1990 159 682 610 71 181 30 6 14 265 73 8 7 0 3 65 12 4 43 19 .297 .367 .434 .801
1991 147 598 544 76 163 26 6 9 228 83 15 5 1 7 43 6 3 35 11 .300 .350 .419 .769
1992 49 202 180 16 42 2 0 2 50 18 2 3 0 2 18 1 2 19 8 .233 .307 .278 .585
1993 146 603 540 77 170 38 6 13 259 72 5 4 2 3 54 12 4 46 17 .315 .379 .480 .859
1994 95 374 327 60 88 25 1 11 148 45 2 2 0 5 38 6 4 26 12 .269 .348 .453 .800
1995 120 525 481 67 143 25 4 15 221 76 9 5 0 4 38 4 2 35 18 .297 .349 .459 .808
1996 77 318 295 35 87 20 1 7 130 44 4 0 0 3 18 3 2 27 11 .295 .336 .441 .777
1997 阪神 7 29 26 2 6 1 1 0 9 5 0 0 0 0 3 0 0 0 4 .231 .310 .346 .656
MLB:12年 1269 5166 4623 657 1400 275 38 130 2141 726 80 43 3 41 460 79 39 364 136 .303 .368 .463 .831
NPB:1年 7 29 26 2 6 1 1 0 9 5 0 0 0 0 3 0 0 0 4 .231 .310 .346 .656
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

MLB

記録[編集]

MLB
NPB

背番号[編集]

  • 39 (1985年 - 1997年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]