トニー・ラルーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トニー・ラルーサ
Tony La Russa
Tony La Russa May 2008.jpg
2008年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州タンパ
生年月日 1944年10月4日(69歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1962年 アマチュアフリーエージェント
初出場 1963年5月10日
最終出場 1973年4月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2014年
選出方法 ベテランズ委員会選出

トニー・ラルーサAnthony La Russa, Jr. , 1944年10月4日 - )は、MLBの元選手、監督英語スペイン語バイリンガルである。

略歴[編集]

フロリダ州タンパで生まれ、高校卒業後の1962年に内野手としてカンザスシティ・アスレチックスと契約し、翌1963年5月10日にメジャーデビュー。しかし2年目のシーズンオフに痛めた右腕が完治せず、選手としては大成することなく終わる。選手時代のほとんどをオークランド・アスレチックス、アトランタ・ブレーブスピッツバーグ・パイレーツシカゴ・ホワイトソックスセントルイス・カージナルスシカゴ・カブスなどのマイナーで送る。1973年4月6日の試合に代走で出場したのが最後のメジャー出場となった。

監督になる前にロースクールに通い、フロリダ州立大学から法務博士学位を得たが、法曹界には入らなかった。1979年のシーズン中に、34歳の若さでシカゴ・ホワイトソックスの監督に就任。1983年にはアメリカンリーグ西地区を制し、最優秀監督賞を受賞。同年はリーグチャンピオンシップシリーズボルチモア・オリオールズに敗れる。その後1986年のシーズン中にホワイトソックスが26勝38敗とつまづいた責任を問われ、解雇される。

ホワイトソックスから解雇された3週間後にオークランド・アスレチックスの監督に就任する。マーク・マグワイアホセ・カンセコの通称バッシュ・ブラザースを擁して、1988年から1990年まで三年連続でワールドシリーズにチームを導き、1989年にはサンフランシスコ・ジャイアンツを降してワールドシリーズを制覇する。1988年に二度目、1992年に三度目の最優秀監督賞に輝く。

1995年にアスレチックスの監督を辞任、そのままセントルイス・カージナルスの監督に就任し、1996年、2000 - 2002年、2004 - 2006年の7回ナショナルリーグの中地区優勝を果たす。2004年には105勝でカージナルス監督として初のワールドシリーズ進出を果たすが、ボストン・レッドソックスに4連敗を喫し、翌2005年は2年連続100勝を記録するもヒューストン・アストロズリーグチャンピオンシップシリーズで敗退。2006年は怪我人続出によって83勝で辛うじて地区優勝を果たすなど下馬評は高くなかったものの、ディビジョンシリーズサンディエゴ・パドレスを3勝1敗、リーグチャンピオンシップシリーズニューヨーク・メッツを激闘の末4勝3敗で下し、ワールドシリーズでもデトロイト・タイガースを4勝1敗で破ってカージナルスに24年ぶり10回目の世界一をもたらし、これによりラルーサはスパーキー・アンダーソンに続き史上2人目の両リーグでのワールドシリーズ優勝監督となった。また、対戦相手デトロイト・タイガースの監督ジム・リーランド1997年のワールドシリーズフロリダ・マーリンズを率いてワールドチャンピオンになった経験があり、どちらが勝っても両リーグでのワールドシリーズ優勝監督となっていた。

2011年は前半戦を首位に立ちながら8月に失速、中地区1位のミルウォーキー・ブルワーズには10.5ゲーム差、ワイルドカード争いをしていたブレーブスにも8.5ゲーム差をつけられた。しかしそこからブレーブスとの直接対決で3連勝するなどし、最終戦でワイルドカードを奪取。ディビジョンシリーズではレギュラーシーズンで両リーグ最高勝率を記録し世界一候補の筆頭だったフィラデルフィア・フィリーズを3勝2敗で退けると、リーグチャンピオンシップシリーズではブルワーズを4勝2敗で撃破。テキサス・レンジャーズとのワールドシリーズは2度もあと1ストライクで敗退という状況から勝利を収めた第6戦など、激闘を演じた末4勝3敗で勝利した。ポストシーズン史上最多の投手を起用する、「マイクロマネージ」と呼ばれる細かな継投策が目立った。

10月31日、監督引退を表明した[1]。引退は8月に決めており、理由を「いくつかの要因が重なった結果」と説明した。

2012年1月24日、2012年オールスター戦のナ・リーグ監督を務めることが発表され、試合は8-0でナ・リーグが快勝した。退任した人物が監督を務めたのは1933年の第1回オールスターでナ・リーグを率いたジョン・マグロー以来2人目となった[2]

また、2012年5月1日には自身の背番号『10』がカージナルスの永久欠番に指定されている[3]2014年ベテランズ委員会の選考によりアメリカ野球殿堂入りを果たした。

2014年5月17日よりアリゾナ・ダイヤモンドバックスの編成部門の最高責任者に就任[4]

監督としての特徴[編集]

監督としての通算成績は2728勝2365敗、勝率5割3分5厘で、勝利数は歴代でもコニー・マック(3731勝3948敗)、ジョン・マグロー(2763勝1947敗)に次ぐ第3位の数字で、そのうちカージナルスでは1408勝1182敗、勝率5割4分4厘の成績を収めた。また、前述の通り、ア・リーグとナ・リーグの両リーグでワールドチャンピオンに輝いた史上2人目の監督であり、両リーグを制覇した史上6人目の監督である。さらに、両リーグで最優秀監督賞を受賞した2人目の監督でもある。

マイケル・ルイス著「マネーボール」で取り上げられた、オークランド・アスレチックスを代表とするビッグボールに対抗し、犠牲バント盗塁等の小技を用いるスモールボールを中心とした。また、カージナルス在籍時にラルーサの指揮を受けた田口壮はラルーサを、最も説明能力が高く、また最も先を読む目があった監督だったと評している。

2006年にワールドチャンピオンを制した際には、田口のほかデビッド・エクスタインらによる小技を多用していた。ラルーサの監督術についてはジョージ・ウィル著『野球術』(原題: Men At Work )の「監督編」に詳述されている。

表彰[編集]

  • ア・リーグ最優秀監督賞:3回(1983年、1988年、1992年)
  • ナ・リーグ最優秀監督賞:1回(2002年)

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1963 KCA
OAK
34 53 44 4 11 1 1 0 14 1 0 0 1 1 7 0 0 12 0 .250 .346 .318 .664
1968 5 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .333 .333 .333 .667
1969 8 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1970 52 123 106 6 21 4 1 0 27 6 0 0 0 1 15 1 1 19 0 .198 .301 .255 .556
1971 23 8 8 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
ATL 9 8 7 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2 .286 .375 .286 .661
'71計 32 16 15 4 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 5 2 .133 .188 .133 .321
1973 CHC 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:6年 132 203 176 15 35 5 2 0 44 7 0 0 1 2 23 1 1 37 2 .199 .292 .250 .542
  • KCA(カンザスシティ・アスレチックス)は、1968年にOAK(オークランド・アスレチックス)に球団名を変更

年度別監督成績[編集]

年度 球団 地区 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/チーム数 備考
1979 CWS AL 西 54 27 27 .500 5 / 7 途中就任
1980 162 70 90 .438 5 / 7  
1981 53 31 22 .585 3 / 7 前期
53 23 30 .434 6 / 7 後期
1982 162 87 75 .537 3 / 7  
1983 162 99 63 .611 1 / 7 ALCS敗退
1984 162 74 88 .457 5 / 7  
1985 163 85 77 .525 3 / 7  
1986 64 26 38 .406 5[5] / 7 途中解任
OAK 79 45 34 .570 3 / 7 途中就任
1987 162 81 81 .500 3 / 7  
1988 162 104 58 .642 1 / 7 WS敗退
1989 162 99 63 .611 1 / 7 WS優勝 
1990 162 103 59 .636 1 / 7 WS敗退
1991 162 84 78 .519 4 / 7  
1992 162 96 66 .593 1 / 7 ALCS敗退 
1993 162 68 94 .420 7 / 7  
1994 114 51 63 .447 2 / 4  
1995 144 67 77 .465 4 / 4  
1996 STL NL 中 162 88 74 .543 1 / 5 NLCS敗退
1997 162 73 89 .451 4 / 5  
1998 162 83 79 .512 3 / 6  
1999 161 75 86 .466 4 / 6  
2000 162 95 67 .586 1 / 6 NLCS敗退
2001 162 93 69 .574 2 / 6 NLDS敗退
2002 162 97 65 .599 1 / 6 NLCS敗退 
2003 162 85 77 .525 3 / 6  
2004 162 105 57 .648 1 / 6 WS敗退
2005 162 100 62 .617 1 / 6 NLCS敗退
2006 161 83 78 .516 1 / 6 WS優勝
2007 162 78 84 .481 3 / 6  
2008 162 86 76 .531 4 / 6  
2009 162 91 71 .562 1 / 6 NLDS敗退
2010 162 86 76 .531 2 / 6  
2011 162 90 72 .556 2 / 6 WS優勝 
通算:33年 5096 2728 2365 .535   
  • 2011年度シーズン終了時

脚注[編集]

外部リンク[編集]