スコット・スピージオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコット・スピージオ
Scott Spiezio
DSC00826 Scott Spiezio.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国 イリノイ州
生年月日 1972年9月21日(41歳)
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手
プロ入り 1993年 ドラフト6巡目
初出場 1996年9月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

スコット・スピージオScott Edward Spiezio, 1972年9月21日 - )はメジャーリーグ選手(主に三塁手)。アメリカイリノイ州ジョリエット出身。右投両打。

ポジションは主にサードファーストで、他にセカンドレフトライトとしてのプレー経験がある。2007年には、ピッチャーとして登板した。

ヤギのようなアゴヒゲと、左腕のタトゥー[1]が特徴。父のエド・スピージオもカージナルスなどでプレーした元メジャーリーグ選手(三塁手)。

経歴[編集]

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校出身。1993年オークランド・アスレチックスからドラフト6巡目で指名され契約。1996年9月14日にメジャーデビュー。三塁のほか二塁・一塁も守り、ユーティリティープレイヤーとして活躍。

2000年アナハイム・エンゼルスに移籍後は、内野のほかライト・レフトも守った。2002年はキャリアハイの140安打、打率.285、出塁率.371を記録。同年のワールドシリーズでは、サンフランシスコ・ジャイアンツに2勝3敗と王手をかけられた第6戦の7回裏、0対5と敗色濃厚の場面で反撃のきっかけとなる3ランホームランを打った。8回裏にはトロイ・グロースが逆転3ランを打ち6対5で勝利。第7戦も勢いに乗って勝利し、エンゼルスのワールドシリーズ初制覇に貢献した。ポストシーズンは地区シリーズから合計16試合で19打点を挙げ、この1ポストシーズン19打点の記録は、1997年サンディー・アロマー・ジュニアインディアンス)と並ぶ最多タイ記録である。

2003年シーズン後、三塁手が手薄となっていたシアトル・マリナーズに移籍。

2004年は開幕から正三塁手としてプレーするも、同じく前年オフに移籍してきたリッチ・オーリリア、この年で引退する主砲エドガー・マルティネスとともに打撃不振に陥り、シーズンが終わるまで復調することはなかった。結局、112試合に出場し、打率.215と低調な数字に終わった。

2005年は、前年オフにリッチー・セクソンエイドリアン・ベルトレの両大砲を獲得したことにより、出場機会が激減した。29試合の出場で打率.064に終わり、8月19日に解雇。

2006年2月にカージナルスとマイナー契約を結び、春季キャンプで活躍。開幕ロースター入りを果たし、エンゼルス時代のチームメイトデビッド・エクスタインと再び同じチームでプレーすることとなった。代打や三塁手スコット・ローレンの控えなどで出場し、チームはプレーオフに進出。ニューヨーク・メッツとのリーグチャンピオンシップシリーズでは、第2戦で同点2点タイムリー三塁打、第3戦で先制2点タイムリー三塁打を打つなど計5打点を挙げ、4勝3敗でメッツを破った。デトロイト・タイガースとのワールドシリーズでは4打数ノーヒットに終わったものの、カージナルスが4勝1敗でタイガースを破り、自身2個目のチャンピオンリングを手にした。シーズン後、カージナルスと2年契約を結んだ。

2007年6月15日のアスレチックス戦で、自身初の投手を経験。8回裏、3対14と大差で負けている場面で4番手として登板し、打者4人を内野ゴロ・四球・レフトファウルフライ・ライトフライで1イニングを無失点に抑えた。これにより、まだ守っていないポジションはキャッチャー・ショート・センターの3つとなった。

しかし2008年2月27日、飲酒運転など6つの罪で逮捕状が出ていることが発覚しセントルイス・カージナルスから解雇された[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1996 OAK 9 35 29 6 9 2 0 2 17 8 0 1 2 0 4 1 0 4 0 .310 .394 .586 .980
1997 147 590 538 58 131 28 4 14 209 65 9 3 3 4 44 2 1 75 13 .243 .300 .388 .688
1998 114 461 406 54 105 19 1 9 153 50 1 3 7 2 44 3 2 56 10 .259 .333 .377 .709
1999 89 283 247 31 60 24 0 8 108 33 0 0 1 3 29 3 2 36 5 .243 .324 .437 .761
2000 ANA 123 345 297 47 72 11 2 17 138 49 1 2 1 4 40 2 3 56 5 .242 .334 .465 .799
2001 139 503 457 57 124 29 4 13 200 54 5 2 3 4 34 4 5 65 6 .271 .326 .438 .764
2002 153 571 491 80 140 34 2 12 214 82 6 7 3 6 67 7 4 52 12 .285 .371 .436 .807
2003 158 581 521 69 138 36 7 16 236 83 6 3 2 7 46 8 5 66 12 .265 .326 .453 .779
2004 SEA 112 415 367 38 79 12 3 10 127 41 4 1 2 6 36 2 4 60 7 .215 .288 .346 .634
2005 29 51 47 2 3 1 0 1 7 1 0 0 0 0 4 0 0 18 1 .064 .137 .149 .286
2006 STL 119 321 276 44 75 15 4 13 137 52 1 0 1 2 37 1 5 66 1 .272 .366 .496 .862
2007 82 257 223 31 60 14 0 4 86 31 0 1 0 3 27 2 4 40 5 .269 .354 .386 .740
通算:12年 1274 4413 3899 517 996 225 27 119 1632 549 33 23 25 41 412 35 35 594 77 .255 .329 .419 .747

脚注[編集]

外部リンク[編集]