ヒュー・ダフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒュー・ダフィー
Hugh Duffy
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ロードアイランド州クランストン
生年月日 1866年11月26日
没年月日 1954年10月19日(満87歳没)
身長
体重
5' 7" =約170.2 cm
168 lb =約76.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
初出場 1888年6月23日
最終出場 1906年4月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1945年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ヒュー・ダフィー(Hugh Duffy, 1866年11月26日 - 1954年10月19日) は、19世紀のアメリカメジャーリーグでプレーした選手。主なポジションは中堅手だが、投手以外のポジションはすべてこなした。ロードアイランド州クランストン生まれ。右投げ右打ち。ニックネームは"Sir Hugh"(ヒュー卿)。メジャーリーグにおける史上3人目の三冠王となり、19世紀の参考記録扱いながら、シーズン打率.440を記録した。

略歴[編集]

1888年にシカゴ・ホワイトストッキングス(現シカゴ・カブス)からデビューし、2年目からレギュラーの右翼手となった。1890年年に結成されたプレイヤーズ・リーグに移籍し、シカゴ・パイレーツでリーグの最多安打と最多得点を記録する活躍を見せたが、プレイヤーズ・リーグは1年で解散。1891年アメリカン・アソシエーションのボストン・レッズでプレーし、この年は110打点を上げリーグ打点王になっている。

1892年ナショナルリーグのボストン・ビーンイーターズ(現アトランタ・ブレーブス)に移籍、この頃には打率3割以上をコンスタントに打てる打者になっていた。更に1893年に投手-本塁間の距離を現在と同じ60フィート6インチとするルール改正によって、ダフィーの打率は更に上昇した。1893年には131試合で203安打を放ち.363の打率を残す。翌1894年は彼のキャリア最高の年で、125試合で237安打し、近代野球以前のメジャーリーグシーズン歴代最高打率.440を記録するなど、安打数、打点、本塁打、二塁打数でリーグ最高の数字を記録した。[1]この年ダフィーが「三冠王」であったことは、後年になって記録を調べなおされた際判明する。打点はサム・トンプソンが147打点で1位であるとする説もあるが公式にはダフィーが1位のままである。

同年のオフ、彼は当然年俸が上がると思って交渉の席についた。しかしオーナーのアーサー・ソーデンはなんとそれを拒否した。翌年彼が.352を打つと、ソーデンはようやく重い腰を上げた。しかしその額はたったの150ドルだった。そしてソーデンは彼をキャプテンに任命した。チームの規定で、器具がなくなっていたりしたら彼が代金を支払うことになっており、シーズン終了後彼は150ドル以上の代金を支払わされることになったという。

当時ボストンはダフィーと後に殿堂入りするトミー・マッカーシーの二人の外野手が突出した活躍をしており、彼らは"ヘブンリー・ツインズ"(ふたご座の意)と呼ばれていた。1895年にマッカーシーはチームを離れ、「ふたご座」の後釜にはビリー・ハミルトンが座る。彼らがチームを牽引し、1890年代にボストンは5度のリーグ制覇[2]を成し遂げる。

ダフィーは1897年にリーグ最多の11本塁打を放つなど、1900年までボストンに在籍、その後1901年に、アメリカンリーグのミルウォーキー・ブルワーズ(現ボルチモア・オリオールズ)で監督兼任選手となるが、チームの成績は振るわなかった。先の移籍とあわせ、ダフィーは4つのリーグでプレーしたことになる。

1902年と1903年に一時メジャーリーグからはなれ、1906年にフィリーズで引退。以後ホワイトソックスやレッドソックス、マイナーリーグの監督等を歴任したが、優勝争いに顔を出すことは少なかったようである。1920年にマイナーリーグのトロントを指揮した時には、7割を超える勝率を上げたものの、2位に終わった。メジャーリーグに最後に関わったのは1939年で、この時はレッドソックスの一塁コーチを務めていた。

1945年、ベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。1954年ボストンにて死去。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明の箇所があることを示す。

































O
P
S
1737 7042 2293 325 119 106 1552 1302 574 211* 662 29 104* .324 .384 .449 .833

獲得タイトル・記録[編集]

監督としての戦績[編集]



















1901 MIL AL 139 48 89 .350 8位 選手兼任
1904 PHI NL 155 52 100 .342 8位
1905 155 83 69 .546 4位
1906 154 71 82 .464 4位
1910 CHW AL 156 68 85 .444 6位
1911 154 77 74 .510 4位
1921 BOS 154 75 79 .487 5位
1922 154 61 93 .396 8位
通算成績 1221 535 671 .444

脚注[編集]

  1. ^ 1894年はナショナルリーグ全体の打率が.309と、極端に打高投低の年でもあった。
  2. ^ 1892年は前後期制で行われ、ボストンは前期1位、後期2位の戦績だった。
  3. ^ 内訳は539打数237安打。アメリカ野球殿堂の額の記載は".438"となっている。

出典・外部リンク[編集]