バック・ユーイング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バック・ユーイング
Buck Ewing
BuckEwing.jpeg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州ホーグランド
生年月日 1859年10月17日
没年月日 1906年10月20日(満47歳没)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
188 lb =約85.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
初出場 1880年9月9日
最終出場 1897年5月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1939年
選出方法 ベテランズ委員会選出

バック・ユーイング(William "Buck" Ewing, 1859年10月17日 - 1906年10月20日)は、19世紀にアメリカメジャーリーグで活躍した選手。主なポジションは捕手だが、現役時代は全てのポジションをこなしている。オハイオ州生まれ。右投げ右打ち。

略歴[編集]

1880年、トロージャンズからデビュー。1883年にニューヨーク・ゴサムズに移籍。その年にリーグ最多の10本の本塁打を放つ。これはメジャーリーグ史上最初の二桁本塁打記録となった。翌年に最多三塁打(20本)を記録した。

また守備の能力、特に正確な送球能力を評価されていた。ジョン・フォスターは、これを1938年の著作の中で「本塁から二塁へボールを手渡す」と表現している。 1890年、当時のプレイヤーズ・リーグに移籍した年は、選手兼任監督を勤める。再びナショナルリーグに復帰してからは監督兼任を止めていたが、シンシナティ・レッズに移籍した最初の3年間は、再度監督を兼任している。1897年で選手を引退、1900年まで監督を勤めたが、リーグ制覇は一度もできなかった。

1906年糖尿病によりオハイオ州シンシナティで死去。1939年、ベテラン委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。19世紀の選手としてはキャップ・アンソンとともに最初の殿堂入りであり、また捕手としても最初の殿堂入り選手となった。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]































O
P
S
1315 5363 1625 250 178 71 1129 883 354* 294* 392 9* .303 .351 .456 .807

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

投手成績[編集]

  • 通算:登板数9、2勝3敗、防御率3.45

獲得タイトル・記録[編集]

監督としての記録[編集]



















1890 NYG PL 132 74 57 .565 3
1895 CIN NL 132 66 64 .508 8
1896 128 77 50 .606 3
1897 134 76 56 .576 4
1898 157 92 60 .605 3
1899 157 83 67 .553 6
1900 NYG 63 21 41 .339 8 開幕~7月10日
通算成績 903 489 395 .553

出典・外部リンク[編集]