ニューヨーク・ジャイアンツ (プレイヤーズ・リーグ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ここでは、1890年ニューヨークを本拠地として、プレイヤーズ・リーグに参加していたプロ野球チームである、ニューヨーク・ジャイアンツNew York Giants)について記述する。

球団史[編集]

1890年のプレイヤーズ・リーグ創設時に結成されたチームで、主力選手の多くは、前年にナショナルリーグのニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ・ジャイアンツ)に所属していた。捕手を務めるバック・ユーイングが監督を兼任し、野手ではこの年のリーグ最多本塁打を放ったロジャー・コナーや、ジム・オルークが.360を記録するなどの活躍をした。投手はエド・クレーン、ハンク・オーデイ、ジョン・ユーイング、ティム・キーフの4人がいずれも15勝以上を上げ、チームはプレイヤーズ・リーグで3位の成績を収めた。

同年のプレイヤーズ・リーグの破綻を受け、チームは1年で解散、所属選手の多くはナショナルリーグのニューヨーク・ジャイアンツに戻っていった。

戦績[編集]

※順位は勝率による。

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1890年 PL 132 74 57 .565 3位 バック・ユーイング Polo Grounds

所属した主な選手[編集]

野手
投手

主な球団記録[編集]

打撃記録
  • 通算安打数:172(ジム・オルーク)
  • 通算本塁打:14(ロジャー・コナー)
  • 通算打点数:115(ジム・オルーク)
  • 通算盗塁数:37(ダニー・リチャードソン)
投手記録
  • 通算勝利数:22(ハンク・オーデイ)
  • 通算奪三振:145(ジョン・ユーイング)

出典・外部リンク[編集]