ジョー・マウアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・マウアー
Joe Mauer
ミネソタ・ツインズ #7
AAAA8040 Joe Mauer.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミネソタ州セントポール
生年月日 1983年4月19日(30歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 2002年 MLBドラフト1巡目(全体1位)
初出場 2004年4月5日
年俸 $23,000,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2013年

ジョゼフ・パトリック・マウアーJoseph Patrick Mauer , 1983年4月19日 - )は、アメリカ合衆国ミネソタ州セントポール出身のプロ野球選手捕手)。右投げ左打ち。メジャーリーグベースボールミネソタ・ツインズに所属している。

略歴[編集]

アマチュア、マイナー時代[編集]

マウアーはメトロドームから車で約15分のセントポールで生まれ育った[2]。元マイナーリーガーの祖父に左打ちを教わり、兄2人と共に幼少期から野球を始める。祖父と父親が作った特製の打撃練習器具で卓越したバットコントロールを築きあげた[3]。殿堂入りの大打者ポール・モリターを輩出した地元のクレティン・ダーラム高校に進学。

高校時代はアメリカンフットボールクォーターバック(QB)としても活躍し、チャンピオンシップには2度出場、うち2000年には優勝を遂げている。2000年にはUSAトゥデイ紙が選ぶ年間最優秀オフェンス選手[4]に選出されたほか、ESPNのオールアメリカンにも選出されている。バスケットボールではミネソタ州選抜に2年連続で選ばれ、野球では1999年AAA世界野球選手権大会に出場しアメリカの優勝に貢献し[5]2001年にはアメフトに続いて野球でもUSAトゥデイ紙が選ぶ年間最優秀選手に選出されるなど、卓越した運動神経を持つ。

高校時代に喫した三振は1つのみであり、このことは新聞にも掲載された。この三振はミネソタ州高校野球トーナメントの対エルク・リバー高校戦で、1-1の同点で迎えた6回・満塁でポール・ファイナー投手カーブを空振りしたものである。マウアーはファウルだと思っていたが、主審のコールは空振りだったという。この話を聞いたマリナーズイチロー(高校3年時の三振数が3)は「嘘でしょう?試合数が少ないからじゃない?」と驚嘆の声を上げた[6][7][8]。高校時代の通算打率は.605[9]。また、マウアーは打者として7試合連続本塁打のアメリカ高校タイ記録を持ち、投手として90mph前半(約145km/h~150km/h)の速球を投げ、24イニングで38奪三振の成績を残した[10]

2001年2月にアメリカンフットボールの奨学生としてフロリダ州立大学に進学することが決まった。しかし、MLBドラフトで全体1位指名権を持っていたミネソタ・ツインズは、当初指名予定だった[要出典]マーク・プライアーが契約金を含め総額1,000万ドルを超える高額な契約を要求したこともあって指名の予定を変更し、全体1位でマウアーを指名。515万ドルの契約金を受けたマウアーは、フロリダ州立大への進学を断り、ツインズへの入団を決意した[11]

マイナーリーグでの成長が著しく、ベースボール・アメリカの有望株ランキングでは2002年から3年連続でツインズ傘下最高と評価され、2004年版の有望株ランキングではメジャー全30球団最高の評価を受けた[12]2003年にはベースボール・アメリカ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞に選出されるなど既にメジャークラスでも遜色ないレベルに達していたため、ツインズのフロントは当時正捕手を務めていたA.J.ピアジンスキーサンフランシスコ・ジャイアンツの3選手(ジョー・ネイサンフランシスコ・リリアーノブーフ・ボンサー)とトレードし、正捕手のポストを空けた[5]

ミネソタ・ツインズ時代[編集]

守備に就くマウアー

2004年、開幕戦の4月5日にメジャーデビューを果たし、2安打2打点の活躍だったが、2日後の4月7日に左ひざを故障。6月2日の復帰後も7月15日に再び離脱し、ニューヨーク・ヤンキースとのディビジョンシリーズも出場せず、打率.308と好成績を残しながらも35試合の出場でシーズンを終えた。

2005年、正捕手の座を手に入れたマウアーは131試合に出場し、144安打・打率.294を記録。2006年は6月6日から6月10日にかけて1997年マイク・ピアッツア以来となる5試合連続4出塁以上を達成[13]。6月の月間打率.458を記録し、初の月間MVPを受賞した。シーズン終盤はデレク・ジーターロビンソン・カノとの三つ巴の首位打者争いを制し、打率.347でアメリカンリーグの捕手としては史上初の首位打者を獲得し、チームの地区優勝に貢献した。しかし、オールスターの投票では当初、あまりに無名なため票が入らず、球団はマウアーを売り出すため、自分のもみあげをはがし子供にプレゼントするという球団CM作成[14][2]。最終的に2位に入り、監督推薦で出場した[2]。8月7日にはスポーツ・イラストレイテッド誌の表紙に初登場した。

年俸調停権を得たマウアーに対し、球団は2007年2月11日、4年総額3,300万ドルで契約延長。2010年の新球場の完成まで在籍することとなった[15]。2007年も好調を維持し、4月下旬には4割を上回る打率を記録していたが、腿を痛めて5月5日から故障者リスト入り[16]。1か月後に復帰したものの、打撃では前年ほどの成績は残せなかった。そのため周囲からは「故障に弱い」「フルシーズンを戦う力がない」と批判された[17]。しかし守備面では盗塁阻止率が.475(リーグ1位)に達するなど、素晴らしい成績を残している。

2008年は、シーズン終盤までボストン・レッドソックスダスティン・ペドロイアと首位打者争いを展開。シーズン最終戦を終えた時点で、ア・リーグ唯一の打率.330台を記録した。シカゴ・ホワイトソックスとのワンゲームプレイオフで3打数ノーヒットに終わった為、最終的には.328に終わったが、自身2度目の首位打者のタイトルを獲得した。捕手で2度の首位打者を獲得したのは、アメリカ野球殿堂入りしたアーニー・ロンバルディ(1938年,1942年)以来、史上二人目の記録となった。MVP投票では4位に入った。また、自身初のゴールドグラブ賞を受賞した。

2009年オフには、「ベッドから起き上がれないほど痛かったこともあった」という腎臓を手術。それに加えて、スプリングトレーニング中に生じた背中の痛みの影響で開幕に間に合わず、戦列に加わったのは5月1日になってからであった。しかし、シーズン初打席で本塁打を放つと、そのまま好調を維持し、月間打率.414、11本塁打、32打点の成績でア・リーグ月間MVPを受賞した[18]。その後も高打率を維持し、7月9日に規定打席に到達、それまで打率1位だったイチローを抜いて首位打者に躍り出た。前半戦をリーグトップの打率.373で折り返し、全国紙USAトゥデイはマウアーとイチローのハイレベルな首位打者争いを特集記事で伝えた[19]オールスターにもファン投票で選出され、ア・リーグの「3番・捕手」で先発出場を果たす。また、球宴前日に行われる恒例のホームランダービーにも初出場した。高校時代のコーチを打撃投手に迎え、1次ラウンドでアルバート・プホルスらと並ぶ5本の本塁打を放ったが、タイブレークの結果2次ラウンドには進めなかった[20]。マウアーと同じくホームランダービーへの出場要請を受けながらも辞退したイチローは、マウアーを「あんまり出たくないと思うんだよね、正直な話。やっぱり相当人間ができている」と称賛した[21]7月19日には6打数無安打で打率を大きく下げ、イチローに首位打者の座を明け渡したが、2日後には再逆転[22]。その後は極端な打撃不振に陥ることもなく、首位打者の座を維持し続けて、最終的に打率.365で2年連続3度目の首位打者のタイトルを獲得。2年連続での首位打者は、1999年2000年ノマー・ガルシアパーラ以来となった。また、投票権を持つ記者のうち共同通信の小西慶三を除く全記者からMVP1位票を獲得し[23]、初のリーグMVPに輝いた[24]

2010年限りでツインズとの契約が切れるため去就が注目されていたが、3月21日にツインズと2018年までの8年総額1億8400万ドルで契約を延長した。総額ではアレックス・ロドリゲス(2008年の10年総額2億7500万ドル、2001年の10年総額2億5200万ドル)、デレク・ジーター(10年総額1億8900万ドル)に次ぐ史上4位の大型契約となる。なお、年平均2300万ドルはCC・サバシアと並んで歴代3位タイである。また、捕手としてマイク・ピアッツァが1999年にメッツと結んだ7年総額9100万ドルを大きく上回る最大の契約となり[25]、このためにギネス世界記録に認定された[26]。シーズンでは、テキサス・レンジャーズジョシュ・ハミルトンがシーズン通じて.350を超える高打率を維持し続けた為、自身4度目の首位打者はならなかったものの、リーグ3位となる打率.327を記録し、3年連続で.320以上の打率を記録した。一方、2009年に28本まで増加した本塁打は2年前と全く同じ9本まで減少した。

2013年は、第3回WBCアメリカ代表に選出された。

2013年のシーズン終了後、2014年のシーズンからファーストとして起用されることが発表された。主な理由として、脳震盪といったメジャーリーグのキャッチャーとしての日常的な身体的消耗の考慮したためである[27]

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

卓越したミート力と優れた選球眼を持つ好打者。地元出身のスター選手であり、ミネソタでは絶大な人気を誇る。チームメイトのジャスティン・モルノーとのコンビは「M&M砲」と呼ばれている。バットコントロールに優れ、三振数は少ない。2008年までは長打力のなさを指摘されることが多かったが、2009年は長打力が飛躍的に向上し、長距離砲としても活躍している。突然の本塁打増加については、マウアー本人にも理由がよくわからないというが、モルノーは「あれだけの打者なんだから、これまで二塁打だった打球がフェンスを超えるようになっただけさ」と語っている。[28]。 本塁打の数は相対的に多いわけではないが、大抵は逆方向へ打つ。2009年は28本中16本、2013年は11本中7本を左翼へ飛ばしていることから、十分な長打力を備えていることがわかる。

守備[編集]

守備面では、強肩と堅実なリードを見せる。捕球・送球・ブロック・インサイドワークのいずれも秀でているが、背の高さが仇となってワンバウンドの捕球はさほど上手くない[29]。盗塁阻止に関しては、数こそ少ないものの、成功率は高い。

マウアーは、捕手を「野球でのクォーターバックのようなもの」だと考えており、捕手のポジションに強い拘りを持っている[30]。一方で毎年故障がちで欠場が多く、休養のためにDHで出場することも多い。2011年からは一塁手としても起用されている。また8月19日のヤンキース戦では右翼手としてスタメン出場した。

評価[編集]

レギュラーに定着して6年間で3度首位打者を獲得していることや、守備力もあることから「史上最高の捕手」との呼び声が高い[31]。ツインズのロン・ガーデンハイアー監督は、マウアーの凄いところについて、「10代からスターだったのに、そういうそぶりが全くないところだ」と評している。さらに、「地元出身で期待もプレッシャーも高いのに、最初から動じることもなく、プレーに集中している。試合に臨む姿勢、練習態度、研究熱心さ、どれをとっても素晴らしい。どこまで進化していくのか。本当に楽しみな選手だ」と語っている[3]

特筆[編集]

アメリカンフットボール

野球よりもアメリカンフットボールの人気が高いミネソタ州で育ったため、少年時代はツインズよりも、NFLミネソタ・バイキングスの方が好きだったという。マウアーは「今でもそうだよ(笑)」と冗談交じりに語っている[32]。高校時代には全米有数のクォーターバック(QB)としても活躍。2年目のシーズンから先発QBの座を確保すると、2年間で5,528ヤードのパスを通し、71TDを記録している。USAトゥデイの年間最優秀オフェンス選手に選ばれた2000年には、パスで3,022ヤード獲得、41TD、3INT、パス成功率83.7%(241/288)という素晴らしい成績を残している。複数のスポーツでUSAトゥデイ紙の年間最優秀選手に選ばれた選手はマウアーが史上初であった[10]。その後、マウアーには各大学から奨学金のオファーが殺到し、いったんはカレッジフットボールの強豪フロリダ州立大学への進学が内定していた[33]

もしマウアーが野球ではなくフットボールを選んでいた場合、どうなっていたかと想像を巡らせる人は多い。フットボールを選んでいても、NFL入りしていた可能性は高いとされる。マウアー本人も、フットボールの道に進み、NFL選手として活躍している自分の姿を想像することがあるという[30]

高校時代はジョー・モンタナを意識してプレーしていた。もし今フットボールをプレーするなら、トム・ブレイディニューイングランド・ペイトリオッツ)のようなQBになりたいと語っている[30]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2004 MIN 35 122 107 18 33 8 1 6 61 17 1 0 0 3 11 0 1 14 1 .308 .369 .570 .939
2005 131 554 489 61 144 26 2 9 201 55 13 1 0 3 61 12 1 64 9 .294 .372 .411 .783
2006 140 608 521 86 181 36 4 13 264 84 8 3 0 7 79 21 1 54 24 .347 .429 .507 .936
2007 109 471 406 62 119 27 3 7 173 60 7 1 2 3 57 10 3 51 11 .293 .382 .426 .808
2008 146 633 536 98 176 31 4 9 242 85 1 1 1 11 84 8 1 50 21 .328 .413 .451 .864
2009 138 606 523 94 191 30 1 28 307 96 4 1 0 5 76 14 2 63 13 .365 .444 .587 1.031
2010 137 584 510 88 167 43 1 9 239 75 1 4 0 6 65 14 3 53 19 .327 .402 .469 .871
2011 82 333 296 38 85 15 0 3 109 30 0 0 0 2 32 7 3 38 9 .287 .360 .368 .729
2012 147 641 545 81 174 31 4 10 243 85 8 4 1 3 90 10 2 88 23 .319 .416 .446 .861
2013 113 508 445 62 144 35 0 11 212 47 0 1 0 2 61 7 0 89 7 .324 .404 .476 .880
通算:10年 1178 5060 4378 688 1414 282 20 105 2051 634 43 16 4 45 616 103 137 564 137 .323 .405 .468 .873
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Joe Mauer Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac.com. 2013年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c 鉄矢多美子「放浪見聞録9 “そこまでやるか!?”ネタを追いかける脇道逸れまくり取材」『月刊メジャー・リーグ』2006年10月号、ベースボールマガジン社、2006年、雑誌 08625-10、53項。
  3. ^ a b 出村義和,イチローと首位打者争いを繰り広げるマウアーの素顔,スポーツナビ,2009/07/28
  4. ^ 2000 All-USA football team” (英語). USATODAY.COM. 2009年4月29日閲覧。
  5. ^ a b Joe Mauer Biography” (英語). JockBio. 2008年10月21日閲覧。
  6. ^ スポーツ報知『イチロー2500安打まであと「3」…首位打者マウアーに負けじ4安打』
  7. ^ スポニチ Sponichi Annex 野球 イチロー 6月
  8. ^ 米国の高校野球は地域ごとのリーグ戦形式で行われるため、試合数が少ないということはなく、むしろ公式戦数は日本よりも多い
  9. ^ Joe Mauer's Biography at QuickSwing.com(英語),2009年8月19日閲覧
  10. ^ a b USA's best of 2 sports worlds USA TODAY(英語),2009年8月19日閲覧
  11. ^ Anderson, Kelli (2006年7月8日). “Humble, hardworking and handsome, Minnesota Twins catcher - 08.07.06” (英語). Sports Illustrated. 2009年7月25日閲覧。
  12. ^ All-Time Top 100 Prospects” (英語). BaseballAmerica.com. 2009年7月25日閲覧。
  13. ^ Elias Says ...” (英語). ESPN.com. 2008年7月5日閲覧。
  14. ^ Joe Mauer TV Spot” (英語). YouTube. 2008年10月21日閲覧。
  15. ^ Associated Press (2007年2月12日). “Mauer, Twins avoid arbitration with four-year deal” (英語). ESPN.com. 2009年7月25日閲覧。
  16. ^ Thesier, Kelly (2007年5月6日). “Twins place Mauer on 15-day DL” (英語). MLB.com. 2009年7月25日閲覧。
  17. ^ 水次祥子「メジャーリーガーのトレーニング・レシピ ジョー・マウアー」『月刊メジャー・リーグ』2008年6月号、ベースボールマガジン社、2008年、雑誌 08625-6、54項 - 55項。
  18. ^ 月間MVPにマウアーら=米大リーグ 時事ドットコム(2009/06/05)
  19. ^ ISM,【MLB】イチロー対J.マウアー、首位打者争いを米紙が特集,Yahoo!スポーツ,2009/07/16
  20. ^ Kelly Thesier/MLB.com,Mauer accepts invitation to Derby,MLB.com(英語),2009/07/10
  21. ^ イチロー コーチ人選は「興味深いです」,スポニチ,2009/07/15
  22. ^ ISM,【MLB】イチロー2日で首位打者から陥落、J.マウアー再逆転,Yahoo!スポーツ,2009/07/22
  23. ^ MVP voting puzzling this year,NATIONAL POST(英語),2009/11/24
  24. ^ MLB公式サイト,[http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20091115&content_id=7669440&vkey=news_mlb&fext=.jsp&c_id=mlb#votes 【Mauer handily catches AL MVP Award,11/23/09 8:36 PM EST
  25. ^ Kelly Thesier,Mauer signs eight-year extension,MLB.com(英語,2010/03/21),2010/03/22閲覧
  26. ^ Largest baseball contract - catcher” (英語). Guinness World Records. 2014年3月6日閲覧。
  27. ^ http://espn.go.com/mlb/story/_/id/9960329/minnesota-twins-moving-joe-mauer-first-base
  28. ^ 「TEAM REPORTS & ALL INDIVIDUAL STATS」 『月刊スラッガー』2009年8月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-8、69頁。
  29. ^ 出野哲也 「BEST PLAYER RANKING 2009/C 2009捕手ッランキング」 『月刊スラッガー』2009年6月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-6、28頁。
  30. ^ a b c The Quarterback Behind the Plate New York Times(英語),2009年8月19日閲覧
  31. ^ 【 MLB Column from USA 】絶好調のジョー・マウアーとツインズの憂鬱。
  32. ^ 「ライバルが語るイチロー」Sportiva (スポルティーバ) 2009年 12月号
  33. ^ Baseball America - 2003 Minor League Player of the Year: Joe Mauer(英語),2009年8月19日閲覧

外部リンク[編集]