J・P・アレンシビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
J.P.アレンシビアから転送)
移動: 案内検索
J.P.アレンシビア
J.P. Arencibia
テキサス・レンジャーズ #7
J.P. Arencibia.jpg
ブルージェイズ時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州マイアミ
生年月日 1986年1月5日(28歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 2007年 ドラフト1巡目(全体21位)でトロント・ブルージェイズから指名
初出場 2010年8月7日
年俸 $489,600(2012年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2013年

ジョナサン・ポール・アレンシビア(Jonathan Paul Arencibia, 1986年1月5日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBテキサス・レンジャーズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

フロリダ州マイアミキューバ移民3世として生まれる[2]。かつてアレックス・ロドリゲスを輩出したウェストミンスター・クリスチャン高校では、ロドリゲスに並ぶ同校史上最多の通算17本塁打を記録したほか、バスケットボールアメリカンフットボールでも活躍。2004年のMLBドラフトシアトル・マリナーズから14巡目指名を受けたが、入団せずにテネシー大学へ進学した[3]

ブルージェイズ時代[編集]

2007年MLBドラフトトロント・ブルージェイズから1巡目(全体21位)で指名され、132万7000ドルの契約金で入団。1年目は1A-級のオーバーン・ダブルデイズで63試合に出場した[4]

2008年は1A+からスタートし、シーズン途中に2Aへ昇格。2つのクラスで計126試合に出場し、マット・ウィータースと並んでマイナーの捕手最多の27本塁打を放った[5]。シーズン後に発表されたベースボール・アメリカ誌の有望株ランキングでは、アレンシビアはブルージェイズ傘下でトラビス・スナイダーに次ぐ評価を受け、MLB全体でも43位の評価を受けた[6]

2009年はAAA級ラスベガス・フィフティワンズで開幕を迎えたが、ここでアレンシビアは野球人生初の挫折を経験。重度の乱視に悩まされ、21本塁打、75打点とパワーの面では一定の数字を残しつつも、打率出塁率はそれぞれ.236、.284と大きく低迷した。シーズン終了後に乱視矯正のためのレーシック手術を受けた[7]

2010年。5月末までは8本塁打だったが、6月、7月と2カ月連続で二桁本塁打を放つなど95試合で打率.303、31本塁打、79打点と活躍。8月5日ジョン・バックの故障者リスト入りに伴い、メジャーに昇格した[8]8月7日タンパベイ・レイズ戦でメジャー初出場。ジェームズ・シールズからメジャー初打席初本塁打を放つなど、5打数4安打2本塁打の鮮烈デビューを飾った。デビュー戦での2本塁打は史上5人目。また、デビュー戦で2本塁打と4安打以上を同時にマークした1900年以降で初の選手となった[9][10]

2011年には正捕手として定着。23本塁打を放ち捕手としてのチーム本塁打記録を更新しメジャーの舞台でもそのパワーを見せ付けた。反面、打率は.219、出塁率も.282と低水準に終わった。守備面でも、両リーグワーストのパスボール数を記録するなど課題が残るシーズンとなった。

2012年は死球による骨折があって102試合の出場に終わったが、18本塁打を放って長打力を発揮した。一方、低打率、低出塁率は相変わらずで、OPSは前年をやや下回った。盗塁阻止率は前年の24%から29%にアップし、DRSも前年の-5から+3に転じるなど、守備では成長を見せた。オフにはR・A・ディッキーとの交換要員として名前が浮上したが、最終的に若手捕手のトラビス・ダーノーがメッツに移籍することになり、アレンシビアは当面の間ブルージェイズの正捕手を務めることが確実になった[11]

2013年は第3回ワールド・ベースボール・クラシックアメリカ代表に選出された[12]。レギュラーシーズンでは、自己記録を更新する138試合に出場。2年ぶりに20本塁打をクリアしたが、100試合以上に出場したシーズンとしては初の打率.100台と低迷した。また、前年より36試合も出場試合数が増えたにもかかわらず、四球は前年と同じ18に留まり、打率の低さも相まって出塁率は.227という低さだった。守備面では、防御点こそ正数だったが、リーグ最多の13パスボールを喫した。12月2日にFAとなった。

レンジャーズ時代[編集]

2013年12月5日にテキサス・レンジャーズと1年180万から200万ドルで契約に合意したことを報道され[13]、12月10日に球団が正式発表した。金額は明らかにされていない[14]

2014年は正捕手の座をロビンソン・チリノスに奪われ、開幕後は2番手捕手として20試合に出場したが、打率.133と落ち込み、5月20日にAAA級ラウンドロック・エクスプレスへ降格した[15]。5月21日に40人枠から外れ、AAA級ラウンドロックへ降格した。7月17日に再びレンジャーズとメジャー契約を結んだ[16]

プレースタイル[編集]

長打力が武器の攻撃型捕手だが、積極的に打っていく典型的なフリースインガーであるため、出塁率は高くない[17]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 TOR 11 37 35 3 5 1 0 2 12 4 0 0 0 0 2 0 0 11 0 .143 .189 .343 .532
2011 129 486 443 47 97 20 4 23 194 78 1 1 0 3 36 3 4 133 6 .219 .282 .438 .720
2012 102 372 347 45 81 16 0 18 151 56 1 0 1 3 18 1 3 108 4 .233 .275 .435 .710
2013 138 497 474 45 92 18 0 21 173 55 0 2 0 2 18 0 3 148 8 .194 .227 .365 .592
通算:4年 380 1392 1299 140 275 55 4 64 530 193 2 3 1 8 74 4 10 400 18 .212 .258 .408 .666
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Toronto Blue Jays 2011 40-Man Team Roster” (英語). ESPN.com. 2012年10月7日閲覧。
  2. ^ Brown, Tim(2011-03-08). Arencibia’s climb was mom-approved. Yahoo! Sports(英語). 2011年9月17日閲覧
  3. ^ University of Tennessee Athletics Baseball
  4. ^ J.P. Arencibia Batting Statistics - The Baseball Cube
  5. ^ 城ノ井道人 「本誌激選 2009注目のマイナーリーガー100人」 『月刊スラッガー』2009年8月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-8、41頁。
  6. ^ (2009-02-24),Prospects: Rankings: Top 100 Prospects: No. 41-60,BaseballAmerica.com(英語),2010年8月7日閲覧
  7. ^ John Lott(2010-07-15),Jays prospect Arencibia seeing clearly now,Montreal Gazette(英語),2010年8月7日閲覧
  8. ^ Jordan Bastian(2010-08-06),Arencibia thrilled to make Blue Jays debut,bluejays.com(英語),2010年9月15日閲覧
  9. ^ Jordan Bastian(2010-08-07),Arencibia homers twice in historic debut,bluejays.com(英語),2010/08/08閲覧
  10. ^ (2010/08/07),Rapid Reaction: Blue Jays bomb Rays,ESPN(英語),2010年8月8日閲覧
  11. ^ Davidi on Jays: Arencibia proven and capable - sportsnet.ca
  12. ^ USABaseball.com: News: Team USA final roster for WBC announced
  13. ^ Rangers To Sign J.P. Arencibia MLB Trade Rumors
  14. ^ print Rangers sign free agent C J.P. Arencibia to one-year contract MLB.com
  15. ^ Rangers Purchase Contract of C Chris Gimenez; Option C J.P. Arencibia”. MLB.com Rangers Press Release (2014年5月20日). 2014年5月21日閲覧。
  16. ^ Texas Rangers make roster moves”. MLB.com Rangers Press Release (2014年7月17日). 2014年7月19日閲覧。
  17. ^ Brad Johnson(2010-07-15),See you soon: J.P. Arencibia,The Hardball Times(英語),2010年8月7日閲覧

外部リンク[編集]