クリス・ベンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・ベンソン
Kris Benson
IMG 1934a Kris Benson.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ウィスコンシン州スペリオル
生年月日 1974年11月7日(40歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 ドラフト1巡目(全体1位)でピッツバーグ・パイレーツから指名
初出場 1999年4月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
五輪 1996年
オリンピック
野球
1996 野球

クリストファー・ジェームズ・ベンソン(Kristopher James Benson, 1974年11月7日 - )は、MLBの右投右打の投手アメリカ合衆国ウィスコンシン州スペリオル出身。

元妻はモデルアンナ・ベンソン

経歴[編集]

クレムゾン大学時代の1996年にチームメイトのビリー・コッチ(後にトロント・ブルージェイズから4巡目指名)とともにアトランタオリンピック野球アメリカ合衆国代表として出場。ベンソンは同年、ロータリー・スミス賞を受賞し、6月のドラフトピッツバーグ・パイレーツから1巡目(全米1位)指名を受け、プロ入り。契約金は当時の最高額となる200万ドル[1]

大学出の投手としてはロジャー・クレメンス以来の逸材と言われ、1999年のスプリングトレーニングで防御率0.75を記録[2]。開幕3試合目の4月8日パット・ミアーズの故障にともないメジャーに昇格[2]。翌9日にメジャーデビューを果たし、メジャー初勝利。31試合に登板し、11勝14敗・防御率4.07・139奪三振を記録し、新人王の投票では4位に。

2003年は、開幕投手を務めたものの、故障したの手術のために7月でシーズン終了となった。2004年7月30日に、タイ・ウィギントンおよびホセ・バティスタマット・パターソンとのトレードで、ジェフ・ケッピンジャーと共にニューヨーク・メッツへ移籍。同年11月1日FAとなり、同年11月30日にメッツと再契約。

2006年1月21日に、ホルヘ・フリオおよびジョン・メインとのトレードで、ボルチモア・オリオールズへ移籍。2007年、肩の手術を受けた為、シーズン絶望となった。同年11月1日に来季の契約オプションを破棄され、FAとなる[3]

2008年2月13日に、マイナー契約でフィラデルフィア・フィリーズへ移籍したが、メジャーに昇格することなく8月30日に解雇された。

2009年2月21日テキサス・レンジャーズとマイナー契約[4]。開幕をメジャーで迎えたが、4月22日から故障者リスト入り。5月6日に復帰を果たしたが、それ以降はリリーフとして起用された。8試合の登板で防御率8.46の成績で、6月9日にAAA級のオクラホマシティヘ降格[5]

2010年3月17日アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約[6]。開幕をAAA級のリノで迎えたが、4月17日にメジャー昇格を果たした[7]

2011年1月10日、現役引退を表明。

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 PIT 31 31 2 0 1 11 14 0 0 .440 840 196.2 184 16 83 5 6 139 2 1 105 89 4.07 1.36
2000 32 32 2 1 0 10 12 0 0 .455 936 217.2 206 24 86 5 10 184 5 0 104 93 3.85 1.34
2002 25 25 0 0 0 9 6 0 0 .600 576 130.1 152 18 50 8 3 79 3 1 76 68 4.70 1.55
2003 18 18 0 0 0 5 9 0 0 .357 475 105.0 127 14 36 4 1 68 7 0 67 58 4.97 1.55
2004 20 20 0 0 0 8 8 0 0 .500 564 132.1 137 7 44 5 6 83 2 0 69 62 4.22 1.37
NYM 11 11 1 1 1 4 4 0 0 .500 290 68.0 65 8 17 3 4 51 3 0 37 34 4.50 1.21
'04計 31 31 1 1 1 12 12 0 0 .500 854 200.1 202 15 61 8 10 134 5 0 106 96 4.31 1.31
2005 28 28 0 0 0 10 8 0 0 .556 737 174.1 171 24 49 5 4 95 4 0 86 80 4.13 1.26
2006 BAL 30 30 3 0 0 11 12 0 0 .478 781 183.0 199 33 58 2 7 88 6 0 105 98 4.82 1.40
2009 TEX 8 2 0 0 0 1 1 0 0 .500 114 22.1 33 6 12 0 3 11 0 0 23 21 8.46 2.01
2010 ARI 3 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 67 14.0 18 2 6 0 1 8 1 0 9 8 5.14 1.71
通算:9年 206 200 8 2 2 70 75 0 0 .483 5380 1243.2 1292 152 441 37 45 806 33 2 681 611 4.42 1.39
  • 2010年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Kris Benson from the Chronology” (英語). BaseballLibrary.com. 2009年3月26日閲覧。
  2. ^ a b 「30球団マンスリー・リポート ピッツバーグ・パイレーツ 5日間で味わった"天国と地獄"期待の新鋭ベンソン颯爽デビュー」『月刊メジャー・リーグ』 1999年6月号、ベースボールマガジン社、1999年、雑誌 08625-6、84頁。
  3. ^ Orioles decline option on Benson” (英語). MLB.com (2007年11月1日). 2010年5月20日閲覧。
  4. ^ Associated Press (2009年2月21日). “Rangers invite Benson to spring training” (英語). ESPN.com. 2010年5月20日閲覧。
  5. ^ Sullivan, T.R. (2009年6月9日). “Rangers acquire Grilli, outright Benson” (英語). MLB.com. 2010年5月20日閲覧。
  6. ^ D-backs sign Benson to Minor League contract” (英語). MLB.com (2010年3月17日). 2010年5月20日閲覧。
  7. ^ Gilbert, Steve (2010年4月17日). “D-backs alter roster to add Benson” (英語). MLB.com. 2010年5月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]