ジミー・フォックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジミー・フォックス
Jimmie Foxx
Jimmie Foxx 1937 cropped.jpg
1937年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 メリーランド州サンドーラスビル
没年月日 1967年7月21日(満59歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
初出場 1925年5月1日
最終出場 1945年9月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1951年
得票率 79.20%
選出方法 全米野球記者協会選出

ジェームス・エモリー・フォックス(James Emory Foxx, 1907年10月22日 - 1967年7月21日) はアメリカ合衆国メリーランド州サンドーラスビル出身の元プロ野球選手一塁手)。右投げ右打ち。愛称はダブルXThe Beast

ベーブ・ルースルー・ゲーリッグと並ぶ1930年代の強打者で、MLB史上最強の右打者の一人。1951年アメリカ野球殿堂入りを果たした。


経歴[編集]

1907年メリーランド州サンドーラスビルの農家に生まれ、天性の腕っぷしを見込まれ、14歳のころから1日1ドルの報酬で地元のセミプロ球団でプレイをしていたらしいという[1]

1925年MLBフィラデルフィア・アスレチックスに入団。その年に17歳でMLBデビューを果たす。

入団時は捕手だったが内野手に転向した1928年から長打力が開花。「彼ほど速い打球を飛ばせる選手はいなかった」とオールドファンに言われるほどで、目にも止まらぬスピードで突き刺さるような本塁打を数多く放った[2]

アル・シモンズとの3、4番コンビで1929年から1931年アメリカンリーグ優勝(1929年1930年ワールドシリーズ制覇)に貢献した。

1932年は当時史上3位の58本塁打と当時史上7位の169打点を挙げ、本塁打王打点王の二冠を獲得し、MVPを受賞。この年は8月までは、60本塁打を放った1927年ベーブ・ルースを抜くペースで本塁打を量産していたが、9月4日から19日までの14試合で2本塁打しか上乗せする事が出来なかった。人々は「ルースの記録のプレッシャーさ」と口にしたが、親しい記者は伊東一雄に「実はフォックスは9月に入ってから直ぐ、家の中を整理しようと脚立に上がっていた時、それが壊れて高い所から落ち、右手首を痛め、長期間フルスイングが出来なかったからだ」と語ったという[2]。最後の5試合で5本塁打打っても結局、58本塁打に終わった。野球史家のブレッド・リーブはルースの現役時代はなかったスポーツマンズ・パークのフェンス最上部の金網を直撃する打球を5本放っていた。そのため当時のMLB記録の60本塁打を上回る実質63本塁打と主張している[1]。また、他にもノーゲームとなった試合で2本塁打を放っている[1]

1933年首位打者も加え史上6人目の三冠王となって2年連続MVPに輝いた。しかしシーズン終了後、球団は金銭面で優遇せず、オーナー兼監督のコニー・マックは過度に物惜しみ、年俸を16,333ドルから12,000ドルへ減俸されそうになった。フォックスは激怒したが、18,000ドルで妥協した[1][3]

1934年はルー・ゲーリッグに敗れるが1935年には再び本塁打王を獲得。

1936年ボストン・レッドソックストレードで移籍。

1938年には自己最多の175打点を記録し、首位打者、打点王の二冠を獲得して3度目のMVP。

1939年には4度目の本塁打王を獲得する。

1940年まで12年連続30本塁打、100打点以上を続けていた。

しかし、1941年以降からアルコール依存症不眠症を患い成績が下降。

1942年途中にシカゴ・カブスに放出された。

現役最終年となった1945年フィラデルフィア・フィリーズへ移籍。戦争中で投手不足のために9試合に登板した[1]

1951年全米野球記者協会の選考により、アメリカ野球殿堂入り。

陽気な性格でテッド・ウィリアムズなど後輩選手の面倒見が良かったことで知られる。お金には無頓着であり、現役時代は遠征先(2人部屋が普通だった)のホテルでは、食事や電話、クリーニング代など全てを自分が払うという気前の良さで、引退した後にはゴルフ場開発に全てを投資して失敗してしまった[2]。晩年は失業保険などで生活していたと言われている[2]

1967年に食物が喉に詰まっての窒息が原因で、59歳で死去。

1934年には全米選抜チームの一員として来日し、沢村栄治とも対戦している。この時の沢村の伝説でもある「全米軍のクリーンナップを4連続三振」に名を連ねた1人である。

選手としての特徴[編集]

フォックスのパワーは天下無双で、アスレチックス時代のチームメイトのモー・バーグはフォックスを「人類史上最強の二頭筋をもった男」と評し、フォックスを最大の天敵と恐れたレフティ・ゴメスは「あいつは髪の毛まで筋肉でできている」と嘆いた[1]。ゴメスは、フォックスを打席に迎えたとき捕手のサインに首を振り続け、捕手に「何が投げたいんだ」と聞かれると「投げられる球が無いんだ」と答えたという[4]

生み出された534本塁打は歴代14位。30代半ば以降アルコールに溺れなければベーブ・ルースの通算本塁打記録を抜いていたとも言われる。実際、2007年8月4日にアレックス・ロドリゲスに抜かれるまで通算500本塁打の史上最年少記録を持っていた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]













































O
P
S
1925 PHA 10 9 9 2 6 1 0 0 7 0 0 0 0 0 0 1 - .667 .667 .778 1.445
1926 26 35 32 8 10 2 1 0 14 5 1 0 2 1 0 6 - .313 .333 .438 .771
1927 61 146 130 23 42 6 5 3 67 20 2 1 1 14 1 11 - .323 .393 .515 .908
1928 118 473 400 85 131 29 10 13 219 79 3 9 12 60 1 43 - .328 .416 .548 .964
1929 149 638 517 123 183 23 9 33 323 118 9 7 16 103 2 70 - .354 .463 .625 1.088
1930 153 673 562 127 188 33 13 37 358 156 7 7 18 93 0 66 - .335 .429 .637 1.066
1931 139 593 515 93 150 32 10 30 292 120 4 3 4 73 1 84 - .291 .380 .567 .947
1932 154 701 585 151 213 33 9 58 438 169 3 7 0 116 0 96 - .364 .469 .749 1.218
1933 149 670 573 125 204 37 9 48 403 163 2 2 0 96 1 93 - .356 .449 .703 1.152
1934 150 652 539 120 180 28 6 44 352 130 11 2 1 111 1 75 - .334 .449 .653 1.102
1935 147 649 535 118 185 33 7 36 340 115 6 4 0 114 0 99 - .346 .461 .636 1.097
1936 BOS 155 693 585 130 198 32 8 41 369 143 13 4 2 105 1 119 - .338 .440 .631 1.071
1937 150 673 569 111 162 24 6 36 306 127 10 8 4 99 1 96 - .285 .392 .538 .930
1938 149 685 565 139 197 33 9 50 398 175 5 4 1 119 0 76 - .349 .462 .704 1.166
1939 124 563 467 130 168 31 10 35 324 105 4 3 5 89 2 72 17 .360 .464 .694 1.158
1940 144 618 515 106 153 30 4 36 299 119 4 7 2 101 0 87 18 .297 .412 .581 .993
1941 135 582 487 87 146 27 8 19 246 105 2 5 2 93 0 103 21 .300 .412 .505 .917
1942 30 120 100 18 27 4 0 5 46 14 1 0 0 18 2 15 1 .270 .392 .460 .852
CHC 70 227 205 25 42 8 0 3 59 19 0 -- 0 22 0 55 9 .205 .282 .288 .570
'42計 100 347 305 43 69 12 0 8 105 33 1 0 0 40 2 70 10 .226 .320 .344 .664
1944 15 22 20 0 1 1 0 0 2 2 0 -- 0 2 0 5 0 .050 .136 .100 .236
1945 PHI 89 248 224 30 60 11 1 7 94 38 0 -- 1 23 0 39 3 .268 .336 .420 .756
通算:20年 2317 9670 8134 1751 2646 458 125 534 4956 1922 87 73 71 1452 13 1311 69 .325 .428 .609 1.037
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 「誇り高き歴史を築いた男たち ジミー・フォックス」『月刊メジャー・リーグ』1998年9月号、ベースボールマガジン社、1998年、雑誌 08625-9、58項 - 59項
  2. ^ a b c d 伊東一雄. メジャー・リーグ紳士録. ベースボール・マガジン社. p. 122-123. 
  3. ^ Jimmie Foxx Baseball Stats by Baseball Almanac” (英語). 2008年6月19日閲覧。
  4. ^ 福島良一『素晴らしいアメリカ野球』 光文社 214ページ

外部リンク[編集]