エド・デラハンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エド・デラハンティ
Ed Delahanty
Ed Delahanty.jpg
1903年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州クリーブランド
生年月日 1867年10月30日
没年月日 1903年7月2日(満35歳没)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
初出場 1888年5月22日
最終出場 1903年6月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1945年
選出方法 ベテランズ委員会選出

エド・デラハンティ(Edward James Delahanty, 1867年10月30日 - 1903年7月2日) は、19世紀のアメリカメジャーリーグで活躍した左翼手オハイオ州クリーブランド生まれ。右投げ右打ち。愛称は"Big Ed"(ビッグ・エド)。

略歴[編集]

5人兄弟の長男で、5人全員がプロの野球選手として活躍した経歴を持つ。 1888年5月に、トライステート・リーグのホイーリング球団からフィラデルフィア・フィリーズに入団する。デビュー当時は内野手・外野手を半分ずつこなしていた。1890年プレイヤーズ・リーグに1年参加した後、翌年再びフィリーズに戻り、主に外野手として試合に出るようになった。守備での動きは俊敏だったそうで、当時は「ヒューマン・グラスホッパー」の異名ももっていた。

打撃面では1892年に初めて打率が3割を超え、この年リーグ最多の21本の三塁打と長打率リーグ1位の記録を残す。その後1893年に投手-本塁間の距離が60フィート6インチとなるルール改訂によって、デラハンティの打撃成績は飛躍的に向上した。 同年デラハンティはリーグ最多となる19本の本塁打と146打点を挙げる。翌1894年と1895年はいずれも打率が4割を超えた。1896年には二塁打44、本塁打13、打点126(いずれもリーグ最多)をマーク。1899年には自身3度目の4割超えとなる打率.410で首位打者となる。同年の137打点と238安打、55本の二塁打もいずれもリーグ最多であった。

デラハンティは1901年までフィリーズの主軸として活躍していたが、アメリカンリーグ設立後の1902年にワシントン・セネターズ(現ツインズ)に移籍する。この年デラハンティは打率.376で自身2度目の首位打者となる。その後もセネタースの牽引役を期待されていたが、1903年のシーズン中にナイアガラ・フォールズで事故死(詳細下記)。1945年アメリカ野球殿堂ベテランズ委員会により殿堂入り選手に選出された。

転落死の謎[編集]

1903年6月25日の試合後、デラハンティは遠征中のチームから離れる。永く会っていない夫人に会うためという。7月2日、列車の車中で泥酔したデラハンティは、ナイアガラ・フォールズ駅で強制的に列車から降ろされた。その後駅近くの橋から滝に転落、帰らぬ人となる。ただ後日発見された遺体からは所持金がなくなっていたなど、事故に至った経緯には謎が残っている。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※後に"*"がある数字は、記録不明箇所があることを示す。































O
P
S
1835 7505 2596 522 185 101 1599 1464 455 244* 741 94 .346 .505 .411 .916

獲得タイトル・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この試合の4本塁打はこれまで全て「ランニングホームラン」だと言われていたが、近年の研究においてランニングホームランは4本のうちの2本だったとされている。

関連項目[編集]

出典・外部リンク[編集]