ラリー・ドイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラリー・ドイル
Larry Doyle
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 Flag of the United States.svgイリノイ州ケイシーヴィル
生年月日 1886年7月31日
没年月日 1974年3月1日(満87歳没)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手
初出場 1907年7月22日
最終出場 1920年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ローレンス・ジョゼフ・"ラリー"・ドイル(Lawrence Joseph "Larry" Doyle、1886年7月31日 - 1974年3月1日)は、主に1910年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは二塁手イリノイ州ケイシーヴィル生まれ。右投げ左打ち。ニックネームは"Laughing Larry"(ラフィン・ラリー)。ナショナルリーグ3連覇の頃のニューヨーク・ジャイアンツのキャプテンを務め、1912年にはリーグ最優秀選手に選ばれた。

経歴[編集]

炭鉱夫の息子として生まれ、自身も少年期にはイリノイ州の炭鉱で坑夫として働いていた。1907年にマイナーのスプリングフィールド球団からニューヨーク・ジャイアンツに入団、当初は三塁手だったが、メジャーではジョン・マグローの進言で二塁にコンバートされ、以後二塁以外のポジションについたことはなかった。2年目からジャイアンツのキャプテンを務め、守備率が低くエラーの多かったドイルを起用するマグローにも批判があったが、ドイル自身は3年目の1909年から打撃面・走塁面での活躍するようになり、この年はリーグ最多の172安打を記録、またこの年から1913年まで5年連続の30盗塁以上を記録した。

ジャイアンツがナショナルリーグを3連覇する間、ドイルは1911年にリーグ最多の25本の三塁打と102得点を記録、次の年の1912年には打率.330を記録し、リーグの最優秀選手に選ばれる。チームは1913年まで3年続けてワールドシリーズに出場するも、アメリカンリーグのフィラデルフィア・アスレチックスやボストン・レッドソックスの前に屈し、ドイル自身は一度もワールドシリーズ制覇を経験することがなかった。1913年オフには、ジョン・マグローらが率いる「世界周遊野球チーム」に参加し、日本でも試合を行っている。

その後1915年にはリーグ最多の189安打と.320の打率を残しナショナルリーグの首位打者となったが、翌1916年のシーズン終盤にヘイニー・ジマーマンらとの交換でシカゴ・カブスにトレードされる。カブスには1年在籍後、1918年にジャイアンツに復帰、1920年まで選手を務めた後引退。引退後1942年に結核を発症したあとは、ニューヨーク市郊外のサラナク湖岸で長く療養生活を送った。1974年に87歳で死去。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

































O
P
S
1766 6509 1887 299 123 74 960 793 298 274* 625 53 195 .290 .357 .408 .765

獲得タイトル・記録[編集]

  • ナショナルリーグ最優秀選手(チャルマーズ賞):1912年
  • ナショナルリーグ首位打者:1回(1915年)
  • 最多安打:2回(1909,1915年)
  • ワールドシリーズ出場:3回(1911-1913年)

出典・外部リンク[編集]