ケビン・ミッチェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケビン・ミッチェル
Kevin Mitchell
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンディエゴ
生年月日 1962年1月13日(52歳)
身長
体重
180 cm
105 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手指名打者
プロ入り 1980年
初出場 MLB / 1984年9月5日
NPB / 1995年4月1日
最終出場 MLB / 1998年9月28日
NPB / 1995年8月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ソノマカウンティ・クラッシャーズ (2001)

ケビン・ミッチェルKevin Darnell Mitchell , 1962年1月13日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身の元プロ野球選手外野手)。トレードマークは金歯。

2001年に同じく福岡ダイエーホークスでプレーしたトニー・ミッチェルは従兄弟にあたる。

来歴[編集]

米国時代[編集]

1980年ニューヨーク・メッツと契約。

1984年メジャー初昇格。1985年はメジャーでの出場は無かったが、1986年に再昇格すると、持ち前の打力と複数のポジションを守れる器用さがプラトーン・システムを好む監督デーブ・ジョンソンに好まれ、投手捕手中堅手以外の6つのポジションで先発出場を果たした[1]ボストン・レッドソックスとのワールドシリーズ第6戦では、1点のリードを許した2アウト一塁の場面で打席に入り、2ストライクと追い込まれながらもヒットを打ち、逆転サヨナラ勝ちへとつなげ、同年の「ミラクル・メッツ」と呼ばれたワールドシリーズ制覇に貢献。

同年オフに、ケビン・マクレイノルズら2選手との交換で、ショーン・エイブナーら4選手と共にサンディエゴ・パドレスに移籍し、さらに1987年シーズン中にサンフランシスコ・ジャイアンツに移籍[2]。1987年は主に三塁手で起用されたが、1988年にはほぼ外野手に定着して強打を発揮する。ベストシーズンは1989年。同年は47本塁打、125打点をマークし、ナショナル・リーグMVP及び打点王、本塁打王の二冠に輝き、チームのワールドシリーズ進出に貢献した。

その後は故障もあって不本意な成績が続いていたが、レッズ時代の1994年MLB史上最長のストライキによるシーズン途中での中断ながら打率.326・30本塁打・OPS1.110(ナショナルリーグ2位)をマークして復活。同年オフにフリーエージェントとなり移籍先を探し、1995年は推定年俸4億円以上を提示した福岡ダイエーホークスでプレーすることになり、来日した。この年にはミッチェル以外にもシェーン・マック巨人)、グレン・デービス阪神)、フリオ・フランコロッテ)、ピート・インカビリア(ロッテ)など多くの現役大リーガーが前述のストライキの影響もあって日本を訪れ、日本プロ野球でプレーしている。

ミッチェルは米国時代から問題行動が多いことで知られ、球団首脳にしてみれば、野球以外の面でもマスコミに注目(批判)されるという「リスク」を承知で獲得しなければならない選手と言えたが、王貞治をはじめとする現場の人間の多くはボブ・ホーナーをも上回る直前成績を残していたバリバリ大物のミッチェルの獲得を強く望んでいた。1985年、当時巨人の監督であった王がメジャーリーグを代表する投手デイブ・スチュワートを「トラブルメーカー」との評判から獲得を逸し、このことが王にミッチェル獲得に熱意を持たせる要因となった。ミッチェル獲得に伴い、外国人枠の関係からブライアン・トラックスラーケビン・ライマーのどちらかを解雇することとなった。当時のチーム事情からトラックスラー解雇が決定的だったが、トラックスラーはダイエー本社海外部のお墨付きでダイエー球団に入団した経緯を持っており、親会社との関係から簡単に解雇に踏み切れなかった。結局、1995年の高知キャンプでトラックスラーは解雇となったが、その結果、ミッチェルと球団との関係にヒビが入ることになり、その後の処遇に悪影響をもたらした。

ダイエー時代[編集]

1995年シーズン開幕後は西武との開幕戦で、初回満塁の場面から初打席初本塁打を記録。1983年駒田徳広以来史上2人目の初打席満塁本塁打を放つ(デビュー戦が開幕スタメン4番で1回表での達成というのは史上初)など、メジャー屈指のスラッガーにふさわしい打棒をみせていたが、ほどなく故障が再発し、外野手としてプレーすることが難しくなったため指名打者へ回る。その後も回復が思わしくなく、欠場することが多くなった。このことはマスコミに「仮病」「医師の診断が出ない」などと報道された。その後も、シーズン途中で病気療養を理由に一時帰国した際、「無断帰国」と報じられるなど、ミッチェルの名は「問題児」「不良外国人」のレッテルが貼られ世間に知られることとなった。また、8月に再来日した際には、「チームがまさかこのようになっているとは思っていなかった」という台詞を残し、物議を醸した。なお、2011年6月16日放送「とんねるずのみなさんのおかげでした」で「バーベキューでぼやを起こしたのが退団の原因」と紹介されたが当事者も時期も誤りであり、実際は2001年に来日した従兄弟のトニー・ミッチェルの方である。[要出典]ミッチェルが日本で起こした問題について、元阪神タイガースランディ・バースは、「実力がある選手なのにメジャーリーグの球団が契約を結ぼうとしないのは(その選手に何らかの)問題があるから。ミッチェルの場合はトラブルメーカーであった事が理由なのはわかりきっていたはずだ」と発言している。

本塁打の飛距離は大きく、その点についてはメジャーリーガーとしての実力を見せつけたが、8本塁打、そのうち本拠地の福岡ドームではわずか1本塁打に終わった。結局、2度目の無断帰国をした8月にダイエーはミッチェルを即刻解雇。その際、ミッチェルは年俸の全額支払いを要求し、裁判沙汰となった。高い契約金で入団しながら、度重なるトラブルで満足に成績が残せなかった上、金銭面でトラブルを起こした事から、同姓の小説家マーガレット・ミッチェルの代表作『風と共に去りぬ』をもじって「金と共に去りぬ」と揶揄された。(実際、この表現は、東京スポーツなどのスポーツ新聞や、ブロードキャスターなどのテレビ番組でも使用された)

ダイエー退団後[編集]

ダイエー解雇後は糖尿病を患い満足に試合出場ができず、ボストン・レッドソックスなど数球団を転々として1998年にメジャーリーガーとしてのキャリアを終えた。

1999年、両親に貸していた家の家賃滞納を巡って口論の末、父親の頭部を殴打し、逮捕された[3]

2001年には独立リーグソノマカウンティ・クラッシャーズでコーチとして在籍。佐々木誠と同僚になっている。

2010年にはゴルフ場で口論となった相手を暴行した疑いで逮捕された[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 NYM 7 14 14 0 3 0 0 0 3 1 0 1 0 0 0 0 0 3 0 .214 .214 .214 .429
1986 108 364 328 51 91 22 2 12 153 43 3 3 1 1 33 0 1 61 6 .277 .344 .466 .811
1987 SD 62 217 196 19 48 7 1 7 78 26 0 0 0 1 20 3 0 38 5 .245 .313 .398 .711
SF 69 298 268 49 82 13 1 15 142 44 9 6 0 0 28 1 2 50 5 .306 .376 .530 .906
'87計 131 515 464 68 130 20 2 22 220 70 9 6 0 1 48 4 2 88 10 .280 .350 .474 .824
1988 148 566 505 60 127 25 7 19 223 80 5 5 1 7 48 7 5 85 9 .251 .319 .442 .760
1989 154 640 543 100 158 34 6 47 345 125 3 4 0 7 87 32 3 115 6 .291 .388 .635 1.023
1990 140 589 524 90 152 24 2 35 285 93 4 7 0 5 58 9 2 87 8 .290 .360 .544 .904
1991 113 423 371 52 95 13 1 27 191 69 2 3 0 4 43 8 5 57 6 .256 .338 .515 .853
1992 SEA 99 402 360 48 103 24 0 9 154 67 0 2 0 4 35 4 3 46 4 .286 .351 .428 .779
1993 CIN 93 353 323 56 110 21 3 19 194 64 1 0 0 4 25 4 1 48 14 .341 .385 .601 .986
1994 95 380 310 57 101 18 1 30 211 77 2 0 0 8 59 15 3 62 12 .326 .429 .681 1.110
1995 ダイエー 37 149 130 17 39 6 0 8 69 28 0 0 0 0 19 2 0 27 3 .300 .389 .531 .920
1996 BOS 27 104 92 9 28 4 0 2 38 13 0 0 0 0 11 0 1 14 3 .304 .385 .413 .798
CIN 37 141 114 18 37 11 0 6 66 26 0 0 0 1 26 2 0 16 5 .325 .447 .579 1.026
'96計 64 245 206 27 65 15 0 8 104 39 0 0 0 1 37 2 1 30 8 .316 .420 .505 .925
1997 CLE 20 69 59 7 9 1 0 4 22 11 1 0 0 0 9 2 1 11 2 .153 .275 .373 .648
1998 OAK 51 136 127 14 29 7 1 2 44 21 0 0 0 0 9 0 0 26 4 .228 .279 .346 .626
MLB:13年 1223 4696 4134 630 1173 224 25 234 2149 760 30 31 2 42 491 87 27 719 89 .284 .360 .520 .880
NPB:1年 37 149 130 17 39 6 0 8 69 28 0 0 0 0 19 2 0 27 3 .300 .389 .531 .920
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

MLB

表彰[編集]

MLB

記録[編集]

MLB
NPB
  • 初出場・初先発出場:1995年4月1日、対西武ライオンズ1回戦(西武ライオンズ球場)、4番・左翼手として先発出場
  • 初打席・初安打・初本塁打・初打点:同上、1回表に郭泰源から左越満塁本塁打 ※史上33人目の初打席初本塁打(外国人選手13人目、開幕戦4番打者の初回達成は史上初)

背番号[編集]

  • 32 (1984年)
  • 7 (1986年 - 1987年途中、1988年 - 1994年、1996年途中 - 同年終了、1998年)
  • 9 (1987年途中 - 同年終了)
  • 39 (1995年)
  • 24 (1996年 - 同年途中)
  • 44 (1997年)

脚注[編集]

  1. ^ シーズン前半は三塁手遊撃手としての起用が中心であったが、シーズン後半にジョージ・フォスターが解雇されてからは主に左翼手で起用された。
  2. ^ この時の交換要員の一人に、その前年まで読売ジャイアンツでプレーしていたキース・カムストックが居た。
  3. ^ a b ミッチェル元選手暴行罪で起訴 - MLBニュース”. Nikkan Sports News (2010年9月18日). 2011年11月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]