ジェイク・ドーバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイク・ドーバート
Jake Daubert
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 Flag of the United States.svgペンシルベニア州シャモキン
生年月日 1884年4月14日
没年月日 1924年10月9日(満40歳没)
身長
体重
5' 10.5" =約179.1 cm
160 lb =約72.6 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
初出場 1910年4月14日
最終出場 1924年9月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェイク・ドーバート(Jacob Ellsworth "Jake" Daubert、 1884年4月7日 - 1924年10月9日)は、主に1910年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは一塁手ペンシルベニア州シャモキン生まれ。左投げ左打ち。1913年のナショナルリーグ最優秀選手で、首位打者2回を獲得、通算犠打数392は、エディ・コリンズに次ぎ2014年現在メジャーリーグ歴代2位である。

経歴[編集]

幼少のときから炭鉱で働いていたが、1906年に地元の野球チームに投手として入団、その後一塁を守るようになった。1908年に一度クリーブランド・インディアンズと契約したが、ドーバートはインディアンズでは試合に出場せず、すぐにマイナーのナッシュビルに送られた。翌1909年にブルックリンに入団し、2年目の1910年から打率3割を毎年記録する打者となった。この年の5月6日のゲームでは、1試合21刺殺(一塁手)という記録も作っている。

1913年と1914年にそれぞれ打率.350、.329で2年連続の首位打者となり、1913年にはナショナルリーグの最優秀選手に選ばれる。1916年にはワールドシリーズにも出場したが、打率.176と活躍できなかった。

1918年オフにドーバートはシンシナティ・レッズに移籍、1919年にはリーグ2位の79得点とリーグ最多の39犠打を記録するなど、レッズのリーグ優勝とワールドシリーズ制覇に貢献した。既に38歳になっていた1922年には205安打、三塁打22本(リーグ最多)、打率.336を記録している。

1924年シーズン後半、ドーバートは体調を崩しチームを離れていたが、チームドクターの助言を無視して9月20日のシンシナティでのシーズン最終戦に出場する。試合後10月2日に虫垂炎の手術を受けたものの経過が思わしくなく、手術から1週間後の10月9日にペンシルベニア州で亡くなった。

1966年にレッズの球団殿堂入り、また1990年にはドジャーズの球団殿堂入り選手となっている。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

































O
P
S
2014 7673 2326 250 165 56 1117 722 251 489 623 54 392 .303 .360 .401 .761

獲得タイトル・記録[編集]

  • ナショナルリーグ最優秀選手:1913年
  • 首位打者:2回(1913,1914年)
  • 通算犠打数:392(史上2位)

関連項目[編集]

出典・外部リンク[編集]