バリー・ボンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バリー・ボンズ
Barry Bonds
Barry Bonds 2006-05-08.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州リバーサイド
生年月日 1964年7月24日(50歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1985年 MLBドラフト1巡目(全体6位)
初出場 1986年5月30日
最終出場 2007年9月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

バリー・ラマー・ボンズBarry Lamar Bonds, 1964年7月24日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州リバーサイド出身の元野球選手外野手)。左投げ左打ち。

父のボビー・ボンズも元MLB選手で、レジー・ジャクソンは従兄弟にあたる。名付け親はウィリー・メイズ

2001年に樹立したシングルシーズン記録の73本塁打長打率.863、2004年に樹立した232四球、120敬遠四球出塁率.609、OPS1.422、また通算記録となる762本塁打、2558四球、688敬遠四球、史上唯一の500本塁打500盗塁など、そのキャリアを通じて数々のMLB記録を残し、史上最も偉大な野球選手の一人とされる[1][2]。同時にそのキャリアについては賛否両論で、特に2003年からは栄養補助食品会社バルコ(BALCO)に関する薬物醜聞についての中心人物の一人となり(バルコ・スキャンダル[3][4]、2007年11月15日には、バルコ社に対する連邦捜査官による調査の最中に大陪審において「禁止物質が含まれていると知りながらクリア(THG)やクリームを使用したわけではない」と嘘の証言をしたと伝えられ、司法妨害罪偽証罪で起訴された[5][6]。 公判は2011年3月21日に開始され[7] 、2011年4月13日に審理妨害罪のみ有罪判決を受け、偽証罪については不成立となった[8][9]

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

カリフォルニア州リバーサイドで生まれ、サンカルロスで育った。幼い頃は父が所属していたサンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地キャンドルスティック・パークに通い、試合をダグアウトから観ていたという。サンマテオジュニーペロ・セラ高校に入学し、野球の他バスケットボールアメリカンフットボールで優れた才能を発揮した。野球においては、入学当初は新人チームに所属し、後に1980年から1982年までの3年間選抜チームのメンバーとして活躍した。高校通算打率.404、3年時には.467を記録し、高校全米選抜チームに選ばれた[10]1982年MLBドラフトでジャイアンツから2巡目に指名を受けるが、球団側の契約金70,000ドルという提示に対し、75,000ドルを要求したため折り合いがつかず[11]アリゾナ州立大学へ進学。

大学では、3年間で打率.347・45本塁打・175打点を記録した[10]。1984年には打率.360・30盗塁、1985年には打率.368・23本塁打・66打点を記録し、同年スポーティングニュースの全米選抜に選出された。大学オールスターには3年連続で選出された。大学2年時にはカレッジワールドシリーズにおいて7打数連続安打というNCAAの大学記録に並び、当時のチームは1996年にカレッジワールドシリーズにおける最高チームに選ばれた[10]。1986年に大学を卒業し、犯罪学学位を取得した。また、ASU On Deck Circle MVPも受賞した。[12]また、大学リーグでありながら非常にマイナーリーグに近いレベルとされている[13]アラスカ夏季大学野球リーグアラスカ・ゴールドパナーズのメンバーとしてプレイしたこともあった。1985年のMLBドラフトピッツバーグ・パイレーツから1巡目(全体6位)に指名を受け入団。同年はA級で7月の月間MVPに選出される[14]など打率.299・13本塁打を記録。 1986年AAA級で打率.311・7本塁打・出塁率.435[15]の好成績を挙げ、メジャー昇格を果たす。

ピッツバーグ・パイレーツ[編集]

5月30日ロサンゼルス・ドジャース戦に「1番・センター」として先発出場しメジャーデビュー[16]。16本塁打・48打点・36盗塁・65四球はいずれもリーグの新人選手で最高だったが、キャリアワーストの打率.223・102三振に終わる。2年目での慌ただしい昇格と、与えられた背番号が敬愛するメイズと同じ24でなかったことが成績の低下を招いたとして、球団に不満を訴えた。ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票では6位に入る[11][17]1987年は希望通り背番号を24に変更。開幕直前にアンディ・バンスライクの移籍に伴いレフトコンバートされる[18]。バンスライクとの左中間コンビはフィールドの外では良好な関係を築くことはなかったが、見事な連携を見せ広い守備範囲をカバーした。同年は25本塁打・59打点・32盗塁の成績。

1988年は打率.283・24本塁打を記録[11]

1989年は打率.248・19本塁打・58打点とやや不本意だったが、リーグ2位の14補殺を記録した[11][19]。シーズン終了後にドジャースのジェフ・ハミルトンジョン・ウェッテランドとの1対2の交換トレードの噂が流れるが球団は否定し[18][20]、結局トレードが行われることはなかった。

1990年は前半戦で打率.340・15本塁打・24盗塁の好成績[21]で、オールスターゲームに初選出される。後半戦は打率.261ながら18本塁打・28盗塁を記録[21]し、シーズン通算で打率.301・33本塁打・114打点、リーグ3位の52盗塁、リーグトップの長打率.565の成績で史上2人目の30本塁打50盗塁を達成するなどチームの11年ぶりの地区優勝に大きく貢献。シンシナティ・レッズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.167と振るわず[22]、チームは2勝4敗で敗退した。MVPの投票ではチームメイトのボビー・ボニーヤを抑えて初受賞し[23]シルバースラッガー賞ゴールドグラブ賞も獲得した。

1991年は打率.292・25本塁打・116打点・107四球、リーグトップの出塁率.410を記録し、チームは地区連覇を果たす。アトランタ・ブレーブスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.148、本塁打・打点共に0とまたも振るわず[22]、チームは3勝4敗で惜しくも敗退した。MVPの投票では首位打者を獲得したテリー・ペンドルトンに次ぐ2位に入り[10][24]、2年連続でシルバースラッガー賞・ゴールドグラブ賞を受賞した。

1992年は打率.311・34本塁打・103打点・39盗塁、いずれもリーグトップの109得点・127四球・出塁率.456・長打率.624・OPS.1.080・32敬遠を記録して2度目の30本塁打30盗塁を達成し、チームは地区3連覇。前年に続きブレーブスと対戦したリーグチャンピオンシップシリーズでは第6戦でポストシーズン初本塁打を放ち[25]3勝3敗のタイに戻す。最終第7戦は2-0とリードして9回裏を迎えたが、1点差に迫られた後の2死満塁からフランシスコ・カブレラ(後オリックス)に逆転サヨナラタイムリーを打たれて敗退[26]。打球を処理しサヨナラのホームインを阻止しようとレフトから本塁へ送球するが及ばず、試合終了後に呆然としている姿をテレビカメラに写されている[27][10]。2度目のMVPを受賞するが[28]、ボンズ以外にもダグ・ドレイベック等主力選手の年俸が高騰し、再契約は難しいとの見方が出ていた[29]。オフにフリーエージェントとなり、12月8日にジャイアンツと総額・年俸共に当時史上最高額となる6年4,375万ドルの契約を結んだ[30]。翌年以降パイレーツはポストシーズンどころか2012年まで20年間にわたり勝率5割にすら届かないシーズンが続き、ボンズの呪いではないかと言われていた[31][32][33]

サンフランシスコ・ジャイアンツ[編集]

1993年のボンズ

当初は球団の永久欠番となっていたメイズの背番号24を着用する予定でありメイズ自身も快諾していたものの、ファンや地元メディアの十分な賛同を得られなかったため[34][35]、ジャイアンツ時代の父ボビーと同じ25を着用する事となった[36]1993年10月1日のドジャース戦でキャリアハイの7打点を記録[37]。打率.336、いずれもリーグトップの46本塁打・123打点・出塁率.458・長打率.677・OPS1.136の成績で、最多本塁打最多打点の二冠を獲得。チームは2位ブレーブスに最大10ゲーム差を付けるなど地区首位を独走していたが、9月7日から8連敗を喫して逆転を許す。シーズン最終戦を前に同率で並ぶが、宿敵ドジャースに大敗して1ゲーム差で地区優勝を逃した[38]。2年連続3度目のMVPを受賞し、ジョー・ディマジオミッキー・マントルなど往年の名選手と肩を並べた[39]1994年8月2日のレッズ戦で自身初の1試合3本塁打を記録[40]MLB選手会1994年から1995年のMLBストライキでシーズンが打ち切られたが、打率.312・37本塁打・81打点、リーグトップの74四球を記録[11]し、MVPの投票で4位に入った[41]。同年、ジェームズ・ウッズアン・アーチャー主演の映画ジェーンズ・ハウスに父ボビーと共に本人役で出演した[42]1995年はキャリア唯一の全試合出場を果たし、打率.294・33本塁打・104打点・31盗塁、共にリーグトップの120四球・出塁率.431・OPS1.009を記録し、自身3度目の30本塁打30盗塁を達成。1996年4月27日フロリダ・マーリンズ戦でジョン・バーケットから通算300号本塁打を放ち[43]、メイズ、アンドレ・ドーソン、父ボビーに次いで史上4人目となる300本塁打300盗塁を達成[44]。打率.308・42本塁打・129打点・40盗塁、リーグ記録を更新する151四球の成績で、1988年のホゼ・カンセコに次ぐ史上2人目の40本塁打40盗塁を達成し[45][46]、MVPの投票で5位に入る[47]1997年は打率.291・40本塁打・101打点・37盗塁、4年連続リーグトップの145四球を記録して[11]父と並ぶ通算5回目の30本塁打30盗塁を達成し、チームの地区優勝に貢献。フロリダ・マーリンズとのディビジョンシリーズでは打率.250・本塁打0に終わり[22]、チームは3連敗で敗退した。MVPの投票では前年と同じく5位に入った[48]1998年5月28日アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で、2点ビハインドの9回表2死満塁の場面で敬遠四球[49][50]8月23日のマーリンズ戦で通算400号本塁打を放ち[43]、史上初の400本塁打400盗塁を達成した。打率.303・37本塁打・122打点・28盗塁を記録し、さらに通算8度目となるゴールドグラブ賞を受賞[11]し、MVP投票では8位に入った[51]

1999年スプリングトレーニング時に例年より体重を増やした状態で登場。同年は好調なスタートを切ったものの、故障で2ヶ月近く離脱した影響で102試合の出場に留まり、打率.262・34本塁打・83打点と不本意な成績に終わる。ピークは過ぎたと見られることもあったが、355打数で34本塁打を放っており、本塁打率は自己最高を記録している。同年のMLBオールセンチュリーチームの投票では外野手部門にノミネートされたものの、当時の現役野手で唯一選出されたケン・グリフィー・ジュニアに阻まれ、選出には至らなかった[52]セイバーメトリクスの創始者であるビル・ジェームズはボンズを「90年代最高の野球選手」として評価しているが(2位にはクレイグ・ビジオが選ばれている[53]。)、これについて「ボンズは私の見た中で最も正当な評価をされていない野球選手であろう。グリフィーは凄い人気があるが、ボンズの方が断然に優れた選手である」と異論を唱え、ボンズについて当時の時点で史上16番目に偉大な野球選手としている。また「将来的に歴史上5指に入る偉大な野球選手となるだろう」とも言及している[54]。また同年はスポーティング・ニュースの選ぶ100人の偉大な野球選手のランキングにおいて当時の現役選手としては最高位となる34位に選ばれた[55][56]2000年は打率.306・49本塁打・106打点・長打率.688、リーグトップの117四球を記録し、チームの3年ぶりの地区優勝に貢献。ニューヨーク・メッツとのディビジョンシリーズでは打率.176とまたも振るわず[22]、チームは1勝3敗で敗退した。MVP投票ではチームメイトのジェフ・ケントに次ぐ2位に入った[11]2001年4月12日から6試合連続本塁打[57]、その間4月17日のドジャース戦で通算500本塁打を達成[58]5月17日から再び6試合連続本塁打[57]5月19日のブレーブス戦、9月9日コロラド・ロッキーズ戦で1試合3本塁打を記録[58]10月5日のドジャース戦で朴賛浩から71号本塁打を放ち、マーク・マグワイアの70本塁打を更新するメジャー記録を樹立。打率.328・73本塁打・137打点、共にベーブ・ルースのメジャー記録を更新する177四球・長打率.863の成績を残す。しかし、打点王は取れなかった。シーズン最終戦の日の朝、アメリカはアフガン侵略を開始したが、テレビ局ニュース記者によれば、アメリカ国民は「誰もアフガンなんて興味もない。ボンズのホームランに夢中」だった[59]。、チームは惜しくも地区優勝を逃したが、史上初となる4度目のMVPを受賞した。

守備につくボンズ

2002年は開幕から2試合で4本塁打・9打点を記録[60]。その後も8月27日のロッキーズ戦で3本塁打を放つなど好調を維持し、打率.370・46本塁打・110打点、いずれもメジャー記録を更新する198四球・出塁率.582・68敬遠四球を記録して自身初の首位打者を獲得し、チームのワイルドカード獲得の原動力となる。ブレーブスとのディビジョンシリーズセントルイス・カーディナルスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは計4本塁打を放ち、チームは13年ぶりのリーグ優勝。自身初出場となったアナハイム・エンゼルスとのワールドシリーズでは打率.471・4本塁打を記録する活躍を見せるが、シリーズ記録の13四球(内敬遠7)と勝負を避けられ、チームは3勝4敗で惜しくも敗退し移転後初のワールドチャンピオンはならなかった。

2003年は父ボビーの死去(詳しくは下の「父親との関係」を参照)もあり、若干パフォーマンスが落ちたものの、打率.341、45本塁打、90打点を記録。ケントが移籍したこともあり相変わらず勝負を避けられることは多く、61敬遠は前年に自身が記録したものに次いで歴代2位だった。また6月23日のドジャース戦で通算500盗塁を達成したことで、同時に史上初の「500-500」を記録した選手となった(2013年現在においても、ボンズ以外には400-400すら達成者はいない)。前年に続けてチームはポストシーズンに進出したが、地区シリーズでは4試合で8四球(地区シリーズ記録)と歩かされ敗退。

2004年は打率.362、45本塁打、101打点を記録。40歳で2度目の首位打者を獲得した。また以前にも増して徹底的な四球攻めに遭い、120敬遠を含む232の四球を記録。出塁率は6割を超え、OPSは1.422を記録し、4つのMLB記録を更新。9月には史上3人目となる通算700号本塁打を達成した。

2005年は故障でシーズンの大半を欠場。9月になってようやく復帰したが、わずか14試合の出場に終わる。これはジャイアンツにとって大きい誤算となり、1996年以来9年ぶりの負け越しを記録することとなった。

2006年には5月28日のロッキーズ戦で715号を放ち、ベーブ・ルースの記録を更新。シーズン全体では130試合に出場し打率.270、26本塁打、77打点に終わり、更なる体重増加により守備・走塁能力にも衰えは明らかであったが、115四球はリーグトップ、38敬遠、出塁率.454はMLB全体トップを記録するなど、打撃技術は健在であることを示して見せた。

2007年、ロッキーズ戦でのボンズ

2007年は通算本塁打の記録更新が近付いていたため開幕から注目されていたが、メジャーデビューから22年目の2007年8月4日ペトコ・パークパドレス戦でハンク・アーロンの持つ755本のメジャー通算本塁打記録に並ぶ。それから三日後の8月7日AT&Tパークナショナルズ戦でマイク・バシック投手から756本目となる本塁打をライトスタンドに打ち込みMLB通算本塁打記録を塗り変えた。ゲーム中にもかかわらず10分に及ぶセレモニーで新記録を祝い、自らマイクを握り挨拶を行った。「父さん、皆さん、ありがとう!」と挨拶を締めくくった。なお、チームメイトとの不和が盛んに囁かれてきたが、この時はベンチ総出で祝福されている。

記録更新から約一ヵ月後の9月15日、756号の記念ボールが大方の予想を大きく上回る75万2467ドル20セント(約8600万円)で落札された。8月28日にオークションが始まった時点での金額は10万ドルだった。なお、落札者が実施した投票の結果、この記念ボールは参考記録を示す「*」マークを付けて野球殿堂に寄贈されることが決まった。

9月21日に、年俸の高さ、チームの低迷、チームの若返りの方針、薬物問題によるイメージダウンなどにより、サンフランシスコ・ジャイアンツは来期以降の契約を延長しない意思を伝え、シーズン中にも関わらず退団が決定した。その頃怪我で出場を見送っていたボンズは、26日のパドレス戦にスタメン出場し、3打数無安打に終わった。結果的にこの日が現役最後の出場となっている。シーズン全体では打率.276、28本塁打、66打点を記録。132四球、43敬遠、出塁率.480は2006年に続いてMLBトップの記録だった。

ジャイアンツ退団後[編集]

代理人は「ボンズはプレーする用意がある」との声明を発表し、本人も「まだ引退したつもりは無い」と語ったが、公に獲得を表明する球団は出なかった。

所属球団のないまま迎えた2009年12月11日、最後まで復帰に尽力してきた代理人が「MLBはもう、彼にチャンスを与えないだろう。私もこれ以上、彼の期待しているような仕事をする自信がない」とコメント。公式の引退表明こそないものの、以降はプレーしない意思を示しており、当年をもって引退した状態となっている[61]

2014年にはサンフランシスコ・ジャイアンツのスプリングトレーニングに特別コーチとして参加することが発表される[62]

選手としての特徴[編集]

Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 2002年6月8日
ヤンキースタジアム3階席を直撃する本塁打(MLB.comによる動画)
Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 2002年8月17日
バットを折りながら本塁打(MLB.comによる動画)
2006年のバリー・ボンズ

キャリア初期から中期ともいえる1990年代においては走攻守三拍子揃った5ツールプレイヤーとして君臨した。30本塁打30盗塁を5度、3割30本塁打30盗塁を3度、3割40本塁打40盗塁を1度記録。このうち40本塁打40盗塁ホセ・カンセコアレックス・ロドリゲスアルフォンソ・ソリアーノら歴代4人しか達成者がいない。また外野手としての肩の強さ、守備範囲の広さもトップクラスで、ゴールドグラブ賞を8度獲得。走攻守全ての面で際立った力を見せた。とりわけ、1997年のオールスターデービット・コーンイバン・ロドリゲスの黄金バッテリーから盗塁を奪った事でボンズの高い走力を再確認したファンも多い。

ESPNスポーティング・ニュースが共に90年代最高の選手にボンズを選出している(歴代の受賞選手はタイ・カッブジミー・フォックステッド・ウィリアムズスタン・ミュージアル、ウィリー・メイズ、ピート・ローズマイク・シュミットなど)。通算7度のMVPのうち、この頃に3度獲得する。

2000年代以降からは守備・走塁が衰え、打撃において驚異的な成績を残すようになる。2001年のシーズン73本塁打を筆頭に、2001年からは出塁率.500以上、長打率.700以上を4年連続で記録する。この二つの数字を足したものであるOPSにおいても1.200以上を記録、2004年には出塁率.609、長打率.812を記録しOPSはMLB記録の1.422を記録。一般には、OPSは1.000を超えれば超一流といわれ、ボンズが極めて突出した数字を残していることになる。四球記録は自身が3度更新、敬遠数は2度更新、出塁率も2度更新するなど、この頃はほぼ自分の記録との戦いであった。一方で、これらの記録には常に薬物使用疑惑が暗い影を落としており、「ドーピングの産物」と冷ややかに見る者も多い。

打撃においては本塁打の多さなどから、とてつもないパワーのあるパワーヒッターというイメージがあるが、パワーだけでなく、頭抜けたミート能力も持っている。このことは2004年に45本塁打を記録しながら三振がこれを下回る41という少なさだったことからも証明されている。キャリア一年目に102三振を記録して以降、一度も100三振以上しておらず、元々三振が少ない打者であったのだが、2001年に73本塁打を記録して以降は本塁打率が極端に上昇したのにも関わらず、三振率は以前と同程度を維持している。ホームランバッターは大抵、三振も本塁打数同様多くなる傾向にあるが、ボンズは本塁打を現在ほど打っていなかったキャリア初期の方がむしろ三振の数は多い。ちなみに父親であるボビー・ボンズはシーズン三振記録を保持していたこともある程三振が多かった。 大振りすることなく、コンパクトに振りぬくだけで場外へ運ぶパワーがあり、ボール球にはほとんど手を出さない。そのためチャンスの場面でほとんど歩かされるのはもちろんだが、無走者での敬遠も41度(うち無死無走者の場面での敬遠が5度[63])、2ストライクを取られている場面での敬遠が5度(うち0ボール2ストライクからフルカウントになり敬遠されたのが3度)[64]ある。また、1998年のダイヤモンドバックス戦では9回ツーアウト満塁から敬遠されたこともある。

その打撃力を物語る話として、新人時代にこんな挿話がある。パイレーツにドラフト1位指名(全米6位)を受けたその週に、ピッツバーグに招かれ当時の本拠地、スリー・リバーススタジアムで打撃練習を行った。その際、引っ張って15球中11球をスタンドに放り込んだところ、それを見ていたコーチの一人が、「そんなのは左打者ならみんなできる」と言った。すると「じゃ、これを見てみな」とレフトへ柵越えを連発した[65]。 このことは既にボンズがホームラン打者としての桁外れの資質を周囲に示していたことになる。

30代の中盤までは打撃だけでなく、守備のクイックスローや走塁などあらゆるプレーにおいて際立ったパフォーマンスを見せた。野球における勘もずば抜けており、ある試合でジャイアンツ打線が相手投手に手玉に取られていたとき、ぽつりと「グラブの角度が変わったらスライダー、まっすぐなら速球だよ」と言った。チームメイトは違いが分からなかったがボンズはその後の数球の球種を的確に言い当てた[65]

このような圧倒的なパフォーマンスはNFLの選手と合同で行う、球界で最もハードといわれるトレーニングに支えられている。前述の通り、食事制限などの自己管理も徹底しており、体脂肪率は6%程度を常に維持している。[要出典]

逸話[編集]

性格・態度について[編集]

大学時代からチームメイトを選り好みし、1A時代のルームメイトは彼の不遜な態度に業を煮やして同居を拒否し、また他のチームメイトも陰口を叩いていたという[65]

マイナー時代、パイレーツにドラフト1巡指名(全米6位)を受け、ルーキーイヤーに1Aのチームに合流した初日、監督室にノックもせずに勢い良くやってきて「俺はバリー・ボンズ。ドラフト1位選手だ」と不躾な自己紹介をした。当時の1A監督であったエド・オットーはそんなボンズの顔を睨み付け、「私はエド・オットーでお前さんの監督だ。それが分かったなら、とっととこの部屋から出て行きやがれ。それにノックする気がないのなら、二度とここには入ってくるな!」と怒鳴りつけたという[65]

エド・オットーの新人教育は厳しく、守備で怠慢プレーを見せた時には容赦なくベンチに引っ込めることもあった。しかし、大学時代からボンズを甘やかしたといわれる実父ボビーとは違う厳格な接し方は次第にボンズの尊敬を勝ち取っていき、シーズン終盤にはオットーと20分の予定のミーティングを2時間にまで伸ばして話し込む間柄になっていたという。また、オットーによってクラブハウスでの礼儀作法やメディア対策を伝授されたという[65]

パイレーツ時代に左中間コンビを組んでいたバンスライク、更にジャイアンツ移籍当時の三塁手マット・ウィリアムスはベテラン選手にも軽口をたたくボンズをチームメイトの前で怒鳴りつけたこともある[65]。 1997年から2002年までの間3・4番コンビを組んでいたケントとは犬猿の仲で、お互いに試合におけるパフォーマンスは認めていたものの、しばしば口論する姿が見られており、2001年にはベンチで掴み合いの乱闘をする姿を公に晒している。 また、現在では、ロッカールームでは隣り合うロッカーの他、専属トレーナーにもロッカーを割当ててシャワールームに一番近い壁際のロッカー全てを自分で占めており、自分専用のソファーと大型テレビも置いているという[66]。この専用ソファーにチームメイトが勝手に座った時、そのチームメイトを怒鳴りつけたことがある。

「投手がMVPになるということは野手に対する侮辱である。ワールドシリーズでMVPを取れば良いじゃないか」(かなり極端な発言ではあるが、投手にはサイ・ヤング賞があるため、実はボンズと似た考えの野手は少なくないとも言われている)、「ルースの頃は白人しかいなかったんだから基本的に認めていない。MLB史上最強の打者は俺だ」などの発言もある。

ジャイアンツにFA移籍した初年度のスプリングトレーニング初日、彼はクラブハウスに到着するなり、ピッチャー1人1人を指差して、「お前にも、お前にも貸しがある」と言い続けたといわれている。「貸し」というのは、パイレーツ時代に打ったという意味で、それはボンズ流の一風変わった自己紹介だった[65]

2001年4月17日に通算500号本塁打を達成した後日、パイレーツ時代のGMだったシド・スリフトから祝福の電話を貰った時には「あんたが早く俺をメジャーに引き上げてくれていたら、(500号に)もっと早く到達できたんだがね」と言い放ったという[67](ただ、ボンズがメジャーデビューしたのは入団2年目の21歳の時と、決して遅くはないため真相は不明)。

このようなことから、多くのチームメイトは彼の不遜な態度に不満を漏らしており、チーム内でも孤立しがちであるとされる。しかし、全米の注目を一身に集める中で放った新記録の756号となると話は別であり、先述のようにチームメートはもとより地元のファン、相手チームまで球場一体となって祝福ムードに沸いた。

マスコミ嫌いでも有名である。不振に陥っている時のロッカールームでのインタビューでは記者が凍り付いてしまうほどの緊迫した雰囲気であり、質問に対しての受け答えにおいても放送禁止用語が混ざってしまうこともあるほど。本国アメリカでは多くのマスコミを敵に回しているため否定的な報道が多いが、「死んでからでないと認めてもらえないのか」と涙を流したこともあったという。 1990・1992・1993年とMVPを獲得するパフォーマンスだったにもかかわらず、1991年にMVPを逃したのは記者との対立のため投票で不利になったためとも言われている(この年MVPを獲得したのは打率.319・本塁打22・打点86・盗塁10のテリー・ペンドルトン。ただし、彼は前年最下位のチームに移籍してきて中心選手としてワールドシリーズ進出に貢献したことも評価されている)。

1998年のマーク・マグワイアサミー・ソーサシーズン最多本塁打記録争いの時に、ソーサにつくマスコミが少ないことや新記録のセレモニーに差があったことについて、彼が黒人だからではないかと各所で物議を醸したが、ボンズも人種差別と指摘した一人である。

前述の名付け親でもあるウィリー・メイズを尊敬している。パイレーツ時代までは彼と同じ背番号24をつけていた(因みにケン・グリフィー・ジュニアの背番号24も同じ理由である)。ジャイアンツへの移籍の際に、背番号として既に永久欠番になっていた24を付けたいと言ったのは前述の通り(その際も周囲から顰蹙を買ったという)。2007年のオールスターゲーム前のセレモニーにメイズが登場した時も隣に寄り添っていた。

時にユーモラスなジョークを言ったりと意外な一面もある。歴代本塁打記録の更新が注目された2007年には記者にその事を問われると、ポツリと“もっとバントをしなきゃな(I've got to bunt more)”と言ったり、友人・知人が少ない事で知られているボンズが、2007年は新人のフレッド・ルイスを弟のように可愛がっており[68]、そのルイスが満塁本塁打を独立記念日に打ったり、母の日にサイクル安打を達成したりすると、“祝日にだけ打つつもりかよ(Are you just going to hit on holidays?)”などとからかったりした[68]

友達想いの優しい一面もある。2001年9月28日、マグワイアの持つシーズン70本塁打の記録を目指していたボンズはサンディエゴ・パドレス戦で68号を放ってダイヤモンドを1周した。本塁打を打った後天を指差すパフォーマンスで知られているが、この時はいつもよりとりわけ長く天を指差した。その後ベンチに戻ると泣き出してしまった。試合後の記者会見では「今日のホームランを亡くなったばかりの友人フランクリン・ブラッドリーに捧げる」と語った。亡くなったブラッドリーは10年来ボディガードを務めた親友でもあった。前日の9月27日に"ありきたりの"外科手術を受けて、合併症を引き起こして亡くなったというのだった。"ありきたりの"手術と形容したが、ブラッドリーが受けた手術とは、肥満治療のための消化管手術だった。アメリカでは肥満の外科治療が大流行しているからこそ、"ありきたりの"手術と形容したのだが、手術費用は2万5000~3万ドルと言われている。無保険者にとっては簡単に払える金額ではなく、体重400ポンド(約180kg)と肥満に苦しむ友が治療を受けられるようにと手術費用を援助していたのだった[69]

日本および日本人選手との交流[編集]

日米野球で4度来日した他、長い選手生活においては日本や日本人選手と様々な形で関わりを持った。近年、母国では常に薬物疑惑を取りざたされるが、日本では比較的そのような批判から自由であるためか、メディアに対しても気さくに応じることが多いようである。

元チームメイトである新庄剛志は、孤立しがちなボンズと会話する唯一の人物であった。新庄は守備練習の時にグラブを手渡しするなどして、積極的にコミュニケーションをとっていたという。ボンズも打撃練習中に自分が使うマスコットバットを新庄に貸したこともある。後に新庄がニューヨーク・メッツに移籍した際や引退後にも、好意的なコメントを残している。

2007年のオールスターでは、同地区のライバル球団ロサンゼルス・ドジャースのクローザーでもある斎藤隆とロッカーが隣で、斎藤にバットを一本プレゼントした。斎藤は「バリーは今色々言われていて最初は身構えてしまったけれど、僕が話したバリーはとても気さくな人だった。バットのスイートスポットをあともうちょっと広くしたいとか色々話してくれた。」と述懐した。また、岡島秀樹とのツーショットも撮られた[70]

松井秀喜とは、松井がFAの行使に迷っていた2002年の日米野球で来日した際、「メジャーでも成功するさ。日本と同じジャイアンツに来てほしい」などとエールを送った。また松井とは同年の日米野球の試合前に1974年「王vs.アーロン」以来の「日米ホームラン競争」が行なわれたが、緊張でホームランが打てずにいた彼に「肩の力を抜け」とジェスチュアーをしたり、肩を揉み緊張をほぐす等で気さくに接している。ヒューストン・アストロズ松井稼頭央には2006年のオフの自主トレの際には自身から声を掛けて色々打撃に関してアドバイスを送っている[71]

Splash Hit[編集]

ボンズの象徴ともいえるAT&Tパークのライト場外の海(マッコビー・コーブ)へ直接打ち込まれる本塁打は"Splash Hit"(スプラッシュ・ヒット)と呼ばれる。

この本塁打はジャイアンツのカウントによる公式発表では、2000年の球場オープン以来全部で69本で、ビジターの選手によるものが19本、ジャイアンツの選手が放ったものが50本である。ボンズはそのうちの35本を放っている[72](2009年シーズン終了時)。

場面を見慣れているが故、簡単そうに見えるが全くそうではない。実際スプラッシュ・ヒットからボンズが記録した分を除くと、ビジターの選手が打った分を含めても、1年辺りで3.4本しか出ていないことになる。飛距離そのものとしては370フィート(約113メートル)ほどで可能だが、AT&Tパークは、25フィート(約7.6メートル)の高いライトフェンス、更に常にライトからの強烈な浜風が吹いており、MLBで最も左打者に不利な球場とも言われている。

イチローも「あの形、バッターとしては、一番理想に近い形でしょうね。(真似は)アメリカ人でもできない。彼にしかできないという印象。あれができれば、成績残りますよ」と語っている。ボンズの打ち込むホームランボールを目当てにカヌーで待ち構えるファンも多く(特にシーズン本塁打記録などメモリアルなホームランが迫ってくるとまた増える)、また時にはウエットスーツにサーフボードといういでたちで待ちかまえるファンもいる[73]

バット・使用道具[編集]

バッティングを行うボンズ

2007年よりSSK社製のバットを使用。それまではサムバットを使用していた。春季キャンプでの試打でSSKのバットを気に入ったボンズは、担当者に自分の使っているバットを手渡し「これと同じように作ってほしい」とその場で3ダースを注文したという。このバットは富山県のSSKバット協力工場で生産され、50年以上のバット作りの経験を持ち、また社長でもある本居和義らのバット職人によって行われる。ちなみに長さ86.6センチ、重量平均915.0グラム、材質はメイプルである[65]。 大抵のメジャーリーガーは使用するバットにはそれほど神経質にならないといわれているが、ボンズは乾燥度を気にかけ、常に打球音で弾き具合を確認するほどこだわりを持っている。また、2007年からバットの乾燥度を保つジュラルミンケースも使っている[65]。 また、バットのグリップ部分にテーピングをクロスしてグルグル巻きにしているのが好きらしく、しばしば試合中などにバットに巻いてあるのを確認できる。

バッティンググラブはfranklin社製、ホームでは手の甲がオレンジ、ビジターでは甲がグレーのものを使用。グラブはwillson社製の黒、ネット部分はグレーのものである。打席では肘あてを付けている。足には何も付けていない。

スパイクはFILA社製を使用。

父親との関係[編集]

バリー・ボンズ(この項では以下、便宜上バリーと表記)の父親は先述の通り'70年代に活躍したメジャーリーガーのボビー・ボンズであり、バリーは「やるからには、その道のナンバー1になれ」と言われ育てられたという。また、ボビーはウィリー・メイズとも交流が深いチームメイトであったという経緯からバリーとメイズは出会うこととなる。

しかし、バリーは幼少期からボビーを非常に慕っていたが、野球で多忙だったボビーは家を空けることが多く、一緒に遊んでもらった記憶がほとんど無いとバリーは語っている。というのも、バリーが産まれたときボビーはまだ18歳であったため、バリーの幼少期は後に24歳でメジャーデビューするまで必死にマイナーでプレーしていた時期であった。

後にボビーはアルコール依存症にかかり、酒が原因で様々なトラブルを起こしてしまい、次第にバリーとボビーは疎遠となっていった。後にバリーが高校・大学と野球で素晴らしい成績を残してもボビーは振り向いてくれなかったという。だが、その後ボビーはケアを受けたことでアルコール依存症を克服。1993年、バリーがサンフランシスコ・ジャイアンツに入団し、ボビーがジャイアンツのバッティングコーチに就任したのを機に2人は和解することとなった。

その後、2人は共に野球人生を歩むことになるが、バリーは先述の教えである「その道のナンバー1になる」つまり、ワールドチャンピオンになることが1度もできずにいた。そんな中、2002年にボビーは肺癌脳腫瘍が発症し、余命幾許も無い状態となる。ボビーの命のあるうちにチャンピオンリングを手にしたいという想いから、2002年バリーは必死にプレーし、MVPを受賞する程の活躍をする。しかし、ジャイアンツはこの年ワールドシリーズには進むもののアナハイム・エンゼルスに敗れ、ワールドチャンピオンとはならなかった。

2003年、バリーは試合以外の時間はボビーの看病をするという生活を続けた。この年もバリーは必死でプレーし、6月23日史上初の「500-500」を達成。8月20日にはボビーがジャイアンツの試合を観戦しに来て、この日もバリーは本塁打を打っている。しかし3日後の8月23日、ボビーは永眠。バリーはその後1週間バットも握れないほど落ち込んだという。だが、ボビーの死から1週間後の復帰戦ではランディ・ジョンソンから本塁打を打っている。この年、MVPを獲得したバリーは「このMVPを父に捧げる。父には本当に感謝している」と涙ながらに語った。

2007年8月7日、756号本塁打を放ち、その後10分間の新記録を祝うセレモニーで、バリーはマイクを握り挨拶を行った。自身の家族や観客やチームメイトに感謝の言葉を告げ、最後には「My Dad... Thank you for everything! (父さん... ありがとう、すべてに感謝している)」と締めくくった。[74]

薬物疑惑[編集]

概要[編集]

バリー・ボンズ(2006年)

2000年代以降に体格が突然巨大化したこと、30歳代後半の年齢でパフォーマンスが一気に向上した(年間45本塁打以上した過去6シーズンのうち、5回は35歳以降で記録しており、本塁打率(打数÷本塁打数)も1998年まで16.2であったのが1999年から2007年までは9.2と急上昇している)ことなどから、筋肉増強剤のアナボリックステロイドヒト成長ホルモン(HGH)等の運動能力向上薬物を使用しているとの噂が絶えなかった。

シーズン73本塁打の新記録を作った2001年の時点では、薬物の問題は表面化していなかったが、ボンズの体格が劇的に変化したことは、当時からマスコミでも度々取り上げられていた。ちなみに打点王は取れなかった。

プロ入り当時は体重84キロで、98年までは86キロと、体格に大きな変化はなかった。それがドーピングを始めたと噂される99年から毎年増加し93キロ・95キロ・103キロと増えつづけ、そして2007年の大リーグ公式サイトの掲載においては109キロにまでなっている。

1998年のマグワイアとソーサの本塁打量産対決がボンズが薬物に手をだすきっかけを作ったというのが通説である。1998年、従来の記録であったロジャー・マリスのシーズン61本塁打を大きく超えるハイレベルな二人の争いに全米中が熱狂した。その一方でこの年に打率.303・本塁打37・打点122・盗塁28という成績を残し、史上初の「400本塁打‐400盗塁」を達成していたボンズもこの二人の影に完全に隠れてしまった。人一倍プライドの高いボンズは、「このままでは一番でいられない、ホームランを打たないと誰からも注目してもらえない」と今までのスピードを捨ててホームランを打つためのパワーを手に入れようとした、というのである。1998年のオフ、友人のケン・グリフィー・ジュニアと食事をした際に、ボンズはそのように語り、ステロイドの使用を開始したことを示唆したとグリフィーが証言している[75]

こうして、このあと数々の記録を打ち立てることになる凄まじい打棒と引き換えに「疑惑」はどんどん強くなっていくのである。

体格が巨大化する前のボンズ

最初にそれを公衆の面前に晒したのは1999年の春季キャンプでのことで、前年のシーズン終了時とは見るからに違う体格をしていたボンズに対して地元記者が質問すると、「いつもと同じことをしただけだが、やり始めたのが少し早かった」とだけ答えている。投与に関ったとされるのは米国の栄養補助食品会社バルコ(BALCO: Bay Area Laboratory Co-operative)で、ボンズは1998年半ばから幼馴染のグレッグ・アンダーソンをウエートトレーニング・コーチとして雇い入れていた。当時すでにアンダーソンは後に告発されるバルコ社の創設者ビクター・コンテと深いつながりを持っており、陸上競技などでは禁止されていた化学薬品をボンズに与えていたという[3][4][76]

2006年3月23日にサンフランシスコ・クロニクル紙記者2人によるボンズの薬物使用に関する暴露本ゲーム・オブ・シャドウズ』が出版された。同著では、ボンズは1999年から少なくとも5年以上にわたり、クリア(THG)、クリーム(クリアとセットで使用)、HGH、ウィンストロールデカ・デュラボリンインスリンデカン酸テストステロントレンボロンクロミッドノルボレトンと様々な薬物を使い続けたと述べられている。2007年1月11日、ボンズが2006年度の検査で禁止薬物のアンフェタミン(グリーニー)に陽性反応を示していたことが報道された[77]

2003年にバルコ社の禁止薬物の販売に関する大陪審で禁止薬物を故意に使用したことはないという証言について、アメリカ連邦大陪審は2007年11月15日に偽証罪偽証罪で起訴した。ボンズと同様にバルコ社からドーピング投与を受けた疑惑をもたれていた女子陸上競技選手マリオン・ジョーンズもドーピングしていたことを既に認めており、金メダルを返還して引退している。なお偽証罪の直接の訴因は「薬物を使用したこと」ではなく、「薬物を使用したにもかかわらず嘘の証言をした」ことである[5][6]。同年12月13日に発表されたミッチェル報告書に実名で取り上げられた。ボンズは報告書作成時の調査に関連した聴取を拒否した事に加え、禁止薬物の使用の疑いについて書かれた質問に対する応答を拒否したとされている[78]

ボンズの裁判は2011年3月21日から始まった。サンフランシスコ連邦地裁の陪審は2011年4月13日、訴えられた罪状4件のうち、司法妨害罪1件のみ有罪とする評決を下し、他の3件の偽証罪は陪審不一致で裁判不成立となった。薬物使用が意図的なものだったかどうかは明らかにならなかった[79]。元専属トレーナーのアンダーソンは黙秘を貫き、ボンズが「そうと知って使ったことはない」と証言したので、その容疑を立証しなければならなくなり、困難を極めた[80]。裁判中に証言した1994年から2003年にかけて交際していた女性によると、同年の肘の故障はステロイドの使用を開始したことによる急激な筋肉増強が肘に負担を与えたことが原因だと語ったという[81]。2011年12月15日に2年間の保護観察処分と30日間の自宅謹慎が言い渡された[82]。また、4000ドル(約30万円)の罰金も科された[83]

疑惑に対する周囲の反応[編集]

薬物疑惑が強まり、ルース、アーロンの通算本塁打数に迫るにつれて、ファンや米メディアの反応も厳しくなり、敵地の球場では、別扱いの参考記録を表す「*」マークやドーピング注射器が描かれたボードを掲げてボンズを野次る観客が多数出現するようになった。ボンズの守っているレフトに注射器が投げ込まれたこともある。「ベーブ・ルースはホットドッグとビールでやってのけた。ハンク・アーロンには品格・威厳があった。(暗に薬物を指して)お前はどうやってやったんだ?("Babe Ruth did it on hot dogs and beer. Hank Aaron did it with class. How did you do it?")」と揶揄されたりもした[84]

一方で、選手たちの反応はおおむね正反対である。2007年5月にUSAトゥデイ紙が493人の現役大リーガーと469人のファンを対象に行ったアンケート調査の「史上最も偉大なホームラン打者は誰か」という項目において、ファンの回答で最も多かったのがハンク・アーロンの36%、次いでベーブ・ルースの33%、ボンズは8%にしか過ぎなかった。だが現役選手の72%がボンズと回答している。

ここにその現役選手たちのコメントを一部列挙する。

  • 「彼はすごく簡単そうにボールを打っているけど、実際は難しいんだ。どうやったらあれだけ安定したスイングをできるのかオレには分からない。ステロイドを使った選手は他にもいるけど、ボンズに匹敵するヤツはだれもいない」「ステロイドを使っている他の選手のスイングに比べたら、ボンズがステロイドのおかげだけでホームランを打っているとは思えない。仮に彼がステロイドをやっていたと認めても、ホームランの価値が損なわれるとは思わない」‐デビッド・オルティーズ
  • 「度重なる薬物検査の下、人間離れしたスウィングで僕らを驚かせるんだから、彼は本物だよ。素晴らしい動体視力とタイミングでボールを捉え続ける。単純に、彼は他の打者よりも優れているんだ」‐バリー・ジト
  • 「皆と同じようにステロイドの使用については疑っている。だが、それと彼の打者としての偉大さは別さ」「打てる球が1試合に2球くらいしかないのにそれを本塁打にする。自分が対戦した時も2球だけだったのに、そのうちの1球を柵越えにした」‐トム・グラビン

これらコメントに代表されるように、選手たちの間では“ステロイドを使ったからといって簡単にホームランを打てるわけではない”とボンズを擁護する意見が多い[76]。そもそも、ステロイドの使用を開始した1999年より前の時点でボンズは既に殿堂入りに値する成績を残しており、元々ずば抜けた実力を持っていた選手であることにも留意すべきである[75]

また、2007年シーズンにおいても当時メッツのギレルモ・モタが禁止薬物での50試合の出場停止処分を受けているように投手の禁止薬物使用も相当数に上っていることや、ボンズが薬物を摂取していたとされる2000年前後はまだ筋肉増強剤はMLBの禁止薬物に指定されてはおらず、使用の是非とは別にボンズをはじめとしたMLBの選手たちは、その当時、筋肉増強剤を使用することにルール上は何も問題はなかったこともまた見逃せない事実である[76]

薬物使用が確実視される中での記録達成とあって、周囲の反応が注目されたが、アーロンの記録を破った試合の視聴率はわずか1.1%と、NFLのプレシーズンゲームにも惨敗する有様で、大多数のファンは無関心、あるいは冷淡な視線で見ていた事実を裏付ける結果となった。ちなみに、ハンク・アーロンがベーブルースの記録を破ったときにNBCが放送した試合の視聴率は、22.3%だった。

バド・セリグコミッショナーも球界の最高権力者という立場上、明言はしていないがアーロン同様その場にいたくないとの気持ちは隠しようがないといった感じで対応に戸惑っていた。言葉では「記録更新の瞬間にできる限り立ち会うつもりでいる」「試合への尊敬、記録の大きさ、この国ではすべての市民が有罪とされるまでは潔白であることから、わたしは彼が記録を更新する可能性があるかを見るために次の試合に立ち会う。記録がタイになった時点で追加声明を発表する」との声明文を発表していたが、否定的なスタンスを取り続けていた。755号を放った試合もセリグは観戦していたが、他の観客と違い拍手もせずポケットに手を突っ込んだままの姿で、神妙な面持ちだった。756号を放った試合においては結局セリグはジョージ・J・ミッチェルと面会するという名目で球場には姿を見せず、代理を送っていた。

また、この疑惑が強くなる中、他の選手の記録の正当性にも疑惑が示され、実はシーズン本塁打記録はロジャー・マリスの61本のままではないかという議論も起きた。2005年にはノースダコタ州議会がメジャーリーグ機構にマリスの記録が正当であると主張する事態となった。

殿堂入り論争[編集]

引退後5シーズンが経過し、2013年アメリカ野球殿堂入り資格を得た。しかし、ステロイド使用が確定しているボンズに対して、殿堂入りを認めるかどうかの議論が投票前から盛んに行われた。ロジャー・クレメンスサミー・ソーサといった薬物使用者も同時に殿堂入り資格を得たため、「“ステロイド時代”をどう評価するか」という個人の問題に留まらない重要な論争となった。2012年12月にAP通信が投票有資格者100人以上に対して行った事前調査では、殿堂入りを認めると回答した記者は45%に留まり、殿堂入りに必要な75%には届かなかった(クレメンスには43%、ソーサには18%が殿堂入りを認めると回答)。ニューヨーク・タイムズも同様の調査を行い、43%がボンズとクレメンスの殿堂入りを認めると回答した(ソーサは12%)。これにより初年度の殿堂入りは絶望的な状況となった。反対派の中にも今後考えが変わる可能性はあると回答した記者も多く、論争の決着が付いたとは言えない状況である[85]

2013年1月9日、殿堂入りの投票結果が発表されたが、事前の調査よりも少ない36.2%しか獲得できず、殿堂入りを逃した(クレメンスは37.6%、ソーサは12.5%)[86]

殿堂入りを認める主張としては「ドーピングを始める前から、長期に渡って素晴らしい成績を残していた」「当時はステロイドが禁止されておらず、ドーピングが蔓延しており、誰が白で誰が黒かを厳格に特定することは不可能」「既に殿堂入りした選手や、殿堂入り候補の選手の中にも、発覚していないだけで薬物を使用していた選手は確実に存在する」「純粋に数字だけで判断すべき」「野球殿堂は負の歴史も受け入れるべき」などがある[85][87]

一方で、殿堂入り反対派は「いかなる事情があろうとも、薬物使用が判明した選手の殿堂入りは認めるべきでない」という主張を展開している[85][87]。また、全米野球記者協会が設けた殿堂入りの選考基準「記録、能力、誠実さ、スポーツマンシップ、人格、チームへの貢献(the player's record, playing ability, integrity, sportsmanship, character and contributions to the team[s] on which the player played)」のうち誠実さ、スポーツマンシップ、人格の3つを満たしていないと指摘される[88]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1986 PIT 113 484 413 72 92 26 3 16 172 48 36 7 2 2 65 2 2 102 4 .223 .330 .416 0.746
1987 150 611 551 99 144 34 9 25 271 59 32 10 0 3 54 3 3 88 4 .261 .329 .492 0.821
1988 144 614 538 97 152 30 5 24 264 58 17 11 0 2 72 14 2 82 3 .283 .368 .491 0.859
1989 159 679 580 96 144 34 6 19 247 58 32 10 1 4 93 22 1 93 9 .248 .351 .426 0.777
1990 151 621 519 104 156 32 3 33 293 114 52 13 0 6 93 15 3 83 8 .301 .406 .565 0.971
1991 153 634 510 95 149 28 5 25 262 116 43 13 0 13 107 25 4 73 8 .292 .410 .514 0.924
1992 140 612 473 109 147 36 5 34 295 103 39 8 0 7 127 32 5 69 9 .311 .456 .624 1.080
1993 SFG 159 674 539 129 181 38 4 46 365 123 29 12 0 7 126 43 2 79 11 .336 .458 .677 1.136
1994 112 474 391 89 122 18 1 37 253 81 29 9 0 3 74 18 6 43 3 .312 .426 .647 1.073
1995 144 635 506 109 149 30 7 33 292 104 31 10 0 4 120 22 5 83 12 .294 .431 .577 1.008
1996 158 675 517 122 159 27 3 42 318 129 40 7 0 6 151 30 1 76 11 .308 .461 .615 1.076
1997 159 690 532 123 155 26 5 40 311 101 37 8 0 5 145 34 8 87 13 .291 .446 .585 1.031
1998 156 697 552 120 167 44 7 37 336 122 28 12 1 6 130 29 8 92 15 .303 .438 .609 1.047
1999 102 434 355 91 93 20 2 34 219 83 15 2 0 3 73 9 3 62 6 .262 .389 .617 1.006
2000 143 607 480 129 147 28 4 49 330 106 11 3 0 7 117 22 3 77 6 .306 .440 .688 1.128
2001 153 664 476 129 156 32 2 73 411 137 13 3 0 2 177 35 9 93 5 .328 .515 .863 1.378
2002 143 612 403 117 149 31 2 46 322 110 9 2 0 2 198 68 9 47 4 .370 .582 .799 1.381
2003 130 550 390 111 133 22 1 45 292 90 7 0 0 2 148 61 10 58 7 .341 .529 .749 1.278
2004 147 617 373 129 135 27 3 45 303 101 6 1 0 3 232 120 9 41 5 .362 .609 .812 1.422
2005 14 52 42 8 12 1 0 5 28 10 0 0 0 1 9 3 0 6 0 .286 .404 .667 1.071
2006 130 493 367 74 99 23 0 26 200 77 3 0 0 1 115 38 10 51 9 .270 .454 .545 0.999
2007 126 477 340 75 94 14 0 28 192 66 5 0 0 2 132 43 3 54 13 .276 .480 .565 1.045
通算:22年 2986 12606 9847 2227 2935 601 77 762 5976 1996 514 141 4 91 2558 688 106 1539 165 .298 .444 .607 1.051
  • 太字はリーグ最高。赤太字はメジャー歴代最高。
  • 2006年の出塁率、2007年の出塁率は、規定打席に届いていないが、残りの打席全てが凡退と仮定してもリーグ1位になる為、メジャーリーグ特別規定によりリーグ1位。

記録[編集]

  • シーズン本塁打数 73:2001年
  • シーズン長打率 .863:2001年
  • シーズン四球数 232:2004年
  • シーズン敬遠数 120:2004年
  • シーズン出塁率 .609:2004年
  • シーズンOPS 1.422:2004年
  • 4年連続で出塁率5割以上:2001年 - 2004年
  • 4年連続で長打率7割以上:2001年 - 2004年
  • 13年連続で30本塁打以上:1992年 - 2004年
  • 同一ポストシーズン本塁打数 8:2002年
  • 30-30(30本塁打30盗塁) 5回:1990年、1992年、1995年 - 1997年(父ボビー・ボンズと並び大リーグ最多記録)
  • 40-40(40本塁打40盗塁):1996年(史上4人)
  • 史上初となる500-500(500本塁打500盗塁)を達成
  • 40歳での首位打者MVP獲得はともにメジャー最高齢記録:2004年
  • 4年連続MVP、通算7度受賞はいずれも大リーグ最多記録
  • 通算本塁打数 762:2013年終了時点(歴代1位、ギネス世界記録に認定[89])。
  • 通算四球数 2558:2013年終了時点(歴代1位)
  • 通算敬遠数 688:2013年終了時点(歴代1位)

獲得タイトル・表彰[編集]

  • 首位打者 2回:2002年、2004年
  • 本塁打王 2回:1993年、2001年
  • 打点王 1回:1993年
  • ゴールドグラブ賞 8回:1990年 - 1994年、1996年 - 1998年
  • シルバースラッガー賞 12回:1990年 - 1994年、1996年 - 1997年、2000年 - 2004年
  • ハンク・アーロン賞 3回:2001年 - 2002年、2004年
  • コミッショナー特別表彰:2004年
  • ナ・リーグ年間MVP 7回:1990年、1992年 - 1993年、2001年 - 2004年
  • ナ・リーグ月間MVP 13回:1990年7月、1991年7月、1992年4月・9月、1993年4月、1996年4月、1997年7月、2001年5月・9月、2002年8月、2003年7月、2004年4月8月
  • ナ・リーグ週間MVP 13回
  • プレイヤーズ・チョイス・アワード
    • Player of the Year 2回:2001年、2004年
    • NL Outstanding Player 4回:1993年、2001年 - 2002年、2004年
    • NL Comeback Player 1回:1992年
  • The Sporting News
    • Major League Players of the Year 3回:1990年、2001年、2004年
    • NL Players of the Year 2回:1990年 - 1991年
    • NL All-Star Teams 12回:1990年 - 1994年、1996年 - 1997年、2000年 - 2004年
    • Player of the Decade:1990年代
    • All-Decade Team:2000年代
  • Baseball America
    • MLB Player of the Year 3回:2001年、2003年 - 2004年
    • First-Team Major League All-Star OF 7回:1993年 - 1994年、2000年 - 2004年
  • Baseball Digest
    • Player of the Year 3回:1993年、2001年 - 2002年
  • Sports Illustrated
    • All-Decade Team:2000年代
  • ESPN
    • All-Decade Team:2000年代
  • Yahoo! Sports
    • All-Decade team:2000年代
  • AP通信
    • Athlete of the Year 1回:2001年
    • Player of the Year 2回:1992年 - 1993年
    • All-Star Award 5回:1990年 - 1993年、2000年
  • MLBオールスターゲーム選出 13回:1990年、1992年 - 1998年、2000年 - 2004年、2007年
  • DHLホームタウン・ヒーローズノミネート:2006年

脚注・参考資料[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Johnston, Joey (2004年9月). “Barry Bonds: the best ever? Giants slugger will forever be compared to the greatest major league players and his numbers will rank him as the top performer of his era”. w:Baseball Digest (CNET Networks, Inc.). オリジナル2012年7月18日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/IAHV 2008年6月20日閲覧。 
  2. ^ James, Bill (2003). The New Bill James Historical Baseball Abstract. New York: The Free Press. ISBN 0-7432-2722-0.  as cited at Christensen, Chris (2006年). “Five Books for a Deserted Island”. Elysian Fields Quarterly. 2008年4月17日閲覧。
  3. ^ a b What is the Balco scandal?”. テレグラフ (2011年3月21日). 2011年6月27日閲覧。
  4. ^ a b The THG scandal explained”. BBC (2004年2月24日). 2011年6月27日閲覧。
  5. ^ a b ボンズ被告、罪状認否で無罪を主張”. AFP通信 (2007年12月8日). 2011年6月26日閲覧。
  6. ^ a b ボンズ、審理妨害のみ有罪 薬物使用は結論得られず”. 共同通信. 2011年6月26日閲覧。
  7. ^ Elias, Paul (2011年3月21日). “Barry Bonds perjury trial gets under way”. Associated Press. http://customwire.ap.org/dynamic/stories/B/BBO_BONDS_TRIAL 2011年3月21日閲覧。 
  8. ^ Barry Bonds convicted of obstruction of justice in performance-enhancing-drugs case”. Los Angeles Times (2011年4月13日). 2011年4月16日閲覧。
  9. ^ Barry Bonds found guilty of obstruction”. ESPN (2011年4月14日). 2011年4月16日閲覧。
  10. ^ a b c d e Player Profile: Barry Bonds 25”. w:MLB.com (2007年). 2007年9月8日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h Barry Bonds Statistics”. w:Baseball-Reference. Sports Reference, LLC. (2007年10月28日). 2007年11月3日閲覧。
  12. ^ 他の歴代受賞者にはダスティン・ペドロイアウィリー・ブルームクイストポール・ロデューカアイク・デイビスなどがいる。
  13. ^ The Alaska Goldpanners of Fairbanks”. goldpanners.com (2007年). 2008年1月31日閲覧。
  14. ^ Finoli, David; Rainer, Bill (2003). The Pittsburgh Pirates Encyclopedia. United States: Sports Publishing LLC. p. 262. ISBN 978-1-58261-416-8. http://books.google.com/books?id=1VwOLIVOWvwC&pg=PA262&#v=onepage&q&f=false 2010年9月12日閲覧。. 
  15. ^ Barry Bonds”. w:Baseball-Reference. Sports Reference LLC. 2010年9月12日閲覧。
  16. ^ 1986 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月21日閲覧。
  17. ^ 1986 National League Rookie of the Year Award”. w:Baseball-Reference. Sports Reference, LLC. 2008年4月16日閲覧。
  18. ^ a b Bucs Won't Send Bonds To Dodgers”. w:Lawrence Journal-World (1989年12月22日). 2010年9月14日閲覧。
  19. ^ Player Profile: Barry Bonds 25 (1989)”. w:MLB.com (2007年). 2008年4月16日閲覧。
  20. ^ Pirates Deny Barry Bonds To Be Traded To Dodgers”. w:Gainesville Sun (1989年12月22日). 2010年9月14日閲覧。
  21. ^ a b 1990 batting splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月23日閲覧。
  22. ^ a b c d Postseason Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年6月4日閲覧。
  23. ^ 1990 National League Most Valuable Player Award”. w:Baseball-Reference. Sports Reference, LLC. 2008年4月16日閲覧。
  24. ^ 1991 National League Most Valuable Player Award”. w:Baseball-Reference. Sports Reference, LLC. 2008年4月16日閲覧。
  25. ^ Postseason Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月23日閲覧。
  26. ^ Oct 14, 1992, Pirates at Braves Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月23日閲覧。
  27. ^ Sid Bream's modern-day "mad dash" wins the pennant for Atlanta”. w:MLB.com (1992年10月14日). 2007年9月8日閲覧。
  28. ^ 1992 National League Most Valuable Player Award”. w:Baseball-Reference. Sports Reference, LLC. 2008年4月16日閲覧。
  29. ^ Vecsey, George (1992年10月16日). “Sports of The Times; The Pirates Lost a Series, Not Respect”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1992/10/16/sports/sports-of-the-times-the-pirates-lost-a-series-not-respect.html 2010年9月14日閲覧。 
  30. ^ Chass, Murray (1992年12月6日). “Giants Make Investment: $43 Million in Bonds”. The New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9E0CEFDD1F38F935A35751C1A964958260 2008年1月31日閲覧。 
  31. ^ バンビーノならぬバリボンの呪い
  32. ^ バンビーノやビリー・ゴートより強烈かもしれないパイレーツの呪い
  33. ^ パイレーツ21年ぶりシーズン勝ち越し
  34. ^ Shea, John (2007年9月23日). “Did Giants' special treatment of Bonds contribute to messy end?: Pampered slugger delivered, but there was a big downside”. San Francisco Chronicle. http://articles.sfgate.com/2007-09-23/news/17263404_1_giants-uniform-willie-mays-number-performance-enhancing-drugs 2010年9月14日閲覧。 
  35. ^ Pearlman, Jeff. Love Me, Hate Me: Barry Bonds and the Making of an Antihero. Google Book Search. ISBN 978-0-06-079752-2. http://books.google.com/books?id=QIv7agRgVjEC&pg=PA143&lpg=PA143&dq=%22bobby+bonds%22+%22number+25%22+barry&source=web&ots=ZhHQPVP-52&sig=2uomExw01lPXMPJDWFwd06uE4kY&hl=en 2008年4月17日閲覧。. 
  36. ^ Barry Bonds”. The Baseball Page. 2010年9月14日閲覧。
  37. ^ Oct 1, 1993, Giants at Dodgers Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月24日閲覧。
  38. ^ 1993 Schedule, Box Scores and Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月24日閲覧。
  39. ^ 1993 National League Most Valuable Player Award”. w:Baseball-Reference. Sports Reference, LLC. 2008年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月16日閲覧。
  40. ^ Career Home Runs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年5月24日閲覧。
  41. ^ 1994 National League Most Valuable Player Award”. w:Baseball-Reference. Sports Reference, LLC. 2008年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月16日閲覧。
  42. ^ Jane's House (TV 1994) - IMDb
  43. ^ a b 1996: Bonds bashes, runs into history”. Giants Timeline. 2008年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月17日閲覧。
  44. ^ Smith, Claire (1996年5月17日). “BASEBALL;Bonds Loses Rage, but Not the Swing”. The New York Times (w:The New York Times Company). http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9802E7DC1339F934A25756C0A960958260&sec=&spon=&pagewanted=all 2008年4月17日閲覧。 
  45. ^ The 40–40 Club: (Recorded 40 HRs and 40 SBs in a single season)”. w:MLB.com. 2010年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月11日閲覧。
  46. ^ 後にアレックス・ロドリゲスアルフォンソ・ソリアーノが達成。父ボビーは1973年に39本塁打・43盗塁で惜しくも逃している。
  47. ^ 1996 National League Most Valuable Player Award”. w:Baseball-Reference. Sports Reference, LLC. 2008年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月16日閲覧。
  48. ^ 1997 National League Most Valuable Player Award”. w:Baseball-Reference. Sports Reference, LLC. 2008年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月16日閲覧。
  49. ^ Intentional Bases On Balls Records”. w:Baseball Almanac. 2008年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月22日閲覧。
  50. ^ 満塁での敬遠は1901年ナップ・ラジョイ1928年年のデル・ビゾネッテ1944年ビル・ニコルソンに次いで当時史上4人目。19世紀では1881年にはアブナー・ダルリンプルが、その後2008年ジョシュ・ハミルトンが記録。
  51. ^ 1998 National League Most Valuable Player Award”. w:Baseball-Reference. Sports Reference, LLC. 2008年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月16日閲覧。
  52. ^ All Century Team”. w:Baseball Almanac. 2008年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月17日閲覧。
  53. ^ James on Biggio, Me on James” (2008年2月27日). 2008年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月17日閲覧。
  54. ^ James, Bill (2003). The New Bill James Historical Baseball Abstract. New York: The Free Press. ISBN 0-7432-2722-0.  as cited at Christensen, Chris (2006年). “Five Books for a Deserted Island”. Elysian Fields Quarterly. 2008年4月17日閲覧。
  55. ^ Baseball's 100 Greatest Players”. w:Baseball Almanac. 2008年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月17日閲覧。
  56. ^ 2005年に再び発表された同ランキングでは、ベーブ・ルース、メイズ、タイ・カッブウォルター・ジョンソンハンク・アーロンに次ぐ6位に選ばれた。
  57. ^ a b 2001 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年6月4日閲覧。
  58. ^ a b Career Home Runs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年6月4日閲覧。
  59. ^ 100万ドルのホームランボール, ジェネオンエンタテインメント, ASIN: B000W7E68I
  60. ^ 2002 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年6月4日閲覧。
  61. ^ ボンズが「鎧」を脱ぎ現役引退を認めた…鉄矢多美子『Fiekd of Dreams』、2009年12月30日。
  62. ^ Bonds to attend Giants camp as instructorTHE OFFICIAL SITE OF THE SAN FRANCISCO GIANTS NEWS、2014年2月22日。
  63. ^ http://www.baseball-reference.com/players/split.cgi?id=bondsba01&year=Career&t=b#bases::none
  64. ^ http://www.baseball-reference.com/players/split.cgi?id=bondsba01&year=Career&t=b#count::none
  65. ^ a b c d e f g h i 月刊メジャーリーグ132号,Vol.11,No8,2007年7月号,ベースボール・マガジン社,雑誌08625-7号,「756 Don't miss the moment.ザファイナルカウントダウン」
  66. ^ "Clubhouse confidential," USA Today, May 24, 2006
  67. ^ 樋口浩一『バリー・ボンズ「唐突な爆発」。』『メジャーリーグ100年「記録」の達人。』、ベースボール・マガジン社、(2001年)47頁
  68. ^ a b "Bonds and Rookie Find Strong Link In Their Games," New York Times, July 8 2007
  69. ^ "http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2004dir/n2589dir/n2589_07.htm" 実らなかったボンズの善意
  70. ^ [1]
  71. ^ "「マツザカフィーバー」の陰で、この男に期待!," 菊地 靖, NumberWeb, Feb 23 2007
  72. ^ http://www.mlb.com/sf/ballpark/splashhits.jsp
  73. ^ "Splash!――ボンズとスプラッシュヒット 丹羽政善, MAJOR.JP , July, 10 2007
  74. ^ 『バリー・ボンズ物語』(小学館・週刊少年サンデー野球増刊SCUD/8月10日発行)
  75. ^ a b A look at why Barry Bonds turned to steriods - ESPN The Magazine
  76. ^ a b c 月刊Slugger112号,2007年8月号,日本スポーツ企画出版社,雑誌15509-8号,「バリー・ボンズの本塁打記録更新は称賛されるべきか」
  77. ^ "Report: Bonds failed amphetamine test," Barry M. Bloom, MLB.com, Jan 12 2007
  78. ^ Mitchell Report (PDF)” (英語). Office of the Commissioner of Baseball. pp. SR128-130. 2013年11月29日閲覧。
  79. ^ ボンズ、審理妨害のみ有罪 薬物使用は結論得られず”. 共同通信 (2011年4月14日). 2011年6月26日閲覧。
  80. ^ Prosecutors deciding whether to try Bonds again, スポーツ・イラストレイテッド
  81. ^ Ex-Girlfriend Details How Bonds Changed
  82. ^ ボンズ被告に保護観察処分と自宅謹慎の判決
  83. ^ ボンズ被告に2年間の保護観察処分など”. 日刊スポーツ. 2013年10月5日閲覧。
  84. ^ Bonds has No. 713 and confession: 'It's overwhelming right now'
  85. ^ a b c Hall of Fame Tally on Bonds and Clemens Will Offer Verdict on Steroids NYTimes.com
  86. ^ Bonds, Clemens rejected; no one elected to BB Hall
  87. ^ a b Baseball Hall of Fame voters split on steroid-era candidates - Page 2 - Los Angeles Times
  88. ^ Lines have become blurred on Hall of Fame vote
  89. ^ Most home runs in a Major League Baseball career” (英語). Guinness World Records. 2014年3月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]