ジョージ・デイヴィス (内野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・デイヴィス
George Davis
George Davis baseball card.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州コーホー
生年月日 1870年8月23日
没年月日 1940年10月17日(満70歳没)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手
初出場 1890年4月19日
最終出場 1909年8月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1998年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ジョージ・ステーシー・デービス(George Stacey Davis, 1870年8月23日 - 1940年10月17日)は、1890~1900年代に活躍したアメリカメジャーリーグの選手。主なポジションは遊撃手ニューヨーク州生まれ。右投げ、スイッチヒッター

経歴[編集]

1890年にクリーブランド・スパイダーズに入団。クリーブランドでは最初外野を守っていたが、1892年以降は内野に転向する。1893年に、バック・ユーイングとの交換トレードでニューヨーク・ジャイアンツに移籍。同年、投手-本塁間の距離を50フィートから60フィート6インチにするルール改訂があり、デービスはその恩恵を受けることになる。それまで2割6分程度だった打率は、この年に.355にまで跳ね上がり、以後9年続けて打率3割を挙げる。また1893年の6月14日のゲームでは、1イニングス7塁打(本塁打と三塁打)を放つという記録も打ち立てた。

1895年と1900年、1901年にはニューヨーク・ジャイアンツの選手兼任監督をつとめた。1900年4月26日、球場近くで大きな火災があった際、彼はチームメートと共に人命救助を手伝い、顔に水ぶくれができたまま夕方の試合に出場したというエピソードも残っている。

1902年にホワイトソックスに移籍。1906年にチームはアメリカンリーグを制覇、同年のワールドシリーズで6打点を上げ、この年のチーム打率が.230しかなく、「ヒットレス・ワンダー」と呼ばれたチームをワールドシリーズ制覇に導いた。

1909年に現役を引退。引退後、彼はプロボウラーや自動車のセールスマンなどをしていた。1940年にフィラデルフィアで亡くなったが、没年については1968年まで判らなかった。1998年にベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明の箇所があることを示す。

































O
P
S
2368 9031 2660 451 163 73 1539 1437 616 180* 870 75 184* .295 .361 .405 .766

獲得タイトル・記録[編集]

投手成績[編集]































3 0 4.0 0 0 1 1 4 8 0 3 0 0 15.75 9.00

監督としての戦績[編集]



















1895 N
Y
G
NL 33 16 17 .485 9位 選手兼任、~6月4日
1900 78 39 37 .513 8位 選手兼任、7月13日
1901 141 52 85 .380 9位 選手兼任
通算成績 252 107 139 .435

出典・外部リンク[編集]