メル・オット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メル・オット
Mel Ott
MelOttGoudeycard.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州
生年月日 1909年3月2日
没年月日 1958年11月21日(満49歳没)
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1926年
初出場 1926年4月27日
最終出場 1947年7月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1951年
得票率 87.17%
選出方法 全米野球担当記者協会選出

メル・オットMelvin Thomas Ott, 1909年3月2日 - 1958年11月21日)は、1920年代 - 1940年代のアメリカメジャーリーグの選手。主なポジションは右翼手ルイジアナ州グレツナ生まれ。右投げ左打ち。ニックネームは、"Master Melvin"(マスター・メルビン)。17歳でメジャーデビューし、22年間ジャイアンツ一筋で活躍、通算511本塁打を放った。

経歴[編集]

16歳の時にサザン・アソシエーションニューオーリンズ・ペリカンズの入団テストを受けたが、体が小さいことを理由に不合格。その後、ルイジアナ州パターソンのセミプロチームに月給150ドルで入団[1]。その後、球団オーナーのハリー・ウィリアムズが、友人のジョン・マグロー(当時ニューヨーク・ジャイアンツ監督)へ「すごいタマを見つけた」という電報を打った[1]

マグローの返事は、「そのタマをすぐにポロ・グラウンズへ送られたし」だった[1]。そして1926年1月にニューヨーク・ジャイアンツと17歳で契約し入団。異例の若さでデビューした彼は、「ボーイ・ワンダー」としてファンの目を引く存在になる。5フィート9インチ(約175cm)、170ポンド(約77kg)と、さほど恵まれていない体格だったが、3年目の1928年には、18本塁打、打率.322をあげ、長距離打者としての真価を発揮し始める。

オットはその後、日本で言う「一本足打法」(投球前から足を上げて構えるスタイル)で本塁打を量産、1929年に自己最高の42本塁打を打ったのを皮切りに、1932年には初の本塁打王を獲得し、以降1936年 - 1938年の3年連続を含む、6回の本塁打王に輝いた。また選球眼もよかったのか、リーグ最高出塁率を記録したことが4度、四球数がリーグ最多となったのが6度ある。1936年以降は、シーズン100四球以上を7年連続で記録していた。

1945年、ナショナルリーグの打者としては初めて500本塁打に到達、翌年からはほぼ監督に専念し、1947年に現役を引退した。

ジャイアンツの監督引退後は、1955年から1958年まで、主にデトロイト・タイガースの試合の中継に関わっていた。1949年に、彼の背番号4』が、ジャイアンツの永久欠番に指定されている。1951年、記者投票によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。1958年、ルイジアナ州ニューオーリンズにて交通事故死。49歳。

年度別打撃成績[編集]











































O
P
S
1926 NYG 35 61 60 7 23 2 0 0 25 4 1 0 1 0 9 -- .383 .393 .417 .810
1927 82 180 163 23 46 7 3 1 62 19 2 4 13 0 9 -- .282 .335 .380 .716
1928 124 499 435 69 140 26 4 18 228 77 3 10 52 2 36 -- .322 .397 .524 .921
1929 150 674 545 138 179 37 2 42 346 151 6 10 113 6 38 -- .328 .449 .635 1.084
1930 148 646 521 122 182 34 5 25 301 119 9 20 103 2 35 -- .349 .458 .578 1.036
1931 138 580 497 104 145 23 8 29 271 115 10 1 80 2 44 -- .292 .392 .545 .937
1932 154 673 566 119 180 30 8 38 340 123 6 3 100 4 39 -- .318 .424 .601 1.025
1933 152 661 580 98 164 36 1 23 271 103 1 4 75 2 48 10 .283 .367 .467 .834
1934 153 671 582 119 190 29 10 35 344 135 0 1 85 3 43 10 .326 .415 .591 1.006
1935 152 683 593 113 191 33 6 31 329 114 7 5 82 3 58 4 .322 .407 .555 .962
1936 150 660 534 120 175 28 6 33 314 135 6 10 111 5 41 8 .328 .448 .588 1.036
1937 151 654 545 99 160 28 2 31 285 95 7 4 102 3 69 4 .294 .408 .523 .931
1938 150 652 527 116 164 23 6 36 307 116 2 2 118 5 47 8 .311 .442 .583 1.024
1939 125 508 396 85 122 23 2 27 230 80 2 11 100 1 50 5 .308 .449 .581 1.030
1940 151 647 536 89 155 27 3 19 245 79 6 5 100 6 50 9 .289 .407 .457 .864
1941 148 634 525 89 150 29 0 27 260 90 5 6 100 3 68 2 .286 .403 .495 .898
1942 152 664 549 118 162 21 0 30 165 93 6 3 109 3 61 8 .295 .415 .497 .912
1943 125 482 380 65 89 12 2 18 159 47 7 4 95 3 48 4 .234 .391 .418 .810
1944 120 494 399 91 115 16 4 26 217 82 2 2 90 3 47 3 .288 .423 .544 .967
1945 135 532 451 73 139 23 0 21 225 79 1 2 71 8 41 6 .308 .411 .499 .910
1946 31 78 68 2 5 1 0 1 9 4 0 2 8 0 15 1 .074 .171 .132 .303
1947 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:22年 2730 11337 9456 1859 2876 488 72 511 5041 1860 89 109 1708 64 896 82 .304 .414 .533 .947
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録[編集]

監督としての戦績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 芝山幹郎 「誇り高き歴史を築いた男たち メル・オット」『月刊メジャー・リーグ』 2000年7月号、ベースボールマガジン社、2000年、雑誌 08625-7、74 - 75頁。

外部リンク[編集]