1945年のMLBオールスターゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1945 MLBオールスターゲーム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
NL - - - - - - - - - - - -
AL - - - - - - - - - - - -
開催日時 1945年7月10日(中止)
開催球場 フェンウェイ・パーク
開催地 マサチューセッツ州ボストン
監督 NL - ビリー・サウスワース (STL)
AL - ルーク・シーウェル (SLA)
観客動員数 -
MLBオールスターゲーム
 < 1944 1946 > 

1945年MLBオールスターゲームアメリカンリーグナショナルリーグの間で行われる13回目のオールスターゲームとなる予定であった。その試合は1945年7月10日ボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで行われる予定だったが、第二次世界大戦によるアメリカ国内の旅行制限により中止となった。オールスターゲームの開催中止は現在まで含めてもこの年のみ。ボストンでの開催は翌年に持ち越しとなった。

凡例[編集]

  • 表中の守備の項は守備位置を示し以下の略記で示す。
P:投手 C:捕手 1B:一塁手 2B:二塁手 SS:遊撃手 3B:三塁手 RF:右翼手 CF:中堅手 LF:左翼手 OF:外野手

非公式選出選手[編集]

MLBでの投票による選出はなかったがAP通信によって各チームの監督16人のうち13人の監督の投票によって選出された。投票に参加しなかったのはニューヨーク・ヤンキースジョー・マッカーシー監督、セントルイス・ブラウンズルーク・シーウェル監督およびセントルイス・カーディナルスビリー・サウスワース監督の3人で、このうち2人はこのオールスターゲームで両軍を指揮する予定だった。

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P ハンク・ボロウィー (NYY) 2
ラス・クリストファー (PHA)
デーブ・フェリース (BOS)
スティーブ・グローミック (CLE)
ジャック・クレイマー (SLA)
ソーントン・リー (CWS) 2
ダッチ・レナード (WS1) 4
ハル・ニューハウザー (DET) 4
アリー・レイノルズ (CLE)
C リック・フェレル (WS1) 8
フランキー・ヘイズ (CLE) 5
マイク・トレシュ (CWS)
1B ニック・エッテン (NYY)
ジョージ・マッククイン (SLA) 5
2B エディー・メヨ (DET)
スナッフィー・スタンワイス (NYY)
3B トニー・クッチネーロ (CWS) 3
オスカー・グライムス (NYY)
SS ルー・ブードロー (CLE) 6
バーン・ステファンス (SLA) 3
OF ジョージ・ケース (WS1) 4
ドク・クレイマー (DET) 6
ハンク・グリーンバーグ (DET) 5
ボブ・ジョンソン (BOS) 8
ウォーリー・モーゼス (CWS) 2
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P レッド・バーレット (STL)
モート・クーパー (BSN) 3
ハル・グレッグ (BRO)
バン・マンゴー (NYG) 4
クラウド・パッソー (CHC) 5
プリーチャー・ロー (PIT)
リップ・シーウェル (PIT) 3
ハンク・ワイズ (CHC)
C アーニー・ロンバルディ (NYG) 8
フィル・マシー (BSN)
ケン・オーデア (STL)
1B フィル・カバレッタ (CHC) 2
フランク・マコーミック (CIN) 8
2B ドン・ジョンソン (CHC) 2
エミル・バーバン (STL)
3B ボブ・エリオット (PIT) 4
スタン・ハック (CHC) 5
ホワイティ・クロースキー (STL) 3
SS マーティ・マリオン (STL) 3
OF トミー・ホームズ (BSN)
ビル・ニコルソン (CHC) 5
メル・オット (NYG) 12
アンディ・パフコ (CHC)
グッディ・ローゼン (BRO)
ディクシー・ウォーカー (BRO) 3

外部リンク[編集]