ハル・ニューハウザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハル・ニューハウザー
Hal Newhouser
Hal Newhouser statue.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州デトロイト
生年月日 1921年5月20日
没年月日 1998年11月10日(満77歳没)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1939年
初出場 1939年9月29日
最終出場 1955年5月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1992年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ハル・ニューハウザーHarold Newhouser, 1921年5月20日 - 1998年11月10日)は、1940 - 1950年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは投手ミシガン州デトロイト生まれ。左投げ左打ち。ニックネームは"Prince Hal"(プリンス・ハル)。最優秀選手賞を2度獲得した1940年代タイガースの主力投手。

経歴[編集]

学生の頃からスター選手として地元ミシガン州で名が知れていたニューハウザーは、1939年に18歳でタイガースと契約しメジャーにデビューする。21歳だった1942年に8勝14敗ながら防御率2.45の成績を上げ、この年のオールスターゲームに初めて選ばれる。

その後第二次世界大戦により多くのメジャーリーガーが従軍していた時期に歩調をあわせるように、ニューハウザーはデトロイトのエース投手として活躍する。1943年まで二桁勝利を挙げたことがなかったのだが、翌1944年シーズンに29勝9敗と大きく勝ち越し、この年のアメリカンリーグ最優秀選手に選ばれる。翌1945年もこの勢いは衰えず25勝9敗とし、2年連続での最優秀選手だけでなく投手部門の三冠獲得投手となる。この年のワールドシリーズでも2勝を挙げ、タイガースのシリーズ制覇に貢献した。

ニューハウザーは戦後1946年と1948年にもそれぞれ26勝、21勝をマークし、20代の間に計4度の20勝を挙げている。しかし30歳になった1951年のシーズンに腕の怪我に見舞われ、それ以降登板機会も少なくなってしまった。1953年には7試合しか登板せず0勝1敗の成績に終わり、シーズン途中でタイガースから放出されてしまう。翌年インディアンスに移籍し7勝2敗、防御率2.51と奮闘するが、1955年に現役を引退。まだ34歳の若さだった。

引退後はアストロズ、オリオールズ、インディアンス、タイガース等のスカウトを歴任した。アストロズのスカウト時代に、ニューハウザーは後のヤンキースのキャプテンとなるデレク・ジーターを見出したが、当時アストロズが契約したのはジーターではなく、一塁手のフィル・ネビンだった。またオリオールズのスカウト時代には、後に自分の勝ち星を越える209勝を挙げるミルト・パパスをスカウトした実績がある。

1992年にベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。1998年ミシガン州にて死去。彼の背番号『16』は、1997年にタイガースの永久欠番となっている。

通算成績[編集]

投手成績[編集]



































W
H
I
P
488 374 2993.0 207 33 150 26 1796 2674 137 1249 19 65 1016 3.06 5.40 1.31

獲得タイトル・記録[編集]

※1942年、1945年、1948年は出場せず

打撃成績[編集]

  • 通算成績:492試合、999打数201安打、本塁打2、打点81、打率.201

出典・外部リンク[編集]